2007年 12月 18日
憧れのRWY22ランディング
c0152553_18151118.jpg

羽田には今のところ3本の滑走路がありますが、その3本の滑走路を使った離着陸方式
の中で、南西の風の時のみ使われる「RWY22」と呼ばれるアプローチ方式があります。
この時の撮影で特等席となるのが城南島や京浜島なのですが、私は何故かなかなか
この「22」とご縁がありません。城南島や京浜島は何度も行っているのですが、この
「22ランディング」を見た事がないのです。一度、着陸機で「体験」した事はあるのですが^^;
まぁ、RWY16と34をメインに使っている羽田空港がRWY22を使う事自体,比較的珍しい
事ではあるんですけどね。
一度、羽田の2タミ展望デッキで撮影している日にRWYチェンジが行われ、「あぁ、やっと
この日が訪れたか」と大喜び&大急ぎでクルマに乗り込み城南島に向かいましたが、
途中の道でクルマから上を見上げてみると、なんとまた再度16Lランディングに戻って
しまっていたり、Yahoo!のHP内の天気ページで「東京都大田区・南西の風」の予報に
踊らされて城南島に勇んで行った事もありましたが、結局22にはならなかったり・・・。
撮影の時はそうなのに、自宅のベランダで航空無線を聴いてたりすると、結構22運用
されてたりするんですよねぇ・・・。城南島や京浜島の近くに住んでいる方ならば、すぐに
駆けつけられるんですが、多摩地域からじゃちょっと・・・、ねぇ。
画像は、22ランディングして欲しいと強く願っている私をよそに、城南島上空から16Lに
ランディングしていくNHの744です(笑)。

# by kotodaddy | 2007-12-18 18:47 | 飛行機 | Comments(12)
2007年 12月 17日
EF50mm F1.4 USM
c0152553_20442791.jpg

飛行機撮りが好きな私でも、一応標準レンズくらいは持ってます(笑)。
APS-CやAPS-Hにどうかって事は抜きにして、50mmは一般的に人間の視覚に最も
近い焦点距離って事になっていますよね。写真学校に新入学する学生さんなんかは
フィルム一眼レフと50mm単焦点を手に入学していくものなんだそうです。
つまり50mmっていう距離は写真の勉強をするのに最適な距離って事なんでしょうか。
キヤノンにはEF50mm F1.8という、実売価格で1万円を切りながらも鋭い描写力を
持つレンズがあります。一方でEF50mm F1.2L USMという、とんでもなく薄っぺらい
被写界深度を持ち、ある種ジャジャ馬的なパフォーマンスを誇るレンズがあります。
その中間に位置するのがEF50mm F1.4 USMなんだと思います。
ご他聞にもれず、私も最初は値段重視でEF50mm F1.8を買ったのですが、興味は
望遠ばかりに向いてしまい、さほど使用しないまま友人に譲り出しました。
ところが、この50mmが手もとに無いとどうも落ち着かないと言う、妙な気持ちになって
しまい、このEF50mm F1.4 USMを購入しました。
F1.8に比べて造りがしっかり(あくまでもF1.8と比べて、という事で・笑)しており、
格好も良くて、存在自体に何だか雰囲気のあるいいレンズだと思います。背景を大きく
ボカしたポートレートや室内撮りなんかに有効で、けっこう重宝しています。
ただF1.4の開放F値を使いこなすのは容易ではありません。超がつく難しさです。
私の場合で言えば、F4~5.6位に絞った方がいい感じに仕上がるみたいです。
単に逃げてるだけですが^^;。
この位の焦点距離の明るい単焦点、1本あるとなかなか面白いですよね。

# by kotodaddy | 2007-12-17 21:09 | EFレンズ | Comments(10)
2007年 12月 16日
EOS-1Dmk3入院!
c0152553_20355611.jpg

今日の午前中、1Dmk3が入院先のキヤノン病院に向けて搬送されていきました。
救急隊員はクロネコヤマト。ストレッチャーは緩衝材だらけの段ボールでした。
早く元気になって帰ってきておくれよ~。

それはさておき。
今回、クレーム対処と同時にチェックしてもらいたい項目を書いた手紙を同梱しました。
そのチェックしてもらいたい項目とは「タテ位置操作スイッチ」周辺のチェックです。
実は購入直後の事なんですが、タテ位置操作のON-OFFスイッチをONにすると、
何故かシャッターが1回レリーズしてしまう現象が出ていました。
「あれ?」と思ってスイッチをOFF、もう1回ONにすると「カシャッ」・・・。何すか、コレ?
それにタテ位置のシャッターボタンが半押しできない時があったり。
「いきなり入院かよ」とガッカリきたんですが、数日のうちにその症状は一切出なくなって
しまいました。一体何だったんだろ?

年内には退院できそうとの事、帰宅したらスパルタ特訓だゾ、おい!

# by kotodaddy | 2007-12-16 20:58 | EOS | Comments(12)
2007年 12月 15日
ベイパー
c0152553_20472218.jpg

ちょっと前に撮影した画像なんですが、ベイパーを引くJLの747-400です。
時期を選べばすぐに撮れそうなんですけど、さすがに毎日通っている訳でもないので、
なかなか撮れる機会に恵まれなかったです。天気が悪くなると撮影自体を取り止めて
しまうヘタレですし・・・^^;
これ、EF300 F4L ISに×1.4のエクステンダーかまして撮ってますので、離陸後も
けっこう追いかけてないと撮れなかったんですが、狭い画角に収まってくれるまで
ファインダーを覘いていたら、突如ベイパーが吹き出して、ちょっとアセりました。
悪天候の時ってなかなか出かけにくいですけど、そういう時にしか撮れないってものも
ありますし、これからは根性で撮影決行といきたいです。

# by kotodaddy | 2007-12-15 21:06 | 飛行機 | Comments(8)
2007年 12月 14日
AI SERVO AFテスト
c0152553_19501847.jpg

ついに1Dmk3を実戦投入しました。
な~んて、エラそうな事を言ってますが(笑)。
ご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、1Dmk3は「特に高温下でAIサーボAFの
連続撮影で、“ピントが不安定”または“AF追従性が良くない」という、メーカー発表が
されたリコール問題を抱えています。
そこで、今日は羽田空港に赴いて、このAI SERVOテストを行ってきました。
私が1Dmk3を購入して3週間ちょっとが経過していますが、今までは紅葉や街など、
ONE SHOT AFを使ったものばかりの撮影で、問題となっている動体をAI SERVOで
追いかけるのはこれがほとんど初めてになります。
所用の途中と言う事もあり、テストにかけられる時間は1時間ちょっとしかありません。
メーカーが定義する「高温下」については季節的に当てはまらないかもしれませんが、
時間内のほとんどをAI SERVOでの連写に費やしてみました。
右から左へ移動していく機体の撮影ですのでISのモードを1から2にしたり、ISOを操作
してとにかく速いSSを確保し連写に備えたり、色々考えながらのテストになりました。
その結果ですが、私の未熟さも手伝っているのでしょうが、完全にピンが来ているもの、
抜けているもの、色々と出てきましたが、ちょっと「?」を持つ画が約3割程度含まれて
いました。あくまでも主観ですが、メーカーが不具合を認めている事実の下で、自分の
ミスはあるにせよ、これ程までに「?」印が出てくると、やはり一度見てもらうべきかな、
と考え直さざるを得ませんでした。半信半疑のまま使うよりも精神的にいいですしね。
当初は年明けでもいいかなと悠長に構えていましたが、入院の手配をしようと思います。

# by kotodaddy | 2007-12-14 20:28 | EOS | Comments(16)