2009年 01月 08日 ( 1 )

2009年 01月 08日
その名も「クルトガ」
昨年末から欲しかったモノがやっと手に入りました。いえいえ、50Dではありません。
c0152553_17321410.jpg

シャープペンで「クルトガ」という商品があるのをご存知でしょうか。三菱鉛筆が製造しているものなんですが、実はこれが2008年の文具界(笑)におけるベストセラー商品でして、日本全国で品薄に次ぐ品薄の嵐。どこの文具店に行ってもなかなか手に入らないシロモノなのです。実は私がこの商品に目を付けたのは12月の上旬。出先でちょっと友人のシャープペンを借りたのがキッカケだったんですが、その時点で既に品薄状態。それでもまぁ、年内に入手はできるだろうと安易に考えていました。ところが、12月の中旬になってこの「クルトガ」がテレビでヒット商品として取り上げられてしまったから、さぁ大変。
まもなく入荷予定のところも一気に入手困難になってしまい、店頭に掲げていたポスターまで引っ込める文具店まで出てくる「祭り状態」になってしまいました。電波の威力はすごいんだから、やめてもらいたいんだよなぁ・・・^^;
「クルトガ」という商品の特徴は、文字を書く時に芯の先が紙に当たると内蔵されたギアが浮き上がり、再び芯の先が紙から離れるとギアが噛み合うと言うメカニズム。つまり、筆圧による力を特殊なギアがヨコ回転の力に変換、これによりシャープ芯を360度クルクルと回転させて、芯を片偏りさせずに常にシャープな文字が書けるというところが優れモノなのです。「クルクル」回転して「トガる」。だから「クルトガ」(笑)。
まぁこういうモノに執着するところが変わってるっちゃ変わってるんですが、文具好きの私には「是が非でも欲しい逸品」になった訳でして・・・^^; 知り合いの文具店に頼み込んでおいたのがやっと届きました。うーむ、いい書き味だ。でも、こういう感覚・・・、分かって頂けないでしょうねぇ・・^^;

by kotodaddy | 2009-01-08 17:58 | その他 | Comments(24)