カテゴリ:その他( 581 )

2019年 05月 25日
飛越
c0152553_19135249.jpg
c0152553_19135888.jpg
初めて陸上競技を撮りに行く機会に恵まれた。
いや、陸上競技をライブで見ること自体が初めて。
1本の棒で重力と言う常識を打ち破るアスリート。すごい。マジすごかった。

他にもえらい数シャッター切ったけど、なかなか掲載しにくいわな、このジャンル ^^;
※ユニフォームのチーム名の部分は加工処理させていただきましたが、掲載に問題がありましたらお知らせください。



by kotodaddy | 2019-05-25 19:23 | その他 | Comments(0)
2019年 05月 19日
2019 世界トライアスロンシリーズ 横浜大会
実に良い季節となってきた令和初の5月(この「令和初の~」ってあちこちで使われてますよね・笑)。
スポーツシーズンもいよいよ本格的になってきましたって事で行って来ました、今年も横浜トライアスロン。
ちょっと前の天気予報では曇り時々雨なんて感じでしたが、見事に外れ、まるで初夏の陽気でした^^
c0152553_18120123.jpg
c0152553_18122043.jpg
c0152553_18121554.jpg
c0152553_18120820.jpg
c0152553_18122459.jpg
c0152553_18122826.jpg
この日、会場でレースを待っていた際にちょうど隣にゴーヨン+1DXのカメラマンが来られたのでちょっと話をしてたら、
なんとブログでもやり取りをさせてもらった事のある、私の競馬写真の師匠みたいなお方‥(笑)。
いやー、この広い会場内でなりますかー、隣り合わせに^^;

現場には1DXに100-400、70-200、24-105を持ち込み、広角から望遠域まで一分の隙も無い気合い十分な準備で臨みましたが、
70-200はバッグから出すこともなく、24-105に至ってはこの1カットだけと言う体たらくぶり‥。
ドイツだったかイタリアだったかのチーム関係者の女性が突如ワタシの前に割り込み、しかもよりによってガードレールにちょこん。
「ムカッ」と来たけど、言葉もどうせ通じないので構図に役立たせていただきました(笑)。



by kotodaddy | 2019-05-19 18:26 | その他 | Comments(2)
2019年 04月 23日
令和へのご準備はよろしいか?
まもなく元号が令和に変わります。私にとっては、これで改元を経験するのは二度目になる訳です。
昭和から平成に改元される時には昭和天皇崩御があってのものでしたから、日本全体が喪に服し、悲しみの涙に暮れている最中ゆえ、
決して喜ばしい類に分類されるイベントではありませんでした。ところが平成天皇がご健在の下で行われる今回の改元はなんだか
妙にめでたい様な気分に感じてしまうのはワタシだけでしょうか。天皇陛下もですね、長期に渡る、気の休まることも無く続く
激務はお元気なうちにあるところで幕を引いて頂き、残された時間を皇后陛下とのんびりと過ごして頂くのも決して悪くはないのでは
ないかと思う訳です。

まぁ、いずれにしても改元は数十年に一度の歴史的瞬間なのは間違いなく、また西暦以外に元号と言うものを用いる日本でしか
行われないもの。それが間近に迫っていると言う事で、さて皆さん準備はよろしいですか、と。

私はこの歴史的瞬間にあたり、財布を取り替えることにしました(笑)。ただ単にあとから理由つけてるだけですが。

私はここ数十年、少なくとも平成の世のほとんどを某フランスの有名ブランド「L・V」(笑)の製品を幾つか使ってきたのですが、
だいぶ痛みも出て来たことですし、ここらでそういうブランド商品から脱却してもみたくなったと言うことで、実はここ数日間、
色々と探してみました。「L・V」も悪くありませんでしたよ。丈夫ですしね。

今回の購買対象の財布としては風合いの良いレザーのもので、ずっと「札入れ」と「小銭入れ」を別々に持って来ましたので、
ひっくるめてラウンドファスナー式の長財布がいいなぁ、と。そこで浮上してきたのが「Alt 81」なる国産レザーグッズメーカー。
このメーカー、各地にある百貨店やセレクトショップには一切商品を卸しておらず、唯一の直営店を職人の街「東京・蔵前」に
出しておるだけと言う潔さなんですな。ま、通販もやってるますけど、手作りレザーの独特の風合いと唯一無二の「表情」を実際に
見て決めたいと言うことで行って来ました、仕事中に
c0152553_20141524.jpg

このお店、とにかくやたらとHPが凝ってまして、色々な説明や薀蓄がこれでもかと記されているんですね。先述した「表情」と言う
ワードもHP内で見つけたものなのですが、「トラ」と呼ばれる、革の表面に浮かび上がる模様にとにかく惹かれてしまいまして。
ギターなんかでもこの「トラ」の木目模様で格が上がる風習があって、ギブソン・レスポールのトラ目なんかカッコいいんだ(笑)。
まぁナンと言うか、同じ模様は二つと無いってところがロマンと言うかナンと言うか(笑)。

今日はたまたまブランドオーナーの高崎氏がお店におられ、無理を言ってこの「トラ」が強く出ている品を4つも5つも出して頂き、
その中から自分の気に入った「1点モノ」を手にする事ができました^^ 写真でもうっすらと見えますでしょうか、トラ^^
これでも小一時間迷ってコレに決めたのですが、ホント言いますと、もっとすんごい「トラ」が浮かんだものがあったのです。
でも極端なレア物に加えて、こういうのも稀に出現するんですよって説明用とのことで「コレは売れません」と…(涙)。

ここの商品は全ての財布製品の「どこか」に「豊穣マーク」が刻まれているとのことで、オーナー曰く「あとで探してみてください^^」、と。
c0152553_20142167.jpg

無事に探し当てました^^
c0152553_20142593.jpg
さぁ、平成もいよいよ終焉。令和に向けてのご準備はよろしいでしょうか?






by kotodaddy | 2019-04-23 20:39 | その他
2019年 01月 13日
バレーボール観戦に行きまくってみる(笑)
皆さま、遅ればせながら明けましておめでとうございます。

昨年12月にひょんな事から女子バレーボールVリーグの試合を見に行った話は記事にしました。
久しぶりのバレー撮影はとても難しく、しかしながら実に楽しいものでもありました。

難しいけど、楽しい。人間、得てしてそういうものには往々にして引き込まれていくもんですが、私もご多分にもれず。
気が付いたら12月に3回の観戦。そして明けた新年1月。早くも一発行って参りました。
12月なんて茨城県のひたちなか市まで遠征しましたからね、片道3時間近くかけて。えぇ、完全にハマっております(笑)。

で、今回はアリーナサイドのかなり前の列を押さえる事ができましたんで、ただでさえ長いと思ってるヨンニッパは思い切って留守番。
ちょっと無謀かとも考えましたが、EF70-200 F2.8L IS Ⅱに1DXと7Dmk2を合わせる感じで突撃してみました。
この辺、機材の話としては、こういう暗い体育館の照明下では1DXの圧勝。7Dmk2は明るい屋外で使いましょう。以上(笑)。
レンズの距離感としては今まで以上にサンニッパが欲しくなる、そういう結論でした。こちらも以上。
c0152553_17151417.jpg
山崎あかね選手(埼玉上尾メディックス)。平成最後の天皇・皇后杯でベスト4に残った同チームの中心的人物。
この日はホームゲームの扱いだった事もあって大応援団が集結。あの日立をストレートで撃破しました^^

このカット。自画自賛にはなってしまいますが個人的にはとても満足な1枚^^
200mmの広い画角が功を奏したとも言えなくも無いのですが、実際ヨンニッパじゃ撮れてないですよ、たぶん(笑)。
前の記事を読んでいただけるとお分かりだと思うのですが、ボールがらみのカットってのはなかなか難しいんですよホントに。
たまたまヨコ構図で構えていたので選択してあったAFフレームで追いかける事が出来たとか、まぁ色んな偶然が重なった結果なのですが、
なにより山崎選手、まさにこちらに向かってダイブして頂きましてありがとうございます(笑)。カッコいい~^^








by kotodaddy | 2019-01-13 18:06 | その他
2018年 12月 11日
久かたぶりの女子バレーボールはVプレミアリーグで^^ ~Part.2

バレーボールも球技ですから、サッカーなどと同様にプレーヤーがボールに絡んでいるシーンが狙いどころになるのですが、

基本的にこの部分は運次第と言うか、なかなか予測してキッチリ収めると言う訳にはいきません。

トスが上がってネット際からスパイカーが強烈なスパイクを放つ。放たれたボールは相手コート内で身構えるレシーバーに

ものすごいスピードで向かっていく。相手コートにいる選手は6名。そのうちの誰か1人が処理する訳ですが、スパイクが

打たれてから処理する選手にレンズを向けてフォーカスさせるなんて芸当はとてもじゃないですができません。


よって6名の中から「次のプレーはこの選手がボールに絡むんじゃないかな」と言う選手を予測して、その選手に予めAFフレームを

乗せておく訳なんですが、これがまぁあんまり当たらないんですね(笑)。

c0152553_19525787.jpg
※平谷里奈選手(KUROBEアクアフェアリーズ)
まぁ仮に「予測」が当たっても実際には前に後ろに、あるいは右に左に。いや、それだけではなく上下にさえそれこそ瞬時に

動いてレシーブする事が多いので、それに合わせてレンズを振る必要も出てきます。


さらにスパイクされたボールの動きはものすごいスピードなので、選手がピクッとなった、つまり捕球体制に入った(かもしれない)

段階でシャッターを切り始めますが、それでも撮影結果は実はレシーブ後で、写真にはボールはまるで写っていない事も多く…。

c0152553_19530611.jpg
※朝日優衣選手(デンソーエアリービーズ)
スパイクシーンにしてもそうで、狭いフレームの中ではどの選手に向けてトスが上がっているのかとかはまるで分からないので、

やっぱり予測して選手を追いますがネット際ではあちこちでフェイントでブンブン飛んできますし、極めつけはバックアタック

なんていう、コートの後ろからスパイカーがふっ飛んでくるなんてのもあり、まぁ半分以上が「空振り」。

その結果、「ボールゲーム」でありながらボールがまるで写っていない、選手だけの写真が量産されてしまうんですねぇ^^;

c0152553_19530225.jpg
※小口樹葉選手(デンソーエアリービーズ)
まぁそんな中でも「奇跡」はたま~に起こるもので(笑)。いやはや、難しいもんです^^;


by kotodaddy | 2018-12-11 19:56 | その他 | Comments(4)
2018年 12月 05日
久かたぶりの女子バレーボールはVプレミアリーグで^^
ご無沙汰しております。元気に生きております^^;

さて唐突な女子バレー観戦、それはとある日のTwitterタイムライン上に突如出てきたプロモーション広告から始まりました。
タイムラインに女子バレーVプレミアリーグのチケット広告が上がったのです。今まであんまり見た事なかったけどなぁ。

ぬおぉ。女子バレーか。
過去に日本代表チームの試合は見に(撮りに?)行った事はありますが、Vリーグは行ってない。
そういえばその試合の帰りに「日本代表戦ばかりじゃなく、今度はVリーグの試合も行こうっと」と思った記憶があるなぁ。
いいねぇいいねぇ、大砲持って突撃しようじゃありませんか^^

しかし、よくよく調べてみると広告が上がったのは試合の2日前。こんな時期になってまだチケット余ってるのかい?
しかもweb上では私の欲するアリーナサイド席(この辺はこんな記事見て頂けると幸いかと・笑)が「△マーク(残り僅か)」ながら残っている。
さらに試合の組み合わせはと言えば、NECレッドロケッツとJTマーヴェラスで、全くもって些かの文句もございません。

速攻でゲット。

c0152553_19404338.jpg

古賀紗理奈選手^^
日本代表にも選出されている人気プレーヤーです。まぁニコニコしてて実際かわいいんだわ(笑)。
いやいや、女子バレーは数年ぶりですが、スパイカーのジャンプ力は相変わらずものすごいものがありますね。

c0152553_19404891.jpg

ブランキツァ・ミハイロヴィッチ選手。
セルビアの選手ですが、リオオリンピック銀メダルの大活躍だったこの選手の存在は強烈に覚えてました。
なんと日本でプレーしていたんですねぇ。長身揃いの選手たちの中でも一歩抜けた高さでございました^^

ん~、良いですねぇ、スポーツのライブ観戦^^
しかしやっぱりヨンニッパは「長い」です(笑)。








by kotodaddy | 2018-12-05 20:09 | その他 | Comments(2)
2018年 10月 08日
楽天ジャパンオープンテニス 2018
9月と言えばテニスウィーク。例年、日本ではいくつかのビッグトーナメントがこの時期に行われるのですが…。
今年は日本テニスの聖地、有明コロシアムがどうやら改装中とのことで会場が分散されることとなりました。
その中で、男子トーナメントの「楽天ジャパンオープン」に出掛けてみました^^
と言っても、スケジュールやお財布の都合で、私が行ったのは初日も初日の予選の初日(笑)。
c0152553_08551257.jpg
今年は錦織圭選手が出場すると言うことで盛り上がりましたが、昨日の決勝戦、いやいや残念ながら敗北。準優勝でした^^;
その前に行われた「東レパンパシフィックオープン」でも大坂なおみ選手が決勝で敗れてしまいましたが、地元になると重圧もあるんでしょうかね。
c0152553_08542331.jpg
今年の楽天オープンは、東京・調布市の「武蔵野の森 総合スポーツプラザ」なる場所で行われました。
ここはJリーグサッカーでもおなじみの「味の素スタジアム」の真隣にありまして、私が行った日は夕方からJリーグの試合も組まれており、
さほど大きくない最寄りの駅は、普段は通過する特急電車が臨時停車したりと、まぁえらい騒ぎになっておりました。
c0152553_08542824.jpg
で、この「武蔵野の森 総合スポーツプラザ」。私は初めて行く場所になってまして、事前の調査(笑)によれば屋内アリーナなんですね。
昨年まで開催されていた有明には開閉式の屋根を持つメインコートがあるにせよ、屋外コート3面をサブとして試合を併行して行ってましたが、
屋内アリーナだけで開催できるのであれば試合の進行は天気に左右されずに済みます。ここは実にメリットがありますね。
ただ、基本的に「大きめの体育館の中に2つのコートを特設、そこに可能な限り特設観客席を増設」って考え方ですからね。
観客動員数(客席数)的にはどうしても少なくなってしまい、興行的部分では「う~む」と言ったところが本音なんでしょうか^^;
c0152553_08543302.jpg
屋内アリーナと言うことになりますと、これはもう「暗さ」との闘いになってきます。
「外は雨も降ってるし重い機材はイヤだからAPS機でよろしくお願いしちゃおうかと…」なんて言ってられません。
高感度ノイズに強いフルサイズ機 1DXと、にっこり明るいヨンニッパ(笑)で臨みました。
この組み合わせでSS 1/1000を切るのに開放F2.8を選択してもISOは3200にまで上がってしまい、「一体どんだけ暗いんだよ」と^^;
相手は男子テニスなんで、本当は1/1000なんて中途半端なSSじゃなくて1/1600~から、場合によっちゃ1/2000まで欲しいところなんですがね。
c0152553_08543727.jpg
今までテニス撮影は女子に偏っていたんですけど、やっぱり予想通り男子テニスはスピードがだいぶ違います。
400mmと言う「微妙に長い」距離の単焦点で必死に追いますが、一度フレームから見失ってしまうともう完全にお手上げ状態 ┐(´~`;) ┌
って言うかどうなんだろ、帰宅してPCで撮影したデータをチェックしてみると思った以上に「やっちまった画」が多い…。
やっぱり選択したSS、女子には通用しても男子テニスには通用しなかったと言う見立てもできるとは思うのだが…^^;
いやいや、もう老化がジワジワ来てて、反射神経も退化してて動きモノはダメなのかもしれないなと本気で心配になりました(笑)。





by kotodaddy | 2018-10-08 09:40 | その他
2018年 09月 09日
大坂なおみ 全米オープン制覇!
大坂なおみ選手、全米オープン制覇の快挙達成!

c0152553_17323527.jpg
                        彼女を初めて見たのは2014年の有明だったと思う。
   Japan Women's Open Tennisのドロー表を見て「大坂なおみなんて日本選手いたんだ」と思ったのを思い出す。
c0152553_17324099.jpg
  圧倒的なパワーテニスで相手に挑む大坂選手を見て、今までの日本人選手の戦い方イメージを根本的に覆された。
c0152553_17324646.jpg
どのショットもとにかく力強いものだったが、彼女の魅力はサービスに尽きると思う。
繰り出されるキャノンサーブの威力はもはや女性プレーヤーの規格ではなかった。
c0152553_17325083.jpg
           その時の試合の勝敗の記憶は薄れているのだが、たしか負けたんではなかったと思う。
         敗因は明らかにメンタル。思い通りのショットが打てなかった時に奇声を上げてフテくされてしまうのだ。
c0152553_17325707.jpg
だが、それから数年が経ち彼女は驚くべき成長を遂げた。
私はテニスの素人なので細かい部分は分からないのだが、プレーの技術的なところはもちろん進化を遂げているのだろう。
             しかし、素人の私で分かる程、なによりメンタルの自己コントロールができる様になっていた。
c0152553_17330174.jpg
   おめでとう、大坂選手。こんなに早く世界の頂点に立ってくれるとは夢にも思わなかった。
まだ弱冠20歳。彼女の時代、間違いなく来ますね(^^)

※写真は2014~2016年に撮影したものです。



by kotodaddy | 2018-09-09 17:50 | その他
2018年 05月 27日
足柄古道 万葉うどん
美味しいものがあると聞けば、何十キロクルマを走らせてでも行ってしまう…。
そんな性質である事は過去に何度か記事にさせてもらいました。
最近では、東京・江東区にあるモンシェールと言う店のデニッシュパン。
もともとは地元の人しか知らない様なパン屋さんだったのだが、テレビで扱われたとたんに入手困難になってしまった。
片道1000円超えの高速料金を支払い詣でること4回。やっとの事で「伝説のデニッシュパン」を手に入れたのだった。
c0152553_07361147.jpg
そして今回、だ。今回はあるテレビ番組で取り上げられた「手打ちうどん」のお店。
名前は「あしがら古道 万葉うどん」さん。
場所は南足柄。御殿場とか箱根とかあの辺だわな。地図でおおよその見当をつけると、いやいやぁ、こりゃ結構な山奥。
その昔、鳥撮りにハマっていた頃、あの白黒の幻の鳥を追って出掛けていた先じゃありませんか、と。

んがしかし。そこまでして出掛けて行っても本当に出るか出ないか分からん野鳥より、うどんは間違いなく出てくる訳で。営業日ならば。
と言うことで出発。数時間ののちにお店の前に到着したのでした^^
c0152553_07361727.jpg
このお店、クルマが無いと来られない様な場所で、しかも「一本入った裏通り」ということもあり、それこそ「知る人ぞ知る有名店」だったのだ。
が、そんなお店がテレビに出ちゃったもんだからさぁ大変。週末はエラいことになっているらしいんで平日に有給を取って駆け付けました^^
混むとか並ぶとかがイヤな性分なもんで開店時間に合わせて行ったらカン違いで30分前に到着(笑)。それでも数名の開店待ち客が…^^;
c0152553_07362413.jpg
無事に入店、注文して待つこと、およそ10分。「ざるうどん大盛り」が目の前に出て来た。これで大盛りかぁ…、ちょっとしょぼ~ん。
「カレーうどん」も店の看板メニューらしいのだが、初来店ゆえにここは定番スタンダードなところから、だわな。
手打ちなのでやっぱりかなりコシの強いうどん。だし汁は個人的好みとしてはちょっと薄口かなぁ、と。
それでもやっぱりテレビ関係なく、話題のお店に「なるべくしてなっている」美味しいうどんでした^^

持ち帰り用の生うどんもあって、ただコレには「注文が入ってから打つから早めに注文を」的な張り紙が。
うーむ、初めて来る客としては、実際に食してウマいかどうか判断する前に注文するのは一種の賭けみたいなもんだが…。
それでも5人前の持ち帰りうどんを頼んでしまったところはギャンブラーの血が騒いだというところでしょうか(笑)。
翌日、カミさんと娘にも食べさせたところ大好評だったので良かった良かった^^
c0152553_07362036.jpg





by kotodaddy | 2018-05-27 08:29 | その他
2018年 05月 20日
2018 世界トライアスロンシリーズ 横浜大会 ~Part.3
今年は早朝7時前からスタートする「パラトライアスロン」も観戦した。
身体に障害を持っていても力強く目の前を駆け抜ける選手たちには胸を打たれました。
自分に持ち合わせていない強い精神力を目の当たりにして、なんだか甘ちゃんで生きてるのが恥ずかしくさえ感じましたねぇ。
c0152553_17475891.jpg
c0152553_17480443.jpg
c0152553_17480872.jpg
c0152553_17481566.jpg
c0152553_17481942.jpg


by kotodaddy | 2018-05-20 17:52 | その他