<   2013年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2013年 09月 30日
熱闘
今、東京で国体が開催されている。
連日、都内の各地で熱い闘いが繰り広げられているのだが、自宅そばの会場で女子サッカーの試合が組まれていた。国体の推進部に問い合わせてみると、客席からだったら撮影OKとの事。
c0152553_1920012.jpg


More

by kotodaddy | 2013-09-30 19:26 | その他 | Comments(10)
2013年 09月 29日
半沢直樹
我が家でマターリしていると、ヤマト運輸さんがドアホンを・・。
c0152553_18522554.jpg

頼んだのはもうかな~り前なんですが、忘れた頃にやって来ますた^^
c0152553_18523195.jpg

半沢直樹と言えば「やられたらやり返す。倍返しだ!」があまりにも有名ですが、
個人的には「さっきから都合の良い事ばっかり書いてんじゃねぇぞ、記録ぅ!」が好きです(笑)。

by kotodaddy | 2013-09-29 19:58 | その他
2013年 09月 26日
iPhone 5S
ワタシはもう随分長いことNTTドコモのユーザーなのである。
毎年の様に繰り返される新製品ラッシュ。次々出てくるドコモの製品ラインナップでコレと言った不足も不満も感じることもなかったんだが、iPhoneだけはなんとなく別で、今までiPhoneが新しく代替わりする度に、「新しいiPhoneが出ました」というCMを見る度に、「いいなぁ、使ってみたいなぁ」と考えていたところがありまして。あのCM、ウマいよねぇ。例えば撮った写真ひとつでとてつもなく色んなことが出来そうに思えてくるもん。でもドコモは頑なにiPhoneを扱おうとはしなかったもんで、「いいなぁ」と思ってはいても、実際には購入検討の対象物にはならなかったのよねぇ。別にドコモ信者って訳でもないんだけど、キャリア変更してまでって気持ちにもならなかったし、いずれドコモも出すに違いないとも思ってたし。

んがしかし、ここに来てついに、と言うか、やっと、と言うか、予想通り、と言うか、ドコモがiPhoneを扱う様になった訳である。9/20。巷では各所で祭り状態。もはやお約束ともなった銀座Apple Store前の行列を始め、各キャリアのショップ前でも新発売のiPhoneを求めて長蛇の列が出来たそうですが・・。
c0152553_16391624.jpg

しかし、実際にドコモがiPhoneの販売をスタートする様になって、さぁいつでも買えるゾ、買うか、となると不思議と慎重になってきたから不思議だ。物欲では常に猪突猛進だったワタシともあろう者が。正直、驚いた。

しかし気になっているのは事実で、仕事してるフリして連日iPhone 5Sのプレビューを見たり、ドコモの対応状況(最初のうちは対応できてない機能もたっくさんあるんだよね、ドコモの場合・・)をチェックしたりしてたんだけど、どうも「ぃよぉ~し、買ったぁ」って気にならない。色んな面でかなり違いがあるみたいだよね、今使ってるAndroidスマホと。第一、操作性があまりに違うみたいなんで、躊躇してるのはソコが一番かね。WindowsをMacに変える位の勇気が必要そうだもんなぁ。「iPhoneでコレがやりたいんですっ」って確固たる動機めいたものが無いのも一つの理由かね・・。

そうは言っても「ケイタイは1~2年で買い換えるオモチャみたいなモノ」が持論の私。「あー、もぅイイや、逝っちゃえ」とばかりに昨夜やっとドコモショップに突撃した。半ば投げやりの境地ではあるが、扱いにくいジャジャ馬と遊ぶのも一興ではないかと突然思えたからだ(笑)。ふぅ、アクションを起こすまでに実に6日もかかった訳だ。しかし、いつもキレイなドコモのお姉さんから返って来た言葉は「品切れです」。「何を今頃ノコノコと・・」と言わんばかりの嘲りを含んだ笑顔であった。そっか、発売直後で過熱度真っ赤っ赤なブツだったのを忘れてたよ・・。この前の連休最終日あたりでもヨドバシwebの在庫状況で(ワタシの欲しいモデルは)大丈夫だったので、品切れなんぞまるで心配してなかったよ・・^^;

いずれにしても、ここにきて予期せぬ再考時間ができた訳だが、そもそもスマホを買う買わないなんて話はもっとヒジョーに直感的なモノであって、何か無理に理由を見つけて買うってもんじゃない気もする。そうなると今のワタシにゃiPhoneは取り立てて必要ないモノとして片付けるべきなのかもしれんな。しかし、今日もアタマの中の思考回路の殆どがiPhone 5Sで占められてるのは紛れも無い事実なのである。9/20の当日、とっとと会社バックれて買っておけば・・と後悔してるのも事実なのである。ここに来られる方々の中には数多くのiPhoneユーザーがいらっしゃると思いますが、皆さんの最後の決め手は何だったのでしょう。

by kotodaddy | 2013-09-26 17:59 | その他 | Comments(16)
2013年 09月 23日
スーパーGT ~HANKOOK KTR PORSCHE 911 GT3 R
c0152553_2127344.jpg

c0152553_21274287.jpg

c0152553_21274817.jpg

c0152553_21275549.jpg


by kotodaddy | 2013-09-23 21:32 | サーキット
2013年 09月 21日
スーパーGT ~ZENT Audi R8-LMS ultra
S-GTを、撮るどころか見るのも初めてな私としては、まずはホンダHSV-010 GTや、やっぱりGT-Rに注目していたのですが、実際にサーキットに行って目の前を突っ走る数々のマシンを見てみると、コレが一番気に入ってしまいました^^
c0152553_2025771.jpg

ZENT Audi R8-LMS ultra。
S-GTには、メーカーのワークスマシン主体のGT500クラスと、国内外の市販車ベースのGT300クラスが混在している。一般的には3大メーカーがしのぎを削るGT500を走るマシンに人気が集まっていると言われているのだが、そんな中で「いきなりGT300クラスのマシンがお気に入りかよ」と言われても仕方ない、気に入っちゃったんだから(笑)。もともとアウディの市販車R8って「すっげぇなぁ」と思っていたのだが、値段もすっげぇ、軽く2000万。こういうクルマでレースをやっちゃうところがすっげぇよなぁ。
c0152553_20244791.jpg

c0152553_20245569.jpg

c0152553_20242839.jpg

c0152553_2025142.jpg

c0152553_20252235.jpg

最後の1枚。コレに関しては、よくサーキット撮影の猛者の方々が駆使する「スローシャッターを使った動感あふれる意図的なブラし写真」ではなく、単なる「手ブレ写真」なのですが、ナゼか個人的に妙な感慨深いものがあったのでup(笑)。

by kotodaddy | 2013-09-21 21:49 | サーキット | Comments(10)
2013年 09月 20日
Satoru Nakajima
ツインリンクもてぎで行われたS-GT公式テスト。それに関する記事をupする前に、どうしても触れておきたい一件が・・。

ツインリンクもてぎの敷地内には「HONDA Collection Hall」なる博物館がありまして、ここに歴代のホンダF1を始めとするレーシングマシンが期間限定で展示されてるとの事で立ち寄ってみました。そこには常勝を誇ったマクラーレンやウィリアムズのマシンと共に、Camelカラーに彩られた1台のロータスF1が展示してありました。
c0152553_16563441.jpg

中嶋悟。
モータースポーツを多少なりとも知ってる方であれば、この名前を知らない人はいないでしょう。

日本人ドライバーがF1を走るのは中嶋以前にもあったにはあったんですが、それは当時に何度か開催された日本GPで、地元だからって事によるスポット参戦的なものばかりで、セカンドドライバーとしての契約ではあっても、正式に1年通して、日本人ドライバーがヨーロッパを本流とするモータースポーツの最高峰F1を走るなんてのは奇跡みたいなものだったし、その年からフジテレビが全16戦衛星生中継に踏み切ったり、やがてやってくる空前のF1ブームに火を点けたのは紛れも無く中嶋悟だったと言っても過言ではないのです。
c0152553_16565463.jpg

最強と呼ばれたホンダエンジンを擁しての参戦とは言え、中嶋悟のF1初シーズンはキツい事だらけだったのですが、そんな中でもイギリスでホンダエンジン1~4位独占と言う快挙の一角を担う4位入賞を果たしたり、地元凱旋の日本GPでは良いところ見せまくりの6位入賞したりと、私はセナもプロストもマンセルもピケも好きだったんですが、中嶋悟は「大」が幾つも付く程に好きになりました。フル参戦の形で、しかも名門ロータスからエントリーした1987年は私の中でも忘れられないシーズンとなり、大体において深夜の放送であるF1中継なのに、翌日の事も考えず全戦テレビの生中継。友人と一緒に酒盛りをしながらテレビの前で大騒ぎしつつ観戦したのも良い思い出です。
c0152553_16565942.jpg

そんな記念すべき彼の初シーズンは翌年に1冊の本としてまとめられました。「F1 走る魂」。もう何度読み返したでしょうか、もうカバーなんぞボロボロになってしまい残ってないですし、状態も色褪せてしまったりしてますが、私の中ではバイブルと化した1冊です。

本の中にこんな件があります。

中嶋悟はロータスの正式なドライバーになる数年前に一度だけ、そのロータスのマシンをテストドライブをした事があるんだそうです。実はその時、高速走行時に突然のマシントラブルが起きてアンコントロール状態になったらしいのですが、中嶋はクラッシュする事もなく、安全にマシンをエスケープゾーンに導いたそうです。この事でチームロータスはドライバーとしての中嶋の資質を非常に高く評価した様で、彼は後にイギリス人ジャーナリストからその話を伝え聞かされるのですが、中嶋とロータスの契約がホンダエンジンの新たな供給契約に端を発したものであるのはある意味で事実でしょうが、単に「ホンダエンジンにくっついてきたドライバー」として契約したものではなく、ちゃんと中嶋と言うドライバーの事を知っている上での契約だと分かって、彼はとても喜んだんだそうです。その時の彼の発言でこういったものがあります。「人間の生き方ってのは、その時その時の出来事は無関係の様に見えても、実はちゃんとつながっているんだと思ったね。ロータスのマシンに乗った事も、今になって思えばあの時に一生懸命にやった事だって意味があったんだよ」。代わり映えのしない日々にダラダラと流されてしまいがちな私としては、なんかこう支えになる様な言葉で、その後の私の中で大事にしている教訓めいたひと言になっっています。
c0152553_1657418.jpg

ロータス99T。このマシン自体は当時として最先端だったアクティヴサスペンションに悩まされ、同年にピケとマンセルの2人で圧倒的なパフォーマンスを魅せつけたウィリアムズFW11に遠く及ばなかったのですが、このマシンが展示されているのを見て、そしてエースドライバーであったセナのものではなく、他ならぬ中嶋悟のマシンだったのに感激し、長文記事となってしまいました。

by kotodaddy | 2013-09-20 18:33 | その他 | Comments(18)
2013年 09月 19日
スーパーGT 公式テスト
c0152553_741455.jpg

9/16-17は休日。何をしようか迷ってる時に舞い込んだ「スーパーGT 公式テスト」の告知。
S-GTと言えば大人気のレース。今までフォーミュラニッポンの撮影はやったことがありますが、それよりも人気のあるS-GTは撮影どころか、いまだ見たこともありません。大体にして土日に仕事が入ってしまう身としては、平日の自分の休みにこういったイベントが重なることさえ珍しい。これは行くしか無いと決断し、ホテルまで押さえて楽しみにしていました。

しかし。

台風で9/16は中止(笑)。9/17だけの開催になってしまい、日帰りで片道250km超を考えるとどうしたもんか迷いましたが、こんなチャンスは滅多に無いと言い聞かせ、早朝4時に自宅をGO!!
c0152553_7301754.jpg

例によってとんでもない量のシャッターを切りましたが、愕然とするゴミ箱行き画像数・・。まだ全ての画のチェックも終わってませんが、富士スピードウェイで撮ったFニッポンの時よりも断然ヘタになってます^^; ここでupできる様な画が少しでも残れば良いのですが・・^^;

by kotodaddy | 2013-09-19 07:45 | サーキット | Comments(14)
2013年 09月 16日
再セットアップ
もう完全に瀕死状態の自宅PC。
休みが台風直撃となった今日、ついに再セットアップに着手。
コレで復活してくれると良いのですが…(^^;
c0152553_17144538.jpg

現在、最後の行程とも言うべきOSアップデート。さぁ、結果は如何に。

by kotodaddy | 2013-09-16 17:08 | その他
2013年 09月 08日
テイクオフ・ローリング
c0152553_22271675.jpg

滑走路上で数秒停止。高まるエンジン音。グッと前に出たら、あとは一気の加速。
流れる誘導灯。コクピットから見たら、さぞやキレイなんだろうなぁ。
あ、パイロットにそんな余裕は無いか・・^^;

by kotodaddy | 2013-09-08 22:32 | 飛行機
2013年 09月 05日
黄昏の787
ボーイング787がデビューしてしばらく経ちますけど、実はあまりしっかりと撮った事がなかったんですよねぇ。運行停止期間もあったにはあったんですけど、遠くで飛んでるのを見た、撮っただけで、近距離でジックリと眺めた事が無かったと言うか・・。JALの787なんかひょっとしたら初めて目の当たりにするのかも・・。JALのこの塗装、リリースされた時は「ちょっと地味過ぎるんじゃない?」などと思ったものですが、見慣れてくると前のアーク塗装よりも断然いい気がしてきた(笑)。
c0152553_18211474.jpg

うーん、意外に小さかったなぁ、787。いずれ767とリプレイスされる機材なので、当たり前っちゃ当たり前か。
でも、独特の流線型フォルムは実にイイ^^ 夕焼けに照らされた787は限りなく美しかった~^^

by kotodaddy | 2013-09-05 18:35 | 飛行機 | Comments(8)