2017年 03月 13日
Karen Ogura ~筑波ロードレース選手権 Rd.1
ケイバ界の女性ジョッキーの後は、2輪ロードレース界の女性ライダーであります^^
c0152553_10182740.jpg

キジマKISSレーシングチーム所属、小椋 華恋(おぐら かれん)。
3歳からポケバイに乗り始め、なんと6歳でレースデビュー。
ヨーロッパのトップライダーは得てしてこんな経歴で登りつめるもんですが、日本でもそういう環境になってるんですねぇ。
生まれが平成10年って言うんですから、・・・17歳?女子高生ライダーですよ。
いいなぁ、若いって・・^^; おじさんはホント羨ましいよ^^;





女子高生ライダーが、ただ走ってるってだけじゃないスよ。
3/11。筑波サーキットで行われた「筑波ロードレース選手権 Rd.1」のJP250クラス。
予選1位。ポールポジションを獲った彼女は12周のレースで終始熾烈なトップ争いを繰りひろげ、
最終ラップの最終コーナーで惜しくもかわされて、結果は同着の2位。
もう他のライダーそっちのけでレンズ向けちゃいました。
c0152553_1018353.jpg

これが最終コーナーの勇姿。
長いバックストレートを全開で駆け抜けて来たマシンはきつい最終コーナーを、
それこそタイヤのグリップ限界を探りつつ、とんでもないスピードでコーナリングしてきます。
もう遥か昔の話ですが、ワタシもいっときバイクに乗ってた時期がありまして、筑波も走った事があります。
この最終コーナー。バイク傾けて息止めて突っ込んで行くんですが、ちょっと右下に視線を移すと、
もう、すぐそこが路面みたいな感じですげぇコワかった記憶があります。レベル違いますが・・^^;
c0152553_1019665.jpg

実績を積んで、数年後には世界に向けて羽ばたいてほしい。そんでもって怪我無く。ホントそう感じました^^

今回、初めての2輪レース撮影に出向いた訳ですが、小椋選手以外にも女性ライダーが何人かいまして、
こういった選手の記事や、筑波サーキット撮影後記的な記事も幾つか書ければ、と^^

by kotodaddy | 2017-03-13 11:08 | サーキット | Comments(12)
Commented by 光° at 2017-03-13 12:44 x
Twitterで見たとき競馬の記事風なのに二輪?
って思ったら、女性繋がりだったんですね!
筑波だとイン側からのこういったカットが撮れるんですね~❗
なんか羨ましい(笑)鈴鹿でも、あるにはありますがだいたいが遠いんですよね。
それにしても、素晴らしい写りです( ; ゜Д゜)
Commented by kotodaddy at 2017-03-13 13:40
光°さん
そもそも筑波サーキットに出向くにあたっては、女性ライダーがどうのってのは
頭にも無くて、向こうでエントリーリストを眺めて初めて気付きました。
どうしても「男性社会みたいな世界で女性が」って話には反応してしまいます^^;
この後「撮影後記」的な記事でも触れようかと思ってるのですが、筑波は割りと
コースが近くて、フルサイズに400mmで十分な感じでした。 APS-Cが無いと
ムリなのかなぁと考えていたので良かったです^^
Commented by berumoku at 2017-03-13 17:41
kotoさん~今晩は・・
脱帽ですね~
流し撮りのお手本ではないでしょうか・・
改めて綺麗です・・
Commented by kotodaddy at 2017-03-13 18:46
berumokuさん
いやいや、おかしな謙遜でもなく私は流し撮りって苦手でして、レースを撮ってる
方々にとっては鼻で笑われてしまう様なシャッタースピードなんですよ・・^^;
本当はもっと遅いシャッターを切って撮るところなんですが、それだとホントに
1枚も残らなくなってしまうので、ものすごく保険を掛けてます(笑)。
正直もうちょっと上手くなりたいので、そうなるとやっぱり練習あるのみですよね^^;
Commented by ya_mura at 2017-03-13 22:12
レンズのカタログに登場してそうな迫力あるカットですね~
バイク乗らないワタクシは…見てるだけで転んでしまいそう…ヾ(・∀・;)オイオイ
Commented at 2017-03-14 09:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kotodaddy at 2017-03-14 10:14
ya_muraさん
カメラやレンズのカタログを飾る写真って素晴らしい画ばかりですよね~。
この前、CP+に行った時にたまたまキヤノンの7Dmk2のカタログにバイクの
レースマシンの画を提供したカメラマンのトークショーがあって、今回は
それに感化されたフシがあります^^
ああいうカタログ写真って、やっぱりキッチリとシーン設定を作って撮って
いるんですよね^^;?
Commented by kotodaddy at 2017-03-14 10:21
カギコメさん
今まで土日がなかなか休みにくかったんですけど、休みが変わって、やっと
こういうイベントにも行ける様になりました^^;
やっぱり多少ムリを圧してでもスローで撮った方が見栄えは良いかなと考えて
やってみましたが、まぁ撮ったものの1/3はゴミ箱行きでした(笑)。
SSはどのコーナーで撮るか、相手のスピード次第ではありますが、1/100が
ワタシにとってのボーダーみたいな感じで、それ以下を選択すると撃沈でした^^;
Commented by Wonderfullifewith at 2017-03-14 19:23
こんにちは
1枚目の写真、超カッコイイです。
相変わらずのテクに惚れ惚れします。
にしても17才でこんな風にバイクを操れちゃうんですね。
自分も昔オフロードですが少しだけ乗ってましたけど、ちょっとジャンプしただけでチビリそうになってました(笑)。
Commented by kotodaddy at 2017-03-15 09:36
Wonderfullifewithさん
なんと Wonderfullifewithさんがオフロードバイクに乗られていた時期が
あったとは初耳でビックリです^^
「高校生でこんなにスゴいのか」みたいな部分は全くもって同感でして、
やはり3歳からバイクに乗ってきていると、もう感覚的にバイクの動きは
手足の様なもんなんでしょうね、きっと。海外のトップライダーはみんな
そういう生い立ちで、昔は「やっぱヨーロッパとは土壌が違うわな」などと
言ってたもんですが、日本もそういう環境になってるって事ですね^^
Commented at 2017-03-17 07:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kotodaddy at 2017-03-17 11:14
カギコメさん
流し撮りは難しいっす。こういうレース撮影以外でも飛行機とかでやりますけど、
レースの方が被写体との距離感から来る見た目の速さが全然違うので、ワタシの場合、
成功率は情けないほどに低いです^^; この辺はもう練習あるのみだと思うので、
今年はサーキットに数多く出向いて修行しようと思います^^;



<< 筑波ロードレース選手権 Rd.1      Nanako Fujita >>