2017年 08月 02日 ( 1 )

2017年 08月 02日
コムテック ZERO 100L
速度超過で捕まったのは過去に3~4回くらいですかねー、ぶっちゃけ。
その昔、友人夫婦と4人で北海道・日高にサラブレッドを見に行こうって話になって空路新千歳へ。
空港でレンタカーを借り出し、その後たった1時間で捕まりました(笑)。北海道上陸後1時間。
北海道は取り締まりも多いと聞きましたが、あれはホントだったんですね。
お陰でその後の4日間、怖くなって制限速度以上で走れなくなり、軽トラックに煽られまくったのは良い思い出です(笑)
あれを最後に、もうかれこれ20年は捕まってないところから考えると、今はだいぶ運転も大人しくなったんでしょう。

とは言えそこそこ速いVWゴルフGTIを買うにあたって、やっぱりスピード出ちゃうクルマ故の心配もなきにしもあらず、で。
見てくれ的に大人しめのゴルフでも、やはりGTIとなると「クルマで目を付けられる」って言う懸念もありますからねぇ。
この「懸念」には裏付けがありまして、北海道のずっと前、環8のパトカー追尾でスカイラインRSターボCで捕まった時。
うなだれながらパトカーの後部座席で拝聴しましたお巡りさんのひと事。
「キミのターボCを見つけた時に、これは出すなと思ってここ数キロの間ずっと見てたんだよ( ̄ー ̄)ニヤリ」。
あー、お巡りさんも「出しそうなクルマ」ってのを注視して動いているのね、と^^;

って事で買いました、レーダー探知機。もう納車前から家に届いておりました位で「納車の儀」当日に設置。
何を買うかにあたっては一応調べはしましたが、画面無しの小さいモノが欲しかったんで、ほとんど一択。

ユピテルZERO 100L。
c0152553_10202097.jpg
納車されて2ヶ月になりますが、今のところお巡りさんから「訓示」を頂いてませんのでそれなりに助かっているのかと。
助かってはいますが、最近のレーダー探知機ってのは私が考えていたものとはかなり違うみたいで。
私の「古い」認識だと、街中を走っていて取り締まりをやってる場所に差し掛かると電波を拾って警報音が鳴ってくれ、
ソレ以外の時はシーンと黙ってくれてるモノ、こう思っていた訳です。

が、しかし。まー、よく喋るんだ、これが。
「付近に交番があります」だの「○○無線を受信しました」だの。警察・交番は分かるけど「消防署があります」はいらんだろ、と。
この辺は設定次第で警告を発する種類を少なくするのも出来はするのですが、それでもうるさいうるさい。
あまりのうるささにソケット引っこ抜いて「無稼働」にしてしまう事も。シガーソケットの位置がこの辺なんで抜くのはカンタン♪
でも、それをやっちゃぁ意味ないでしょって感じもしますが^^;
c0152553_10202805.jpg
今の探知機は基本的に「過去にここで取り締まりをやってました」とか「白バイ取り締まり多発地点」ってデータが何千ヶ所も記憶されていて、
GPSで監視しててそこに近づくと「注意してください」って警報を出す方式で、電波を拾ったから警報出すって言うんじゃないんですね。
そうすっと、お巡りさんの気まぐれで「今日はココでやりますか~」などと言う時は一体どうなるもんなのか、と。

で、この前、初めて通った道で発報しましたよ。「この先、取り締まりにご注意ください」と。
そしたらホントにやってたネズミ捕り。車列の先頭走ってましたんで、コレ無かったら危なかったかも。
光電管方式だったから、少なくとも電波拾った発報ではなかったんだけど。

比較的安価なレーダーとは言えそれなりにするもんではありますが、「転ばぬ先の杖」、保険の意味合いではよろしいのか、と^^




by kotodaddy | 2017-08-02 11:30 | クルマ | Comments(4)