2009年 01月 18日 ( 1 )

2009年 01月 18日
Ready Boost
c0152553_17374543.jpg

私のノートPCは2GBのメモリを積んでいるDELLのInspiron1720。自宅PCは既に3GBメモリを入れてまして、DPPなんかでもサクサク動いてくれてますので、以前からノートも3GB以上にしたいなぁと思っていました。そんな時、ゼクさんのブログでノートPCのメモリ増設の記事がありました。感化されやすい私ですので早速増設を考えたのですが・・・。
DELLのInspiron1720はメモリスロットが2つあるのですが、1つは本体裏側、もう1つはキーボードの下にあるらしい事が判明。本体裏側のスロットは差し替えるだけで済みますのでいいんですが、問題はもう1つのキーボードの下っていうスロット。これがググッてみても、いま一つ要領を得ません。そんな時、Windows Vistaで使える様になったと言うReady Boostを思い出し、ちょっとやってみました。
Ready Boostとは、USBフラッシュメモリをノートPCなどに付いているUSBスロットに突っ込み、これをメモリとして使ってしまおうというものらしいのですが、調べていく上でメインメモリとして機能するものでは無い事が判明。単なるHDDのキャッシュとして使うらしいんですねぇ。でもまぁ、多少は素軽くなるのかなと期待しつつやってみました。
c0152553_17434732.jpg

で、フラッシュメモリは会社でデータの簡単なやり取りで使っているUSBメモリを使ってみたのですが、なんと「このフラッシュメモリでスピードアップしようなんざ甘い」みたいな画面が出てしまいダメ。やはりUSBメモリもそこそこのレベルのものじゃないと受け付けてさえもらえません。そこで、私物で使っているバッファローのターボUSBを突っ込んでみたところ、「まぁこれならいいだろう」との事でやっと設定開始。このUSBメモリは4GBのものなので、そのうちの1GBをReady Boost用に設定してみました。
うーん、どうなんだろ。起動時間は多少は速くなった気もする。DPPで50Dで撮ったデカいファイルを開いたりもしてみましたが、そう言われてみれば多少違うかな程度で、自宅PCを2GBから3GBにした時の様な強烈な感動は得られませんでした。しばらくは使ってみますが、やはりメモリモジュールを換装した方が明らかだし、いいのかな・・・。そうすると、キーボードを取り外すのか・・。うぅむ・・・。

by kotodaddy | 2009-01-18 18:14 | その他 | Comments(16)