2018年 03月 12日
Airi Nakayama ~2018 筑波ロードレース選手権 Rd.1
中山愛理選手。
関西の選手である事は知ってましたが、今回は関東に遠征されたんですね。
前々から撮影してみたいライダーでした^^
c0152553_20583412.jpg
前回の筑波撮影くらいから狙っているのが、身をよじる様にして最終コーナーを立ち上がりフル加速に移るマシンの画。
それを、このレースに関しては中山選手のコーナリングだけに絞って狙ってみます。
最終コーナーのクリップにごく近い場所に立ち位置を取り、コーナーに進入してくる中山選手のマシンを脚立の上から待ち構えます。
ですが、この立ち位置からは脚立を利用してもなかなか見通しが効かず、ある特定のマシンだけを狙うのは難易度が上がります。
視界にまず飛び込んで来るのはイン側のガードレールの上にちょこっと見えてくるヘルメットだけ。
マシン全体が見えてくるのはその後で、スピードが乗っているこの場所では、見えたと思った時にはもうほぼ目の前。
もつれあって来る数台のマシンの中から中山選手のマシンにAFフレームを乗せるのは結構大変…^^;
もうちょっと余裕ある距離感でマシン全体が見渡せ、長い半押しで引っ張ってこられると流し撮りの結果もよくなるんでしょうけど…。
そんな中で今回撮れたこのカットは自分的にはまずまず満足度が高いと思える1枚となりました^^
c0152553_20584367.jpg
c0152553_20584818.jpg
c0152553_20585237.jpg
筑波サーキットも3~4回目になると、限られた撮影ポイントの下で今までとはちょっと変わった撮り方をしてみたくなるもので…。
シャッタースピードの冒険をしてみたり、今までよりも引いてみたり寄ってみたり。
前記事の1枚目なんかもそんな試行で撮ってみた1枚なのでした^^




by kotodaddy | 2018-03-12 21:35 | サーキット | Comments(2)
Commented by ナツパパ at 2018-03-14 09:27 x
見事に乗りこなしてますねえ。
人馬一体じゃないけれど、この姿はすごいし、
とてもきれいだ、と思います。
惚れてしまいそうだ(笑)
Commented by kotodaddy at 2018-03-14 19:18
ナツパパさん
私もバイクのコーナリング姿にはある種の美しさみたいなものを感じます^^
バイクでレースをやっているライダーは誰もが速さを追求し尽くしているせいか、
研ぎ澄まされたムダの無いライディングスタイルなんだと思うんです。そこが
美につながっている部分なんでしょうか^^


<< スーパーGT 公式テスト i...      Marika Fujiwar... >>