<   2008年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

2008年 05月 31日
EF500mm F4L IS USM
c0152553_20274537.jpg

や、やってしまいました・・・。夢のゴーヨンについに手を出してしまいました。
(かつて購入に踏み切れず悩み苦しんでいるところをご覧になりたい方はこちらを・・・^^;)
「中野のフジヤカメラさんにゴーヨンのAクラス中古がある」という情報を得た瞬間、私の中のブレーキが音を立てて破壊されました。粉々です。
まずは今朝ほどweb上で確認。その情報通り「Aクラス」のゴーヨンの存在が確認されました。
続いてお店の開店時間10:00きっかり(笑)に問い合わせの電話。今の段階では「ある」と。しかし、中古の取り置きはできないそうです。ハラ決めて突撃しても売れちゃったじゃシャレにならんと思い、「じゃぁ新品はあるのか」と切り返してみると、「1台あります。ちょうど今日までCanonセール中ですよ♪」との返事。さらに間髪入れず「明日はこの金額ではありません」ときたもんだ。実に商売上手な店員さんです。とりあえず夕方まで新品の取り置きをお願いし、それまでに中古が出てしまえば縁がなかったと思う事にしました。
そして夕方。フジヤカメラ前に仁王立ちした私は、まずはケイタイで記念撮影(笑)。即座にブログに記事upです。
さぁイザ店内突入、中古のゴーヨン・・・・あったぁ!!実際に見せてもらうと非常に状態もいい。三脚座にもキズひとつ無い。「よっしゃぁ」と思ったんですが、新品もちょこっと気になる。そんな私を見た店員さん、揺れる私の心を弄ぶかの様にこう言った。「新品で、NICOSカード払いならば3年間の保険(盗難も含むんだそうで)も無料で入れますよ♪」。
多額の現金を持ち歩きたくない性分だし、もともとカード払いをしようと思っていたし、NICOSカードは私のメインカードだし、どうしようかなと考えていたら、そこにカミさんから電話。用件自体は全くの別件だったんですが、この件を相談すると「新品いっちゃえばぁ?」。

で、先ほど帰宅したんですが、デカい箱を見てカミさん一言。「これは家電ですか・・?」
c0152553_20235165.jpg

たしかにデカ過ぎる箱を開けると、出てきましたよブツがw
c0152553_2024832.jpg

こんな感じで入っているんですね。
c0152553_20242520.jpg


我ながらとんでもない買い物をしてしまいました。しばらく仕事も撮影も頑張ります。

by kotodaddy | 2008-05-31 20:35 | EFレンズ | Comments(50)
2008年 05月 31日
気がついたらこんな所に
c0152553_1842121.jpg

夢遊病者となって、ここにたどり着きました…

by kotodaddy | 2008-05-31 18:04 | EOS | Comments(5)
2008年 05月 29日
コゲラの水浴びを見た!
コゲラと言えば、木の上の方でコツンコツンやってるイメージ。とても水浴びをする様な印象ではないんですが、実はそうでもないという事が判明(笑)。とんでもなく甘い画像ですが・・^^;

↓さぁ、みんな見てない内に水浴びするぞ~
c0152553_20101816.jpg

↓バシャバシャッ!うへ~、気持ちいい~♪
c0152553_20103413.jpg

↓シーン・・・・?お、おい、水没してるゾ・・・大丈夫か・・?
c0152553_20104956.jpg

↓・・・プハァーッ!
c0152553_2011383.jpg


by kotodaddy | 2008-05-29 20:22 | 野鳥 | Comments(25)
2008年 05月 28日
ミソサザイ
c0152553_2033119.jpg

初撮り、ミソサザイです。機材はEOS 30DにEF300mm F4L IS + 1.4xなんですが、深い森の中ゆえに周囲がとにかく暗くて、絞り開放(F5.6)・ISO1600で得られたSSはやっと1/125。キビシ~(笑)。MAXのISOまで使いたいところですが、30Dは1Dmk3に比べて高ISO時のノイズが多く出てしまうのが最後まで気になってしまい、なんとか1600でとどめました。それでもかなりのノイズっぷりですね^^; RAWで撮ってDPPでNRを「強」でかけていても、こんな感じです^^;。
ミソサザイはスズメよりも更にひと回り程小さい、つまりかなり小さい鳥なんですが、囀る声は大きいそうです。この日も周囲に響き渡る驚くほど大きな声で囀っていました。見た目は濃い茶系一色で、一見すると見過ごしそうな程に地味なんですが、その声はまぁ大きく、そして何より美しいです。
そしてもう一つの特徴が、尾をピンと立てる仕草。
c0152553_20232142.jpg

崖の様になっている土の部分にせっせと営巣しながら、カン高く囀っていました。しかし、この色で暗い森の中、しかも土部分に営巣中という事で、ちょっと目を切るともう探すのが大変という状況でした。
それにしてもあの囀り声、絶品でした^^

by kotodaddy | 2008-05-28 20:45 | 野鳥 | Comments(14)
2008年 05月 27日
小田原 再ブートキャンプ(ドクターイエロー)
c0152553_18384985.jpg

ひさしぶりに小田原修行、行って参りますた。以前は寒い時期でしたので、だいぶご無沙汰になってしまいました。今回突如思い立ったのは、ドクターイエローの愛称を持つ「新幹線電気軌道総合試験車(固くて長っ・笑)」が走るという情報をいただいたからで、ちょうど会社が休みだった私にも、数々のブログで拝見するだけだったDYを撮影できるかもしれないチャンスに恵まれたという訳です。
予定よりも早めに小田原到着後、まずはサンヨンで上の様な画像(影がウザッ!)をパシャパシャ撮っていたんですが、これだと前回と同じ様な画ばかりになってしまいますので、持っていたEF24-105 F4L ISを付けて、ちょっと広角寄りで撮ってみる事にしました。新幹線の長~いウェッジ型フロントノーズが撮れればいいなぁと・・^^
c0152553_18535323.jpg

速くてなかなか追いついて行けず、失敗作ばかり積み上がってしまいましたが、そんな中でまずまず撮れたのがコレ。新幹線素人の私にはこれでも十分なのです、ハイ^^;

ホームの日陰から撮影しているとは言え、今日は暑かった^^;。
待つ事、1時間強。陽炎の向こうからヤツは来ました!

More

by kotodaddy | 2008-05-27 19:11 | 新幹線 | Comments(24)
2008年 05月 25日
NOD32
c0152553_1953868.jpg

アンチウィルス・ソフトの更新のお知らせが来ました。私は「NOD32」というソフトを会社用のノートPC、デスクトップPC、自宅のデスクトップPCで使っているんですが、そもそものキッカケは、あの「価格.com」のメインサーバーがウィルス感染し、長期にわたって閉鎖された際に、数々のソフトが防げなかった新種ウィルスをNOD32だけがブロックしたという話を聞いた事によります。導入にあたっては色々なレビューを見ましたが、かなりの高評価でしたので、まずは会社のデスクトップPCに入れ、そこで実際に使った感触が良かった為、自前のPC全てに入れたという訳です。その後1年になろうとする訳なんですが、このソフト、アンチウィルス・ソフトとして非常に優れていると思います。
まず、動作が素軽い。常駐し監視し続けるソフトですので、重いのは勘弁ですよね。過去、マカフィーやノートンを使ってきましたが、個人的な感想として非常に軽い。PC起動と共に立ち上がるんですが、実際に使いだせるまでの時間が圧倒的に短いと思います。まぁ、この辺はPCのスペックにも左右される部分ではありますけども。
更新頻度が多いのも安心材料じゃないでしょうか。数多くのアンチウィルス・ソフトは次々と出現する新種ウィルスに対応するために毎日更新が当たり前ですが、NOD32の場合日によっては数回更新されている様です。そしてその更新も、いつの間にか始まっていていつの間にか終わっているという感じで、更新のダウンロードが行われている間も他のアプリケーションが動作しにくくなるとかの弊害が全くと言っていい程ありません。

NOD32、おすすめです^^

by kotodaddy | 2008-05-25 19:09 | その他 | Comments(14)
2008年 05月 23日
当選!!
c0152553_20155491.jpg

元来、あんまりクジ運は強い方ではないんですけど、なんか当たりましたよ^^2月下旬頃に雑誌「デジタルフォト」誌のプレゼント企画で、オリジナル写真集の無料製作に応募しておいたのが当たった様です。ハッキリ言って、応募した事も忘れかけていましたが(笑)。なにせ2月3月って話ですからね、文字通り「幸運は忘れた頃にやってきた」です。
「My Book」っていうオリジナル写真集製作サイトなんですが、web上でのテンプレで写真をはめこんでいって、完成したところでオンライン発注、数週間で製本されて出来てくるって具合の様です。
色んなサイズ・ページ数があるみたいで、1000円程度で作れるものから80ページ・ハードカバー仕様20000円レベルまでがラインナップ、今回の当選でどんな仕様でも1冊無料になる様です。特に写真集が作りたくてどうしようもなかった訳でもないんですが、娘の成長記録で撮ってきた画像も相当たまってきましたし、ここらでうまく纏める事ができたらいいなぁと、軽い気持ちで応募してました。
早速HDDの中にある沢山のフォルダから「コレ♪」という画像の選定を開始しました。これが何枚になるかでページ数を決めようと思います。今月いっぱいでレイアウト~発注というスケジュールです。どんなスタイルの写真集ができるか、今から楽しみになってきました^^

by kotodaddy | 2008-05-23 20:33 | EOS | Comments(12)
2008年 05月 22日
新たな秘境?(笑)~その2
テレコンを忘れるという失態にめげず、撮影は続きます。
クマに恐れながらも(笑)奥地へ踏み込んでいくと、色んな囀りが聞こえてきます。中には聞いた事もない様な囀りも聞こえてくるんですが、声は聞こえても姿は・・・^^; なにしろ周りは大そうな丹沢の山々、それもかなり奥深い場所だけに樹木もすごい。青々とした葉をまとった鬱蒼とした大木だらけで、姿を見つけるのには相当な困難があります。やはり鳥見は冬に限るのでしょうか・・。
そんな中でやっと出て来てくれたのがコレ。
c0152553_1332305.jpg

ホオジロでしょうか。ホオジロも私にとっては初撮りになります。一見するとスズメの様ですが、羽の色はもっともっとキレイです。初夏を思わせる様な陽の下、木のてっぺんで盛んに鳴き続けていました。
しかし遠い・・・。この辺りからテレコンを忘れたという後悔がジワリジワリと圧し掛かってきました^^;
c0152553_13501064.jpg

続いてこれはアカモズでしょうか。普通のモズっぽいんですが、羽の色がちょっと違いました。赤茶色というんでしょうか。「この広く美しい山々の中で、もう少し絵になる場所に止まってあげようとは思わなかったのか?ホントに君はそこに止まりたかったのか?」と思わず聞いてみたくなる様な、色気も全くない画像で申し訳ないです・・・^^;
しかししかし・・・、やはり遠い(しつこい!?)、遠すぎる・・。「もう少し近くで、新緑の葉の中の様な雰囲気のいい場所に止まってくれよぉ!」と勝手な事を心の中で叫んだところにやって来たのが、私の心のより所(笑)、メジロ君。
c0152553_1357493.jpg

やはり私の場合、頼みの綱は最も好きな鳥、メジロ君ですね。ピン甘ですが・・・^^;

アクシデント(?)はあったものの、オオルリと久々の遭遇ができ、初撮りになったホウジロやアカモズにも会えた。そういう意味から行けば十分に「秘境(笑)」認定OKなのではないか、と^^ 今後は何度か通う事になるかもしれません。ただ、クマがなぁ・・・(怖)。

More・・・

by kotodaddy | 2008-05-22 14:35 | 野鳥 | Comments(4)
2008年 05月 21日
新たな秘境?(笑)~その1
休日の今日は天気も良かったので、自宅からさほど遠くもない湖に行ってきました。一角はダムにもなっている大きな湖で、周辺にはハイキングコースもいくつか整備されている様です。HPでは、その内の一つがなんと「野鳥観察コース」と紹介されています。野鳥観察推奨コースってHPにしっかり謳われてるって事は、ひょっとしてコースを歩けば右から左から数々の野鳥さんたちがあちら様からコンニチハしに出てきてくれるのかもしれません(そんなバカな・・^^;)。「山中湖の秘境」では会えない様な野鳥に会えるかもしれないと、ウキウキしながら出かけてみました。
駐車場にクルマを止め早速カメラをセッティング。1Dmk3に一脚と456、それと・・・「ん?」。ここで重大なるミス発覚^^; テレコン忘れたし・・・orz  「うぅむ、後々決定的な致命傷にならなければいいんだが・・」と思いながらも、とりあえずスタート。
c0152553_2254910.jpg

山中湖の秘境まではクルマで飛ばして1時間半。所要時間40分強で到着できるこの場所が「秘境No2」と認定される程のナイス度であれば、今後非常に助かります^^
ハイキングコースを出発して間もなく看板が一つ・・・「クマに注意」。マジですか^^; どうやらツキノワグマが出たらしい・・。「目撃した方は通報してください」とか書いてあるけど、通報できる状態でクマさんが帰してくれればの話だよなぁ。いつ立てられた看板だか分らんけど、ちょっとブルります^^; 次回はクマ避けの鈴を携帯せねばならんかもしれんです。
ちょっと緊張しながら歩いて行くと・・・いきなり来ました、オオルリ君。
c0152553_21243284.jpg

コースを歩き出してから5分でオオルリと遭遇できるのか、ココ。早くも「秘境」認定に王手がかかった状態かも、と思わず一人ほくそ笑みます。しかしプレビュー画面を見てみると、やはり遠い。テレコン忘れたのはマズかったかもしれません・・。
その先をズンズン歩いて行くと、オオルリ君、ちょっとした茂みの中にもいました^^
c0152553_21554231.jpg

うーん、どちらの画像も目にキャッチが入らず、いま一つな画像になってしまいました^^;
しかし、コレが当然なのかもしれませんが、人に全く慣れてない完全無欠の野鳥だけにほんのちょっとの気配でもサッと飛び去ってしまい、こちらにゆったりとしたシャッターチャンスを全く与えてくれません。一脚に据える必要のある456じゃなくて、機動力に長けたサンヨンIS+テレコンの選択が正しかったかもしれません。

その2に続く・・

by kotodaddy | 2008-05-21 22:06 | 野鳥 | Comments(12)
2008年 05月 20日
プロ意識
c0152553_18393632.jpg

先日、我が社(笑)の来年度イメージモデルのオーディションに行ってきました。十数名のモデルさんの中から、来月に行われるスチール写真撮影に出てもらうモデルさんを1名選出する訳です。我が社からは担当者3名、それに広告代理店さん・カメラマンさん(Canonユーザーでした^^)・メイクさん・スタイリストさんが出席してオーディションを行いました。
今回でオーディション選考は3回目の出席になりますが、いつも同僚たちから「いいなぁ~」と言われます。たしかにキレイなモデルさんに次から次へとお会いしてお話しするのは楽しいかもしれません。実際、自分の好みのモデルさんなんかだと、「この人にしたい!」と安易に考えてしまいますが、商品の持つイメージやユーザーの年齢層、一目で惹きつけるアイキャッチ力の有無、モデルさんとしての歴、そういったものを総合して、さらに自分の好みまでも封印して選考に臨むのは非常に難しいものがあります。また、自分たちが選んだモデルさんが掲載されたものが不発に終わったりすると、「誰だ、このモデルを選んだのは」と社内で叩かれてしまうと言うことにもなりかねません^^;。
で、今回のオーディションで感心したのがモデルさんたちのプロ意識です。結構なきつい質問をワザとぶつけたりするのですが、表情ひとつ全く変えず、逆にそれを突破口にして選考する我々を引き込んできます。「できない」とか「きらい」とかは決して言わない。
また、カメラマンさんやメイクさんの見る目というのも凄まじいものがあります。笑い方のバリエーションがあるかどうかや肌の荒れ具合など、素人が見てもピンとこない部分を的確に見抜いてくれたり、今回はスチール撮影のみなので、ショーやCMなどで華々しい歴があっても「止まりモノ」でどうかという部分を判断してくれたり・・・。
やはり、ソレで飯を食ってる人は違う。プロというもののすごさを垣間見ました。

by kotodaddy | 2008-05-20 19:29 | その他 | Comments(10)