2017年 11月 26日 ( 1 )

2017年 11月 26日
ついにBTO 新マシン出現^^
「あぁ、ついにワタシもBTOに辿り着いたか」と、ちょっと独特な感慨に浸っておりますが^^;
2011年に購入した自宅PCも、昨年の夏くらいから非常に不安定な状態になってしまい、一時期はリカバリまでする事態に…。
このリカバリ作業でひとまずは落ち着いたかの様に見えたのですが、ここ1か月ほどはまた同じ現象に悩まされておりました。

自宅PCはもちろんワタシ自身も使うのですが、最近ではカミさんや娘も揃ってそこそこの使用頻度になっており、
つまり前回のPC買い替えでは騒いでるのはワタシだけと言う感じだったものが、家族全員の一致したフラストレーションとなったのでした(笑)。
そうなってきますと、ワタシだけじゃなく家族全員満場一致でスムーズに買い替え決定判断。

ラッキ~♡♫

そこで向かったのは家電量販店ではなくPC専門ショップ。そう、今回は満を持してBTOで新しいPCを手に入れる算段^^
色々とショップの方に相談しながら話を進めて行き…

めでたく、げと。

c0152553_08025381.jpg
で、デカいです。まぁ、この先の拡張性も考慮すればこのサイズになってしまうのは致し方ないところで…。
外箱から出し、ちょうどデスクに鎮座させた時に帰宅したカミさんと娘の驚いた顔は生涯忘れることはできないでしょう(笑)。

もうBTOマシンに慣れてしまってる方にはさほど驚きはないと思いますが、
ウチのカミさん・娘の様に、いわゆる「パソコンと言ったらフツーのパソコン(?)」を連想する人にはやはりデカい。
なんでこんなにデカいのかっつーと、まずはご覧ください、この怒涛の7連シャドウベイ。
こんなもんはメーカー製PCを主に扱う家電量販店では手に入りゃしません。
c0152553_08030270.jpg
まぁPCもそこそこ知識が備わってくると「CPUはコレじゃなくっちゃイヤ」とか「こういう機能についてはスペック上げたい」とか、
自分のやりたい作業に特化したくなる訳で、そうなると自分の好きな様に組んじゃった方が手っ取り早くなるんですね。
そうなると辿り着くのはBTO。
今後も増殖していくであろうRAWデータを考えると「イチにもニにもストレージ」問題に日夜アタマを抱えるワタシとしては
こういう結論の出し方が出来る訳です、BTOならば。
c0152553_08025735.jpg
USBも3.0に慣れてきちゃいますともう2.0ってだけで許せなくなってくるもんで、この先、周辺にUSB3.0機器が増えてくるだろう、と。
その辺を踏んでスイッチ付き3.0ポートも別付けで考えてみました。
ホントはPC本体の側面にマグネットで取り付けたかったのですが、側面パネルがなんと鉄で出来てなくて…(笑)。
上面のここココの部分には鉄が使われておりました。

BTOはそれこそケースから選んで行きますが、7連シャドウベイに加えて決め手になったのがコレです。
c0152553_08024149.jpg
本体前面のトビラを開きますと吸気ファンの手前にフィルターが付いているんですね。
で、これがこんな感じでカンタンに取り外して掃除が出来てしまう。
c0152553_08024852.jpg
ANTECのP100ってケースですが、電源ユニットのファン部分に直結する底面にも同様の着脱式フィルターが付いてまして、
先々のメンテがラクちんそうです。いやー、素晴らしい^^

購入費用が家計から捻出されるって事は予算上限もシッカリとあり、そんな中でのスペックとしてはこんな感じで…

    ・Core i7 7700 3.6GHZ
   ・DDR4-2133 8GB×2
    ・ASRock H270 PRO4
    ・NVIDIA GF-GTX1060 3GB
    ・Owltech RA-650S 650W
    ・SanDisk 2.5SSD 240GB
    ・WestanDigital 3.5HDD 2.0TB
・Pioneer BDR-209BK BD Drive

今回厳かに退役した自宅PCも、手っ取り早く高スペックを入手する為に当時としてはそこそこのゲーミングマシンでしたから、
正直なところ今回の新PCのスペック部分で新たな感激みたいなものはないんですが、メンテ・周辺も含めた環境変化は満足です^^



by kotodaddy | 2017-11-26 09:17 | その他 | Comments(6)