タグ:ROLEX ( 14 ) タグの人気記事

2014年 11月 08日
16610LV
前の記事。ブルーインパルスの記事で久しぶりにEXPLOSIVEさんからコメントを頂きました。
もう10年も前に機械式時計に凝った頃、一緒にBBSで語り合ったり、時計屋さん巡りをしたり、一緒に飲んだりした仲間です。
その頃、自慢の1本をコンデジで写真に撮ってBBSにupし合ったりしていましたねぇ。
時計撮りがやりたいばかりに、マクロに強いコンデジに買い換えたりしたりも・・^^;
今となって思えば、コレがカメラにのめり込むキッカケの一つだったのかもしれません。
c0152553_9471721.jpg

そんな事を考えていたらなんかものすごーく懐かしく感じてしまい、やってみました久々に(笑)。
特徴であるグリーンのベゼル、金属の質感、そういったものが出てますでしょうか^^

動きモノの撮影が大好きなのは間違いないのですが、ブツ撮りも同じ位好きだったりします。
被写体はROLEX SUBMARINER Ref.16610LV。
コレがキッカケでどっぷりとスポーツロレックスにハマったんだっけ。
そういう意味で手持ちの時計の中でも一番思い入れのある1本なので売却なんかはこれっぽっちも考えてません。
考えてないのですが、ここ数年、やたらと相場があがってたりするみたいで。
しかも黒の文字盤である16610LVは現在は生産されていない様で、この先、また楽しみだったりも(笑)。

by kotodaddy | 2014-11-08 09:59 | その他 | Comments(6)
2012年 09月 21日
ref.16622
ROLEX ref.16622。ヨットマスター・ロレジウム。
c0152553_2031713.jpg

買った当時はヒジョーに気に入っていた1本。どんな服装にも合いそうな1本なのですが、なんだか出番が少ない1本・・。
自己分析するに、他の時計に比べて文字盤が見えにくいからか・・^^; サブマリーナなんかの黒文字盤に比べると、このグレーの文字盤に白の針ってのがアレなのかね・・。
久々に使ってみると、それはそれで新鮮味はあるんだけど、ちょっとリューズ手巻きでゼンマイ巻いてみると、ほんのちょっと感触が軽いと言うか、手応えが薄い・・。グッと回し始めたところでの引っかかりが無いと言う感じ。コレ、個人的にそろそろO/Hってサインだと思ってるんだよねぇ・・^^;

by kotodaddy | 2012-09-21 20:51 | その他 | Comments(13)
2012年 09月 12日
サブマリーナのベゼルはずし
愛用のROLEXサブマリーナの回転ベゼルが回らなくなってしまいますたっ!! 細かいゴミでも噛んでしまったのでしょうか。ベゼル外しをしなくちゃいけません。しかし、コレに関しては、その昔に機械式腕時計にノメり込んでいた頃に「割りとカンタンに交換できるんだよね」みたいなことを聞いてました。GMTマスターのオーナーさんなんか、気分でベゼルの色を変えるなんて方もいらっしゃる位ですからね。今回は「そんじゃぁ・・」ってんで、自分でやってみますた(`・ω・´) シャキーン だって、こんなんで日本ロレックスに持ち込んだ日にゃ、またブッたまげる様な料金を請求されそうじゃないですか・・^^;

①まずはマイナスドライバーを用意。時計修理の業界じゃ「コジ開け」なる道具があるにはあるんですが、そんなモンが我が家に転がってる訳もなく、普通にマイナスドライバーでOK。一応、キズ防止でセロテープで養生しときます。
c0152553_1052153.jpg


More

by kotodaddy | 2012-09-12 12:18 | その他 | Comments(6)
2012年 06月 23日
116520
usipunanさんのリクエストもありましたんで・・^^;
ROLEX コスモグラフ 「デイトナ」、Ref.116520です^^
c0152553_16301676.jpg

デイトナと言えばロレックス・スポーツモデルの雄。とにかくタマ数が少なく、正規代理店の店頭に普通に並ぶことは奇跡中の奇跡。予約を受け付けてくれるお店を探し出し、リストに名前を入れて何年もウェイティング。やがて予約したことも忘れた頃に「入荷しました」と連絡が来る・・。そういう位置づけの腕時計だった訳です。そんな伝説が人気にさらなる拍車をかけてしまい、巷じゃ並行モノでも正規品定価をはるかに上回るプレミア価格が付き、それでもポンポン売れてしまうと言う驚くべき商品でした。

そんなデイトナを手に入れてから、早8年。ちょっと調べてみたら、今は正規品定価で95万・・!? グエッ。いつの間にそんなに値段上昇してんのけ!? 前は70万台後半だった様に記憶してんだけどねぇ・・。こりゃぁ並行輸入品を扱う時計店ではさぞや大変なプライスに・・、と思ったら、売価88万・・?またしてもグエッ。デ、デイトナが正規店定価より安く売ってる・・。いつの間にそんな落ち着いた市場環境になったのですか。並行モノ時計店の売価なんて需要と供給で決まりますからね。余り始めてるってこと・・?そんなに造り始めちゃったんだ、ロレックス社。「先々デイトナの値段が落ちるなんてあり得ない」と踏んで、無理して買ったのに・・。家族が路頭に迷ったら即座に売ろう。そう考えていたのに・・(笑)。知らなくていいことを知ってしまった。そんな気持ち・・orz

by kotodaddy | 2012-06-23 17:19 | その他 | Comments(24)
2011年 07月 15日
SEIKO 5 SPORTS
c0152553_16501368.jpg

私は数本の腕時計を持ってまして、今まで記事にもさせてもらった通りROLEXみたいなのも持ってはいるのですが、腕からはずしたりする場面が予測される様な時、旅行だとか、日帰り温泉に行くとか、そういう時にはあまりして行く事がありません。もちろん紛失や盗難だとかでイヤな思いをしたくないですし、海外旅行で怖い思いをした事もあるからなのですが、そう言う時のお伴にになるのがこの「SEIKO 5 SPORTS」。もう5~6年前に買った、やはり機械式の腕時計になるのですが、ケース裏面がスケルトンになっていて中のムーブメントを見る事ができたり、防水性も非常に強くて、なかなか気に入っているタフな腕時計です。調べてみるとセイコーの時計だとは言え、どうも逆輸入品らしく(そう言えば買った時にそんな話があった気がする・・)、ものすごく色んな種類が存在する様で・・。
もともと「万一、紛失したとしても痛手が無い様に・・」程度で買ったものではあるんですが、いつの間にか大事な1本、「スーパーサブ」になってしまいました。コイツを失くしたりしたら結構ショック受けると思います^^

by kotodaddy | 2011-07-15 18:28 | その他 | Comments(20)
2011年 05月 16日
物欲とはかくも・・・
この前、新宿で久しぶりに時計屋さんに入りました。100%、時間つぶしの冷やかしです。しかし、なんだか「その気」になってしまうのが時計屋さんの怖いところです。うまいタイミングで「お出ししましょうか」などと言われると、「あ、そうスか?」と試着してみたりして店員さんとしばしの時計談義なんかになってしまうワケで、試着のためにはずした自分の時計を見た店員さんが「あ、既にコレをお持ちですか。それでしたらこんなのは・・」などと言われた帰り際には本気で金策を頭の中で巡らせてしまったりもします。今回はなんとか表面的には落ち着きましたが・・。
c0152553_1952473.jpg

ROLEXのDATEJUSTってのは亜種みたいなのが数多くあって、例えば文字盤のインデックス部分に10コの石(12と3の位置には石が無いので10コ)を埋めただけのものが「テンポイント」などという俗称で堂々と売りに出されていて、それがダイヤとかルビーとか種類的に幅広く、また文字盤の数字部分だけじゃなくてベゼルとか文字盤全面とかまで石が埋め込んであるバージョンが存在したり、場合によっちゃ時計全体(!)にこれでもかと石が埋めてあったり、そんでもって材質もイエローゴールドの他にホワイトゴールドやピンクゴールドなんてのがあったり・・。「宝石はちょっと・・」と言う向きには独特の幾何学っぽい模様が刻印されている文字盤仕様があったり、こうなってくると組み合わせを考えるだけでも無数にバージョン違いが存在する事になります。まぁ収集癖のある私なんか、買えるかどうかは別として、もう見てるだけで飽きないアイテムだったりするワケです。ちょっと前にはスポロレしか眼中になかった私ですが、「ROLEXはDATEJUSTに始まり、DATEJUSTに終わる」と言う格言(ホントか!?)通り、なんかミョーに気になる(笑)。
しっかし、最近レンズに関しての物欲が収まっていたと思ったら今度は時計か・・。なぜに物欲とはかくも限りがないものなんでしょうか。

by kotodaddy | 2011-05-16 19:51 | その他 | Comments(16)
2010年 08月 01日
生まれ年の機械モノ
また腕時計の話で恐縮ですが・・・。
c0152553_16383459.jpg

以前にどこかで書いたと思うんですけど、実は私の生まれ年の時計を1つ持ってるんですよ。他の方々はこの古びた腕時計を見ても取り立ててナンとも感じないと思うんですけど、自分の中では、なんかこう味のある、密かにプチ自慢の一品だったりします(笑)。
ROLEXって製造年月日が時計のどこかに刻まれてる訳じゃありませんで、一つ一つの時計本体に刻まれた通し番号になっているシリアルナンバーで判断するしかありません。つまり「No.〇〇〇〇~△△△△までは◇◇年に造られたもの」と言う様な感じになってまして、そしてそのシリアルナンバーと製造年の関係も、特にROLEX社が「こうなってますからね」と公式に発表しているものでもなく、あくまでも長い年月の中でユーザーや時計屋さんが「こんな感じになっている様だ」とまとめた程度のものなのです。ですから、私としてはソレを信じて持ち続けているだけで、ホントは1~2年違ってるのかもしれないんですがね^^;
c0152553_16384465.jpg

「1501」と刻まれているものはリファレンス・ナンバー(ref.)と呼ばれる「モデル名」。この時代の「OYSTER PERPETUAL DATE」というモデルは「ref.1501」という型式が付いていたと言う事になります。シリアル番号はこれと逆側の本体部分に刻まれています。今では腕にする事も年に1回あるかどうかなんですが、今回の撮影の為にウォッチケースから出してしばらくいじってましたら、ちゃんと刻々と時を刻み始めました^^ 私はもう40代の半ばのオッサンになっているんですが、約45年の月日を経ても動き続ける機械モノ。年季を感じさせる数々のキズも含め、カッコよさを感じてしまいます^^ 私が没した時には棺おけに入れてもらうか、それとも更にこの世で時を刻ませるべく娘に託すか・・。な~んて。まぁ、ゆっくりと考えようと思っています^^

by kotodaddy | 2010-08-01 17:08 | その他 | Comments(16)
2010年 07月 29日
分解あそび
c0152553_215126.jpg

腕時計の世界(?)には「バネ棒はずし」っていう、そのままズバリな工具がありまして。一時期、腕時計に凝った頃に買ったのですが、今でもヒマでどうしようもなくなるとコレで時計からブレスレットをはずして水洗いして遊んでたりします。意外に汗やホコリで汚れてたりして、水洗いするとスッキリして実に気持ちがいいもんです。当時の時計仲間の一人に巨匠と呼ばれる程にスゴい買いっぷりな方がいらっしゃるのですが、この方は帰宅すると普通に石鹸付けてゴシゴシ水洗いやっちゃうんだそうで、いくら防水だと言っても私は今のところそこまでマネはできないんですが、腕時計の丸洗いってのは気持ちの良いもんに間違いはないです^^ でも、やるなら自己責任でね^^

by kotodaddy | 2010-07-29 21:33 | その他 | Comments(24)
2010年 06月 30日
戻ってきたDAY DATE
c0152553_12334076.jpg

戻ってきました、DAY DATE^^ このフルーテッドベゼルというギザギザ部分。ここの仕上がりに期待しておったのですが、以前にO/Hに出したDATE JUSTと比べて今回はなんだか感動が少ないなぁ・・^^; あの時はギザギザの角があまりに見事にきっちり立ってて、「こ、これが新品仕上げかぁ・・」と唸ったもんですが・・。でも、考えてみれば材質はイエローゴールドなんですから、刻めば刻むほど、磨けば磨くほど、質量が減っちゃってソンしちゃうって事なのか・・。んじゃ、こんなもんで結構です^^; 

by kotodaddy | 2010-06-30 12:54 | その他 | Comments(8)
2010年 05月 25日
オーバーホール完了
c0152553_216441.jpg

12日に上がってはいたのですが、なかなか取りに行けず・・。やっと受け取って来ました。きっちり研磨もされ、新品に戻ったかの様な状態になりました^^ ブレスレットの鏡面仕上げになっている箇所は、気を付けて使ったとしても速攻でキズが付きますので、このキレイな状態を見ると使う気が失せます(笑)。「せっかく東京駅まで行くのなら・・」と、代わりにまた1本預けてきましたが、もっと高い見積もりが出てきたのには言葉を失いました・・^^; 

by kotodaddy | 2010-05-25 21:13 | その他 | Comments(16)