2009年 01月 23日 ( 1 )

2009年 01月 23日
白バイ
c0152553_2052209.jpg

白バイの凄さっていうのは噂では何度も耳にした事があると思いますが、ホントの凄さってのは実際に見た人じゃないと分からないでしょう。ちょっと前・・・。いくら何でもすぐはマズいかなと思って、ちょっと温めていた画像です。
c0152553_20554440.jpg

ここは関東地方のある場所。広い空地。ここまでボカさんでもいい様な気がするんですが、こんなのブログにupしていいもんか分からないので・・^^; 最初はどうしてこの場所に赤いパイロンが立ててあるのか分からなかったんですが、遠目で見てたら何だか数台のバイクが走り回ってます。「し・・白バイの訓練じゃんかっ!!」と驚き、木々の陰から激写したのがこの画像です(笑)。
訓練は教官と生徒(?)の2台1組で行われていました。あ、「〇〇県警」とかっていう類の文字は消してありますから(笑)。何と言いますか、白バイに使われているバイクってナナハンだと思うんですが、あの大きなナナハンがまるで子供のオモチャです。幾つものパイロンを右に左に交わしながら、アクセルワークだけで車体を立ちあがらせてたり、たった10m位の直線なんかでもフロントフォークが最大限に伸びてウィリーするほどアクセル全開。そしてその直後はフロントフォークがフルボトムする程の急減速。「手足の様に扱う」という言葉がありますが、「バイクってこんなに生き物の様に動かせるんだ・・」と、まさにド肝を抜かされました。
c0152553_2052552.jpg

私は大学生の頃に250ccのバイクに乗ってたのですが、深夜、アルバイト先からバイクに乗っての帰宅中、ある国道でスピード違反の取り締まりがありました。片側3車線の広い国道、しかも深夜ですから、手前の信号待ちで先頭にいた私を含むバイク数台は青信号と共に一斉にフル加速。やがてバイク群はとんでもないスピードでそのポイントへ。私は取締りが頻繁に行われているポイントである事を知っていた為、3番手位でヘレ~ッと走ってました。当然、先頭を走るバイクにチェッカーフラッグならぬ「止まれフラッグ」が振られます(笑)。そしたら先頭を走ってた、これもやはり750ccのバイクでしたが、一気に中央車線寄りに車線変更。前を走る四輪の陰に隠れながら逃走開始。そこで路肩からカタパルトの様に飛び出した白バイ2台。サイレンで周囲を真っ赤に染めながら追跡。クルマの間をすり抜けながら近づいて行き、逃走バイクの左右から挟みうちの様な格好でアッと言う間に捕まえてしまいました。
c0152553_2053979.jpg

この日もしばらく訓練を眺めてたのですが、帰り間際に行われたすごい訓練。それは直径で3mくらいの小さな円周上を白バイ4台でグルグル猛スピードで回り続けるって訓練。もう前の白バイとの距離なんて数十センチ。全員が同じスピードを維持しつつ回らなきゃ、即接触、即転倒。あの凄さってのはなかなか文章じゃ伝わらないんですが、やはり彼らはバケモノでした^^;

by kotodaddy | 2009-01-23 21:43 | その他 | Comments(34)