<   2012年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2012年 12月 29日
シュワッチ!
c0152553_15193485.jpg

なんだか危ういピン状況(笑)。飛び出しは難しい・・。だんだん撮れなくなってきている・・。

・・老いか・・orz?

by kotodaddy | 2012-12-29 15:21 | カワセミ | Comments(20)
2012年 12月 25日
Marry Christmas
私はほぼ完全に月・火曜休みなので今年のクリスマスは丸っきり休み。
こういう年も珍しい・・(笑)。
でもカメラを持って外に出ることもせず、全然な~んにもやらずに過ごしています。
天気もいいのに、なんて休みを過ごしてるんだ・・、もったいない・・orz
c0152553_10412731.jpg

皆さんは有意義なクリスマスをお過ごしください・・^^;

by kotodaddy | 2012-12-25 10:47 | その他
2012年 12月 20日
楽器屋
ちょっと時間をつぶさねばならなかったある日の夕方。とあるショッピングセンター内をブラブラと歩いていると楽器屋さんを発見した。大規模ショッピングセンターは相当な勢いで増殖している。その中に入るテナントもかなり多岐にわたる様になり、その店の差別化を狙っているってのも知っているが、今や楽器屋さんまで出店するもんなのかぁ。昔は主要ターミナル駅まで行かないとまず無かったもんだがなぁ。そう考えながらフラリと店に入ってみた。
c0152553_2145424.jpg

以前、何かの折に書いた記憶があるのだが、高校生の頃には友人同士でバンドを組んでギャンギャンやってた私だ。その当時は週に何回かは学校帰りに楽器屋さんに寄り道してたもんだが、あれからウン十年ぶりに立ち入った楽器屋さん。猛烈な懐かしさと共に新たな発見があった。
c0152553_22265162.jpg

いや~、マーシャル^^ 言わずと知れたロックバンド御用達のアンプ。ハードロックに憧れたギター小僧は、2段重ねにしたコイツを背に思いっきりどデカい音を出してみたいと誰もが思ったもんだ^^
c0152553_21451279.jpg

「おぉ、あそこに見えるはフェンダーのプレジションベースではないか」と、近くのスタンドに立てられた1本の白いベースギターに近寄る。フェンダーと言えばギブソンと並ぶ世界的知名度のあるギターメーカー。記憶が確かならば昭和50年台後半には20万近くした一級品だったと思う。ところが、そんな高級品がごくごくフツーに触れる位置に立ててある。猛烈な違和感。プライスタグを見てみると・・、72200円・・?な、ナナマンって・・、一体いつからこんなに安くなったのか・・。
その近くには同じくフェンダー・ストラトキャスター。死ぬほどまでに憧れたリッチー・ブラックモア愛用の神器である。こちらも昔とはあまりに違う「ホントですか」的プライスが付けられている。ウ、ウソだろ・・?当時、発売25周年だかを記念して製造された「アニバーサリー・ストラトキャスター」は25万もしたんだぞ。第一、そんなストラトキャスターが、やっぱりフツーに手の届くところに置いてある。昔は手の届くところに置いてあるのはグレコだのフェルナンデスだのの廉価版ギターで、フェンダーだのギブソンだのは店の再奥にあるカギ付きガラスケースの中に丁重に保管展示されているか、脚立が無いと手の届かない様な壁の高い場所に架けられてて、それを羨望の眼差しでクチを開けながら見上げるのがフェンダーでありギブソンではなかったのか・・?イジりたくてもそうカンタンにゃイジれない、そんな孤高のギターではなかったのか?うぅむ、唖然呆然・・。
c0152553_21451630.jpg

で、今回衝動的に猛烈に欲しくなってしまったのがコレ。エレクトリックドラム。昔はドラムセットなんて買いたくてもなかなか買えなかった。いや、価格的にどうって話じゃなくて、そんなもん買っても住宅地の一角で実際に叩いて音なんか出せなかった訳だ。そりゃそうだ。よほどの防音設備の整った部屋ならともかく、一発シンバルでもドシャーンと鳴らした瞬間に隣近所が何事かと家の前に出て来て大騒ぎになるってもんだ。しかし今ならばこうしたエレクトリックドラムがある。スネアもタムもバスドラもシンバルも、全部硬質ゴム。それを叩けばちゃんと普通のドラムの音として変換してくれ、それをヘッドホンで聴きながら練習できる。セットとしてのガタイも、本チャンのドラムセットみたいに場所も取らない。本チャンセットなんて実際に組んだら4畳半なんかじゃおっつかないからね。早速ヤマハのもののカタログをもらってきた^^ バンドを組んでハードロック曲のコピーに明け暮れたあの日あの時。そこから時を経る事ウン十年。2バスかなんかのセットを組んで、手首に鋲付きリストバンドなんかはめてコージー・パウエルを目指してみるなんて実に良いじゃないか~^^ これならば夜中でも叩けるし、新たなストレス解消法になるのではないかと踏んでいるのだが・・。

by kotodaddy | 2012-12-20 22:26 | その他 | Comments(24)
2012年 12月 17日
コゲラしか居ねぇ・・
c0152553_2154848.jpg

木々から葉が落ち、鳥影を探しやすくなった。さぁ、ワタシの冬鳥シーズン開幕^^
ってことでフィールドに出てみたものの・・。
c0152553_2155595.jpg

ナンも居ねぇ。コゲラしか居ねぇ。やってらんねぇ・・orz

by kotodaddy | 2012-12-17 21:09 | 野鳥 | Comments(16)
2012年 12月 14日
ハギマシコ
そろそろ冬鳥も本格化しているのではないかと、半信半疑ではあるが狙いを付けておいたフィールドへ。
クルマを止めて三脚を出し、ゴーヨンを載っけていると・・。数十羽の鳥の群れが斜めを上を横切り、草むらへ。
慌ててレンズを向けてみると・・、ハギマシコ イタ━━━━━━m9(゚д゚)っ━━━━━━!!!!!
c0152553_7534536.jpg

そう言えば、もう3~4年も前。そう、私が野鳥撮影にハマりかけた頃にフラリと訪れたこの場所。「ここ、冬になるとハギマシコなんかも来るんだよ」って話してたオジサンが居たっけ・・。当時は鳥の名前もあんまり分からずに「はぁ、ハギマシコですか・・」などと返していたが、その後ここでハギマシコ云々を聞いたことがなかった事を考えると、数年ぶりのハギマシコ来訪なのではないか。
c0152553_7535535.jpg

ハギマシコの群れは20~30羽と言ったところか。一斉に飛び上がっては一斉に枯れ草の地面に降り立つ事を繰り返す。その度に近くなったり遠くなったり。あまり追い掛け回すのもナンなんですが、ハギマシコは初めてっスからね。ついつい三脚担いでソロソロと・・。ゴメンね。気にせずお食事続けててね^^;
c0152553_754160.jpg

ハギマシコって言えば、やっぱこの色でしょう。とかエラそうに言いつつ、繰り返しますが見るのは初めてです(笑)。地味な茶色に独特の色模様。この赤、と言うかピンク模様を持つのが♂なんだそうで・・。いいね~、いい色だね~^^ 「ハギマシコ撮るなら雪の上」なんて格言もあるらしいですが、こりゃたしかに映えるだろうなぁ^^ この場所、待ってればひと冬の間に雪が降ることもあるでしょう。しかし、その時にこの場に居座ってくれてるのかなぁ、ハギマシコ。どっかに抜けちゃうのかなぁ。
c0152553_754684.jpg

そう言えば、ついにやりましたよ、ゴーヨン+エクステンダーx2.0(笑)。1枚目と、この4枚目が1000mm。やっぱりAFはキビしいですな、ハギマシコくらい動いてくれちゃう鳥には・・^^; それに、撮影しながらAFフレームをちょこまかと動かすクセがある私にゃ、中央1点しかAF使えませんってのは違和感ありまくり(笑)。でも、ちょっと離れた枝にしばし佇む鳥影・・。こんな時には十分に有効って感じでしょうか^^

by kotodaddy | 2012-12-14 08:33 | 野鳥 | Comments(12)
2012年 12月 12日
篠山紀信展「写真力」
新宿・オペラシティで開催中の「篠山紀信写真展 写真力」に行ってきた。
c0152553_10475436.jpg

当然ながら展示してある作品の撮影はできないので、入口の写真だけ(笑)。

篠山紀信と言えばワタシ的には「GORO」である(笑)。私が中学から高校生くらいの頃に刊行されていた青年誌。ここに、今となっては相当に大人しい、しかし当時のワタシの目には「相当にHな(笑)」ヌードが載っていたのだが、これを撮っていたのが篠山紀信。「GORO」を飾った女の子たちの写真群で別冊化された「135人の女ともだち」なんかをドキドキしながら見てたっけ・・(笑)。

で、「篠山紀信写真展 写真力」である。彼の代表作とも呼べる作品がズラリと並んでいるのだが、まぁどれも迫力あるものばかり。とにかく日本を代表する写真家の一人と言う肩書きで終わらず、語弊を恐れずに言えば、紛れもなくその最上位に位置する人物写真家。「篠山紀信に撮ってもらう」ってだけでも被写体となる人の名誉になってしまう訳で、もちろん完全にヌード専門のカメラマンではないから、今回の出展作も国内外の俳優やタレント、歌舞伎役者、スポーツアスリート、ちょっと変わったところで言えば入れ墨を入れた数十人の裸の男性群や、ディズニーランドのシンデレラ城をバックにディズニーキャラクターから運営キャストまで勢ぞろいみたいなカットまで、とてつもなく幅広い。

ひと通り見させてもらったのだが、とにかくやっぱり「眼チカラ」が違うんだよねぇ。「チカラ」と言うと、カメラを睨みつける様な視線を連想してしまいがちだけど、そう言う「眼チカラ」だけじゃない。ちょっと視線を落とした憂いのある眼。その人物の性格までを現しているかの様な優しげな眼。彼は今までドキュメンタリーのジャンルには足を踏み入れて来なかったらしいが、震災直後、これは写真家として撮らない訳にはいかないと言って被災地に赴いたらしいのだが、そこでカメラに収めた人々の眼。肉親を失い、家を失い、仕事を失った人々の眼。放心し、打ちひしがれ、もちろん無言なんだけど間違いなく何かを訴えかける眼。こう言った「眼チカラ」を被写体から引き出し、それを写真と言う二次元の世界上に確実に再現させるテクニックとセンス。これこそが、人物を前にしたトップ中のトップ写真家の成せる技なんでしょうねぇ。

そんなことを感じながら歩いていると、展示の最後の最後に彼のコメントが残されていた。写真を撮る訳にはいかないので、はじっこの方でケイタイにメモの形で残したのだが、要約するとこんな感じの文面だ。「写真力って、つまり写真の力がみなぎった写真のこと。人知を超えた写真の神様が降りて来なくちゃすごい瞬間は立ち現れない。だからその為にあらゆる努力をする。被写体へのリスペクト。その場の空気を正しく読み、自分の感性を最大限にヒートアップさせる。そうすると偶に神様が降臨する」。やっぱり篠山紀信自身もポートレートカメラマンとして「チカラ」を最も大事なものとして考えてるんだよねぇ。

さぁ、カメラを手にした時に果たして私はここまで考えてシャッターを切っているか。なんかただ闇雲にレリーズボタンを押してはいないか。写真撮影に対するアプローチの仕方や考え方は色々あるけど、「チカラ」を備えた写真を撮ることは全てのカメラマンが目指すところなのは間違いない。んー、上手く言えないのだが、なんかひどく「感じる部分」の多かった写真展でありました。いや、勉強になりました。

by kotodaddy | 2012-12-12 12:08 | その他 | Comments(6)
2012年 12月 10日
やっぱり500mmを持ち込んでみる(笑)
300mmで十分だと思ったフィールド。
やっぱり300mmじゃ短いってんで、恥ずかしながら500mmを持ち込んでみる(笑)。
c0152553_15305681.jpg

やっぱりコレくらいの大きさで撮れんと、ね♪
飛びモノは相変わらず厳しいけど、鋭意リハビリ中^^

by kotodaddy | 2012-12-10 15:38 | カワセミ | Comments(22)
2012年 12月 05日
カワセミ再修業の道は遠い・・
もうね、ハァハァ息切れしちゃうんスよ、カワセミ追ってると・・^^; ギリギリと歯食いしばって、ギンと目を見開いて、指がつるほどにシャッター押して、それこそ全身全霊をかけて追っかけるんだけど、ほっとんどがゴミ箱行きばかり・・^^; 使ってるのは1DXですからね。もうナ~ンも言い訳できんのですよ。悪いのは100%自分ですから(キッパリ)。残った数枚・・。飛び姿が悪ーーいっヽ(`Д´)ノ ウワァァァァァン!
c0152553_19381259.jpg

それと・・。やっぱり遠いわ・・、300mmだと (T-T)ウルウル・・。サンニッパでピッタリとか言ってたんだけど・・。
かと言ってなぁ、情けないこの現状で500mm持ち出したところで、それこそホンキで全削除になるのは分かってるしなぁ・・。あぁ、6億円でも当ったら、換金したその足で会社に行って退職願叩きつけて、そのままカワセミ池に向かって毎日再修業に明け暮れるんだが・・(笑)。あぁ、カワセミ再修業の道は遠い・・。

by kotodaddy | 2012-12-05 19:54 | カワセミ | Comments(14)
2012年 12月 03日
旧型だけどね・・(笑)
70-200にエクステンダー2倍。Lレンズとは言え、ズームにテレコン。コレでまるで単焦点並みの見事な画を実現しているのを某所で拝見し、「ひょっとして2倍エクステンダーもイケるんではないかい(`・ω・´) ?」と思い込んでしまい、数週間(珍しく長い・笑)迷いましたが、やっぱりと言うかナンと言うか逝っときますた(笑)。EXTENDER EF2× II。そう、旧型(笑)であります^^
c0152553_172757.jpg

いやー、2倍エクステンダーはですねぇ。持ってた時期があったんですよ、もうだいぶ前に。その時はなんだか「眠い・・」と感じてしまい早々に放出してしまったのですが、飛行機だの鳥だのを撮るに従い手放したのを後悔しておったのです。そんな時に目の当たりにした見事な画。「そうか、あの時にダメだと思ったのは単にワタシの使い方が悪かっただけなのねん♪ そうよ、そうだったに違いないのよねん♪」と、本日、数年ぶりに手にすることになりましたのねん。旧型を中古で。いいのいいの、旧型で^^
c0152553_17271576.jpg

新宿某ショップからの帰り道。「あー、もう日が暮れちゃうー」ってんで、ちょっとした紅葉がある公園を会場にして70-200での即興テスト。ふむふむ・・。こんなもんかねぇ・・。で、でもまぁなかなかの臨場感・・?いやいや、70-200と2倍エクステンダーの組み合わせであんなにも素晴らしい画を撮ってる方がいるじゃないか。こんなもんじゃまだまだぁ!

しかし、その見事な画。帰宅後にPCでよーく拝見してみると・・。EF70-200 F2.8L IS 「Ⅱ」に EXTENDER EF2× 「Ⅲ」・・。ツ・・、ツーにスリー!? 新型同士の組み合わせだったのかーっ!? オラは旧型EF70-200 F2.8L ISに旧型Ⅱ型のエクステンダーだぞーっ!

by kotodaddy | 2012-12-03 20:03 | EFレンズ | Comments(28)