<   2015年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2015年 04月 27日
3Dっぽく・・
c0152553_19224920.jpg

なんとなく3Dっぽく・・。
やっぱ100Lマクロってスゲぇ^^

by kotodaddy | 2015-04-27 19:26 | その他
2015年 04月 18日
10・10・6・4
IXY 610Fのマクロ撮影でテントウムシ(10・10・6・4 テン・トウ・ム・シ 笑)。激写!
c0152553_19181139.jpg

c0152553_19181696.jpg

いやー、コンデジで良かった。
一眼レフだったらこの角度で撮るのに腹ばいにならなくちゃいかんからね^^;

ずいぶん動かないんで「ひょっとしたら死んどるの?」と思い、しこたま撮った後に指でヒョイと押したら元気に飛んで行きますた。
そうだ、テントウムシの飛び立つ瞬間を撮りたかったんだ。どこかにテントウムシが沢山いるとこ、無いかなぁ^^;

by kotodaddy | 2015-04-18 19:25 | その他 | Comments(6)
2015年 04月 17日
雨だけど・・
実は気の迷いから一度手放した100Lマクロを再度入手。やっぱりコレ無くちゃダメだぁ(笑)。
しかし天気は雨。
雨は雨で、雨じゃなくちゃ撮れない様なものもあるかと踏んで、例によって1本勝負。
c0152553_1054862.jpg

c0152553_105522.jpg

c0152553_1055756.jpg

しかしまぁ、毎度のことながら「撮っただけ」みたいな画です。
センスってもんがもうちょっと欲しいもんだわなぁ・・orz

by kotodaddy | 2015-04-17 10:10 | その他 | Comments(4)
2015年 04月 16日
シャンパンを開けよう
c0152553_2230333.jpg

そして今年もまた、娘と、そして私の誕生日がやってきた。
ついにと言うかナンと言うか、辿り着いてしまった大台。
30になった時は「もう若いとは言えない歳になってしまった」と、ただただ愕然とした。
40になった時は「本当にオレはオッサンになってしまったのだ」と、ショックで立ち直れなかった。
しかし、今回。
全くもって何の感慨も無いのは一体なにゆえか。
悟りか。諦めか。
まぁ、もはやそんな事はどうでもいい。大台に乗ったこの夜はもう二度と味わえない一瞬でもあるのだ。
シャンパンを開けよう。そして祝おう。ヤケクソだろうが何だろうが。

by kotodaddy | 2015-04-16 22:48 | その他
2015年 04月 10日
落ちないぞー
枝の上から私達を見下ろす形で楽しませてくれたサクラの花びらたちは、今度は地上の遊歩道をピンクに染め始めた。
風に乗って散り落ちる何百何千枚の花びら。そんな中で「運の良い」花びらだけが開き始めたチューリップの中に「着地」。
他には花の「中」への着地じゃなくて、「落ちないぞー」とばかり、花の「外側」に必死にへばり付いているものも・・。
なんだか厳しい競争社会の中での「出世街道生き残りレース」を見ているかの様。
c0152553_7485050.jpg

c0152553_7485212.jpg

ところで、1枚目の画。EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM。2枚目はEF100mm F2.8L マクロ IS USM。
用途も性格も違いそうなこの2本のレンズだけれど、100-400がこれだけ寄れてマクロ的な使い方まで得意だとは思わなかったよ。
テレ端までフルズームさせた時でさえ98cmまで寄れる最短撮影距離は、相当に重宝する場面も多くなるだろうなぁ。
単に100mmから400mmの焦点距離ってだけじゃなく、ホントにコレ1本で広い領域がカバーできるレンズなんだなぁと再認識^^

by kotodaddy | 2015-04-10 08:06 | その他 | Comments(10)
2015年 04月 06日
SAKURA2015 Part2
かろうじて間に合った・・様な?間に合って無い・・様な(笑)?
やっぱりホントの満開真っ盛りには数日遅れている様で、サクラの樹モロ狙いはちょっとキツかった・・^^;
そんな訳で、サクラの木そのものは意図的に避けつつ・・(笑)。
c0152553_2211763.jpg

c0152553_2212374.jpg

c0152553_2212920.jpg

「来年はこう撮ろう」ってイメージが今日湧いた(笑)。
来年のこの時期まで覚えていられるかなぁ、老いが始まってるこの脳で・・^^;

by kotodaddy | 2015-04-06 22:09 | その他 | Comments(8)
2015年 04月 04日
SAKURA2015
陽も暮れかかった夕刻。
満開のサクラの一部に夕日が当たっていたので急いでカメラ取り出してパシャリ。
c0152553_15213665.jpg

毎年、「どう撮るか」で悩むサクラ。
センスもテクニックも不足である私ではあるが、それなりに悩んで撮ってたんです(笑)。
しかし、今年はそんな悩んでるヒマもなく撮り逃したなぁ。
気付いたら満開になってて、完全にタイミングを逸した感じ。
次の休み、もう間に合わんだろうなぁ・・orz

by kotodaddy | 2015-04-04 15:27 | その他
2015年 04月 01日
いきなり!ステーキ
先日、銀座をクルマで走っていたら巷で流行りの「俺の~」系レストランが何軒か横目に入った。フレンチ、イタリアン、和食・・。最近では「おでん」バージョンも出現したと聞いた。立ち食いを基本にして高回転化することで手頃な価格で料理を提供するスタイル。銀座の様なとんでもなく高額なテナント料が必要な立地でもリッパに存続しているって事は、今でも相当に人気が続いているのだろう。たしかに「立ち飲み」居酒屋はそこらにあるにはあるが、まさかフレンチだのイタリアンだので立ち食いとはねぇ・・。まぁキッチリ成功してるんだから、創業した人は目の付け所が私の様な凡人とは違うって事ですな・・。

そう言えばステーキでもこのテの店があると聞いたぞ。なんでも1グラム5.5円から頼めるカットオーダー方式なんだそうだ。200gで1100円、300gでも1650円?「老い」と言うものだろうか、ここのところステーキみたいなヘヴィなものは身体が受け付けなくなってきているが、たまにはガッツリと肉を食らってみるのも良いかと出掛けてみた。その名も「いきなり!ステーキ」(笑)。

事前にネットで調べてみると、おぉ、庶民の味方「ランチタイム」があるではないか♪ 300gのワイルドカットステーキにライスとサラダとスープが付いて1200円。いいねぇ、こりゃ安い^^ ま、税別で実際には1300円近くにはなるけど、そこらのステーキハウスだとついつい値段に反応してしまい、「あ、200でいいです。それにライス大盛りで」などと言ってしまうから、やはり値段を気にしないで良いのは嬉しい(笑)。

さぁ、やって来ました「いきなり!ステーキ」。いそいそと入店。ステーキとしては良心的な値段でも、いまやワンコインで食べられるランチさえあるオフィス街。やっぱり昼は毎日外で食べるサラリーマンには少々お高いのか、昼過ぎのランチタイムど真ん中にしてはすんなりと通されたのは拍子抜け。待つのキライなんでイイけど^^

オーダーして待つこと数分。ドーンと目の前に出て来ましたよ、熱々の鉄板に乗せられた300gのステーキが。店の名前の通り、前菜も食前酒のワインもへったくれもなく、いきなりのステーキである。
c0152553_1791229.jpg

いやー、これは結構なボリューム感・・。さすが「ワイルド」と銘打つだけある(笑)。ちょっと角度的に分かりにくいんだけどステーキの厚みも結構あって、アメリカ本土で喰らったカウボーイステーキを彷彿とさせる。卓上に置いてあるステーキソースを上から掛けるとブワッ!猛烈な蒸気と油ハネとなってそこら中に飛び散りまくる。慌てて用意されていた紙エプロンで防御。

事前調べでは5.5円/gなのはベーシックなリブロースだけで、実はヒレは8円/g、国産牛は10円/g、黒毛和牛になると15円/gと言う料金体系となってたもんで、ランチで使われるのなんかは「ヒジョーに噛み応えのあるお肉なんでしょうね、きっと」と予測していたのだが、意外や意外。レアで出されたソレはナイフの入り具合も良好、正直言って「こりゃぁ、倍の値段でもそうそう文句は出まい」と思わず唸ってしまった。満足、満足。

んー、ハマった。久々の納得コストパフォーマンス。これからは肉を喰らいたくなったらココに決めよう。店舗も急激に増幅しているそうなので、皆さんの街に進出されたら一度行かれてみるのをオススメします。

by kotodaddy | 2015-04-01 18:01 | その他 | Comments(6)