タグ:出張 ( 41 ) タグの人気記事

2019年 04月 23日
令和へのご準備はよろしいか?
まもなく元号が令和に変わります。私にとっては、これで改元を経験するのは二度目になる訳です。
昭和から平成に改元される時には昭和天皇崩御があってのものでしたから、日本全体が喪に服し、悲しみの涙に暮れている最中ゆえ、
決して喜ばしい類に分類されるイベントではありませんでした。ところが平成天皇がご健在の下で行われる今回の改元はなんだか
妙にめでたい様な気分に感じてしまうのはワタシだけでしょうか。天皇陛下もですね、長期に渡る、気の休まることも無く続く
激務はお元気なうちにあるところで幕を引いて頂き、残された時間を皇后陛下とのんびりと過ごして頂くのも決して悪くはないのでは
ないかと思う訳です。

まぁ、いずれにしても改元は数十年に一度の歴史的瞬間なのは間違いなく、また西暦以外に元号と言うものを用いる日本でしか
行われないもの。それが間近に迫っていると言う事で、さて皆さん準備はよろしいですか、と。

私はこの歴史的瞬間にあたり、財布を取り替えることにしました(笑)。ただ単にあとから理由つけてるだけですが。

私はここ数十年、少なくとも平成の世のほとんどを某フランスの有名ブランド「L・V」(笑)の製品を幾つか使ってきたのですが、
だいぶ痛みも出て来たことですし、ここらでそういうブランド商品から脱却してもみたくなったと言うことで、実はここ数日間、
色々と探してみました。「L・V」も悪くありませんでしたよ。丈夫ですしね。

今回の購買対象の財布としては風合いの良いレザーのもので、ずっと「札入れ」と「小銭入れ」を別々に持って来ましたので、
ひっくるめてラウンドファスナー式の長財布がいいなぁ、と。そこで浮上してきたのが「Alt 81」なる国産レザーグッズメーカー。
このメーカー、各地にある百貨店やセレクトショップには一切商品を卸しておらず、唯一の直営店を職人の街「東京・蔵前」に
出しておるだけと言う潔さなんですな。ま、通販もやってるますけど、手作りレザーの独特の風合いと唯一無二の「表情」を実際に
見て決めたいと言うことで行って来ました、仕事中に
c0152553_20141524.jpg

このお店、とにかくやたらとHPが凝ってまして、色々な説明や薀蓄がこれでもかと記されているんですね。先述した「表情」と言う
ワードもHP内で見つけたものなのですが、「トラ」と呼ばれる、革の表面に浮かび上がる模様にとにかく惹かれてしまいまして。
ギターなんかでもこの「トラ」の木目模様で格が上がる風習があって、ギブソン・レスポールのトラ目なんかカッコいいんだ(笑)。
まぁナンと言うか、同じ模様は二つと無いってところがロマンと言うかナンと言うか(笑)。

今日はたまたまブランドオーナーの高崎氏がお店におられ、無理を言ってこの「トラ」が強く出ている品を4つも5つも出して頂き、
その中から自分の気に入った「1点モノ」を手にする事ができました^^ 写真でもうっすらと見えますでしょうか、トラ^^
これでも小一時間迷ってコレに決めたのですが、ホント言いますと、もっとすんごい「トラ」が浮かんだものがあったのです。
でも極端なレア物に加えて、こういうのも稀に出現するんですよって説明用とのことで「コレは売れません」と…(涙)。

ここの商品は全ての財布製品の「どこか」に「豊穣マーク」が刻まれているとのことで、オーナー曰く「あとで探してみてください^^」、と。
c0152553_20142167.jpg

無事に探し当てました^^
c0152553_20142593.jpg
さぁ、平成もいよいよ終焉。令和に向けてのご準備はよろしいでしょうか?






by kotodaddy | 2019-04-23 20:39 | その他
2012年 03月 27日
ソレはやっぱりデカかった・・
仕事で都内まで行ってきた。今回の目的地はちょっと楽しみである。今日この場に赴くことに決まったのは先週の半ばだったのだが、実はその時から今日と言う日を心待ちにしていたのだ。いや、れっきとした仕事上での出張なのだが、その仕事以外のことで断然なる楽しみなものがあるのだ。地下鉄を降り地上に出たところで、訪問先の会社へのアクセス地図をカバンから取り出すなどと言う行動の前に、私はまず上空を仰ぎ見上げて、その場で360度周囲を見渡した。

More

by kotodaddy | 2012-03-27 21:34 | その他 | Comments(12)
2010年 11月 25日
機内の窓から・・・
今回は長文ですから。すみませんが心してお読みいただければ幸いです。

昨日は北九州の方に出張で行ってきました。そんな事はどうでも良くて、今回の出張の行き帰りではスターフライヤーを使ったのですが、天気にも恵まれた事も含め、実に色々な体験ができました。upしました画像は上空から撮ったスナップで、直接本文と関係のないものばかりになりますが、撮りたくってもデジカメで撮っちゃいけない時間帯、撮りたくても撮れない時間帯ってもんもありまして・・^^;

1)R/W05から上がりました^^
c0152553_10491334.jpg

いや、だから画像内容と本文とは関係ないんだってば(笑)。離陸してベルトサインが消えた直後。左下に厚木基地が見えます^^
スターフライヤーの北九州便は羽田の第1ターミナルから出発します。スポットは一番端っこの1番スポット。搭乗口の前からはガラス越しに空港の南側方向が開けて見えます。外を眺めてみると・・、おぉっと、R/W05から勢いよく上昇していく機影が・・^^ しかし、その手前に見える34Rから滑走路を猛ダッシュしていく機体もあり、どうやら2本の滑走路から上げている様子。こういう場合、たしか西側に行く便は05を使い、北方向に向かう便は34を使うとか・・。そして結果はその通り、05からの離陸^^ 離陸の前には浮島からの角度などのロケハン(笑)も含め、運用間もない(そうでもないか^^;)05をまじまじと探訪させていただきましたよ^^

2)景色が良く、自宅マンションの撮影にも成功!
c0152553_10485790.jpg

画像は飛行途中の日本アルプスってやつかな・・^^;
この日はとにかく視程が良く、ひょっとしたら私の過去の搭乗も含め一番だったかかもしれません。その状況は数枚upした画でお分かりかと思いますが、離陸後10数分で私の自宅マンションも発見。撮影に成功しますたw 結構遅くになって帰宅したのに珍しく娘が起きていて、その画像を見せたらカミさんも一緒に驚いておりました^^ 機体の中からゴーヨン+1.4xかなにかで抜きたかったねぇ、これは。もしくはカミさんにあらかじめ言っておいてベランダから迎撃してもらって、私は窓から手を振る、と。見えるワケないぢゃん(笑)。

3)闇夜の中、雲海を照らすまん丸の月
c0152553_104971.jpg

そろそろ高度を落としていく頃。これは広島空港でしょうか。
夜ではありましたが、帰りの便も当然の如く窓側キープ(笑)。スタフラのお姉さんに「どこでもいいから窓際」と言ってしまったばかりに進行方向右側のF席を押さえられてしまい、見えるのは漆黒の闇夜と、その下にやはり真っ黒な海原のみ・・orz まぁ、瀬戸内から名古屋近辺までは街の灯りが見えましたが・・。しかし、土壇場でF席だったのが予想外の幸運を招くことに・・。機は徐々に高度を下ろしながら房総半島のとっぱなをかすめて外房沿いにレフトターン。すると窓の向こうにぽっかりと浮かぶお月さま出現。その下にはぼぅっと白っぽく照らされた雲海。何と表現したらいいんでしょう、まるで1枚の水墨画です。雲海は白く、そして黒く、遥か彼方までうねる様な幻想的模様を創りだし、おぼろげながら、しかしハッキリとそれを照らし出す真ん丸の月。F側席でないと見られなかった光景。なぜに「「全ての電子機器類のご使用はご遠慮くださいませ」な(笑)最終着陸態勢後だったのか・・。これは何としても写真として残したかった・・orz

4)R/W34で並行進入&D滑走路上通過
c0152553_10491030.jpg

これは航空自衛隊・防府基地。ブルーインパルスのパイロットもこんな角度で基地を捉えていた事でしょう。電子機器アウトのアナウンス直前でした^^;
そして機はもう一度レフトターンして房総半島を横断しながらR/W34Lに向かいます。この時点で高度はかなり下がってまして、窓から下を眺めれば山々の間をぬって走る道が街路灯に浮かび上がり、目をこらせばそこを米粒の様な大きさのクルマが往来しているのが分かります。街並みはさしずめ散りばめられた宝石の輝きの様。床下からはギアダウンが始まった音。そしてその抵抗に負けぬ様スラストが立ち上がり、エンジンの回転音が高まってスッとノーズが上がる様な感覚。間もなく木更津上空にさしかかる頃、窓の向こうをゆったり流れる様に飛行する全日空機が目に入りました。高度は若干下め。窓からスッと目線を落としたところを、ちょうどこちらの機体と並行する様に飛行しています。翼の先端から等間隔で閃光を発しながら、暗闇の内房沿いに建つ工場群の煌く灯りの上を行く全日空737。そしてそれを上から眺める・・。なんというグッドタイミング、なんという贅沢な時間^^ そのままこちらは34Lへ、あちらは34Rへとしばしのランデブー飛行とあい成ったのでした^^ そしてタッチダウン直前には緑や青の灯火によって海上に浮かび上がった新滑走路Dランをクロス。なんなんだ、この美しさは・・^^ 「仕事終わったんなら今日のうちに帰って来い」。そう聞いたときには愕然としましたが、最後の最後にサイコーのプレゼントをもらった様な気がしましたよ^^

by kotodaddy | 2010-11-25 11:02 | 飛行機 | Comments(24)
2010年 11月 24日
これから飛びます~
c0152553_18561210.jpg

出張で北九州に来てますが、なんと「終わったならば帰って来い攻撃」炸裂。よござんす、帰ります。

by kotodaddy | 2010-11-24 18:56 | 出張
2010年 07月 27日
うへぇ、見たくねぇ~~
皆さま、大変ご無沙汰しておりました^^; 
今年、いや、ここ数年でこれ程までに忙しい期間はあっただろうかと言う1週間を経て、本日待望の休みになった訳ですが、なんと会社の健康診断の指定日に当たってしまいました・・orz しかしまぁ、丸々1日かかる予定でもなし、午後からはどこかに出掛けようと娘とも約束してるし、健診の場所が自宅そばに新しくできた超近代的な何だかスゴい健診センターみたいなとこで楽しみだし(笑)、ゆっくりめに起きた朝、後回しにしておいた問診票に記入をしていると、ある単語が目に止まった。「胃部検査」。胃って言いますと・・、胃カメラ!? ば、バリウムっすかっ!?
c0152553_18435752.jpg

うげげ、バリウムだけはいかんゾ・・。もはや一気に、健診に行く気も、午後から遊びに行く気も、キレイさっぱり消え失せてしまった。胃の検査の必要性は分かる。しかし、何が楽しくて、飲む側の気持ちを全く考慮していない様な、あの粘土を水で溶いた様なドロリな液体を飲まにゃならんのか・・。医学の進歩は目覚ましいと仰るのならば、とりあえずあのバリウム方式の胃カメラは何とかしてほしい・・。
しかし、待てよ。今日の健診センターは最新かつ最先端のセンターらしい。「バリウム?あぁ、そんな検査方法が以前にはありましたねぇ、あっはっは」などと笑い飛ばしてくれる様なところかもしれん。それだけを信じて仕方なく出掛けて行った。だが・・。数ある健診項目を着実に消化していった先の部屋。「そこにお座りください」。胃カメラ検査の直前に見せられた1枚のA4説明用紙。表題は「バリウムの飲み方」。うへぇ・・。思わずその用紙からをも目をそむけてしまった。そのそむけた視線の先にはバリウムがたっぷり入った大きな紙コップ・・。「そ、ソレは見たくねぇんだよぉ~~」。

by kotodaddy | 2010-07-27 19:11 | その他 | Comments(20)
2010年 05月 16日
歌わない?歌えない?
カラオケ。お好きな方はお好きですよねぇ。宴会なんかに行っても、「結局、あの人、最初から最後まで歌ってたなぁ」なんて思うことも多いです。私は・・・、歌わないですねぇ、カラオケ。会社でのオフィシャルな宴会としては年に1回忘年会があるのですが、この時は歌います。1曲だけ。一応、そこそこのポストに居りますんで、当然の如く社交辞令的に振られる訳です。で、「いや、私は歌わないんだよ」などと言ったところで場がシラけますし、社員たちも歌いにくいでしょうから、早い段階で1曲だけ歌います。この「早い段階で」ってのもミソで、「何が楽しくて酒も効いてない宴会序盤から歌わにゃならんの」って気もしますが、まぁ仕方ないっす^^;
c0152553_19194344.jpg

で、歌わないのか、歌えないのかって話ですけど、歌えないって事は無い、と自分では思ってます。もともと声が低いし、音域も広くはないので選曲は限られますが、あまりにヘタって事もないんじゃないかなぁ(と、自分では思っている)。って言うか、ぶっちゃけた話をすると最近の曲を知らないんですよ。歌番組も全くと言っていいほど見ないし。なので、老若男女が集う会社の宴会で「自らマイクを握っておいて今さらこの曲かよ・・」と言われるのがイヤって感じ。同じ年齢層だけ集まって、「80年代半ば辺りの曲をみんなで歌おうではありませんか」などと言う宴だったら何曲か歌うんじゃないかなぁ。先日、すーさんと飲んでた時もそんな話をしてたっけ(笑)。あ、でもやっぱり歌は得意ではないな。高校生の頃にバンドやってたけど、当時から自信なかったもんな。コーラスで入る為に私の前に立っていたスタンドマイクも、位置を調整する様なフリしてマイクのスイッチ切ってたもんな^^; でも、一瞬みんなが「えっ?」と見てしまう程に上手に歌う人もいたりして、そんな時には「いいなぁ」なんて思いますね。

by kotodaddy | 2010-05-16 19:42 | その他 | Comments(21)
2010年 04月 14日
出張
c0152553_833694.jpg

千葉県まで来ています。これから帰りますが、家まで辿り着けるのでしょうか?前記事にコメントいただいているのにスミマセン。

by kotodaddy | 2010-04-14 22:30 | その他
2009年 10月 22日
「休んでるヒマはないんだよっ」
上司よりお小言を頂戴しました^^;
c0152553_1043367.jpg

「休んでるヒマは無いんだよっ」てのは、私の持ってる腕時計クン達にも当てはまります(ナンだ、この展開・笑)。私は機械式の腕時計を数本持ってるんですが、機械式ですので腕に着けないで放っておくと当然止まってしまう訳でして。まぁ、腕に着けるときに2~3回ブルンブルンと振って着けりゃぁいいじゃないかって話もあるんですが、私の場合はコレ。「オートワインダー」。腕時計がセットされた回転盤が数時間おきに順回転・逆回転してくれて、その回転によりゼンマイが巻き上げられて止まる事がなくなるってモノです。
c0152553_10435131.jpg

以前、腕時計にハマッた時にはこのワインダーが4台フル稼動しておりましたが、何台か壊れてしまい2台だけになってしまいました。値段的には10000円弱のもので、腕時計をTPOで使い分ける方にとっては意外に重宝するアイテムですよ^^

by kotodaddy | 2009-10-22 11:06 | その他 | Comments(30)
2009年 09月 10日
ギョーカイの人になった(様な気がした)日(笑)
c0152553_1942376.jpg

映画館なんかに行きますと本編上映の前にちょっとしたCMが入ると思うんですが、そのCM収録作業の立会いで都内某所のスタジオに行って参りました。普段は全く経験の無い様な場所なので、ちょっと楽しみに、ちょっと緊張してスタジオに入ります。既にディレクターさんやミキサーさん、声優さん達がスタンバイ。簡単な打ち合わせの後、コンテに沿ってナレーションの収録が始まりました。声優さんは15秒という限られた時間の中でセリフを映像に合わせて喋ります。さすが声で商売をされてるだけあって、誰が聴いてもハッキリ明瞭。何を強調するかを的確に見抜いて喋ってくれます。ナレーションは幾つかの文の集合になるのですが、それぞれが独立して録音されている様で、最後に喋った文を先頭に持ってきたり、色々とつぎはぎ出来たり、なんだかスゴい世界でした。
c0152553_19424820.jpg

キメの部分を季節によって差し替えられる様に、今回の収録は3バージョン。ナレーションの収録が終わると音楽の選定。8種類持ち込まれた曲をまずディレクターさんが3曲に絞り、ここからクライアントである私が最終的に1曲に絞るんですが、素人の私は何が何だか分かりません。絞られた3曲の特徴とオススメ度合いをディレクターさんからレクチャーいただき、なんとか1曲選び出す事ができました。立会ったのが私だったので仕方ないんですが、ホントに私でいいもんなのか、と。普通はトップである社長の役目なんじゃないか、コレ・・・^^;
スタジオの一番後ろの席からその作業を拝見してきましたが、よくテレビで見かける様な本格的なスタジオ(当たり前だ・笑)で、何だかやたらと非日常の世界。ギョーカイの人になった気がした数時間でした^^

More

by kotodaddy | 2009-09-10 20:02 | その他 | Comments(18)
2009年 09月 08日
一人鍋
c0152553_1635455.jpg

まだ9月も上旬だと言うのに、夕方以降は涼しさを越えてちょっとした肌寒さまで感じる様になってきた。そうなってくると、夜は温かい鍋でもつつきたくなってくるのだが、この鍋ってもんは相当に仲の良い、お互いの気心が分かりあっているメンツじゃないとつつけないと思ってるのは私だけだろうか。と言うのは、私の友人にやたらと仕切る男が居り、こと鍋になるとこいつがとにかくうるさい。「はい、コレ煮えてる」とか「まだ野菜を足すのは早い」とか、「仕上げはおじや以外はあり得ないね」とかひたすら言い続ける。しまいには食べたくも無い具材を頼んでもいないのに他人の器に盛ってくる有様。俗に言う「鍋奉行」って人種。こいつがまたグルメを気取ってるから始末が悪い。肉をいつまでも鍋に残していたりなんかすると、「そういう固くなった肉を食べるヤツの気が知れんな」とか平然と言い放ち、じゃぁ自分はどうなんだと言うと、自分はさほど食べずにアク取りを持って鍋の中の事ばかりを気にしている。食べるよりもイジるのが好きなのか。イラついてきたヤツがそれを指摘し始めたりすると、最後の方は険悪なムードになってしまう。
そこで、今度は大鍋じゃなくて、一人用の小鍋を人数分用意してやった。「キミは自分の鍋の管理だけしておればよろしい」と言う無言の意思表示だ。どうだ、文句あるか。彼は部屋に入るなり何か言いたそうだったが黙っていた。しかし最終的には固形燃料の燃焼時間の短さ等と言うどうでもいい事に延々と文句をつけていたので、鍋については何か言わないと済まない性質らしい。
最近とみに見かける一人用の鍋。これを見るといつも彼の事を思い出す。元来、鍋と言うものは大勢でつつくから楽しいとされるものだった筈だが、こういうものが普及してきた陰には数多の鍋奉行が巻き起こしたイザコザが無数に存在したからではないかと思っている。

by kotodaddy | 2009-09-08 17:18 | その他 | Comments(18)