2017年 07月 23日
Mahiro Kiuchi ~筑波ロードレース選手権 Rd.3

ライダーズサロン横浜所属。木内万絢選手。
c0152553_13124556.jpg
この選手は何度か行った筑波ロードレースや先週のもてぎでも目にしていました。
やはり8歳でポケバイを経験して、2015年には「CBR250 もてぎMFJレディースカップチャンピオン」を獲得しています。
c0152553_13132830.jpg
2001年生まれって事ですから、現役の高校生ライダーなんですね。
高校生でこういうレースで活躍しているってのは、例えば学校なんかでどうなんですかね。
いや、「高校生がバイクのレースなどけしからん!」とかって話じゃなくて。
高校生の男子なんかバイクに興味アリアリな訳じゃないですか。
で、そんな中、同じクラスの女の子がバイク乗ってるってだけじゃなくて、サーキットをコォーーンって疾走しちゃってる訳ですよ。
もうなんつーか、「憧れの的」なんじゃないですかねぇ。
c0152553_13133361.jpg
今回の撮影に関しましては、Twitterをご覧になった方は既にご承知ですが、全編7Dmk2 +EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM で通してみました。
1DXとヨンニッパは家でお留守番。いやー、こういう日が来るとは思わなかったわぁ(笑)。
c0152553_13133833.jpg
上の画は、筑波サーキットの象徴である「ダンロップブリッジ」を右にコーナリングした後、直後の左コーナーに備えてマシンを起こしたところ。
この後に左にマシンをバンクさせて駆け抜けて行くのですが、この切り返しなんかもスムーズにシュパーンと思い切りよくイッテました。
この区間、ダンロップブリッジが死角になっているブラインドから、ライダーは高速かつ突然に飛び出してきます。
なかなか突如現れたマシンにピントが来にくかったんですが、何枚か(甘いながらも)残ってくれていました。
そもそも理想的にはアングルをもっと直線的に捉えられる場所に立ちたいのですが、それはプロじゃないと行けない場所なんですねぇ。
アマチュアはアマチュアなりに、この区間をもうちょっと印象的に撮り切ってみたいのですが、次回以降の課題になりますでしょうか。

1.6倍の恩恵で自らの望み通り寄れましたし、帰宅後にDPPでチェックしてみたところ、ハッキリ言ってゴミ箱行きのRAWデータはえらく減りました。
撮り方やカメラセッティングは特段変えてるところも無いので、これは明らかに7Dmk2の実力によるものが大きいか、と。
2枚目の画なんかも、先に構図を決めて、測距点が多くなって広範囲をカバーする事ができる様になったAFフレームの端っこで追いかけたものですが、
今までの7Dではできなかったものが色々と実現可能になったのは間違いないですね。C-Fnも今までの既成概念に囚われず、イジった方が良いのかも‥。

しかしまぁ、あとはやっぱりウデ。
例えば流し撮りなんかでもっとスローで切って行ける様にするとか、進化した部分を駆使した画づくりをやってみるとか、ウデの研鑽に精進したいところです。





by kotodaddy | 2017-07-23 13:54 | サーキット | Comments(2)
Commented by ジュニアユース at 2017-07-23 22:42 x
kotodaddyさん、こんにちは。
現役高校生のレーシングライダーなんて、「バリバリ伝説」の世界じゃないですか!
でも今の子達は、バイクや車に興味が無い子が多いですから、学校では
全く普通の高校生活やっているんだろうな~、なんて想像してしまいます。
しかし、7D2+EF100-400Ⅱはイイ感じですねぇ。
真夏のこの時期に、あのヨンニッパを持ち出す気が萎えてしまっている私です。

Commented by kotodaddy at 2017-07-24 08:02
ジュニアユースさん
7Dmk2のシェイクダウンとして今回1本勝負に挑んだ訳ですが、暑さ対策もあるにせよ(?)、
100-400の動体撮影ってホントのところどうなのって部分の解決(笑)のために持ち出しました。
光量は足りますし、どうせ流し撮りばかりで絞るんだからヨンニッパじゃなくても良いでしょ的な
考えもありましたし。
結果は実に良好でした。背景ボケが必要じゃない被写体では今後この組み合わせもアリですね^^

現役女子高生ライダー、「バリバリ伝説」で言うところの「みい」ですね^^
「バリ伝」と言えば、グンたちが走った鈴鹿4時間。今年、アレに女子高生ペアが出ますよ。
2人ともかなりレベルの高いライダーなので、健闘してくれるんじゃないかなぁ。
女の子がバイクに乗るだけで「ひえ~」となっていた時代に生きた私としては、なんかスゴく
嬉しいと言うかワクワクしてきちゃいます^^


<< 甦れ、EF24-105      EOS 7D MarkⅡ >>