2017年 03月 18日
筑波ロードレース選手権 Rd.1
今回、私が出向いたのは筑波サーキットを舞台に行われている「筑波ロードレース選手権 Rd.1」。
全日本選手権、さらには世界GPへと向かう2輪ロードレースの第一歩目にあたる位置づけ。
若手からベテランまでがウデを競うカテゴリーになっているのですが、前回記事にもある通り、
女性ライダーの活躍も目立っているシリーズになっている様です。
c0152553_1705587.jpg

↑石井千優選手。前回記事の小椋 華恋選手が勝ったJP250決勝で第2グループの大接戦で男性ライダー達に一歩も引かずの猛烈パフォーマンスでした。マシンのカラーリング、これからの季節にピッタリなイメージで実に良い^^
c0152553_171753.jpg

↑幡多智子選手。チーム名が「ピヨピヨRacing」。由来は「ひよっこライダーで未熟」だからとの事ですが、実際はとんでもない、とんでもない。CBR250Rドリームカップの決勝では僅差の2位になったものの、予選はポールポジション。これが人生初のポールだったんだそうです。おめでとうございます^^
c0152553_1711389.jpg

↑平野ルナ選手。ST600でCBR600RRを駆って予選1位、決勝1位のポールトゥウィン。こ、この方も女子高生だそうですよ(!)。女子高生初のST600参戦と話題になっている選手なんだそうです。2スト250ccとかに乗ってた身としては、600ccのマシンを女性がねじ伏せているってだけでもの凄さを感じてしまうのはワタシだけでしょうか・・^^;
c0152553_1711815.jpg

↑同じくST600の中原美海選手。2001年生まれ・・ってことは、またも女子高生(お詫びと訂正:今月一杯まで中学生とのご指摘をいただきました。すみません!)。マシンはヤマハYZF-R6。関係ないけど、ワタシもヤマハのバイク乗ってました(笑)。
c0152553_1712341.jpg

↑白石玲菜選手。J-GP3クラスでショッキングピンクにカラーリングされたNSF250Rでコーナーを疾風の如く駆け抜けて行きました。撮影する側としてはこういうド派手なカラーリングのマシンが嬉しくなってしまい、毎周回追いかけてしまいます(笑)。

・・・うーむ、どうも左から右への、似た様な画ヅラになってしまうのですね。次回はそんな部分も課題として撮影に臨みたいと思います^^;

# by kotodaddy | 2017-03-18 17:57 | サーキット | Comments(4)
2017年 03月 13日
Karen Ogura ~筑波ロードレース選手権 Rd.1
ケイバ界の女性ジョッキーの後は、2輪ロードレース界の女性ライダーであります^^
c0152553_10182740.jpg

キジマKISSレーシングチーム所属、小椋 華恋(おぐら かれん)。
3歳からポケバイに乗り始め、なんと6歳でレースデビュー。
ヨーロッパのトップライダーは得てしてこんな経歴で登りつめるもんですが、日本でもそういう環境になってるんですねぇ。
生まれが平成10年って言うんですから、・・・17歳?女子高生ライダーですよ。
いいなぁ、若いって・・^^; おじさんはホント羨ましいよ^^;

More

# by kotodaddy | 2017-03-13 11:08 | サーキット | Comments(12)
2017年 03月 07日
Nanako Fujita
土日が休みになって1ヶ月が経ちました。
とりあえず混雑は敬遠しながらも外出はしとります、撮影の対象になるものを探しつつ。

で、もう結構前にはなりますが、女性騎手目当てで(笑)名古屋まで遠征した話はブログ記事にもしました。
宮下瞳ジョッキー木之前葵ジョッキー
ケイバと言う、一見すると「男性社会」みたいな場所で輝きを放ち続ける2人に拍手を贈りたくなる気分になった訳です。
ふとその時の記事をぼんやり眺めていると、唐突に思いだしました。
そういえば地方競馬だけじゃなくって、中央競馬にも女性ジョッキーがいるじゃありませんか。
中央競馬は原則的に土日ばかりの開催。今までのワタシにゃ縁遠くとも、今のワタシにゃ縁近い(笑)。
って訳で行って参りました^^
c0152553_10133215.jpg

藤田菜七子ジョッキー。
その昔、JRAには複数の女性ジョッキーが同時期に活躍していた事もありましたが、今は藤田ジョッキーだけ。
デビューして既に1年が経過した訳ですが、いまだにその人気は衰えておらず、パドックでは沢山のカメラマンがレンズを向けておりました^^

More

# by kotodaddy | 2017-03-07 10:31 | その他 | Comments(8)
2017年 02月 26日
CP+ 2017
土日出勤を続けること、十ウン年。人事異動がありまして、今月よりついに土日が休みとなりました。
これが私の生活にとってどういう劇的変化をもたらすのか。
「平日休みじゃなくて、土日に休みたいよ~」などと言っていた私は、それ程までに渇望していた土日休みを如何に過ごすのか。
この数週間、自分自身、興味深く見ておりました。

結論。

ドコ行っても混んでて疲れる(笑)。

今までは平日休み。しかも週明けいきなりの月曜だの火曜だのが休みだった訳です。
まぁ、空いてる訳ですよ、どこに行っても。空いてるどころか、「定休日で営業自体やってません」って施設も多かったり(笑)。

「どこに行っても空いている」。
これに慣れてしまった私の身体には、あちこちで繰り広げられる混雑っぷりには閉口するばかり・・。
平日ノータイムで入れるショッピングセンターの駐車場に20分かかった日にゃ切れかかりました・・^^;
こんな状態で、この先カメラを持って積極的に外に出て行くなんてことができるのでしょうか・・。
・・、実に情けなく、実に心配です。

c0152553_186343.jpg

しかし、世の中、イベントと言われるものは大概にして土日に行われるものでして。
「あぁ、ボクちゃんも行きたいけど仕事だしなぁ・・」なんてイベントには行きやすくなったのかもしれません。
クルマで言うところの「モーターショウ」みたいな位置づけになる、カメラの「CP+2017」。
このイベントも毎年「行きたい行きたい」と思いつつ、しかしなかなか縁遠かった存在でした。
そしてついに土日休みとなった今年、初めてこの会場に足を踏み入れることができました^^

クルマで言うところの「モーターショウ」。
こんな例え方を先ほどしましたが、「CP+」、個人的に思い描いていたものとはちょっと違いましたねぇ。
単に、世に出ているカメラ機材などが数多く展示されてて、一部は手にとって試せるみたいな程度かと思ってました。
そしたらあちこちで著名なプロカメラマンのトークショーやってて、実際に私もたくさんのプロカメラマンのトークを聴くことができ、
それだけでもスゴく満足できるものでしたねぇ。
c0152553_1861058.jpg

上は数年にわたってF-1を追いかけ世界を転戦撮影、最近では「NewホンダNSX」の宣材写真を撮影した熱田 護 氏のショー風景。
リンク先を見ていただくと、これがまた見れば見るほどに味わい深い写真ばかりなのですが、これらの作品がどんなシチュエーションの下、
どんな撮り方をしてこうなったのかみたいな「裏側」を存分に教えてもらえることができました。
この方以外でも飛行隊撮影のルーク大先生や風景写真の米美知子さん、鉄道写真(最近は「鉄」も気になる・笑)の中井精也さんや長根広和さん、
動物写真家の福田健太郎さんや野鳥写真家の戸塚学さん、2輪レース撮影の赤松孝さんらのトークショーを聴けました。
たった1日でここまで幅広いジャンルのプロカメラマンのトークに接する機会はなかなか無いスもんねぇ。
私は風景撮影ってやらないんですけど、個人的に米美知子さんファンでして、米さん見られたのはデカいわ(笑)。

# by kotodaddy | 2017-02-26 18:44 | その他
2017年 02月 07日
旨い蕎麦屋があると聞いたからにゃ・・
もともとテレビ番組や雑誌記事など、メディア情報に反応しやすいタイプである。
「あ、今度の休みに行ってみようかな」などとカンタンに感化されてしまうのである。
過去にも、「テレビで見た場所に思わず行ってしまった」系の記事は何度か登場してたりする。

で、今回は「蕎麦」。

「アド街ック天国」なる番組の存在は有名だと思うので、皆さんご存知だと思う。
ほとんどの方が一度や二度はご覧になった経験がおありになるか、と。
もう昨年の話にはなってしまうが、ここで「奥山梨温泉郷」なる番組テーマが組まれた。
この地域、とりわけ早川町は「日本で最も人口の少ない町」とされていて、96%が山林と言う、
まぁ「山奥のさらなる先の山奥」なんであるな。

そこで紹介された一軒の蕎麦屋さん
c0152553_10271225.jpg

番組内でもそういった様なコメントがあったが、「地元のおばちゃんが地元の面々に食事を提供する場所」。
もちろん秘境・秘湯ブームでもあるから、それなりに観光客的な人たちも来られるんだとは思うけど、
ぶっちゃけちゃうと、いわゆる「町の社食」みたいな位置づけになるんじゃないか、と。

そうするってぇと、まぁ味なんつーものはさほど期待できんのではないかなと思ったのだが・・。
それでも映像を見る限りじゃ気合いの入った蕎麦である感がプンプンと漂ってる気もする、すごく・・。
ドライブがてら、地元のおばちゃんが打つ手打ち蕎麦を食してみようではないかと言う気になり、遅ればせながら行ってみた。

More

# by kotodaddy | 2017-02-07 21:24 | その他