タグ:サーキット ( 23 ) タグの人気記事

2013年 09月 21日
スーパーGT ~ZENT Audi R8-LMS ultra
S-GTを、撮るどころか見るのも初めてな私としては、まずはホンダHSV-010 GTや、やっぱりGT-Rに注目していたのですが、実際にサーキットに行って目の前を突っ走る数々のマシンを見てみると、コレが一番気に入ってしまいました^^
c0152553_2025771.jpg

ZENT Audi R8-LMS ultra。
S-GTには、メーカーのワークスマシン主体のGT500クラスと、国内外の市販車ベースのGT300クラスが混在している。一般的には3大メーカーがしのぎを削るGT500を走るマシンに人気が集まっていると言われているのだが、そんな中で「いきなりGT300クラスのマシンがお気に入りかよ」と言われても仕方ない、気に入っちゃったんだから(笑)。もともとアウディの市販車R8って「すっげぇなぁ」と思っていたのだが、値段もすっげぇ、軽く2000万。こういうクルマでレースをやっちゃうところがすっげぇよなぁ。
c0152553_20244791.jpg

c0152553_20245569.jpg

c0152553_20242839.jpg

c0152553_2025142.jpg

c0152553_20252235.jpg

最後の1枚。コレに関しては、よくサーキット撮影の猛者の方々が駆使する「スローシャッターを使った動感あふれる意図的なブラし写真」ではなく、単なる「手ブレ写真」なのですが、ナゼか個人的に妙な感慨深いものがあったのでup(笑)。

by kotodaddy | 2013-09-21 21:49 | サーキット | Comments(10)
2013年 09月 20日
Satoru Nakajima
ツインリンクもてぎで行われたS-GT公式テスト。それに関する記事をupする前に、どうしても触れておきたい一件が・・。

ツインリンクもてぎの敷地内には「HONDA Collection Hall」なる博物館がありまして、ここに歴代のホンダF1を始めとするレーシングマシンが期間限定で展示されてるとの事で立ち寄ってみました。そこには常勝を誇ったマクラーレンやウィリアムズのマシンと共に、Camelカラーに彩られた1台のロータスF1が展示してありました。
c0152553_16563441.jpg

中嶋悟。
モータースポーツを多少なりとも知ってる方であれば、この名前を知らない人はいないでしょう。

日本人ドライバーがF1を走るのは中嶋以前にもあったにはあったんですが、それは当時に何度か開催された日本GPで、地元だからって事によるスポット参戦的なものばかりで、セカンドドライバーとしての契約ではあっても、正式に1年通して、日本人ドライバーがヨーロッパを本流とするモータースポーツの最高峰F1を走るなんてのは奇跡みたいなものだったし、その年からフジテレビが全16戦衛星生中継に踏み切ったり、やがてやってくる空前のF1ブームに火を点けたのは紛れも無く中嶋悟だったと言っても過言ではないのです。
c0152553_16565463.jpg

最強と呼ばれたホンダエンジンを擁しての参戦とは言え、中嶋悟のF1初シーズンはキツい事だらけだったのですが、そんな中でもイギリスでホンダエンジン1~4位独占と言う快挙の一角を担う4位入賞を果たしたり、地元凱旋の日本GPでは良いところ見せまくりの6位入賞したりと、私はセナもプロストもマンセルもピケも好きだったんですが、中嶋悟は「大」が幾つも付く程に好きになりました。フル参戦の形で、しかも名門ロータスからエントリーした1987年は私の中でも忘れられないシーズンとなり、大体において深夜の放送であるF1中継なのに、翌日の事も考えず全戦テレビの生中継。友人と一緒に酒盛りをしながらテレビの前で大騒ぎしつつ観戦したのも良い思い出です。
c0152553_16565942.jpg

そんな記念すべき彼の初シーズンは翌年に1冊の本としてまとめられました。「F1 走る魂」。もう何度読み返したでしょうか、もうカバーなんぞボロボロになってしまい残ってないですし、状態も色褪せてしまったりしてますが、私の中ではバイブルと化した1冊です。

本の中にこんな件があります。

中嶋悟はロータスの正式なドライバーになる数年前に一度だけ、そのロータスのマシンをテストドライブをした事があるんだそうです。実はその時、高速走行時に突然のマシントラブルが起きてアンコントロール状態になったらしいのですが、中嶋はクラッシュする事もなく、安全にマシンをエスケープゾーンに導いたそうです。この事でチームロータスはドライバーとしての中嶋の資質を非常に高く評価した様で、彼は後にイギリス人ジャーナリストからその話を伝え聞かされるのですが、中嶋とロータスの契約がホンダエンジンの新たな供給契約に端を発したものであるのはある意味で事実でしょうが、単に「ホンダエンジンにくっついてきたドライバー」として契約したものではなく、ちゃんと中嶋と言うドライバーの事を知っている上での契約だと分かって、彼はとても喜んだんだそうです。その時の彼の発言でこういったものがあります。「人間の生き方ってのは、その時その時の出来事は無関係の様に見えても、実はちゃんとつながっているんだと思ったね。ロータスのマシンに乗った事も、今になって思えばあの時に一生懸命にやった事だって意味があったんだよ」。代わり映えのしない日々にダラダラと流されてしまいがちな私としては、なんかこう支えになる様な言葉で、その後の私の中で大事にしている教訓めいたひと言になっっています。
c0152553_1657418.jpg

ロータス99T。このマシン自体は当時として最先端だったアクティヴサスペンションに悩まされ、同年にピケとマンセルの2人で圧倒的なパフォーマンスを魅せつけたウィリアムズFW11に遠く及ばなかったのですが、このマシンが展示されているのを見て、そしてエースドライバーであったセナのものではなく、他ならぬ中嶋悟のマシンだったのに感激し、長文記事となってしまいました。

by kotodaddy | 2013-09-20 18:33 | その他 | Comments(18)
2013年 09月 19日
スーパーGT 公式テスト
c0152553_741455.jpg

9/16-17は休日。何をしようか迷ってる時に舞い込んだ「スーパーGT 公式テスト」の告知。
S-GTと言えば大人気のレース。今までフォーミュラニッポンの撮影はやったことがありますが、それよりも人気のあるS-GTは撮影どころか、いまだ見たこともありません。大体にして土日に仕事が入ってしまう身としては、平日の自分の休みにこういったイベントが重なることさえ珍しい。これは行くしか無いと決断し、ホテルまで押さえて楽しみにしていました。

しかし。

台風で9/16は中止(笑)。9/17だけの開催になってしまい、日帰りで片道250km超を考えるとどうしたもんか迷いましたが、こんなチャンスは滅多に無いと言い聞かせ、早朝4時に自宅をGO!!
c0152553_7301754.jpg

例によってとんでもない量のシャッターを切りましたが、愕然とするゴミ箱行き画像数・・。まだ全ての画のチェックも終わってませんが、富士スピードウェイで撮ったFニッポンの時よりも断然ヘタになってます^^; ここでupできる様な画が少しでも残れば良いのですが・・^^;

by kotodaddy | 2013-09-19 07:45 | サーキット | Comments(14)
2011年 12月 03日
フォーミュラニッポン合同テスト Part2
1)1Dmk4に500mm。あのスピードで走るマシンを追いかけて、バックミラーにヘルメットが写りこんでいる瞬間を切り取る。そして同時に「ねら」も(笑)。この時点でもはや完全に私のレベルでは不可能な領域なのだか、奇跡的に数枚が残った。これ以上を求めてAPS-Cの7Dと500mmの態勢で狙ってみたが、ほぼ全滅に・・orz
c0152553_13425263.jpg


2)最終コーナーに向けてプリウスコーナーを立ち上がる。豪快にゼブラゾーンに片足を乗り上げながらも躊躇無くフルスロットル。タイヤが空転するのか、エグゾーストノートが震える。初めてネットフェンス抜きにチャレンジしてみたが、現像次第ではなかなか救えるもんだ(笑)。
c0152553_13101083.jpg


3)フェラーリVSマクラーレンを彷彿するかの様な色合いの2台がからみあってコーナーを抜けていく。テスト走行なので、実際には適度な間隔を取り、抜きつ抜かれつなんて事はないんだけど、こうして2台のからみあいを画として残せて良かった^^
c0152553_131019100.jpg


4)望遠レンズでどアップを撮りたい性分なんだけど、ここは24-105みたいな「広角」で流してみる。もっと思い切ったSSも試してみたけど、ここらが私の限界点か・・。こちらにお見えになる方々はレーシングマシンや飛行機でひとケタ流しなんてワザを繰り出して印象的な画を多数残されてますが、まだまだその域には到底達しない。
c0152553_13102385.jpg


by kotodaddy | 2011-12-03 13:37 | サーキット | Comments(14)
2011年 12月 02日
LEXAS LFAのサーキット走行
以前、新宿の百貨店駐車場で「レクサスLFAを見た」と言う記事を書きましたが、先日の富士スピードウェイで「マジ走り」を見ることができました。
c0152553_140759.jpg

まぁ「マジ走り」と言っても、どうやら同乗者を乗せての体験走行っぽかったので、丸っきりのド本気ではないとは思いますけど、アクセルワークでドリフトしながらコーナーを抜けて行ったりしてましたんで、そこそこの走り方だった様に思いました。この画像、ドリドリしてるとこなんですけど、Fポンの走行時間が終わり機材を片付けている途中のまさに咄嗟のことだったので、Fポン撮ってる時のSSそのままになってしまいました。もうほんのちょっと遅いSSで撮っておくべきだったと後悔・・^^; しっかし良い音させてましたねぇ^^
c0152553_1401391.jpg


by kotodaddy | 2011-12-02 14:13 | クルマ | Comments(14)
2011年 11月 30日
フォーミュラニッポン合同テスト Part1
11/28-29は富士スピードウェイでFポンの合同テストがありました。この両日は私の休日。2日間もガチに私の休日に当るとか、まさに奇跡。この直前の数日は「何か起きませんように・・」と祈りつつ過ごしておりました(笑)。
c0152553_12495129.jpg

レースなどは好きではあるものの、チームだのドライバーだのはあまり詳しくない私でも・・、いました、知ってる人が。中嶋大祐。父はあの中嶋悟、そして兄は中嶋一貴。まさにサラブレッドの中のサラブレッド。素人の私でも、さすがによ~く存じ上げております^^
c0152553_1226752.jpg

レーシングドライバーには二世や兄弟で活躍してるって割とあるケースの様なのですが、レーシングドライバーでちゃんとしたチームに所属して走ってるってことは、やっぱり実力もそれなりに持ち合わせてるってことに他ならない訳で、親の七光りなんて甘っちょろいことが通用しない世界であるモータースポーツ界で「すごいよなぁ」と思う訳ですね。もちろん幼い頃からの環境などは一般の人に比べて恵まれていたんでしょうけど、それでもレーシングドライバーってのは限られたほんのひと握りの猛者集団。その域に行けるってのはやっぱりスゴい。DNAってのは確実に遺伝するものなんですねぇ。
c0152553_12522277.jpg

ひょっとしたらあの中嶋悟監督も居たのかなぁ・・。初日はなんとなくソレっぽい人が居た様な居ない様な・・。
c0152553_1226326.jpg

このシリーズ、しばらく続くかも・・。 なにせ2日間行っちゃいましたんで・・^^; よろしければお付き合いくださいませ。

by kotodaddy | 2011-11-30 12:46 | サーキット | Comments(16)
2011年 11月 28日
ここで行かねば、いつ行くんだ!?
c0152553_21504488.jpg

私のPCのブックマークには皆さんのブログを始め、幾つかのサイトが登録されているのですが、ふとその一つを覗いてみると・・。「フォーミュラ・ニッポン公式テスト 11/28-29」という文字が・・。11/28-29。私の休みぢゃん(笑)。大体において、サーキットを始めとするイベント類はほとんど私には縁の無い曜日に開催されることが多いのですが、これは降って湧いた様な奇跡^^ ここで行かねばいつ行くと言うのでしょう。天気はドン曇りだろうがナンだろうが、とことんメディアが無くなるまでシャッターを切るのみっ!!

by kotodaddy | 2011-11-28 21:57 | サーキット | Comments(12)
2010年 12月 05日
Fポン・テスト走行 最終回
今回でフォーミュラニッポンのテスト走行記事も一旦終わりにしようと思います。1年半ぶりに撮影した感想としては、やはり「たまに出掛けてみた」程度の付け焼刃ではなかなか難しい被写体であるという事を痛感しました。相当のスピードがある被写体ですから、そのリズムに合わせてレンズを振っていく事自体が慣れを必要とします。この辺はカワセミ撮影にも似た部分があるのではないでしょうか。

1)激しいコーナリング。イン側のフロントタイヤが宙を彷徨います。これも雑誌などで見かけるカットゆえに、できれば撮ってみたいと思っていたシーンでした。本来であれば、もっとスローシャッターでブラして、マシンの暴れる様な挙動として描くべきだったんでしょうね^^;
c0152553_19182811.jpg

2)流し撮りという、レース撮影では必須のテクニックがありますが、今にして思えばもうちょっとチャレンジャーなSSで撮っておくべきだったと反省しきり・・・。全滅を恐れるがあまりに安全サイドのSSを選んでしまい、写真としての出来も大人しいものになってしまった感があります。例えボツカット量産の中で残ったのがたった1枚だったとしても、自分ではムリと思われる様なSSを繰り出してのものだったら、その残った1枚を前にした時の感慨もまたひと味違ったものになっていたんじゃないでしょうか。次回の最大の課題です。
c0152553_19183395.jpg

3)午後の走行は14:00から16:00まで。この時期の16:00と言えば、陽は既に大きく傾き、西日としてコース上のマシンに長い影を創り出します。走行時間終了のチェッカーが振られるまで残り数分。「あー、終わっちゃうー」と焦りながら撮った1枚。前回は午後の走行が雪でキャンセルになったからでしょうか、たった4時間の撮影ではあったものの、なんとなく満足感は感じられたのが幸いでした^^
c0152553_19183779.jpg

レーシングマシンには、こういったフォーミュラカー以外に市販車ベースのカテゴリもあり、特にスーパーGTクラスと呼ばれるカテゴリは人気も高いんだそうです。聞いたところによれば、観客数もS-GTは断然多いんだとか・・。ワタシみたいな素人的には、レーシングカー=(イコール)F1みたいな印象が強いので、Fニッポンの方がS-GTよりもレーシングカーを撮ってる気がしてくるのですが、この辺は好みもあるでしょうし、第一そのS-GTを目の当たりにした事もない私がエラそうに評論すべきじゃないですね。と言う訳で、次回サーキット撮影に出向く際にはなんとしてもスーパーGTを追ってみたいと強く思うワケでした^^

by kotodaddy | 2010-12-05 19:51 | サーキット | Comments(12)
2010年 12月 03日
焼けるローター
c0152553_19122851.jpg

前回記事にいただいたコメントの中で「ブレーキローターが真っ赤に染まる・・」というのがありました。そういう写真は雑誌などで何度か見た事がありますし、自分としても「一度は撮ってみたいなぁ」と思うカットに違いありません。「チャンスがあれば・・」と考えつつコース沿いを彷徨っていると・・、見つけた。そういうカットが撮れる場所。ものすごいスピード(師匠のゼクさん曰く「おそらく260~280kmくらい出てるんじゃないか」との事)で一直線にふっ飛んできたマシンはたった100m足らずで70~80kmまで減速する様です。その激しいブレーキングでローターは赤く焼け、ホイールからそれが垣間見える訳ですが、もっと周囲がどんよりと曇っていたりすればより印象的に見えたのでしょうか。
c0152553_1854498.jpg

サーキット撮影の猛者の方々はもっと遅いSSを選んでより印象的に仕上げるんでしょうけど、私にゃこんな程度が限界です。これでも上出来の上出来^^ でも、もう一度挑戦させてもらえるならば・・。その時にゃ玉砕・全滅覚悟で思い切ったSSにさせてもらいますよ(な~んて・笑)。
c0152553_18303659.jpg


by kotodaddy | 2010-12-03 18:59 | サーキット | Comments(28)
2010年 12月 01日
サーキット・アゲイン
富士スピードウェイでFニッポンの公式テストがあるとの情報を得ました。日程は月・火の2日間。私の休日が引っかかっているではありませんか^^ 日ごろ土日祝日は仕事である事がほとんどの私。当然ながらレース本番はなかなか行けません。本来はテストなんかじゃなくレース当日にこそ華麗なるその醍醐味があるとは分かっていますが、このチャンスはムダにはできないと出掛けてきました^^

1)やはりレーシングマシンは速い・・^^; 午前中の走行が始まってしばらくは全くフレームのセンターで押さえ切れません。以前、やはりテスト走行があるとの事で富士スピードウェイに来ているのですが、その撮影データを見返してみたら、2009年の3月。つまりあれから1年半以上が経過しているんですね。どうりで全然追えないと思った・・^^;
c0152553_20482943.jpg


2)それでも2回目のサーキットに挑むにあたって、ある程度自分のイメージみたいなものは考えてから撮影に臨みました。1枚目や2枚目は、先日の戦闘機撮影で味をしめた(笑)「ネラネラをレーシングマシンでも何とか写し出せないか」というショットなんですが、もっと盛大にネラネラしてほしかったものの、なんとか押さえられました。また「後ろ姿」も、今回はゼヒ狙ってみたいカットでした。素人なりに満足しているカットになりました^^
c0152553_20483550.jpg


3)レース撮影では私の師匠とも呼ぶべきゼクさんとも、同じく1年半以上ぶりにお会いできました。。なんと大阪から一泊で来られており、当日は色々と撮影極意も教えていただく事ができました。ま、それを私レベルで実践できるとは到底思えませんがねぇ・・^^; ホントは私も一泊して、夜は「サーキット撮影セミナー」でもお願いしたいところでした^^;
c0152553_2048395.jpg


4)今回の撮影もとんでもない回数のシャッターを切りましたが、相変わらずその当たり確率は想像を絶する低さ(笑)。1年半前の前回は、午前中2時間の走行時間だけで(午後の走行は雪でキャンセル!!)1500枚と言う撮影枚数を数えたため、今回は「念のため」ストレージ代わりにノートPCをクルマの中に忍ばせておきましたが、案の定、昼休み時間に「こ、これは一回PCに移しておいた方がいいな・・^^;」などと言う事態に・・。やはり根本的に私には向いていないジャンルなのかもしれません・・^^;  そんな写真群ではありますが、もう1~2回upにお付き合いいただければ幸いかと・・^^;


c0152553_21131617.jpg


by kotodaddy | 2010-12-01 21:31 | サーキット | Comments(22)