2017年 07月 25日
甦れ、EF24-105
私の標準ズーム、それはEF24-105 F4L IS USM。
もう遙か昔に、たしかEF70-200 F4L ISの次に買ったLレンズだと記憶しております。
レンズに関しても「売った買った」をさんざん繰り返してきたワタシですが、このレンズだけは手元から離れないで今に至っています。
最近じゃⅡ型なんつーモノも発売されたみたいですが、まぁ望遠ばかりで被写体追い掛けてるもんでじぇ~んじぇん食指動きません(キッパリ)。
とは言え、かれこれもう10年近く使ってますもんでね。見た目に大きなキズやスレは無くとも、やっぱり経年みたいなものは感じるものでして。

例えばココ。ピントリング。
c0152553_18140545.jpg





このピントリングってゴムで出来てますんで、年期入ってきますとなんだか白っぽくなってきちゃうんですね。
こうなってくると「じぇ~んじぇん食指動かない」ワタシでも「そろそろ新しいのとリプレイスも‥」などとなりかねません。

いかんいかん。クルマだのカメラだのに日頃からこれでもかと散財してる身としては、いらん物欲は封印せにゃなりません。
って事でコレですよ。
c0152553_18141219.jpg
アーマオール。いわゆるゴムやプラスチックなどの保護つや出し剤ですね。皆さんのご家庭にも1本転がってやしませんか(笑)?
これを使って10年モノのEF24-105を新品同様に復活させてあげましょうってのが今回の企画。
c0152553_18141725.jpg
こんな感じで、薬剤を染み込ませた綿棒でミゾ1本1本に塗り込んで参ります。結構ジミな作業ですが、液体の薬剤なんで全然難しくもありません。
作業時間はものの4~5分ってところでしょうか。
c0152553_18142320.jpg
Afterはこの通り。やっぱりクロはクロであってこそ引き締まるってもんです。みごと10年の経年劣化が払拭され、今の世に甦りました^^
ワタシの場合は「アーマオール」を使いましたが、変なニオイやベトつきも一切ありません。ただ「キレイになった」だけ。
同じ「保護つや出し剤」で「ポリメイト」とかって有名商品もありますが、こちらに関しては分かりませんので自己責任で^^;

「甦る」と言う漢字は「更」に「生」きると書きます。私もまだまだこのレンズと更に生きて行くことでしょう(笑)。

by kotodaddy | 2017-07-25 18:44 | EFレンズ | Comments(4)
Commented by berumoku at 2017-07-25 19:32
今晩は・・kotoさん
暑い中のサーキット・・迫力あるライダーが格好いいです
ピンもいいし・・止まっているし・・お手本ですね・・
今回の手入れ方法参考になりました。
ありがとうございました。
Commented by ジュニアユース at 2017-07-25 19:59 x
kotodaddyさん、こんにちは。
実は今まで秘密にしていましたが、私もコレ、使ってます。
私が今使っているのも「アーマオール」ですね。
ゴム部分が白っぽくなっても気にしない性格なんですが、オークションに出品したり、下取りに出す際には使ってます。
方法は書かれているとおりです。
あまり付けるぎるとベタつくので、その際はウエスで軽く拭き取ってやればOK。
コレをやると見た目が全然違ってきますから、手放すのを止めようかな、なんて思ってしまいますけどね。
Commented by kotodaddy at 2017-07-26 08:36
berumokuさん
サーキット撮影、とにかく湿度が高くて暑かったです^^;
最近、大きめの水筒を買いまして、それに氷を目一杯詰めて行ったのですが、
もう一体何本の水を買い増した事か‥^^;
新機材の7Dmk2、予想していたよりも良かったです。発売当初からかなり
動体撮影に特化した販促をされていた機種なので、それなりに期待はしていた
のですが、十分に使える手応えがありました(なんかエラそう・笑)。
Commented by kotodaddy at 2017-07-26 08:40
ジュニアユースさん
やっぱりジュニアユースさんもやられてましたか^^
まぁ劣化したゴム部分にアーマオールってのは、方法としては十分にありがち
ではあるので、沢山の方が実践されているのは容易に予想できましたが。
アーマオールって、我々クルマ好きとしては結構使ってる方々多いですしね。
私はさほどベタつきませんでしたけど、乾いたウェスでから拭きすると効果は
絶大ではありますね^^


<< 雑感      Mahiro Kiuchi ~... >>