<   2014年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2014年 06月 30日
猛る
ドキュメントタッチ風にハリスホークを追ってみる。
c0152553_19333517.jpg


c0152553_19334069.jpg


c0152553_19334697.jpg

良い子の皆さんは足に付いてるモノなんて見える筈がありません(笑)。

by kotodaddy | 2014-06-30 19:36 | 野鳥 | Comments(10)
2014年 06月 28日
パステルカラー
先日記事にした「フェイジョア」。公園のHPで知ってわざわざ出掛けたのだが、もう一つ足を運ばせた花が。

ホタルブクロ。
キキョウ科の一種らしいが、そういう学術的な事よりも色だよねぇ、色。
どうも私はこういうパステルカラー調の花が好きらしい。
この公園では現在のところ「幸せの青い花」フェアみたいなのをやってて、これがヒジョーにソソる(笑)。
アジサイもしかり、ラベンダーもしかり・・。ハナショウブなんかも良いねぇ、今の時期。
鳥でも「幸せの青い鳥」なんてのがあるけど、青がそういう意味合いに繋がるってのは人間工学的(?)に合うところがあんだね、きっと。
ホタルブクロはちょっとムラサキっぽいけど・・。
c0152553_10325749.jpg

c0152553_1033351.jpg

c0152553_1033885.jpg

まぁた例によって低い位置に咲いてるんだ、ホタルブクロ。
お腹出ちゃってるもんだから、しゃがんで撮ってると苦しい苦しい・・。

ホタルブクロの群生地の先をちょっと進んで行くとこんなのも見つけた。
「オカトラノオ」。
日本語では漢字で「丘虎の尾」と充てるらしい。たしかに尾っぽみたいではあるが、これは虎かねぇ・・。
c0152553_10331483.jpg

c0152553_1033273.jpg

結局は虫見つけちゃって、コレの前に小一時間居たりする・・(笑)。

by kotodaddy | 2014-06-28 10:45 | その他 | Comments(4)
2014年 06月 27日
「翡翠と山翡翠の魅力写真集」
カワセミの新フィールドを探している時、こんな写真集に辿り着きました。

翡翠と山翡翠の魅力写真集」。
c0152553_20194265.jpg

数年に渡って徹底的にカワセミと向き合ったカメラマンの方が、自ら出版されたものなんですが・・。
佇み、飛翔、繁殖、捕食・・。四季を通じてこれだけのカットが収められているって、一体どれほどの写真を撮られて来られたのでしょう。
c0152553_20194729.jpg

カワセミよりも断然遭遇率の低いヤマセミの画もふんだんにあります。
c0152553_20195265.jpg

とにかくですね。今まで私が撮っていたカワセミ・ヤマセミの写真って一体ナンだったんだろって位の衝撃です。
もっとここでチラリと載せたい画のオンパレードですが、内容をこと細かくこの場で書くのも失礼と言うことで、個人的に最もインパクトがあった画で・・。

ステマではありませんが、ご興味のある方はぜひ一度手に取って見られることをオススメします。

by kotodaddy | 2014-06-27 20:33 | その他
2014年 06月 25日
やはり光量は多いに越したことはない
まぁ「遠回り」はいつものことだがね・・。

数日前にLED化したムラーノZ51のポジションランプ。ちょ~っと暗いんだなー。
PIAAの「Lapiz6000」って言う、6000k(ケルビン) 55im(ルーメン)のバルブだったんだけど。
色味については、これ以上数値を上げると白じゃなくて青みが強くなるので6000kで良し。
問題は55lmってとこだけど、聞いたところによるとデフォで付いてたオレンジっぽいバルブは全然弱くて30lmとからしい。
そうするってぇと、白っぽいバルブは光が届きにくいんで、光量をその分上げないとダメなんじゃないかって結論に達した、と。

そこで手を出したのがコレ。
同じくPIAAから出てる「NEW LEDバルブシリーズ 85lm」。
いくら何でも、55lmから一気に85lmまで上げりゃ相当にシュパーンと来るだろと踏んで買ってみた。
c0152553_1736565.jpg

よぉーっし、たしかに光量は断然違うゾ。写真撮影もクルマのライトも、必要なのは光量。今更ながらそれを再認識した。
ふぅ、これでとりあえず満足かな。 って言うか、満足しなかったとしてもコレ以上明るいのってあるのかな・・^^;

by kotodaddy | 2014-06-25 18:05 | クルマ | Comments(0)
2014年 06月 24日
ファームでサンニッパ
2日も続けて行くか・・^^;

昨日はゴーヨンを持ち込んだものの、ちょっと500mmは長過ぎ^^;
そこで今日はサンニッパ。これで短ければ1.6倍テレコンボディの7Dを投入する覚悟。
後は座席の位置取りで調整っすね。

突然にシャッター速度の話ですが。
昨日は「スロー」で1/80~1/125、「止め」で1/1000~1/1250。
スローはともかく、止めで選択したこのSS。これじゃダメなんすね、驚くべきことに。
って言うか、どーも私は常に1/1250とか1/1600を上限として考えちゃってたみたいで。
これってカワセミ撮影のせいですかねぇ。
カワセミに関しては自分なりに1/1600が正解みたいに考えてて、基本的にそれ以上のSSは選ばない。
それが身体に染み付いちゃってたみたいで、カワセミ以外の撮影でも1/1600以上を使ったことがなかった。
そこで今日は積極的に1/2000を使ってみた。ピッチャーの投球とかはやはりこれ位の速度が必要の様子ですねぇ・・。

さぁ、ブン回れ1DX。
数席の隣には某新聞社のカメラマンがフル連写。私も負けじと秒間12コマのフル連写。
澤村が投球動作に入る度に、しばらくこれが続いたのでした。
2台の1DXフル連写に挟まれた一般観客の方、さぞやビックラこいたことでしょう(笑)。

さて、この日はファームにて調整中、1軍再合流も間近の澤村が先発。
そして受けるキャッチャーはドラフト1位、1軍にも帯同中の小林。
つまりほとんどバリバリ1軍のバッテリーが出て来てました^^
c0152553_19504873.jpg

c0152553_19513165.jpg

c0152553_19514274.jpg

c0152553_19515619.jpg

c0152553_1952757.jpg

c0152553_19521511.jpg

試合途中、3回の裏、いや4回に入ってからだったかな、やっぱり降ってきたのよ、雨が・・。
いや、雨なんて軽いもんじゃなくて、バケツひっくり返した様なゲリラ豪雨が。もう退散以外の選択肢はありませんでした^^;
サンニッパ+1DX、ズブ濡れ。防滴仕様の機材とは言え、今までここまで濡らしたことは無かったなぁ・・。

by kotodaddy | 2014-06-24 20:19 | その他 | Comments(4)
2014年 06月 24日
ファーム de ゴーヨン
今年は妙にプロ野球観戦の機会が多い。
オープン戦の西武ドームに、今月はQVCマリンで1試合、翌週に東京ドームで2日連チャン。
来月もドームに行く予定が早くも入っている。
こんな頻度は決して「多い」と言えるもんじゃないんだろうけど、なにしろここ数年は1シーズンで1回行ったかどうかって年ばかりで・・。
こうなってくると何度でも行きたくなってくるから不思議。この辺はゴルフと同じか・・。
行かなくなってくるともうどうでも良くなってくるが、行きだすと気になってしょうがないみたいな・・。

で、ホントに行きたくてしょうがないもんで、ファームの試合にまで出掛けてしまった。
「念のため・・」ってことでゴーヨンを隠し持って(?)行ったので、ひと粒で二度美味しかったわぁ(笑)。
でも野球ってどう撮っていいもんだか、全然分かってないんスけどね・・^^;
c0152553_7335.jpg

c0152553_731051.jpg

プロ野球ってやっぱり動きとかがスゴいんだよね。
1つの打球、1つのプレーに全ての野手が動く。それはバックアップであったり、次のプレー予測であったり。
さすが「職業野球」って言うか、全ての動きには必ず裏付けられた理由があるって感じで。

ジャイアンツ球場ってウチから結構近いし、駐車場あるからクルマで行けるし、チケットもお財布に優しい。
これから通っちゃおうかなぁ(笑)。

by kotodaddy | 2014-06-24 07:43 | その他
2014年 06月 20日
ポジションランプLED化完了
梅雨の真っ只中とは言え、毎日延々と降り続くことも無い今年ではあるが、ここのところワイパーの拭きがイマイチって事もあり、会社帰りに近くのカー用品店へ。「あ、交換作業もやっておきますよ」と言うスタッフさんの言葉に「あ、そうすか」。その作業時間の間に店内をブラついてると・・。おぉ、そうだ、そうだった。ポジションランプのLED化がまだだった。リアのナンバープレート灯LED化に関しては既に記事にもさせてもらったが、やっぱりフロント周りをやらなきゃね^^
c0152553_1012952.jpg

「メインのヘッドライトとの完璧な色合わせはなかなか難しいんですよねぇ・・」と言うスタッフさんの言葉に微妙な不安感はあったものの、「これ位で合うと思うんですが・・」と選んでもらったバルブがまずまずのビンゴでひと安心^^ 

ムラーノZ51のポジションランプは割とオレンジがかった色のバルブがデフォで付いてて、これが「Before」。
c0152553_10121831.jpg

で、これが「After」。
c0152553_10122532.jpg

いやー、満足満足^^ なんかシャープな印象になった気が。こうこなくっちゃ(笑)。
さすがにメインのヘッドライトとは光量が違うけど、まぁポジションランプだからね。それに片側2灯、左右合計4灯のランプ交換が必要だと思ってたら、なんと1つのバルブで2灯のランプを光らせてた事が判明。費用も当初に考えていたより安く上がって良かった^^

作業完了。さて、家に帰るか。早く光らせたくて仕方ないんだけど、まだまだ明るい初夏の午後6時過ぎ(笑)。

次はルームランプかなぁ^^ この辺はナンバープレート灯の記事で strike-freedumさんに教えてもらったリンク先を参考にさせてもらうつもりです^^

by kotodaddy | 2014-06-20 11:03 | クルマ | Comments(6)
2014年 06月 16日
フェイジョア
c0152553_20482543.jpg

フェイジョアと言う花は初めて知った。
私がよく行く「有料極多種植物公園」のHP。その中に園内の花や植物のタイムリーな開花状況を伝えるコラムがあり、そこでこの名を知ったのだが、なんでも「南米原産の果樹」なんだそうな。南米原産の樹木が日本で育つ・・。先日もブログ記事の中で「世界的な異常気象のせいと言うが、もはや日本の気候帯は熱帯に移行しているのではなかろうか」と言う一文を書いたばかりだが、日本・東京に位置するこの公園におけるフェイジョアの生育はそんな憶測を裏付ける様な事実事象なのではないか。折りしも南米ブラジルの地でサッカー・ワールドカップと言う世紀の祭典が行われている今。だったら一度見てやろうじゃありませんか、地球の裏側からやってきたそのフェイジョアなる花を・・。

しかも、だ。そのHPの説明文には「このフェイジョア、ジツはゼリー状で甘くそのまま食べられるのよねぇ」なんてナイショ話の大暴露みたいな記述まであった。ほほぅ、ゼリー状でそのまま食べられる、と?甘いモノはさほど得意ではないもののゼリーは好きだぞ。かなり広大な敷地を持つ公園ではあるが、ココは何とかそのポイントを探し当て、この際ナイショでちょこっとつまんでやろうではないかと思い立ち出掛けたのであった。
c0152553_20483697.jpg

ほんの少しばかり苦労はしたものの、なんとかその花は見つかった。「南米産」と言う言葉から連想するに、もっとゴチャつく様に葉の繁った木に派手派手な色をした大きめの花がバラバラバラッっとこれ見よがしに咲いているものかと想像していたが、意外や意外。割と低い地味目な木のところどころにポツンポツンと淡いピンクの花が付いていると言った感じ。だがしかし、その花弁だけは南米産と言う言葉通りのどぎつい赤なのだった。

うーむ、ゼリー状で甘い・・?そのまま食べられる・・?
いやー、一体この花のどの部分がゼリー状だと言うのか?そのまま食えるって感じじゃねーぞ、どう見ても・。しかしせっかくココまで来たのだ、思い切って花を1つプチンとちぎってパクっと口に入れてやろうかと思ったのだが、どうしても行動に踏み切れなかった。断念。退散。でもまぁ、珍しい花を見ることが出来たってことで心を鎮めてスマホでもう一度HPを見返してみる。ふーん「実はゼリー状で甘くそのまま食べられる」ねぇ・・。

・・ん!? 「ジツは・・」じゃなくて「ミは・・」、すなわち果実の「実」・・!? 食えるのは「花」じゃなくって「実」かぁ・・!?
c0152553_20484340.jpg


良かった、ホントにこの花、口に入れないで・・^^;

by kotodaddy | 2014-06-16 21:36 | その他 | Comments(8)
2014年 06月 13日
コップのフチ子
ワールドカップ、始まりました^^ 日本でもあちこちでこぞって取り上げてますね。
スポーツ報知、ジャイアンツが大爆勝しても1面でサッカーを取り上げてる位です(笑)。
勝つも負けるも、勝負は時の運ですからどちらの結果も許容しなければいけないのですが、
出来ることならば「良いところ」まで行ってもらいたいもんです。ガン( ゚д゚)ガレ!!
c0152553_18333284.jpg

で、「コップのフチ子」さんもワールドカップ応援仕様です(笑)。
コレ、何かのテレビで取り上げられて以来、ずっと気になってたんですけどね。
ゲーセンとか、ガチャポン置いてある様な場所に全然行かないタイプなので見たこともありませんでした。
メディアなどで話題になったのは最近になってのことだと思ってたら、実は登場は2012年との事。
OLバージョンや温泉バージョンなど色んなシリーズがあると聞いてましたが、今じゃ十数種類のバリエーションになってる様で。
個人的には温泉バージョンが欲しかったんですが、実際に発見したとしてもいいオトナがガチャポンの前に屈んで硬貨投入してるのもねぇ・・(笑)。
そういう話をウチのカミさんが覚えていてくれて、某大規模ショッピングセンターで「発見したけど、どーする?」とメールをくれました。
そりゃぁ二つ返事で出しましたとも、GOサインを^^

で、早速コップのフチに置いてみましたけど・・、ナンなんだ一体コレの目的は・・^^;
コレをコップのフチに置いたままじゃ当然ながら中に入ってる飲み物は飲めないしなぁ。
んー、置いて眺めるモノ・・か。不思議なモノが流行るもんだわなぁ・・。

by kotodaddy | 2014-06-13 19:02 | その他 | Comments(4)
2014年 06月 12日
追い抜いて行ったのは・・
その日、私は急いでいた。
梅雨の真っ只中、降りしきる雨の中、目的地に向かってクルマを走らせる。
こんな時こそ危ない。交通事故でも起こせばそれこそ大変な事になる。
前方はもちろん、左右、そして後方にも気を配りながら周囲の流れをリードしつつ走る。
視界を遮る雨足。それでもペースを落とせない状況に緊張感が高まる。手のひらにじんわりと汗を感じる。
幸いな事に道は空いていた。それでも覆面パトの追尾に気を配り、バックミラーは数秒おきにチェック。
後ろからは誰も来ていない。前方に目を移す。雨足は先ほどから徐々に強まっている。
せわしく動くワイパー。その向こうにある濡れた路面と霞む景色を凝視。視野が狭くなるのが分かる。

その数秒後、左から私のクルマを猛然と抜きにかかる1台が視界の隅に入った。
黄色いボディカラー・・?いつの間に私に接近していたのだ・・?
予期せぬパッシングに軽い焦りを感じながら左に目を移すと・・。

抜いていったのは・・

by kotodaddy | 2014-06-12 10:49 | クルマ | Comments(16)