<   2008年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

2008年 09月 30日
ダッチオーブンでローストビーフ
家族ぐるみでお付き合いしている友人の一人がダッチオーブンにハマッています。キャリアもそこそこの様で、自慢のオーブンで「お前にどーしても食わしてやりたい!!」とローストビーフを作ってくれる事になり、「そんじゃぁ、頂こうではありませんか」とばかり行って来ました^^
まずは、コストコ直送の特級ビーフ(笑)がオーブンに入ります。
c0152553_1204313.jpg

私はただ缶ビールを次から次へと空けていくだけ。何にもしなくても肉はちゃんと焼きあがりました^^ 私は写真担当(笑)。はぁ~楽ちん♪
c0152553_1223545.jpg

おぉっ!! 出てきた肉からはヨダレが出そうないい香りを発しています。
c0152553_1225347.jpg

入刀の儀(笑)。ジュワ~ッと肉汁があふれ出します。これは美味しそうです!!
c0152553_123859.jpg

ついでに野菜たっぷりのコンソメスープももうすぐ出来上がり^^
c0152553_1232458.jpg

食卓はこんな感じになりました^^ 後はとことん「喰らう」だけです♪
c0152553_1285743.jpg


今回、アウトドアでは初めてのローストビーフの賞味にありつけた訳ですが、舌鼓を打ちながらダッチオーブンに関して色んな話を教えてもらいました。新品のオーブンに初めて火入れを行う事を「シーズニング」と呼ぶ事や、使い込んで黒くなったオーブンこそがカッコいいんだと言う事・・・。趣味の世界には、それに狂った人だけが語れるウンチクが山ほどあるもんなんですねぇ。

by kotodaddy | 2008-09-30 12:19 | 旅行 | Comments(22)
2008年 09月 29日
死海の塩
c0152553_8211598.jpg

「死海」。そう、ご存知の通り、イスラエルとヨルダンに挟まれる位置にある湖で、その海抜は実にマイナス418m。地球上でもっとも低い場所になるそうです。湖水の塩分濃度は30%オーバーで、通常の海水の塩分濃度は約3%ですから10倍以上の濃度。もちろん魚などは生息できませんし、人間の身体もプカプカ浮いてしまうそうです。
で、ここの湖水から採った塩というのが身体にいいと言う話は10数年前(いや、もっとかな・・?)から実しやかに言われてまして、浴槽に溶かして使えば神経痛や切り傷などの早期治癒など、いわば温泉的な効果が期待できるって話で、巷にはデッドシーソルトなる商品が溢れ、結構な値段で販売されています。
突然なんでこういう記事なのかと申しますと、実は知り合いが先日やって来て「イスラエルから直接輸入した源塩の納品先が飛んでしまい、10t以上の塩の在庫があるんで、おまいのとこで扱ってくれんか」、と。調べてみた巷で売ってる商品の価格よりも20分の1以下で入ってくる様だ。見てくれはちょっと水分量が含まれていそうな、ごく普通の粗塩。舐めてみるとまぁしばらく立ち直れない位の苦さ^^; マグネシウムの含有量がハンパではないんだそうな。副業で通販でもやってみるかと思ったんですが、そこまでの甲斐性も持ち合わせてないんで、まぁ自宅の風呂で使ってみようとサンプルで置いていったものを溶かし込んでてみた。ちょうど右手の指2本にちょっとした切り傷もあるし。
すると、あ~ら不思議。ちょうど関節の部分だったので治りが悪かった切り傷が翌朝にはきっちりふさがってるじゃありませんか。こういうオカルトチックな商品、今まではあまり信じた事は無かったのですが、信じるものは救われる。ちょっと継続して使ってみようかな(笑)。

by kotodaddy | 2008-09-29 09:15 | その他 | Comments(18)
2008年 09月 27日
ボーイング・ストア
c0152553_922451.jpg

「ボーイング」という航空機メーカーの名前は一度は耳にされていると思います。このボーイング社がPB商品の通信販売を行っている事はご存じでしょうか。ボーイングストアというサイトがあって、アメリカ・シアトルのボーイング社より商品の購入が可能です。
商品は結構多岐にわたっていて、航空機のピンバッジや模型から筆記具・オフィス用品・Tシャツや革ジャンなどファッション類まで幅広くあります。で、実は私は結構ここから色んなモノを買ってます。アメリカからの航空便輸送ゆえに送料もそこそこかかるので、一度にまとめて色んなものを買い過ぎてしまう事もあります。画像にある懐中電灯なんて一度も使ってないし・・・^^;
私が買うモノは大体オフィス用品が多いので、自宅に置いてある商品はこの程度しかなかったのですが、色にしてもデザインにしても妙にゴテゴテしてなく、ボーイングのロゴが小さくサラッと入っている程度なので気に入っています。特に会社の会議でちょっと書類や筆記具を入れて行くのにちょうどいい大きさの本革ノートパッドなんて最高の使い心地で、今使っているのが2代目になります。それともう一つ、とても重宝してるのがコレ。
c0152553_9354059.jpg

c0152553_9373841.jpg

いわゆるダイヤルロック式のカギなんですが、ロックする部分の細さ具合がどのバッグ類にも使いやすくて非常にいい。よく数えたら3つも買って使っていました。
日本語サイトではないので最初はちょっと気遅れ気味でしたが、実際に頼んでみると意外にカンタン。納品される期間も中4日程度で届きます。発注した後に服のサイズを変更したくなってメールでやり取りした時も、向こうでは夜中のはずなのに何故か速攻で返信が来たり、本文内容もフレンドリーだったりしてアメリカのいい部分が感じられました^^ 飛行機に興味の無い方でも文房具が好きな方にはグラグラッと来るサイトですよ^^

by kotodaddy | 2008-09-27 09:55 | 飛行機 | Comments(12)
2008年 09月 26日
キリリッと冷酒で
c0152553_11574244.jpg

私はお酒、好きです。って改めて言うと何だか四六時中呑んでる様な感じですが、「飲む」っていう言葉よりも「呑む」が好き。まぁ、どうでもいいですね・・・^^; 
思えば一番最初にお酒を飲んだのは高校3年生の文化祭終了の打ち上げだったんではないか、と(時効です、時効・笑)。当時は当然の如く免疫もありませんから、そりゃぁ酔った酔った(笑)。記憶は定かではないですが、カッコ付けてみたい高校生が飲むんですからコークハイやカクテル系の優し~いお酒を呑んだのではないかと思うんですが、それでも六本木の交差点そばで長時間リバースしてた事は鮮明に憶えています。
で、あれからウン十年、数あるお酒で何が一番好きなのかって問われますと、さんざん迷った挙句に「日本酒」と答えます。基本的には「何でもござれ」のタイプなんですが、日本酒、それも熱燗が一番好きです。冷酒も好きなんですが、二日酔いした時に決定的な瀕死ダメージを喰らうのは冷酒の様です^^;
最近、色んなお店で「利き酒セット」なるものを多く見かけるんですが、それをメニューに見つけてしまうと必ずオーダーしてしまいます。2~3種類の異なるお酒が一度に楽しめる。欲張りな私のために考え出された商品なのではないかと思ってしまう程です。「味覚の秋」、これから美味しい旬の味覚を肴に飲むキリリッと冷えた冷酒。実に楽しみです。

追伸:
うずまきさんや野鳥探検隊さんからご指摘がありましたが、残念ながらこの画像は我が家の食卓風景ではこざいませんのよ。そうだったらいいなぁという気はしてますが^^;

by kotodaddy | 2008-09-26 12:14 | その他 | Comments(18)
2008年 09月 25日
王冠透かし
c0152553_8343963.jpg

私はカメラにハマるちょっと前、機械式腕時計にハマっていました。機械式腕時計っていうのは、電池などに頼らず内部メカニズムだけでゼンマイを巻き上げる機構を持つ腕時計で、その緻密なメカに魅せられたファンが非常に多い腕時計なのです。
まぁ難しい事はさておき、ロレックスという時計メーカーは皆さんご存知だと思うんですが、今も昔もロレックスにはイミテーション物が非常に多く、ニセ物が数多く巷に溢れています。そういった状況をメーカー側もただ傍観している訳ではなく、生産する腕時計に決してマネのできない「秘密」を施していたりします。ロレックスが施した幾つかの策の一つが、ロゴイメージにもなっている「王冠」を時計のガラス(サファイヤクリスタル)にレーザーでドット処理した「王冠透かし」。このミクロ技術が贋作では到底不可能と言われ、2004年頃から出回った処理だと記憶しています。これをマクロレンズで撮影してみました。
c0152553_8372895.jpg

この「王冠透かし」、通常は6時の位置のガラスに施されています。「通常は」と言いましたのは、中にはこの位置ではなく12時位置にあったなんていう話もあり、この辺が海外のメーカーのいい加減なところでもあるんですが、ガラス表面ではなく内部にレーザーで刻み込んでいるとの事。普通に肉眼で見る限りではまず発見できない程の小さなもので、ルーペなどを駆使し光の当て加減を調整していってやっと見える程の大きさです。
c0152553_845556.jpg

単に線で描かれたものだったり、シールが貼られている訳ではなく、数ミクロンのドットによって構成されている模様である事がお分かりでしょうか。
腕時計にハマッている頃、「腕時計が好きな人はクルマ・カメラにもハマる」という格言めいた言葉があり、私はその通りになってしまったんですが、皆さん方は如何なんでしょうか。

by kotodaddy | 2008-09-25 09:31 | その他 | Comments(24)
2008年 09月 22日
こんな事まで・・・?(キャリブレーション)
c0152553_20595271.jpg

1Dmk3のバッテリー、実に色んな情報をボディ側とやり取りしてる様ですが、こんな表示をご覧になった事はありますか?「次回の充電時にキャリブレーションをおすすめします」。バッテリーの充電能力を保つ為にキャリブレーション、つまり一度完全に放電させて再度ゼロから充電した方がいいですよ、と。以前、ニッカド電池が充電池の主流だった頃は、完全に充電量を使い切らないうちに充電を繰り返すと次第に能力が劣化し、最後には本来の充電能力の半分以下になってしまう事もあった様でしたが、昨今の主流であるリチウム電池でも同じ様な事はあると言う事なんですかね。私は1Dmk3の充電器にキャリブレーションのボタンが付いてる事なんぞ、今日初めて知りましたよ(笑)。

by kotodaddy | 2008-09-22 21:08 | EOS | Comments(18)
2008年 09月 19日
ホ、ホバリングでお食事!?
花々の事も、蝶の事も、ま~ったく分かってませんが・・・。先日、成田に行った際にヒマ潰しがてら撮った画像の中に恐ろしい爬虫類の様な顔をしたものが写ってました^^;

なんかクルッとした口先で花に近づいてきます・・・。
c0152553_12243513.jpg

そしてホバリングしながら花弁に向かってグサッと・・・。
c0152553_12293470.jpg

この目・・・。こ、こわっ!! なんか「ちょうちょ」っていう可愛い顔してません。
c0152553_12295747.jpg


で、これは本当に「蝶」なんでしょうか。羽の形も顔つきも違う様な感じですけど・・・^^;

by kotodaddy | 2008-09-19 12:37 | その他 | Comments(24)
2008年 09月 18日
エアバスA380を探して・・・(笑)
c0152553_14162031.jpg

エアバスA380です・・・、ってコレしか撮れませんでした^^; 「何で?朝に着陸して昼に離陸するんだから、最低2回はチャンスあるだろー」って方。話せば長いのですが、以下をご覧ください。ホントに長いですよ^^;

More

by kotodaddy | 2008-09-18 15:04 | 飛行機 | Comments(26)
2008年 09月 17日
いざ、成田へ
c0152553_19181061.jpg

実に久しぶりに成田へ行ってきました。もともと「飛行機撮影が好きです」って言って始まったブログですが、いつの間にかカワセミと物欲のブログになりかかっていました(笑)。これじゃマズいよね、と言う事で早朝4:00起床、5:00出発。何でこんなに早いかと言いますと、ウチから成田へ行く場合は都心部を抜けますので、中途半端な時間に出てしまうととんでもなく時間がかかってしまうからなんですね。30~40分の出発遅れが2時間以上の到着遅れになってしまう程なのです。そしてもう一つ。EU共同体が誇るエアバス社の総2階建て最新鋭機「A380」をこの目で見るためなのです。シンガポールから飛んでくるA380は早朝7:30頃に成田に到着しますので、何としてもコレに間に合わんといかん、と。
c0152553_19273932.jpg

あまりに久しぶりの飛行機撮り。まるっきりカンが鈍ってると言うか、どうもシックリきません。先日、こちらによくお越しいただいてるwisteria_aprさんが、飛行機撮り歴が浅いとは到底信じられない様な画像を軽々と連発されており、とても恥ずかしくて出せない画像ばかりになってしまいました^^; また飛行機も一から修行、という話になりそうです・・・orz

え?A380はどうしたかって・・・? いや~、それがA380については深~いトラブルがありまして^^; 次回に続くって事で・・。

by kotodaddy | 2008-09-17 19:41 | 飛行機 | Comments(19)
2008年 09月 16日
ミルククラウンに挑戦
c0152553_182395.jpg

マクロレンズを購入した暁には是非とも撮りたかったのがコレ。ミルククラウン。ウィキペディアによれば、「牛乳などの少し粘性を持つ液体において、その液体を満たした容器にその液体を一滴落とすと、美しい王冠状の形を形成する現象」だそうであります^^; 色んなブログを拝見してますと結構キレイに撮ってる方がいらっしゃって、私もマクロを買う様な事があれば必ず挑戦してみようと思ってました。
c0152553_188199.jpg

実は私、1Dmk3の連写能力とEF100マクロとのマッチングならば意外に簡単に撮れるんじゃないかと考えてました。が、しかし。そんな事全然ありませんでした。非常に難しいです。とにかくピンを合わせた位置に正確に滴を落とすのも一苦労。今回はカミさんが「落とし役(笑)」を延々1時間半やってくれましたが、この辺は人間の手ではなく、なにか機械的に落とす方法を考えた方がヒット率は上がるでしょうね。
c0152553_18101551.jpg

器にあらかじめ入れておくミルクの量。クラウンの形自体は偶然の産物に近いとは思いますが、これもクラウンの形に影響してくる様です。上から落とす滴の量と高さも色々と試行錯誤しましたが、何かしら微妙に違ってるんでしょうねぇ、よく目にする円形に均一した美しいクラウンになりません^^;
ここで「上手にミルククラウンを撮る方法」ってドーンとぶち上げたい気はあったんですが、まぁハッキリ言ってこの程度しか撮れないんじゃ全くおこがましいという事で、今回は自粛させていただきますが、世の中にソレを説明しているサイトは山ほどありますので、シャッターユニットの寿命縮める覚悟で「我こそは!!」という方はそちらをご参照ください^^; 私もまた何回かチャレンジして、もうちょっとマシなのが撮れたらupさせてもらいます^^;

失敗しても、それはそれで面白い形も撮れます^^
c0152553_182138100.jpg

c0152553_18215591.jpg


by kotodaddy | 2008-09-16 18:30 | EFレンズ | Comments(16)