タグ:ゴルフ ( 23 ) タグの人気記事

2018年 10月 01日
2018 日本女子オープンゴルフ選手権 Part.2
日本女子オープン、畑岡選手は残念でしたねぇ。偉業達成を応援していたのですが…。

さて、私の知る限りですが国内のゴルフトーナメントで唯一写真撮影が許される日本女子オープンの指定練習日。
そりゃぁ会社休んででも駆け付けますよ。もう春先からスタッフに伝えておきましたからねぇ(笑)。
でも大会の前々週辺りまで公式HP上で「指定練習日は撮影OK」の告知がなされず、ちょっとビビりましたが^^;

結局、幸いなことに「撮影OK」のサービスは今年も継続されました。いやー、本当にありがたい。
何にも勝るファンサービスだと思いますよ。選手側から反対意見出ないんですかねとか余計な心配までしてしまいます^^;
しかも今年は、コースレイアウトによるものもあるんでしょう、撮影OKエリアが相当に広がっていました。
過去はスタートホール(No.1・No.10)のティグランド付近とフィニッシングホール(No.9・No.18)のグリーン周りに限られていた撮影OKエリア。
それがアウトで4ホール、インも4ホールがOKになっており、ロープで囲んだエリアと言うよりもゾーン全域撮影可能になってました^^
c0152553_15231675.jpg
鈴木愛プロ。昨年の賞金女王ですが、今年は負傷のせいか休養期間もありました。秋のビッグトーナメントに向けて復活してきました。
c0152553_15232173.jpg
一昨年の賞金女王イ・ボミ選手。昨年辺りからちょっと調子悪いみたいですが、もともと実力ある選手ですからそろそろ巻き返してくるでしょう。
c0152553_15230996.jpg
昨年記事にもさせてもらった辻梨恵プロ。辻ちゃんの愛称で人気急上昇で、涼しげなお顔立ちは健在でした^^

指定練習日ですから全参加者は1日使って練習に明け暮れる訳なんですが、ちょっと普通の大会期間には見られない光景の話をひとつ。
参加者は、何人か気の合う同志でコースを回るのですが、ボールは適当に複数打っちゃうんですね。
当然試合中は打つボールは1球だけですが、例えばティグランドからパーンと1発打った後に、ヒョイともう1発打っちゃう。
クラブを替えて打つ場合もあれば、そのままのクラブで方向変えてみたり。
そのホールの攻め方みたいなものを幾つか試してみるんでしょうね。初めての方はビックリしちゃうかもしれません。

もっとスゴいのがグリーン周り。
全員がグリーンに到達するとキャディさんがパターカバーや円形のラバーみたいなものをグリーンの四隅にポンポーンと放り投げ、
そこに向かって思い思いにパッティング練習を始めちゃいます。
そもそも1人が複数打ってるのに加え、この時はみんな更にバッグから追加でボール出してきますからグリーン上はボールだらけ。
4日間のトーナメント中、毎日カップ位置は変わりますので、そのカップ位置を想定してこの日にライン読みをしておくんでしょうね。
で、次の組がセカンドショット地点に来たのが見えると「そんじゃーそろそろ次行きますかぁ」みたいな感じで(笑)。

さらに驚愕のケース。
グリーンを狙うショットを放つ位置からキャディさんが1人だけグリーンに向かって歩いて行き、グリーン上でクルリとこちら向き。
そこからそのキャディさんに向かってショットをシュパーンと打ったりしてしまいます。
歩測してヤード数を伝えてあるのか、これがまたキャディさんの足元の手前2~3mのところに面白い様にショットが集まる(笑)。
まぁ鍛錬を重ねたプロがやることではありますが、「当たったらどうしましょう」なんてことはまるで考えないんでしょうねぇ。
c0152553_15232675.jpg
最後は最近の私のイチ押し、永井花奈選手。テレビのバラエティ番組なんかにも出ることがある人気プロですが、実物見ると、いやーかわいい^^

来年は関東圏での開催ではないのですが、遠征してやろうかなと真剣に考えてしまう程に日本女子オープン指定練習日は面白いです^^
他のトーナメントもやってくれれば良いのにねぇ。









by kotodaddy | 2018-10-01 08:30 | ゴルフ
2018年 09月 30日
2018 日本女子オープンゴルフ選手権 Part.1 ~Nasa Hataoka
今年も行ってきました、日本女子オープンゴルフ選手権^^
指定練習日に、ですがね^^; ま、写真撮影が主目的なのでソレで良いのですが。
c0152553_08161003.jpg
さて今日は最終日。注目は畑岡奈紗選手の3連覇なるか。
一昨年はアマチュアで勝ち、去年はプロで勝った。
日本で最も権威のある大会であり、女子ゴルファー日本一を決める、誰もが欲しがるこのタイトル。
c0152553_08352601.jpg
今年もそこに手が届く絶好の位置に付けて臨む最終日。果たしてどうなりますでしょうか?
c0152553_08162310.jpg



by kotodaddy | 2018-09-30 08:18 | ゴルフ
2017年 10月 01日
2017 日本女子オープンゴルフ選手権 Part.2
2013年に日本女子オープンに行って以来、実に久々のゴルフ撮影になります。
そもそもプロゴルフに関してはアマチュアの撮影なんぞ許されるものではないのですが、
この日本女子オープンに関しては、指定練習日に(指定された場所限定で)撮影が許されるのであります。
いやー、なんと素晴らしいご配慮。
2013年の時にも記事にさせてもらったのですが、記事本文でも「来年も再来年も、この制度続けてください」。
こうお願いしとった訳なんですが、継続してくださってたんですねぇ。ありがとうございます^^
c0152553_14572325.jpg
日本女子オープンって言いますと、これはもう日本女子ゴルフのNo.1を決める大会ですから、顔ぶれも錚々たるメンツが揃います。
上は渡邉彩香選手、24歳。
実は土日に休みが取れる様になってから、今年は2回ほどトーナメント観戦に行っているのですが、5月に行われた「サロンパスレディス」。
あるPar5ホール左サイドのラフで観戦しとりましたら、誰ぞやがティーショットを曲げ、私の目の前にボールが転がってきたんですな。
それが渡邉彩香選手。キャディさんと一緒に歩いてきてボールを確認した彼女は、これっぽっちの躊躇も無くウッドを受け取り、
ベアグランドをものともせず、低く殴る様な見事なド迫力ドローボールをフェアウェイなりに放って行ったのでした。
こんなショットを2~3mの距離で見てしまったもんだからたまりません。その瞬間から私のお気に入りプロNo.1は彼女となったのです(笑)。
c0152553_14573663.jpg
木戸愛選手もイイです。女子プロでは美脚の持ち主で通っていますが、この日は珍しくパンツルック。
ちょっと日本人離れしたスラリとしたスタイルでフェアウェイを闊歩している様は実にカッコよろしい^^
c0152553_14573105.jpg
c0152553_14574248.jpg
森田遥選手と横峯さくら選手。
このバンカーショットを狙うってのが実は今回の撮影に際して自らに課した一つの目標。
砂粒を印象的に写すのは思っていたよりもシャッタースピードが必要で、1/4000なんてSSは個人的にはほぼ使った事が無いんじゃないか、と。
横峯さくら選手のカットは自分でも気に入った1枚なんですが、後ろのN○Kのテレビクルーさえいなければもっと…^^;
c0152553_14574859.jpg
最後はイ・ボミ選手ですよ、やっぱり。今の女子プロゴルフではトップ人気なんじゃないですかねぇ。
彼女の行くところ行くところ余りの人だかりで、こうやって離れた場所からカメラを向けるしかありませんでした。
向こう側に売店が写ってしまってますが(笑)。

今回の撮影は全てEOS 7Dmk2 + EF100-400 Ⅱ。換算焦点距離640mmで狙ってます。
これが今の自分での最長焦点距離と思ってたんですが、よく考えればヨンニッパにエクステンダーだったら約900mmまであったんだ^^;
ま、実際ヨンニッパまで持ち込むのも抵抗が無かった訳でもなかったんですが、結果的にはサンニッパもヨンニッパも見掛けましたねぇ。
この辺が2013年のギャラリー事情と変わってきた感があって、2013年には長玉なんていなかったもんなぁ。
次回は何の迷いもなくヨンニッパを持ち込みます( ー`дー´)キリッ






by kotodaddy | 2017-10-01 15:39 | ゴルフ | Comments(2)
2017年 09月 29日
日本女子オープンゴルフ選手権 Part.1 ~Rie Tsuji
辻梨恵選手。
個人では関東中学校ゴルフ選手権、団体でも全国高等学校ゴルフ選手権で優勝を飾るなど、ジュニア時代から活躍してきた選手。
169cmの長身ゆえに、日本オープンの大舞台でも目立っておりました^^
c0152553_19125055.jpg
初日、4アンダーで7位タイの好スタートでしたが、今日は1つ落としてしまった模様…。
それでも途中で見せたグリーン奥からのチップショットでのパーセーブは見応えありました。
19位タイで堂々の決勝ラウンドへ。
c0152553_19130688.jpg
c0152553_19130196.jpg
c0152553_19125689.jpg
明日からの決勝ラウンドで大爆発を期待しております^^
次回は我孫子GCを走り回って撮影した私の大ファンプロゴルファーで^_^


by kotodaddy | 2017-09-29 19:17 | ゴルフ
2017年 05月 01日
ゴルフ観戦に行くのなら・・
唐突にゴルフのトーナメント観戦に行きたくなり出掛けてみました。
巷はGWっすからね。渋滞しそうだし、第一、生ビールも飲めないクルマなんかで行った日にゃとことん後悔しそうなんで、
この際は新幹線で行きましたよ(笑)。最寄りの三島駅まではたったの1時間半程度。いやーラクちんラクちん^^

トーナメント会場はいつぶりだろうなぁ、以前に記事にもさせてもらった日本女子オープン以来かなぁ。
華やかな中に独特の緊張感が漂うゴルフトーナメントは実に魅力があるもんです。
写真取れたらもっと良いんだけどねぇ・・^^;実はトーナメント観戦を決めてから、なんか色々と買い込んでたりします。
この辺がワタシの悪いところと言うか、「形から入る」みたいな部分でしょうか^^;
c0152553_15350905.jpg
まずはオレンジ色の脚が付いた「折りたたみ式チェア」。
ゴルフ観戦には楽しみ方も色々とあって、まずはお気に入りのプロに付いて回るパターン。
豪快なティーショットからアプローチ・パットまで見られるんですが、歩く距離は相当なもんになってきます。
ま、大体にしてトーナメントのギャラリーにはもっぱら平らなフェアウェイなんぞ歩かせてくれません。
もっぱら起伏あるラフをとことん歩かされますから、これが結構効いてくるんですな、中盤以降^^;

で、そんな観戦スタイルもやりつつ、場合によっちゃどこかに座って生ビールでも飲みながらの「定点観測」。
これを考えとかにゃいけませんって事で「折りたたみ式チェア」。
ワタシは身長は178cmくらいなんですが、体重もそこそこあったりします。具体的にはここでは控えますが(笑)。
そこらのホームセンターで売ってるチェアってのが、どこでどう決めてくれちゃったのか、耐荷重が軒並み80kg。
これだとですねぇ、イケない事も無いんだろうけど、ちょっとワタシの場合心もとないんですな。
万が一、バキッとでも来られてお尻の肉に食い込んでしまったら・・^^;いやいや考えたくもありません。
よって120kgまで耐えうる座面高46cmのチェアを用意。この座面高も重要要素で、あまりに低すぎるとかえってヒザ疲れます^^;
耐荷重120kgでありつつ、重量は650g。運搬も楽なナイスアイテムです^^

それと今回は「双眼鏡」を買ってみました。
色々と調べてみると、双眼鏡ですから当然ながらデッカく見たいので倍率は欲しくなるものの、実際には10倍以上になると手ブレで使い切れないとの事。
「ほほぉ、そうですか」と呟きつつ会社を抜け出し、カメラ量販店で実際に複数の双眼鏡をいじってテスト(笑)。
8倍のKenko製にしてみますた^^
双眼鏡で見る像ってのは実に独特のものがありまして。いわゆるカメラレンズの望遠レンズで見るものとはちょっと違うんですね。
ゴルフ場に持ち込むと、背景に対してブワッと浮かび上がるプレーヤーはとてもキレイなものがありましたよ^^

それと「偏光サングラス」。
いやー、偏光サングラスを通して見る景色があんなに鮮やかに目に映るものだとは思いませんでしたよ。
特に逆光気味に見た時のゴルフコースや木々は実にクッキリとコントラスト溢れるもので、「PLフィルター」みたいな効果があるんですかねぇ。
特に値段の張るブランド物ではありませんが、コレは良い買い物をした、と(笑)。
c0152553_15351678.jpg
「スポーツはライブで」。今年はこのアイテムで、もう1~2回現場に出向きたいと思っています^^



by kotodaddy | 2017-05-01 14:35 | ゴルフ | Comments(6)
2014年 11月 10日
あぁ、新ペリア・・(T_T)
あるゴルフコンペに出て来た。実に久々のゴルフである。

このコース、昨年の秋に「日本女子オープン選手権」が行われたコースで、実は指定練習日にカメラ持って観に行った、このブログでも記事になったあのコースなんであります。いやー、1年後にまさか自分がここでやるとは夢にも思わなかったなぁ。「そう言えば、あの時ここには観客スタンドが組まれてたなぁ」とか、「あぁ、あのカワイイ堀奈津佳ちゃん、たしかにこの橋を渡ってクラブハウスから出て来たっけなぁ」とか、懐かしく思い出されたのでした^^
c0152553_18541216.jpg

それはともかく、このコンペ。スコアの集計は「新ペリア方式」になっている。

「新ペリア」とは、プレーする18ホールのうち、パーの合計が48になるように予め選んだ12ホール(隠しホールと呼ばれ、当然ながらプレーヤーにはナイショ)のスコアを抜き出し、その数字を1.5倍(一度18ホール換算に戻す訳ね)して、そこからコースのパー数である72を引いた数に係数として0.8をかけた数をそのプレーヤーのハンディキャップとする仕組みで、正規のハンディキャップを持たない様々なゴルファーが一同に集まる様なコンペはほとんどがこの方式を採用している。だから同じスコアのプレーヤーでも、隠しホールで数多く叩いたプレーヤーの方がハンディが大きくなり上位に食い込んでしまうと言う、ある意味ではお遊び要素の強い、運が大きく左右するルールなんでありますな。
c0152553_18541886.jpg

で、今日のワタシのプレーぶりだ。2年半ぶりにやった割にはホントにとてつもなく調子が良く、もう嬉しくて仕方ないもんだからこの際スコアまで暴露してしまうと86である。86って言うと、かなりゴルフに狂っていた時期でさえもそうそうラクには出なかったスコア。そんなスコアが仲間内のお遊びゴルフでなくでっかいコンペで出てしまったと言う事で、「こりゃぁ、上位進出で賞品ゲットでニンマリかも」と、プレー後にひとっ風呂浴びながらほくそ笑んでいたのだが、表彰式で隠しホール発表を聞いて驚いた。私が奪取した幾つかのパーがものの見事に隠しホールに当てはまってしまい、自分でも信じられない程の低ハンデとなってしまっているのだった。当然ながら上位進出どころか、中段の「その他大勢組」(笑)。あっちゃぁ・・。配られた成績表のコピーをよーく見てみると、私と同じ様なスコアのプレーヤーで20位以内に食い込んでるのが何人かいて、そいつら「マジすか」って位のハンディが付いてる・・。あぁ、新ペリア・・。ツイてなさ過ぎる・・(T_T)

by kotodaddy | 2014-11-10 19:40 | ゴルフ | Comments(4)
2014年 10月 28日
ゴル練
いやー、ゴルフのお誘いが掛かってしまった。
なんでも、とある議員さん主催のチャリティコンペだそうな。
ウチの会社、ゴルフ人口がやたらと少なくて、数合わせの為の半分上司命令みたいな感じで・・(ノ∀`)アチャー
c0152553_1615254.jpg

思い返してみると、随分とゴルフはご無沙汰。数年前は狂った様にやってた時期もあるのだが・・。
もー、バッグなんてレンタル倉庫に置きっぱなしだったからねぇ。

引っ張り出してきて練習場に行ってみたが、あまりに久しぶりなもんで最初のうちは(゚Д゚)ハァ?って当たりばっかり。
今日のところはPW~8Iまでかねぇ・・。長期放牧明けだからね、なんつっても。
c0152553_161530100.jpg

フックすんだよねぇ。フックったって、ショートアイアンでフックしてんだから重症だわな。
冷静に分析してみると・・、グリップだな。右手が甘いんだ、たぶん。インパクトでカブって入ってきてんだ。
こんな事を考えながら、打席のイスに座ってコンデジでボール撮ってんだから何だかなぁ・・^^;
修正してなんとか真っ直ぐにいく様にはなったけど、ダフり気味に入ったり薄く入ったり全然安定しない。
この辺は今日のところはどーしようもないな、もはや。なんたって2年数ヶ月ぶりだからね^^;
まだちょっと時間はあるから、もう2回くらい追い切ってカンを戻した上で本チャンってとこでしょうか^^;

by kotodaddy | 2014-10-28 16:34 | ゴルフ | Comments(8)
2013年 10月 12日
多重合成
まずはこの1枚を・・。
c0152553_10135515.jpg

んー、なんのこっちゃお分かりにならないと思うのですが、先日の記事で1枚目に使ったこの画、実はDPPの「多重合成」と言うツールを使って仕上げた画なのでした(笑)。

もともとのオリジナルはこの画。
c0152553_10172741.jpg


もうかなり前になるのですが、何かのゴルフ雑誌だったかなぁ、ひょっとしたらテレビでの1シーンだったのかなぁ、孤高のプロゴルファーであるタイガー・ウッズが早朝のドライビングレンジで独り黙々と打ち込んでいると言うシーンがありました。やはりこの日の様な小雨模様だったのか、それとも朝もやだったのか分からないのですが、うっすらと白いベールに包まれた中で、黒いウェアに身を包んだタイガー・ウッズが、ただひたすらにボールを弾き続ける。その1枚からはウッズの内に秘めた、静かではあるけれどもカッと燃える闘志はもちろん、凛とした空気感、ひんやりとした温度感、それに辺りの静寂さえ伝わってくる印象的な画で、自分としては感動さえ覚える1枚でした。

そして時は流れて、あの日。雨の中、トーナメント会場に乗り込み、まずは向かったドライビングレンジ。そこに到着してみると、脳裏に残ったあの1シーンになんとなく似ている。咄嗟に思ったのが「あの様な画を撮れないか」。しかし実際にシャッターを切ってみると思いの外クリアに写ってしまいます。「自然の天気には勝てませんわな」と一度は諦めかけたのですが、ふとDPPの多重合成ツールを思い出し、「大ボケ」の合成用画像を数パターン撮っておいたのですが、帰宅して実際に試してみると思い描いていた画にドンピシャでハマりました^^ まぁ、こういうのはあくまでも「お遊び」ではあるのですが、写真を仕上げると言う過程の中で、こういうのも面白いもんだと思いましたねぇ。

by kotodaddy | 2013-10-12 10:39 | その他 | Comments(16)
2013年 10月 03日
2013日本女子オープン
国体の女子サッカー。まだ数試合分の撮影画像があって、素人ながら色々と書き綴りたいこともあるのですが、それはまた次の機会に・・。



日本女子オープン。言わずと知れた、日本のナショナルオープン・トーナメント。

通常ではゴルフのトーナメントってのはカメラの持ち込みはもちろん、ケイタイでさえやすやすとイジれない、非常にナーバスなもの。アマチュアのカメラマンが懐から一眼レフを出すなんぞは常識の範囲外、到底許されないものなんである。しかし。指定練習日の1日だけは撮影場所限定の上で許可される、いや、許可してくださると分かり、もう居ても立ってもいられずに駆けつけた。

c0152553_11348100.jpg

折しも天候は雨。午後から回復傾向らしいが、とてもじゃないが重装備では行けそうにない。サンニッパと70-200と24-105を持ち込んでその都度レンズ交換なんて、今日に限ってはちょっと無理そうである。よって70-200の1本勝負。これに念のためエクステンダー1.4xをバッグに忍ばせておくことにした。

さらに・・・

by kotodaddy | 2013-10-03 14:12 | ゴルフ | Comments(10)
2012年 05月 29日
あまりにも久しぶり・・
突然、来月ゴルフをすることになりました。実はゴルフに関してはもうずいぶんと長い事やっていなくて、ゴルフの記事をタグで調べてみると2010年の7月以来。ゴルフクラブも実家に置いてあった様な始末・・^^; そこで急遽実家に戻りゴルフクラブをクルマのトランクに放り込み、その帰路に練習場に立ち寄ってみました。
いやー、さすがに2年にならんとするブランクは如何ともしがたい・・^^; 何度か通って、多少なりとも調子を戻さねば・・^^;
c0152553_734644.jpg

画像は父親から借りてきた1W。ここ最近の1Wはでっかいヘッドなのが主流。2年のブランクでも、このヘッドの大きさならば不安感なく構えられるかなと考えて借りてきたのですが、たしかに460ccの大きなヘッドは「これなら当たるかも・・」と思えて良いんですが、ちょっと私にゃシャフトがヤワだなぁ・・^^; 鉛を貼っての微調整で、シャフトを固くさせる様な効果がある貼り方ってなかったっけかなぁ・・。手元調子にすれば良いのかなぁ・・。

by kotodaddy | 2012-05-29 07:47 | ゴルフ | Comments(6)