タグ:ケイバ ( 21 ) タグの人気記事

2017年 03月 07日
Nanako Fujita
土日が休みになって1ヶ月が経ちました。
とりあえず混雑は敬遠しながらも外出はしとります、撮影の対象になるものを探しつつ。

で、もう結構前にはなりますが、女性騎手目当てで(笑)名古屋まで遠征した話はブログ記事にもしました。
宮下瞳ジョッキー木之前葵ジョッキー
ケイバと言う、一見すると「男性社会」みたいな場所で輝きを放ち続ける2人に拍手を贈りたくなる気分になった訳です。
ふとその時の記事をぼんやり眺めていると、唐突に思いだしました。
そういえば地方競馬だけじゃなくって、中央競馬にも女性ジョッキーがいるじゃありませんか。
中央競馬は原則的に土日ばかりの開催。今までのワタシにゃ縁遠くとも、今のワタシにゃ縁近い(笑)。
って訳で行って参りました^^
c0152553_10133215.jpg

藤田菜七子ジョッキー。
その昔、JRAには複数の女性ジョッキーが同時期に活躍していた事もありましたが、今は藤田ジョッキーだけ。
デビューして既に1年が経過した訳ですが、いまだにその人気は衰えておらず、パドックでは沢山のカメラマンがレンズを向けておりました^^

More

by kotodaddy | 2017-03-07 10:31 | その他 | Comments(8)
2016年 11月 02日
三原充史 ~HORSE RACING
三原充史 ~HORSE RACING

仕事で唐突に銀座界隈まで行かねばならなくなった。
仕事自体はちょっとした打ち合わせだったのだが、電車の中でふいに思った。
キヤノンの銀座ギャラリーでなんか面白そうな写真展やってないかなぁ・・。
早速スマホで調べてみると・・。

「三原充史 ~HORSE RACING」


c0152553_18245123.jpg


なんと競馬カメラマンの方の写真展やってるじゃないですかっ。
しかも今日まで。

うおお、これは行かねばっ。

って事で、打ち合わせ終了後にほんのちょっとだけ寄り道・・^^;

いやー、素晴らしかった。もー、ゾクゾクしちゃいました。
やっぱり写真は撮り手のセンスです。
ワタシなんかが撮ると疾走シーンを連写でバババーッって、それだけって感じになってしまう。
ところがこの方にかかると、コース上にかかる光を巧みに操って芸術に仕上げてしまう・・。
しかも、コース上の光ったって、コースのほんの一部にかかる陽光でして。
競馬場全体にさんさんと降り注ぐ陽の光じゃないんスよ。
そこを横切るサラブレッドが一瞬だけ光り輝く、その一瞬を押さえてる。
でもって、そのサラブレッドの姿カタチと言うか、伸びる四肢の位置までが完璧に思えてくる一瞬。
そこをスパーンと切り取ってる、と言うか・・。
もう全てが計算づくみたいな感じなんですよねぇ。
うーむ、とてもワタシに真似できるレベルじゃないけど、今すぐに競馬場行ってジックリ撮ってみたくなったわぁ。

いやー、それにしてもなんでまた今日が最終日なのかなぁ。
せめて来週までだったら、もう一回行ってますね、わたしゃ。
それにエントランスのところに写真集みたいなのも売ってたみたいなんだよなぁ・・。
あれ、買っておきたかったなぁ。って、売り物だったのかどうかも定かじゃないけど。

これから、名古屋→大阪→仙台と回るみたいですので、ケイバ撮る方、必見だと思います。

by kotodaddy | 2016-11-02 18:39 | その他
2016年 10月 30日
Aoi Kinomae
あいかわらず滞るんだよねぇ、更新が・・。すんません・・^^;

そして木之前 葵ジョッキーであります。今さらですが・・(笑)。
もう名古屋競馬と言えば木之前葵。木之前葵と言えば名古屋競馬みたいな印象ですな、ワタシにゃ。
c0152553_6531056.jpg

渾身の力を込めてステッキを振り下ろしサラブレッドを追いまくる。
如何ですか、この力感あふれる騎乗フォーム。
跳ね上がった白い砂に「胴青・赤一本輪白ハート散らし・袖赤・白一本輪」の勝負服が映えます^^
この「胴青・赤一本輪白ハート散らし・袖赤・白一本輪なんちゃら」ってのが勝負服のデザインを説明する能書きなんですが、まぁ女の子っぽいです、やっぱりこのデザインは。

More・・

by kotodaddy | 2016-10-30 07:26 | その他
2016年 10月 07日
Hitomi Miyashita
この前の休みの日。
朝、遅めにベッドから起き出した私。
「さて、今日は何をして過ごそうかなぁ・・」。
なにげなくテーブルの上のスポーツ新聞に目をやる。

・・ん?名古屋ケイバ・・?
関東のスポーツ新聞に名古屋でやってるケイバまで載ってるんだねぇ。ふ~~ん。
そう言えば、名古屋ケイバには女性ジョッキーが2人所属してるって聞いたけど。
それも、2人ともなかなかカワイイみたいな事も聞いた事あるなぁ(´∀`*)ウフフ

実はワタシ。「クルマ日帰り圏内の最西端は名古屋」と考えてるフシがありまして。
過去にもセントレア弾丸日帰り遠征やった事もあるし、その前には名古屋空港も当日の衝動的思いつきで行った経験あり。

そんな訳で、西へ西へとひた走る事、3時間半。
やって来ました、名古屋ケイバ。例によって前置き長くてすんまそん^^;

第一弾は、宮下瞳騎手^^

c0152553_1846257.jpg

名古屋競馬場ってダートコースオンリーなんだけど、このダート砂がやたらと白いんだな、これが。
関東の地方競馬場のダート砂よりも断然白い。バブリーなゴルフ場のバンカーみたいな白さだなぁ。

More

by kotodaddy | 2016-10-07 19:14 | その他 | Comments(10)
2015年 01月 12日
最後のひと追い
c0152553_1841453.jpg

渾身のステッキが振り降ろされる。
ライバルとの差は僅か。
ゴール間近。最後のひと追い。

by kotodaddy | 2015-01-12 18:44 | その他
2015年 01月 06日
初撮り2015
傾きかけた太陽。
既にほとんどの部分が日陰になっているコースを馬群が地響きを立てて向かってくる。
4コーナーに一瞬だけ陽があたる箇所が・・。そこを狙ってみた。
オレンジ色をまとった陽光にゴールを睨むサラブレッドの眼が浮かび上がる。
c0152553_11112996.jpg

c0152553_11283222.jpg

新年の初撮りは、昨年同様、中山競馬場で。
サラブレッドの、一瞬だけ見せる、こんな眼が好きだなぁ。
寒くなると予測してかなり着込んで行ったけど、意外なほどに過ごしやすくて良かった^^

by kotodaddy | 2015-01-06 11:21 | その他 | Comments(6)
2014年 10月 25日
陽光に照らされ
c0152553_22111835.jpg

電車を降り改札を抜ける。長い連絡通路を通って競馬場内へ。
そこで一旦、機材の準備。
右手にカメラを握りつつ、ちょっとした緊張感を感じながら巨大な観客スタンド下を抜ける。
ガラス扉を押して外に出ると、唐突に180°開ける視界。
そこには目映い陽光に照らされた緑の絨毯が光り輝いていた。
地響きを立てながらそこを駆け抜けて行くサラブレッド。
日差しは季節外れに強くとも、背景は確実に秋を感じさせるものだった。

な~んて(笑)。

by kotodaddy | 2014-10-25 22:35 | その他 | Comments(2)
2014年 10月 19日
第62回 府中牝馬ステークス(GII)
所用で有給休暇が取れたもんで、その用件の間隙を突いて空き時間に東京競馬場へ。
土日開催が基本の中央競馬はなかなか行く機会も無くてねぇ・・^^;

c0152553_94391.jpg

幸いなことに重賞レース「府中牝馬ステークス」が組まれてました。
以前はGⅢ格付けだったと思うんだけど、いつの間にかGⅡに格上げされてたみたいで・・。

More・・

by kotodaddy | 2014-10-19 09:38 | その他 | Comments(10)
2014年 09月 09日
ジュウニントイロ・・?
あんなに暑かった夏もどうやら終わり。
夕方以降はホントに涼しかったりで、ナイター競馬も実に気持ち良い。
あまりに涼しくて、ビールに手が出にくかったりして・・^^;
c0152553_21748.jpg

さて、「十人十彩」と言えば言わずと知れたよさこいの有力チーム。
先日も原宿スーパーよさこいでの勇姿を記事にさせてもらった訳ですが、
なんと同じ名前の競走馬が存在している事が判明(笑)。そのまんま、「ジュウニントイロ」^^
馬主さん、「十人十彩」のファンなのかなぁ。まさか関係者だなんて事は無いと思うんだけど・・^^;
c0152553_2163862.jpg

6才の牝馬。父はあのマーベラスサンデーと言うなかなかの良血なもんで、ついつい馬券を記念購入(?)。
ちなみにこのレースを快勝してますんで、当たり馬券です、コレ(笑)。
競走馬の「ジュウニントイロ」、競争成績は実に優秀。37戦15勝、2着8回。
これがどのくらい大したもんかは、競馬をちょっとカジった方ならお分かりでしょう。
よさこいの「十人十彩」も、ケイバの「ジュウニントイロ」も頑張って~!
c0152553_2171828.jpg

※ちなみに最後のこの写真、第9レースのゼッケン10なんだけど、全然違う日の違う馬だったり・・(笑)。

by kotodaddy | 2014-09-09 21:27 | その他 | Comments(6)
2014年 08月 05日
夏の夜空に生ファンファーレ
実はその後も結構行ってる、ケイバ撮影^^
今の時期はナイターでやってるところもあって、地獄の様な日中の日差しを避けられて割りと良いのである^^
c0152553_20312422.jpg

で、この前「おぉ~♪」と声が出てしまったシーンが。
c0152553_20313112.jpg

ファンファーレの生演奏である。
中央競馬なんかでも、大きなレースの時には自衛隊だとか警察だとかの楽隊が来てファンファーレを演奏する。
それはそれで結構大いに盛り上がっちゃったりするんであるが、地方競馬でもちゃーんとあるみたいで。
いや、地方競馬でも大きなグレードレースの時にはファンファーレ生演奏が入るの知ってます。
でも、この日はそれ程の大レースは組まれていなかったと記憶してるのだがねぇ・・。

それでも全然OK。ファンサービスだもんね。
やっぱりこういうのはショーの一つでもあるんだから派手に行かなくちゃ^^
これで盛り上がってビールが売れれば良し、馬券が売れればもっと良しなんでしょう^^
それでちょっとビックリなのが、ここ大井競馬では中央競馬のファンファーレでもやらない女性だけの楽隊でありますよ。
しかもキレイどころが集まってる(笑)。
まぁ、記憶の限りでは、中央競馬でどこかの女子大学の吹奏楽部がやった事があった気もするけど。

私、中学高校の頃にはバンド組んでたりしてたのでそこそこ楽器イケましたし、キーボード辺りで女性据えた事もあります。
しかし女性で管楽器ってねぇ。「いやー、やりますねぇ」と心の底から唸っちゃいますな、わたしゃ。
すこぶるカッコ良かったわぁ^^

by kotodaddy | 2014-08-05 20:50 | その他 | Comments(2)