2017年 11月 14日
風吹裕矢が愛したクルマたち
「サーキットの狼」と言えば、主人公は「風吹裕矢」。彼が駆ったクルマに触れない訳にゃいけません。
私の記憶が定かであれば、劇中での彼は20歳前のいわば「小僧っこ」という設定。
それがナゼかロータス・ヨーロッパなどと言うイカしたクルマに乗ってガソリン代も気にせず夜な夜な走り回っている…。
一体どんな家庭環境なのでしょうか(笑)。
劇中にはモデルをやってる彼のお姉さんは出てくるものの、特に親が何してるだのは出てきていなかったと記憶しています。
学校に行ってるみたいな場面も無かったしなぁ…。高卒で働きに出てます風でも無いし…。
まぁ、この辺をあーだこーだ言っても仕方ない話ですが。なにせマンガなのですから(笑)。
c0152553_18394028.jpg
このクルマにもシビれましたねぇ。今から思えば、ポルシェやフェラーリだのよりも圧倒的に見掛けなかった様な気がしますねぇ。
ロータスって言うメーカー自体がそんなに日本に浸透してなかったんじゃないのかなぁ。
なので、あの当時コレに乗ってたなんて人はよほどのクルマ好きと言うか、まぁタダ者じゃなかったのは間違いないか、と。
c0152553_18394628.jpg
そんなロータス・ヨーロッパ。何の奇跡か然か、幼かった当時の私の住まいから徒歩30秒の駐車場に停まっておりましてね。
スーパーカーブームってのはまさに空前の一大ムーブメントでしたので、まぁ大騒ぎでしたよ。
「あそこにロータス・ヨーロッパがある」という噂が広まると、どっから来るんだか小学生のチャリンコが連日20~30台やってくる。
そんでもって黙って眺めてりゃ良いものを、低いエンジンフードに乗っかって室内の写真を撮ってるバカモノまで出て来てしまい、
さすがにオーナーさんも「こりゃたまらん」とばかり、やがて何処かに出ていってしまいました。
いやー、私はそういう悪さはしませんでしたけど、当時のガキンチョに代わってお詫びいたしますです…^^;
c0152553_18395099.jpg

その後、風吹裕矢はなんだか今ひとつ分からない存在である「谷田部のオヤジさん」と言うスポンサー的人物を得て、
ロータス以外にも色んなクルマに乗ってるんですが、そのうちレーサーになるんですね。
で、そこでドライブしたのがフェラーリ・ディノ・レーシングスペシャルってマシンです。
c0152553_19003556.jpg
このクルマは実際には実在しない筈のクルマなんですが、なぜかこの場に展示してあるんですねぇ。
さすが池沢早人師氏。「サーキットの狼」を名乗る博物館にこのマシンを置かない訳にはいかなかったんでしょう。
実在しないマシンなんですから、何かのクルマを大胆にモディファイして作り上げちゃったんでしょうね。
c0152553_19004169.jpg
     実在はしないとは言えどモチーフになったクルマはあったみたいで、コレが原型となって池沢早人師氏が劇中に登場させたとか。
     それにしても、劇中に登場してからもう40年近い年月が経過していると思うのですが、現代でも十分にイケてるフォルムではないですか。
     今は昔じゃ考えられない、それこそサーキット専用マシンの様なスタイリングのクルマがナンバー付けて公道走ってる時代ですから、
     このディノRSもフェラーリが限定か何かで出しちゃえばバンバン売れちゃうんじゃないでしょうかね。
c0152553_19004686.jpg
賢明なる皆さんは既にお気付きかと思いますが、フルサイズEOS 1DXに24-105の組み合わせはこういう場所では広角不足気味なんですな^^;
なのでディノRSの後ろ姿なんてのも貴重なカットになる筈なのですが、後ろに回ってもカバーしきれんのです。
16mmからの広角、欲しいですね~(笑)。



by kotodaddy | 2017-11-14 19:14 | クルマ | Comments(6)
Commented by ジュニアユース at 2017-11-14 21:58 x
kotodaddyさん、こんにちは。
いや~、このミュージアム行ってみたくなりました。
もちろん私も、「サーキットの狼」はずっと読んでいましたよ。
子供心に、「流石島」ってどこに有るんだろう?って地図を調べたこともありましたっけ。
続きを期待してます!
Commented by うらくん at 2017-11-15 07:07 x
Lには及びませんが、
efs 10-18が意外に映りがいいですよ。
7D持ってませんでしたか?
これはおススメです。
Commented by kotodaddy at 2017-11-15 08:20
ジュニアユースさん
茨城の潮来にありますので、東京から向かっても結構な場所になるんですが、
入館料なんかは割りと良心的で、それにしては展示ラインナップも良質ですね。
なによりサーキットの狼世代にとっては見るべきところが多くて良かったです。
もう一回くらいこのシリーズで行きたいと思います^^
Commented by kotodaddy at 2017-11-15 08:23
うらくんさん
7Dmk2、持ってます。EF-S10-18、これならば換算16mmからの広角ですね。
1DX持ちとしては、ホントは16-35とかが選択肢になってくるんだと思いますが、
なかなか値段も良いですし、基本的には望遠寄りの被写体が多いですので、心の
奥底では「そこまではなぁ…」みたいな部分もあったり^^;
そうですか、なかなかの映りですか^^
Commented by 美銀座美人 at 2017-11-15 18:57 x
kotodaddyさん

永らくご無沙汰しておりました。
時々、こちらへはお邪魔させて頂いていますがスーパーカーと聞いて思わず書き込んでしまいました。
私の例の赤い〇〇〇も早や10年が経ちましたが絶好調を保っています。
いい歳してクルマからエネルギーを貰えるんですよ(笑)

ロータス ヨーロッパ・・・・ウルトラワイド&ローの地を這うようなフォルムは一世を風靡しましたよね。
思えば初代日産チェリーX1クーペがデビューした時に銀座4丁目の日産ギャラリーに当時付き合ってたGFと見に行ったものです。
何となく雰囲気がこのヨーロッパに似ているんですよね。
でも、でも、当時ですから泣く子も黙るフェンダーミラーですよ、あ~た。時代を感じますよね。

ところで、今は自分専用の〇〇〇の他にLのIS F-SPORTに乗っていますが、もぅ爺さまの私ですので車庫入れで
ぶっつけちゃうといけませんので歳からしても次は超小さいのを物色中です。
候補としては毒サソリのアバルト フィアットかルノー メガーヌRSスポールあたりを考えています。
手でギコギコやる面倒なマニュアルミッションとペダルが3つあれば最近流行のアクセルとブレーキの踏み間違いもないかと思いますのでね。ポリ、ポリ。
Commented by kotodaddy at 2017-11-16 17:47
美銀座美人さん
こちらこそご無沙汰しております^^
私は普段の会社通勤では社用車のハイブリッドを使って動いていて、GTIを乗り出すのは
休みの日だけだったりしますので、ホントに「走りに行く」みたいな使い方なんですよね。
なので美銀座美人さんと同じ様にエネルギー貰ってますよ、GTIから(笑)。
つい先日、ケーブルTVのクルマ番組でメガーヌRSをやってて、録画して観ましたよ。
サイズ感などはGTIにも似てますね。キュンキュン走れる大きさで良いんじゃないでしょうか^^


<< ついにBTO 新マシン出現^^      ランボルギーニ・カウンタック ... >>