2019年 12月 08日
シェイクダウンは続く…
EOS 1DX mk2を手にして、よさこい→3週連続バレーボールと「徐々に」使い込んでいます(笑)。
操作そのものは初代1DXとさほど変わり無く苦労もありませんし、なにしろカメラ入れ替えと言うのはモチベーション上がります^^
週も後半になりますと「週末は〇〇へ行くぞ行くぞ、行くど~」って感じで、とにかくカメラ持って出掛けたくなるんですねぇ。
シェイクダウンは続く…_c0152553_19464181.jpg
とは言え、土曜日は公休日とは言えど、いつなんどき仕事が舞い込むか分からぬ身分。木曜だの金曜だのに土日に仕事が舞い込むのはしょっちゅう。
そうなってしまいますと、せっかく早々とチケットを入手していてもまるっきりムダに終わってしまう可能性もあります。
よって、よさこい明けの「3週連続Vリーグ詣で」は全て「当日券勝負」で行ってみました。この方がその週の平日ソワソワせんで良いですが、
実際に当日券があるかどうかは現場行ってみないと分かりません。この辺がなかなかスリリングではありますが。
でもチケットがあった場合は座席指定に近い形で買えますので、ヒジョーにリスキーではありますが私みたいに撮影優先・座席エリア重視の人は良いかも。
少なくともある程度理想とする座席エリア確保の可能性は上がりますし、前売りで指定席ゲットしたとしても「一体どの辺りの座席なんだろ」みたいな
不安定な精神状態にはなりにくいかも(笑)。
シェイクダウンは続く…_c0152553_19464998.jpg
で、1DX mk2。
良いですねぇ。AFに関してはあんなに「すげぇ」と思っていた1DXのAFともまるで比較になりません。
どんなに激しい動きでも、AFフレームに乗せておけさえ出来ればとりあえず大きな間違いは起きようもありません。
今まで通りAFフレーム1点で追いまくりますが、顔認識が働いているのかなぁ、撮影後の現像作業でもゴミ箱行きが極端に減りました。
特に中央付近のAFフレームを選択しないで端っこ使っても追従しまくると言うか、初代1DXとは違うのは明らかです。
mk2をもってしてコレですから、開発中とウワサのmk3はまた進化しててスゴい事になっているんでしょうねぇ。
シェイクダウンは続く…_c0152553_19465580.jpg
今回、3週にわたって各地のバレーボール会場に行った訳なんですが、まず連写中のコマの中でピントを外す現象が極端に減りました。
そもそも連写中の連続するコマ数の中でピンが外れるって現象もなかなか分かってもらえないかもしれませんし、キヤノンも認めようとしません(笑)。
仮にあったとしても、そういう現象が減るのは綿々と続くデジカメ進化の中で当然でしょって言われるかもしれませんが、決してそんな事は無く、キヤノンの誇るいわゆ最上位機材だった1Dmk3やmk4でも普通に起きていましたし、1DX mk2の直前フラッグシップであった1DXでさえ頻繁にありました。
それが1DX mk2では連写スタートから連写終了まで、肉眼で見ているファインダーの中でもキレイにピンが残ったまま連写が完了する訳です。
今までは連写スタート時にキレイに見えてたファインダー像が連写終了時にはピン抜けしてるみたいな、「最後までちゃんとピン残ってるかなぁ」的な、
なんとなく気持ち悪い部分があった訳なんですが、そういうのがまず無い。
シェイクダウンは続く…_c0152553_19470530.jpg
それと、微妙なんですが連写中の例えば10コマ。この10コマの中でほんの僅かながら「色合い」が違っているコマが数コマ発生する。
これがひょっとしたらフリッカー現象を押さえ込む「フリッカーレス」の威力なのかなと。この機能、1DXにはありませんでした。
なのでフリッカーレス機能が無ければもっと結果にバラつきが出ていたんじゃないかと思う訳です。

今回の記事でupした画像は全て川崎市の「とどろきアリーナ」でのものなのですが、おそらくこの会場においてはフリッカーは発生していない。
つまり割と新しいタイプの照明器具だと思うのですが、その前後に行った2会場は区営だったり市営の、言い方は悪いが「ごくフツーの体育館」。
まぁ、ぶっちゃけ如何にもフリッカーが起きそうな照明環境ではありました。前回記事の会場がその2か所のうちの一つだったりしますが。
これを連写中通してほぼ同じ露出と色合いの画として処理している。僅かな色合いの差は、もうどうしようも無い範疇で処理し切れなかった差なのかなと。

やはりデジタル機器の進化はスゴいものがあるって事です。1DX mk3の登場をお待ちの方々、乞うご期待ですね(笑)。




# by kotodaddy | 2019-12-08 20:50 | その他
2019年 11月 19日
V2だって行ってみるのだ ~GSS東京サンビームス
ご存知の方はご存知なのですが、女子バレーボールVリーグにはディビジョン1と2がありまして。
ま、サッカーで言うところの J1 と J2 みたいな感じで考えていただければと思うんですが・・。

今回、EOS 1DX mk2を手を出した理由と言うのが屋内バレーボールの様な高ISO下での撮影が最も大きなものだった訳ですので、
東京近郊でその屋内バレーボールの試合が組まれているのならばもはやV1もV2も関係ありません、行ってしまおう、と。

試合のマッチアップは「GSS東京サンビームス vs ブレス浜松」。
V2だって行ってみるのだ ~GSS東京サンビームス_c0152553_19080760.jpg
出掛けてみた試合会場と言うのが東京・中央区にあります総合スポーツセンターなる場所で、もちろん初めて訪れる会場になります。
だもんでコートの周囲にどんな感じでアリーナ座席がセットされているのか、一般自由席からはどうなのかとかはサッパリ分かりません。
特にアリーナ席については、400mmの焦点距離感でどうなのか、アリーナ列は段々に高低差を付けてセッティングされてるのかとか気になります。
前売りのチケットサイトでもその辺の情報は無し。加えて当日に仕事が入ってしまう可能性が直前まであったため、当日券入手と言う形で中に入り、
座席配置などはチケット販売の方に聞いてみる事にしました。
V2だって行ってみるのだ ~GSS東京サンビームス_c0152553_19081538.jpg

すると「ちょこっと中を見て頂いて構いませんよ」と親切な言葉。「んじゃぁ」ってんで館内をチラッと覗いてみると・・。
いやー、やっぱりアリーナは段々になってません。フラットなフロアに前列後列2列の配置になっている様子です。
これだと後列では前列の人の頭が邪魔でとても写真撮影どころじゃありません。って事で全席自由席になる2階スタンド席をチョイス。

「まぁたまには良いか。第一、値段安いしな」などと簡単に考えての決断だったのですが、コレが後々大変なしっぺ返しを喰らうハメに(笑)。
V2だって行ってみるのだ ~GSS東京サンビームス_c0152553_19082123.jpg
なんと、2階席の最前列の目前にはすべて透明アクリルの転落防止フェンスが付いていたのでしたー(笑)。
写真になった時、クリア度合いが全然違うわ、これじゃ(^^; 
…終わった(笑)。
本入館前にチラリと会場覗いた時にはアリーナ席の配置ばかりが気になってしまい、2階席はほぼノーチェックになってしまってたんですね(^^;;
V2だって行ってみるのだ ~GSS東京サンビームス_c0152553_19082593.jpg
実際のところ、一見キレイでただ透明に見えるアクリル板1枚でも、それが被写体とカメラの間に入ってしまうとAFの食いつきを含め、
まぁ撮影結果にプラス材料になるものは皆無です。よってコントラストの低い眠いゴミ箱行き画像の超大量生産になってしまった感もあります。
んー、今日の主目的はISO 6400までのノイズ具合がどうなのかを見るってのがメインだったって話もありますけどねぇ。
でも今から思えば、2階席コートエンド側客席の一部はアクリル壁に干渉しない位置取りの席もあった様に見えたけどなぁ。
この会場で「次回」があったらその辺を検証してみる事にしよう(^^) って言うか、もう少しマシなレビューを書いてみたかったけどな(笑)。

で、結論を言いますとEOS 1DXで自分なりのボーダーだった ISO 3200は、mk2では1段上がって6400になったのは間違いありません。
ただ、自分の中で淡く持っていた「期待のISO 6400」は、今後積極的に使っていこうと考えられる程ではなかったかな、と。
ノイズってのは撮影場所環境によりますので、この会場でダメだった6400が他でも一律的にダメだって話にはならないのが不思議なところで、
そこはその場その場での判断も必要になってくる部分もあるかもしれません。





# by kotodaddy | 2019-11-19 21:09 | その他
2019年 11月 15日
大江香織 ~Kaori Ohe
女子プロゴルファーの大江香織選手が今週のトーナメントを最後に引退すると言う衝撃的なニュースが飛び込んできました。
「フジサンケイクラシック」や「ダンロップ女子オープン」の大トーナメントなど、計3勝を挙げている中堅プロゴルファーです。
年齢もまだ29歳。
今シーズンも立派に賞金シード選手として転戦しており、まだまだその経験を基にプロゴルファーとして円熟味を加えていく年代の選手です。
大江香織 ~Kaori Ohe_c0152553_19004896.jpg
なにしろ引退する理由が驚きました。
「2年ぐらい前から自分の伸びしろを感じられず、モチベーションとかもなくなってきた」。
「潔い」と言ってしまえばその通りなのかもしれませんが、一般的にプロゴルフの世界は他のスポーツに比べてライフは長い。
それに先述した通り、それまでの経験に培われたショット力などで勝負していく競技であるとも思います。
それが29歳にして自らの将来性に疑問を感じてと言う理由での引退発表。
今の女子プロゴルフ界はたしかに若い新世代が席巻してはいますが、まだまだ全然やれる実力の持ち主なのは誰もが認めるところだと思うのです。
大江香織 ~Kaori Ohe_c0152553_19005660.jpg
本人が決めた結論なのでもちろん尊重はしますが、好きなプロゴルファーの一人でもあっただけに残念でなりません。
「ラウンドリポーターなどにも興味ある」との事ですが、この先、どんな形であれ女子プロゴルフ界に携わっていってほしいと強く思います。
返す返すも残念です。

※画像は2017・2018日本女子オープンより。




タグ:

# by kotodaddy | 2019-11-15 19:19 | ゴルフ
2019年 11月 14日
よさこい東海道2019 〜和鸞 WARAN

よさこい東海道2019   〜和鸞 WARAN_c0152553_11440937.jpg
よさこい東海道2019   〜和鸞 WARAN_c0152553_11413214.jpg
EOS 1DX mk2を手にしてのシェイクダウン、まずはよさこい撮影に出向いてみました。
場所は沼津。昨年初めて行った沼津よさこいですが、今年は中止の噂もあったお祭り。
なんとか継続開催に漕ぎ着けた様子ですが、会場は駅前市街地のど真ん中から有名な沼津港に場所が移されました。
お陰で朝から美味しい寿司も堪能させて頂きました〜(^^)

沼津よさこい記事の第一弾は「和鸞 WARAN」さん。

朝、早めに沼津駅に到着してクルマを駐車場に止めて時間調整してたら、このチームの踊り子さんのクルマが隣に。
ひと言ふた言お話させて頂いた事もあり注目して演舞を鑑賞しました。素晴らしかったです。
俄然ファンになりました(^^)  関西圏で活動されている様ですがまたもう一度見てみたいチームになりました。

タグ:

# by kotodaddy | 2019-11-14 11:38 | その他
2019年 11月 08日
石川真佑 ~Mayu Ishikawa 
長期にわたる「放置」の後の唐突な機材変更記事。まぁワタシらしいっちゃワタシらしいんですが(笑)。
ただ、いっときみたいな機材購入だけして大満足みたいな感覚じゃなくて撮影にはそれなりに行っておりまして。
例えば夏なんかは暑い中「原宿スーパーよさこい」なんかに行ってたり、伊勢原にまでよさこい撮影行ってたり、
藤田菜七子騎手を追いかけて競馬場行ってたり。

ブログ更新作業だけナゼかサボってた、みたいな(^^;;

自宅でPC開いてって言う時間なり生活スタイルがなかなか取れなかったのが原因なのかなとも自己分析してるんですが、
前回スマホから投稿するのをやってみたら意外に簡単にできたもんで、今後はそういうテも大いにアリかなと。

で、今回upさせてもらうのは女子バレー、東レアローズの石川真佑選手。
石川真佑 ~Mayu Ishikawa _c0152553_18065528.jpg
9月、バレーボールはワールドカップが日本で行われ、石川選手も日本代表として活躍しましたね(^^)
今回upする画はそのワールドカップのものではなく、直後から開幕したVリーグの試合のものになります。
なので使用機材もEOS 1DX markⅡではなく「初代」1DX、で(^^)
石川真佑 ~Mayu Ishikawa _c0152553_18070175.jpg
実はこの日はアリーナの最前列席を取ってあったのですが、会場が割とこじんまりとしていたせいもあるのかコートに近すぎ(笑)。
バレーの記事になると毎回触れるのですが、ヨンニッパじゃ長すぎて話にならんので、潔くこの席を放棄。
その後ろの自由席に移ると言うなんだか明らかにソンしてる感じの行動に出て押さえたものになります(笑)。ったくなんだかなぁ。
石川真佑 ~Mayu Ishikawa _c0152553_18070478.jpg
石川真佑 ~Mayu Ishikawa _c0152553_18071100.jpg
石川真佑 ~Mayu Ishikawa _c0152553_18071620.jpg
ワールドカップで世界を蹴散らかした強烈なスパイクはこの日も健在で、観客からもどよめきが起きておりました(^^)
やはり日本代表の1人だった黒後愛選手がケガでこの日欠場していたせいもあり、観客の注目も上がっていたと思います。
ついこの春まで高校生だった彼女。これからの日本女子バレーを背負って立つ存在になるのは間違いありません。



# by kotodaddy | 2019-11-08 18:44 | その他