タグ:アメリカンフットボール ( 20 ) タグの人気記事

2013年 06月 11日
ノジマ相模原ライズ Part2 (EF200-400)
「EF200-400mm F4L IS USM エクステンダー 1.4×」を使って(お借りして、だろ^^;)撮影した訳ですが、このレンズ、やはりこういったフィールドスポーツの撮影ではかなりのアドバンテージがありますな。なにしろズームの広角端が200mmってのが潔いわ。200mmって言えば、普通じゃかなりの望遠域になる訳で、ワイド端をここに持って来たって事はもう前提が「広いグラウンドを舞台にするスポーツ撮影にお使いください」って言ってる様なもんじゃないか、と。ま、単にニコンで同じスペックのレンズが出てるのでソレに被せてきたって話もありますが^^;
c0152553_199412.jpg

で、テレ端は400mm。先にお話した「スポーツ撮影御用達レンズ」だってんならテレ端400mmはちと物足りない。そこでキヤノンが出した答えは1.4xのエクステンダーを内蔵してしまおう、と。たしかにテレコンの装着ってのは面倒臭い。どんなに手慣れた撮り手でもマウント外してテレコン付けて再度カメラに取り付けるって作業には20秒程度は要すのではないか。その間に決定的瞬間が訪れてしまうことだってあるだろうし、一発でカチンと装着できない時だってあるだろう。現にその昔、カワセミ撮影においてワタシはテレコン装着の際、慌てるがあまりにリアキャップを池に落としてしまい「お池にハマってさぁ大変」になった事がある。ま、私のことはどうでも良いのだが、要は「使いたい時だけラクに使って、後はノーテレコンで」ってのが理想中の理想なのでありますな。

続きを読む・・

by kotodaddy | 2013-06-11 20:30 | その他 | Comments(26)
2013年 06月 10日
ノジマ相模原ライズ
社会人アメリカンフットボールチーム「相模原ライズ」。以前にも記事として取り上げたことがあったのだが、その後、相模原市を本拠に関東近県に160を超える店舗を展開する家電量販店「ノジマ」がメインスポンサーとなって活動を続けている。一時期、プロ野球球団「横浜ベイスターズ」買収で名前が挙がったことがあるので、その名を耳にされた方もいらっしゃるでしょう。サッカーJリーグチームへのスポンサーも行なってきましたが、現在は女子サッカーチームも所有、アスリートサポートに積極的に取り組む企業です。

その「ノジマ相模原ライズ」、春のシーズンは既に戦いを終えたものの、関西より「エレコム神戸ファイニーズ」を招いての公開試合を行うとのこと。試合会場も自宅から至近と言うこともあり、勇んで出掛けてきました^^
c0152553_19373045.jpg

c0152553_19373940.jpg

c0152553_19375040.jpg

c0152553_19375888.jpg

c0152553_19382048.jpg

う~ん、ノジマ相模原ライズ、相変わらずの破壊力でエレコム神戸を撃破!当日は「しーすさん」がノジマ相模原ライズにお願いしてくださったお陰で夢のオンフィールド撮影も叶いました^^ しーすさん、お口添えありがとうございました。それから許可をくださったライズ関係者の方に心から感謝を申し上げます。

・・で、当日の撮影機材だが・・

by kotodaddy | 2013-06-10 20:30 | その他 | Comments(20)
2012年 11月 07日
オービックシーガルズ vs 富士通フロンティアーズ Part2
普段から「観たい」と思っているアメリカンフットボールを、ナイトゲームで観る・撮ると言うのは貴重な体験でした^^ 試合が終わって久しい今日でも、撮影したファイルを見返してみればあの時の興奮が甦ってくる訳で、もう1回だけ記事up。

大体において競技場の照明なんてのは明るい様でちっとも明るくないってのが私の印象で、以前に撮った女子バレーボールなんか「ホントですか?」って位にISOが上がっちゃう。現にこの試合でも、撮った画像のほとんどがISOオートで5000だの6400だのになっちゃう訳です。ま、そういう条件で1/1000だの1/1250だのを要求する私が間違ってるって話もありますが^^; しかし1DXと言うのはホントに良く出来たカメラで、なんら苦にせず被写体を追い続け、そして肝心の画は限りなくノイズレス。「最新の1D」って事実はもちろんありますが、どの時代でもやっぱり1Dってのはスゴいもんです。次期1Dの頃って、一体どの位のレベルがスタンダードになっちゃうんだろ・・。
c0152553_19581877.jpg

一斉にフィールドに散るプレーヤー。エンドゾーンまで残り僅かの狭いフィールドの中、ディフェンスをかわしてフリーになろうと縦横無尽に動きまわるレシーバー。その中からたった1人のターゲットを探すQB。それを阻止せんとするディフェンス陣。目を光らせる審判。その向こうには最高の瞬間を切り取ろうと狙うカメラマン。エンドゾーンを目前にしたアメリカンフットボールの激しい攻防と緊張感が伝わってくれないかなぁと思う1枚。
c0152553_19582596.jpg

前回の撮影以来、アメリカンフットボールでは基本的にゾーンでのAFはヤメました。被写体の前を他プレーヤーが何人もガンガン横切るアメリカンフットボールじゃAFフレームを広く使えるゾーンAFも良し悪し。玉砕覚悟で1点のAFフレームを無理やりにでも被写体に乗っけながら追いかけます。パスを投じようとするQBに殺到するディフェンス陣。ギリギリのタイミングでのパッシング。うまくピンがQBに乗ってくれた1枚。
c0152553_2123871.jpg


ボールをしっかりキープしながらラッシュするRB。ゴチャついた中を突き進むプレーヤーにAFフレームを合わせ続けるのは難しい状況ですが、幸いな事にこちらサイドに前を横切る選手がいなくて私でも追えた(笑)。
c0152553_19583845.jpg

パスを投げるQB、キャッチするWR、ラッシュするRBだけがカッコいい訳じゃない。ハドルと呼ばれる「作戦会議」。プレーが動いてない時だって絵になるモノは絵になる。サイドラインの向こうから自軍の選手が見つめる。インカム付けてる人が見えるけど、次のプレーの指示はサイドラインから無線で飛ばしてるのかなぁ。本場アメリカのプロ・NFLじゃ当たり前だけど、この辺は日本の社会人リーグでも導入されてるのかな・・。

「・・在庫勝負になってるなヽ( ´ー)ノ フッ」とお気付きでも、それは言っちゃぁイケません(笑)。

by kotodaddy | 2012-11-07 20:48 | その他 | Comments(8)
2012年 10月 26日
オービックシーガルズ vs 富士通フロンティアーズ
c0152553_19334556.jpg

世のイベントってのはことごとく土日に行われてるもんですが、この前の平日月曜。なんと社会人アメリカンフットボールリーグ・Xリーグの1stステージ最終戦が組まれていました。しかもこの対戦、互いにここまで全勝で勝ち進んできた「オービックシーガルズ」と「富士通フロンティアーズ」が激突する、1stステージの覇者を決める一戦となっていたのです。a10-pointさんからいただいたチケットの残り1枚も実はこの日のために温存しておいたんですし、そりゃぁ行きます、行きますとも~^^
c0152553_19335956.jpg

試合会場は川崎市の等々力陸上競技場。サッカーJリーグ・川崎フロンターレの本拠地。うぅむ、今まで行ったアメリカンフットボールの純専用競技場である川崎球場やアミノバイタルスタジアムなどに比べて観客席から遠いんだろうなぁと予測してたら、ホントにその通り。フィールドの周囲に陸上競技のトラックがあるので遠い遠い・・。ゴーヨンをもってしてもググッと迫るには到底至りません。ま、その辺はある程度予測の範疇でしたんでエクステンダーx1.4なんかも持ち込んじゃいたんですが、こういう時にAPS-CやAPS-Hのアドバンテージは大きいもんですな・・^^; またまた7D辺りに手を出したりして・・(笑)。
c0152553_2064456.jpg

アメリカンフットボール撮影としては初のナイトゲーム。この日は昼間が割りと暖かい日だったのに、陽が落ちてからは寒い寒い・・。半ば震えながらの撮影・・^^; それでも、覇権を賭けた一戦は息詰まる攻防が繰り広げられ、十分に堪能できました。やっぱりライブっすよ、アメリカンフットボールは^^
c0152553_2094852.jpg

先日のJリーグ撮影もナイトゲームだったのですが、実は個人的にヒジョーに怖かったのがフリッカー現象。高速シャッターを切った際、目にも見えない細かい照明の揺らぎのせいで露出がやたらとバラつくことなんですが、味の素スタジアムも等々力競技場もまるで気になりませんでした。インバーター式の照明灯だと周波数が高く、照明のゆらぐ間隔がSSに比べて圧倒的に短くなるのでフリッカー現象が起きにくいらしいですが、そういう最新照明だったのかなぁ・・^^;

by kotodaddy | 2012-10-26 20:07 | その他 | Comments(6)
2012年 10月 08日
1DXでアメリカンフットボールを撮ってみる
電撃購入から1週間が経ち、やっと1DXを持ち出すことができました^^ ちょっと前にa10-pointさんからXリーグのチケットを譲っていただいたものの、土日が仕事の私にはなかなかそれを使って撮影する機会も少ないのですが、月曜が祝日に当たった時はチャンス^^ 富士通フロンティアーズvs 富士ゼロックスミネルヴァの1試合しか組まれていないのが残念ではありましたが、1DXでアメリカンフットボール撮影に挑戦してみました。
c0152553_223395.jpg

アメリカンフットボールの撮影も久々です。どれ位ぶりかって言うと、タグでひとつ前の記事は2010年の10月だってんだから、久々なんて言う言葉では片付けられんほどのご無沙汰っぷり・・^^; こりゃ完全にイチから出直し的な境地で挑まねばなりません・・^^;
c0152553_223928.jpg

「ガシャーン」とショルダーが当る音。ヘルとヘルがぶつかり合う音。「やはりスポーツはライブが一番だよね」とニンマリしたものの、撮影になるとなかなか思う様には行きません。もともと実力も何もないんだから当然っちゃ当然なんですが、AI SERVOの被写体追従特性のセッティングには四苦八苦。この部分については7D辺りから予め設定された幾つかのセッティングから選択するスタイルに変わっているんですが、1DXもやっぱりそう。なんかコレってイマイチよく分からない・・。以前の1Dmk4の頃の様な、自分でパラメータを動かしていくのが使いやすかったんだけどなぁ。まぁ、こうやって設定をひとつずつ手なづけて行くのが1Dならではの愉しみなんではありますけどねぇ・・。
c0152553_2231423.jpg

んー、やっぱりなんだか「撮ってる」と言うよりも「撮らされてる」感があるよなぁ・・。領域拡大のゾーンAFなんかでサラリと追っかけてるからら全然ダメなのか・・。もうキッチリと、ただ1つのAFフレームで、カッと目を見開きギリギリと歯を食いしばって追いかけて捉えなきゃ・・。やっぱり1Dってそういうカメラですよねぇ。もう1回。この秋なんとかもう1回撮りに行ってみたいなぁ・・^^;
c0152553_2232066.jpg


by kotodaddy | 2012-10-08 22:33 | その他 | Comments(24)
2010年 10月 25日
久々の川崎で
c0152553_21493066.jpg

久しぶりに土日に時間を取ることができ、今度こそ川崎球場に行くことができました。今回のマッチングは鹿島ディアーズ VS アサヒビール・シルバースターズ。実は過去にも一度この2チームの試合、見てるんですよねぇ。年にそう何度も観戦に行くわけでもないのに、またもこの一戦に当たるとは・・。何か縁でもあるのかな・・^^;
c0152553_21494830.jpg

鹿島ディアーズは昨年のチャンピオンチーム。今年も圧勝劇を続け、この試合に勝てば全勝優勝が決まります。一方のアサヒビールは条件次第ではその鹿島を破ってのディビジョン優勝も狙える大事な一戦。実力の伯仲した2チームの戦いだけあって、結果も24-23。たったの1点差決着になった、実にハラハラドキドキのゲームでした。

More

by kotodaddy | 2010-10-25 22:30 | その他 | Comments(6)
2010年 06月 12日
フェイドアウトならず
c0152553_1432846.jpg

今日は相模原ライズの試合がある。例によって出社日ではあるのだが、特にこれと言って予定も入っておらず、なんとなく私がいなきゃならない日でもない気がする。って事で、クルマに機材を準備しておき出社した。午前中一杯ですーっとフェイドアウトするのだ。そしてケイタイを切って川崎球場に向けて逃亡するのだ。それがいいのだ。

その後・・・

by kotodaddy | 2010-06-12 14:49 | その他 | Comments(6)
2010年 04月 25日
QBって・・
c0152553_202586.jpg

ズバッと投じるミドルパス。壮絶なラインの当り合いの向こう側。縦横無尽に散るレシーバーの中から瞬時にターゲットを探し出す。しかもレシーバーが走ってる方向と速度からアジャストして予測捕球地点にパスを投じるのは、やっぱりセンスがモノを言う世界なんでしょうねぇ・・。大学の頃、新規に入部してきた1年生は花形ポジションであるQBを希望するのが多いですけど、気が付くと他のポジションに移ってたもんなぁ・・^^; 私は・・、良かったQBじゃなくて・・^^;

by kotodaddy | 2010-04-25 20:39 | その他 | Comments(10)
2010年 04月 19日
相模原ライズ
c0152553_20133251.jpg

2年越しの夢がやっと叶いました。一度は見てみたいと思っていた、社会人アメリカンフットボールチーム「相模原RISE」。この相模原ライズ、実は話せば長い道のりがありまして・・。そのルーツは社会人リーグでも有数の強豪「オンワード・オークス」に端を発します。オーナーはアパレルメーカーのオンワード樫山。あの横綱・若乃花が引退後に一度プロ・アメリカンフットボールを目指しましたが、その時に彼が所属したチームと言えば「あぁ、覚えてる」と言う方も多いのではないでしょうか。しかし、昨今の経済事情からオンワードは2008年一杯をもって実業団リーグ支援から撤退。活動の場を失いチームも消滅かと思われましたが、オンワードの選手たちが主体となってクラブチーム「相模原ライズ」を結成。何度も日本一に輝いたチームながら新規加入扱いとされ、2009年のシーズンは社会人リーグ最下級のX3からスタートした訳です。
当然ながらX3で戦った2009年シーズンは圧勝に次ぐ圧勝。なんとシーズン通して失点ゼロ、平均得点は90を超えると言う、まさにケタ違いの破壊力で今年はX2リーグへ昇格。そして18日に今シーズン緒戦を迎えたのでした。
c0152553_20134515.jpg

有給休暇を申請してあったものの、寸前までどうなるか分からないのが私の仕事(どんな仕事だよ^^;)。「あー、kotodaddy君、実は明日ねぇ・・」などと上司から言われるのではないかとビクビクしながら仕事してましたが、何事も無く前日17日の仕事終了。会社を出て駐車場まで歩く道すがら何度もガッツポーズ(笑)。当日は、前々からお会いしたいと願っていたしーすさんなるさんともお会いでき、ライズの爆発力に酔いしれたのでした^^ 今年は日頃の行いを良くして(笑)、土日に有給を取らせてもらって何試合かはゲームを見に行きたいと考えてます^^
c0152553_20135813.jpg


by kotodaddy | 2010-04-19 19:43 | その他 | Comments(16)
2009年 12月 02日
私が引き戻されたワケ
タイトル、「私が引きこもった」じゃないんで、そこんとこお願いします^^;
c0152553_12521167.jpg

全て1Dmk3 + EF500mm F4L IS
 「明治生命」と「安田生命」などと言う巨大生保会社が合併するなんて、ひと昔前には到底考えもつかなかったもんですが、このチームユニフォームの背番号の上をご覧ください。「五洋建設」。明治生命と安田生命に加えて、更に五洋建設までもが名を連ねている、いわば巨大コンツェルンの様なチーム。それが「明治安田パイレーツ」です。私もブランクが長かったもんで、明治安田と五洋建設が一体何の業務提携をしているのか不思議に思ってたんですが、もともとは「五洋建設パイレーツ」というチームがあって、そこが「明治安田クレイドルズ」というチームと合併。で、「明治安田という名は残すから、パイレーツという名称は使おうね」という握手がなされたんだそうです。
c0152553_1315072.jpg

春に学生アメリカンフットボールの観戦・撮影をしたまま数ヶ月が過ぎ、秋に川崎で社会人Xリーグを観戦したのですが、その第一試合がパイレーツの試合でした。派手な得点の応酬ではなかったものの、19-14と言う、実に締まった良い試合でした。そしてパイレーツが制したこの試合を見た事によって、現役を退いてウン十年の私の中にアメリカンフットボールというものが完全復活。めでたく、このブログのタグにも「アメリカンフットボール」が新設された訳です。そう言う意味では私をこのフィールドへ引き戻したのは、取りも直さず好ゲームを演出し勝利をおさめた「明治安田パイレーツ」なのではないか、と(笑)。引き戻した「人」は しーすさんと、なるさんですが・・。
c0152553_1303371.jpg

そして社会人リーグのもう一つの華と言えば、そりゃやっぱりチアですわな。緑の人工芝に映える白と青のコスチュームに身をまとう、明治安田の美女チアチーム「Mermaids(マーメイズ)」。「パイレーツ」に「マーメイズ」。うぅむ、当然そう来ますわなぁ^^ アメリカンフットボールのフィールドに舞い戻って(別にプレーで戻った訳じゃないスけどね・・)完全に高揚状態の私は、帰りのクルマの中で一人「GO GO Pirates!!」とチアが応援していた様に大声を出しながら帰った訳であります。観客に配られていた「Piratesフラッグ」をもらい損ねたのが最大の失敗・・・orz
c0152553_1304692.jpg

明治安田パイレーツ&マーメイズに画像の掲載許可をいただいております。

by kotodaddy | 2009-12-02 14:35 | その他 | Comments(24)