2008年 09月 29日 ( 1 )

2008年 09月 29日
死海の塩
c0152553_8211598.jpg

「死海」。そう、ご存知の通り、イスラエルとヨルダンに挟まれる位置にある湖で、その海抜は実にマイナス418m。地球上でもっとも低い場所になるそうです。湖水の塩分濃度は30%オーバーで、通常の海水の塩分濃度は約3%ですから10倍以上の濃度。もちろん魚などは生息できませんし、人間の身体もプカプカ浮いてしまうそうです。
で、ここの湖水から採った塩というのが身体にいいと言う話は10数年前(いや、もっとかな・・?)から実しやかに言われてまして、浴槽に溶かして使えば神経痛や切り傷などの早期治癒など、いわば温泉的な効果が期待できるって話で、巷にはデッドシーソルトなる商品が溢れ、結構な値段で販売されています。
突然なんでこういう記事なのかと申しますと、実は知り合いが先日やって来て「イスラエルから直接輸入した源塩の納品先が飛んでしまい、10t以上の塩の在庫があるんで、おまいのとこで扱ってくれんか」、と。調べてみた巷で売ってる商品の価格よりも20分の1以下で入ってくる様だ。見てくれはちょっと水分量が含まれていそうな、ごく普通の粗塩。舐めてみるとまぁしばらく立ち直れない位の苦さ^^; マグネシウムの含有量がハンパではないんだそうな。副業で通販でもやってみるかと思ったんですが、そこまでの甲斐性も持ち合わせてないんで、まぁ自宅の風呂で使ってみようとサンプルで置いていったものを溶かし込んでてみた。ちょうど右手の指2本にちょっとした切り傷もあるし。
すると、あ~ら不思議。ちょうど関節の部分だったので治りが悪かった切り傷が翌朝にはきっちりふさがってるじゃありませんか。こういうオカルトチックな商品、今まではあまり信じた事は無かったのですが、信じるものは救われる。ちょっと継続して使ってみようかな(笑)。

by kotodaddy | 2008-09-29 09:15 | その他 | Comments(18)