2009年 01月 10日 ( 1 )

2009年 01月 10日
自主規制撤廃
c0152553_13153778.jpg

私がまだデジタル一眼レフにハマる前、コンデジで家族のスナップなんかをたまに撮っていた程度の頃の話です。当時はコンデジの画素数も大した事が無く、256MBや512MBのメディアで十分でだったのですが、そこに大容量(笑)カードというフレコミで1GBが登場。「こりゃ、いいや」と即座に飛びつきました。記憶では1GBのカードが1万円位したんじゃないでしょうか、いやはや時代の移り変わりの速さは驚くばかりです。今じゃデジカメの大画素数化は留まるところを知りませんから、1GBのカード需要なんて・・ねぇ^^; で、その1GBカードを入れたコンデジを持って幼い娘の姿をパチパチ撮って喜んでたのですが、ある日突然に起こったメディア破損。正に青天の霹靂。撮り貯めたおいた画像も何も、思い出だけを残して微塵にフッ飛んでしまった訳です。それ以来、私は「メモリーカードなんてものは信用できない。大きな容量のものを持つよりも、小さいものを数枚持つ事こそが正しき道」なる理論を掲げ、「小容量カード最強教」なる教団を設立、日々、友人たちにその布教を地道に行ってきた訳なんですが。
それでも、Kiss DNで使い始めた512MBのCF。Kiss DXへ移行した際には画素数upに伴って1GBへ。飛行機撮影に遠征する際には2GBまで、と「小容量カード最強教」の教祖としては忸怩たる思いで自主規制枠を上方修正してきたのですが、ここに来て連写の多用、予想だにしなかった50DのRAWファイル容量、カードの信頼性の向上、その他諸々の現状を鑑み、謹んで自主規制枠の撤廃を宣言し、同時に教団教祖を辞す覚悟に至りました。・・・って、前置き長っ(笑)!!
で、辞した後は早いですよ。早速チャチャッと上海問屋経由で4GBモノを仕入れました^^ まだ4GBで留めてるところがナンですが・・・(笑)。

今まで使ってきた512MBとか1GBのCFが結構あるんですが、使い道・・・、ありませんよねぇ。皆さんはどうされてるんだろ・・・^^;

by kotodaddy | 2009-01-10 15:57 | EOS | Comments(36)