タグ:その他 ( 165 ) タグの人気記事

2014年 03月 04日
マホガニーバイク
全て「木」。マホガニーで創られた自転車。

傍らに掲示してあった説明書きから引用しますとこうなります。

『組木で木材を頑丈に組み合わせる技術など、日本は非常に優れた木工技術を古来より培ってきました。材料と道具を知りつくしているからこそ、極められる技があります。木造船をつくる技術もそのひとつ。荒波にも耐える頑丈さをもちながら、とても軽い船を作ることができます。極めたその技から、世界で唯一の自転車が生まれました。炭素繊維製の自転車よりも軽いだけでなく、車体がしなることで漕ぐ力が伝わりやすく、スピードも出るのです。美しさと実用性を兼ね備えた製品が、木から生まれています。』
c0152553_1928040.jpg

c0152553_19281481.jpg

c0152553_19282180.jpg

c0152553_19282658.jpg

c0152553_19283385.jpg

まさに究極の「美」でしたねぇ。しばらくの間、これの前から離れられませんでした。
下世話な話ですが、プライスを付けるとしたら一体如何ほどになるんでしょうか・・。

おまけ

by kotodaddy | 2014-03-04 19:48 | その他 | Comments(12)
2014年 02月 16日
フランソワルトン
先日の動物園行き。その大目的はコレでした^^
c0152553_1648596.jpg

フランソワルトン。ラオス中部からベトナム北部などの密林地帯に分布しているオナガザル科の一種で、フランソワラングールとも呼ばれている猿。この赤ちゃんが昨年の11月と12月に誕生し、時間制限付きで公開が始まったとの事。たまたまその動物園のHPでその存在を知ったのですが、このフランソワルトンの赤ちゃん、特徴あるオレンジの毛色なのは生後わずか半年ほどだけで、その後は親同様に黒い毛色になってしまうんだそうです。ふむふむ、たった半年間のオレンジの毛色かぁ。こりゃぁ行くしかないと出掛けて来ました^^
c0152553_16491665.jpg

で、これがその親猿。こう言っちゃナンですが、まぁあまり面白みの薄い毛色ではあります^^; せっかくキレイなオレンジ色の毛色で生まれたのならばそのまま成長すりゃ良いのにねぇ、もったいない・・^^;
c0152553_1649533.jpg

とにかくとても元気な子で、木の上でのんびりとしている親猿の周りを走り回っていますが、しばらくすると必ずこうやって親のところで抱っこしてもらうみたいです^^
c0152553_1649115.jpg

このフランソワルトンの赤ちゃんの公開時間は日中の2時間だけ。その間、檻の外側ではスタッフの女性が飼育日誌と思しき書類を片手にずっと監視体制。暴れ回ってケガをしたりしない様に、万全な体調管理を行っているんでしょうねぇ、寒いのに・・^^; それもそのはず。フランソワルトンは、現在のところその生息数は2,500頭以下とも言われていて、国際自然保護連合の保存状況評価により絶滅危惧種としてレッドリスト指定されているんだそう。元気よく育って、そして長生きしてもらいたいものです^^

by kotodaddy | 2014-02-16 17:10 | その他 | Comments(2)
2014年 02月 15日
40cm来たー!
c0152553_11123774.jpg

北国の方々に怒られそうだけど、とんでもない雪っす(^^;;
今日から休みだったんですが、雪かき招集です(^^;;

by kotodaddy | 2014-02-15 11:09 | その他 | Comments(16)
2014年 02月 06日
レッサーパンダ
で・・、な。
南極でペンギンと遊んだ帰りにさ、ちょいとネパールに立ち寄ったんだよ。
そしたら前方から何かの視線を感じ・・、・・あ、このパターンもういいですか、あ、そうですか・・^^;

さて、レッサーパンダです^^
レッサーパンダと言えば、レッサーパンダの顔をしたあの帽子みたいなのしか思いつきません(笑)。
c0152553_21141097.jpg

c0152553_21142164.jpg

c0152553_21142823.jpg

c0152553_21143592.jpg

ここは誰もがカンタンに動物を鑑賞できる人工の動物園ではありますが、金網や檻などが写らない様に撮ろうとすると途端にハードル上がります。
さらに目線の高さを揃えましょうとか、森の中をさまよい歩いてたら鉢合わせになりましたみたいな画にしましょうとか、そうやって自らを追い込んでいくと入場料がやたらと安く感じられる程に楽しめます(笑)。

by kotodaddy | 2014-02-06 21:30 | その他 | Comments(6)
2014年 02月 04日
そこで見たモノは・・
ここ数年、俺の趣味はカメラ一筋だった。
随分と機材にもカネをかけたもんだが、このところ新たな趣味にどっぷりハマっちまった。
その新しい趣味ってのは、アレだ。ダイビング。
そう、海に潜って海中の生物や美しい珊瑚礁がこの目で見られる、アレだ。
もちろん目で見るだけじゃつまらないから、写真だって撮る。なんたって前の趣味はカメラだからな。
知り合いにウデの良い職人が居るから、EOS 1DX専用の水中ハウジングもオーダーで作らせた。

で、つい先日。ダイバー仲間たちと船をチャーターしてちょっとしたダイビング旅行に繰り出した。
多くのダイバーがあまり行かなそうな場所が良いってことで行き先は・・、驚くなよ、南極だ。
え?寒くないのかって?そりゃぁ寒いさ。カネがかかるって?当然かかるに決まってるだろ。
だけど極点に近い場所の澄んだ美しい海を知ったら、もう他じゃ満足できないもんなのさ。
ピンと来ない顔つきだな。ま、いいさ。これは潜ったヤツにしか分からないだろうからな。

ずいぶんと長いこと船に揺られて目的地に到着。そこで最初に海に入ったのは俺だった。
辺りに何か居ないか探りながら水中を移動してたら、左から妙な視線を感じたんだ。
人間に対して視線を感じさせるほどの海中生物ってそうはいないぜ。いたとすれば・・、サメとか・・。
例えばホオジロザメ。人を襲うこともあるって言う、あのデカいサメだよ。
サメの目ってのは妙に感情が無くてな。それが逆に震えが来るほどに恐ろしいもんなんだが・・。
しかしな、こんな極地近海にホオジロザメがいるはずも無いだろう?
俺は珍しく僅かな恐怖感を覚えながらも、恐る恐る視線を移していったんだよ。
そしたらさ・・。

そしたらさ・・。

by kotodaddy | 2014-02-04 19:33 | その他 | Comments(16)
2013年 12月 31日
年越し蕎麦を食べながら・・
2013年も残すところ、わずかとなりました。
皆さま、どんな大晦日を過ごしていらっしゃるでしょうか。
c0152553_19263126.jpg

今年はあまりカメラ機材を買わない1年でした(笑)。ひょっとしてコンデジだけだったかも。
今までのkotodaddyをご存知の方にとっては意外だったのではないでしょうか(笑)。

個人的に今年は今までになく本当に忙しい1年でした。
1年の最後の日に「今年は速かった」と思えるのならば、それは充実した1年だった証拠。
そんな格言めいた言葉がありますが、それじゃホントに充実していたかと問われると、胸を張って言える程でもなく。
しかし、じゃ、充実していなかったんだねと言われれば、「いや、それなりの達成感はある」と答えたい今年です。

2013年も大詰め。年越し蕎麦でも食べながら、今年をジックリと振り返りたいと思います。
来年はもうちょっとブログ更新の頻度も以前の様に戻したいものです^^;
見捨てずに変わらぬお付き合いの程・・^^;

皆さま、良いお年をお迎えください。

by kotodaddy | 2013-12-31 19:44 | その他
2013年 12月 25日
Merry Christmas!!
皆さま、どんなクリスマスを過ごしていらっしゃいますか?
でも、今年のクリスマスはまるっきり平日なんですね。

c0152553_933331.jpg

ワンコ用クリスマスケーキで「釣る」ものの、どんなに呼んでもカメラ目線はくれないのでした。
舌なめずりまでして・・。そりゃそうか、写真なんかよりも美味しいものが優先だよね^^

おまけ

by kotodaddy | 2013-12-25 09:06 | その他
2013年 12月 20日
両面やきそば
先週だったか、テレビでB級グルメを扱った番組をやっていた。もともと高級な料理よりもB級グルメが大好きなワタシなので録画してまで見てたのだが、例によって気になる店を発見。その名も「両面やきそば」。両面・・、焼きそば・・?言葉だけでは何のこっちゃ分かりにくいのだが、要は「炒めないでカリッと焼いておいて、調理の後半から炒め過程を入れて仕上げる」みたいな感じで、食べてみるとカリッとした歯応えの中にシットリとした食感も残ってると言う様な焼きそばらしい。店名は「あぺたいと」。

カリッとした焼きそばと言えば、以前にも記事にした「想夫恋」。個人的にもお気に入りのお店で、その後も少なくとも3~4回は出掛けてるのだが、ココはクルマで小一時間かかる。今回の「あぺたいと」、本店は都内板橋区の方にあるらしいのだが、いやー、こりゃちょっと遠いなぁ。小一時間じゃとてもとても・・。でもHPをつぶさに調べてみたら、なんと割りとウチのそば(そばって程でもないか・・)に支店を出してくれているではないか`・ω・´)シャキーン 位置的には小金井に近い場所なのだが、その昔、初めてクルマの免許交付を受けた自動車試験場のすぐソバで、調布飛行場のすぐソバでもあり、おまけにあの三億円事件の現場のすぐソバで、しまいにゃ日本屈指の超名門ゴルフコース・小金井CCのすぐソバでもある。そんな「すぐソバの地」で焼きソバを食らうのだ、って訳ワカンネ・・。

そして目の前に出された「両面やきそば」。この瞬間の為にキッチリとお腹減らしてきたのでチョイスは「中」。それに生卵をトッピングして810円ナリ。「中」の上に「大」もあるにはあるのだが、初めての店でいきなり「大」ってのも少々気が引けちゃって・・。結論から言えば「中」は大楽勝だった。
c0152553_1053596.jpg

コンデジを取り出したらまさかのバッテリー切れで、iPhoneで撮ったのだが、なんか十分キレイに写るよねぇ。

いいねぇ、ウマいよ。全体的な「カリッと感」は前述の「想夫恋」の方があるかもしれんが、「あぺたいと」の方はシットリとした焼きそばの中にカリカリッとした食感があって、釜焚きごはんの一部に「おこげ」が混ざっててナイスみたいな感じ?グアッとカブりついて、口の中でガシガシと咀嚼した時にこみ上げてくる味わいとしてはこっちの方が良いかもしれない。ラーメンは大好きで、しょっちゅう色んなお店を巡ってるのだが、「ラーメンも良いけど、今日はちょっと違うんだよねぇ」って日にはココに来ることにしよう。

by kotodaddy | 2013-12-20 11:20 | その他 | Comments(14)
2013年 11月 13日
海ぶどう
沖縄旅行から戻った友人よりおみやげをもらった。やった、「海ぶどう」だ^^
c0152553_18543890.jpg

その昔、娘が小さかった頃は何度か沖縄旅行に行ったもんだが、実は最初のうちはあまり沖縄の料理は全く口に合わなくて、行っても本土のどこでも食せる様なステーキハウスばっかりだったんだよねぇ。なにせコテコテの琉球料理は私には全くもって甘すぎたし、お寿司屋さんなんかに行っても、なんだか関東ではあまり馴染みの無い魚が並んでたりで・・。色がまたやたらと鮮やかだったりして、なんか熱帯魚を連想しちゃうんだよねぇ・・。なんとかって言う市場に行った時にゃ、そこらじゅう不思議なカタチをした魚やカラフルな魚ばっかりでマジでビックリしたわ・・^^; しかしその後、とある宜野湾の寿司屋さんで思い切って食べてみたらムチャクチャに美味しくて、その後はその寿司屋さんに行きたいがばかりに宜野湾ステイに固執しちゃったりにまでなってしまったのだが・・^^;

そんな私だが、沖縄初訪問の時から絶対的に好き好んで食べてたのが「海ぶどう」。コレをプチプチッとやりながら泡盛をチビチビッ・・。まさに至福^^ しかし、そう言えば自らのみやげモノとして「海ぶどう」を買って帰ったことはなかったなぁ。なんでだろ・・。あの素晴らしい美味しさを我が家でも。どうしてそう考えなかったかなぁ・・。

そしてその想いが叶った今宵。開封~♪ ん?パッケージに何か書いてある・・。「取り扱い説明」?

「海ぶどうが白くなってる場合は弱い光に当ててください」・・?
「冷温になると縮んでしまうので冷蔵庫には入れないでください」・・?
「食べる直前に水洗いしてください。この時、氷水で洗うと食感が増します」・・?

な、なんだ、光に当てろって。如何にも冷蔵庫保存が基本みたいな食材のクセして、冷温に弱いってどーいうこと?それでいて、食べる直前に氷水で洗えと?うーむ、好きで食べてた割りには何も知らんかったよ、海ぶどうのことを・・。こんな不思議な食べ物だったのね・・^^;

by kotodaddy | 2013-11-13 22:00 | その他 | Comments(8)
2013年 11月 01日
スポーツ観戦はライブが一番
「スポーツ観戦はライブが一番」。これは前々からずっと思っていたことなのだが、その考え、さらに一層深まったねぇ。
c0152553_188913.jpg

2013年10月30日。仕事を終えたその足で東京ドームに出向いた。日本シリーズ第4戦。巨人VS楽天である。いやー、東京ドームでプロ野球の試合を見たのはいつぶりだろうって位なのだが、日本一を決める最重要シリーズの1戦だけあって、球場内はビッシリと満員。それでいて独特の緊張感と言うか、緊迫したムードが漂っておりましたですよ。
c0152553_1881453.jpg

試合は先制した楽天を巨人がしぶとく追い上げ、そして勝つ、と言う4時間を超える熱闘だった訳なんなんですが、お陰でビールが進む進む。また売り子のお姉さんがかわいいってのも理由の一つですが(笑)、帰りの電車ではアタマ痛かったわ・・。でも、売り子のお姉さんが場内を回るのが9時までだったとは誤算。正確には覚えてないけど、あの試合に限っては9時じゃまだ6~7回の攻防辺りだったんじゃなかろうか。バイトさんとの雇用契約や他にも色んな理由があるんだろうけど、もうちょっと売ってればまだまだ売上げ見込めた筈なのにねぇ。スタンド裏の通路売店までわざわざ買いに行くのは相当面倒だったわい。
c0152553_1881987.jpg

しかしアレだ、やっぱりコンデジじゃなくて一眼レフを持ち込んでおくべきだった。まさかゴーヨンだのサンニッパだのはあり得んにしても、7Dと70-200位は持ち込むべきだった。それでも焦点距離足りなそうだけど。
c0152553_1882415.jpg

来年、また見に行こう。そしてその為に300mmズームを買い足そう(笑)。

by kotodaddy | 2013-11-01 19:02 | その他 | Comments(16)