2017年 02月 26日 ( 1 )

2017年 02月 26日
CP+ 2017
土日出勤を続けること、十ウン年。人事異動がありまして、今月よりついに土日が休みとなりました。
これが私の生活にとってどういう劇的変化をもたらすのか。
「平日休みじゃなくて、土日に休みたいよ~」などと言っていた私は、それ程までに渇望していた土日休みを如何に過ごすのか。
この数週間、自分自身、興味深く見ておりました。

結論。

ドコ行っても混んでて疲れる(笑)。

今までは平日休み。しかも週明けいきなりの月曜だの火曜だのが休みだった訳です。
まぁ、空いてる訳ですよ、どこに行っても。空いてるどころか、「定休日で営業自体やってません」って施設も多かったり(笑)。

「どこに行っても空いている」。
これに慣れてしまった私の身体には、あちこちで繰り広げられる混雑っぷりには閉口するばかり・・。
平日ノータイムで入れるショッピングセンターの駐車場に20分かかった日にゃ切れかかりました・・^^;
こんな状態で、この先カメラを持って積極的に外に出て行くなんてことができるのでしょうか・・。
・・、実に情けなく、実に心配です。

c0152553_186343.jpg

しかし、世の中、イベントと言われるものは大概にして土日に行われるものでして。
「あぁ、ボクちゃんも行きたいけど仕事だしなぁ・・」なんてイベントには行きやすくなったのかもしれません。
クルマで言うところの「モーターショウ」みたいな位置づけになる、カメラの「CP+2017」。
このイベントも毎年「行きたい行きたい」と思いつつ、しかしなかなか縁遠かった存在でした。
そしてついに土日休みとなった今年、初めてこの会場に足を踏み入れることができました^^

クルマで言うところの「モーターショウ」。
こんな例え方を先ほどしましたが、「CP+」、個人的に思い描いていたものとはちょっと違いましたねぇ。
単に、世に出ているカメラ機材などが数多く展示されてて、一部は手にとって試せるみたいな程度かと思ってました。
そしたらあちこちで著名なプロカメラマンのトークショーやってて、実際に私もたくさんのプロカメラマンのトークを聴くことができ、
それだけでもスゴく満足できるものでしたねぇ。
c0152553_1861058.jpg

上は数年にわたってF-1を追いかけ世界を転戦撮影、最近では「NewホンダNSX」の宣材写真を撮影した熱田 護 氏のショー風景。
リンク先を見ていただくと、これがまた見れば見るほどに味わい深い写真ばかりなのですが、これらの作品がどんなシチュエーションの下、
どんな撮り方をしてこうなったのかみたいな「裏側」を存分に教えてもらえることができました。
この方以外でも飛行隊撮影のルーク大先生や風景写真の米美知子さん、鉄道写真(最近は「鉄」も気になる・笑)の中井精也さんや長根広和さん、
動物写真家の福田健太郎さんや野鳥写真家の戸塚学さん、2輪レース撮影の赤松孝さんらのトークショーを聴けました。
たった1日でここまで幅広いジャンルのプロカメラマンのトークに接する機会はなかなか無いスもんねぇ。
私は風景撮影ってやらないんですけど、個人的に米美知子さんファンでして、米さん見られたのはデカいわ(笑)。

by kotodaddy | 2017-02-26 18:44 | その他