2014年 09月 20日
東レ パン・パシフィックオープン・テニス  Part 2
初めてのテニストーナメント。
被写体との距離感も分からぬ中で、持って行ったのはサンニッパと70-200。
結局使ったのはサンニッパだけ。これに状況に応じて1DXと7Dを付け替え、300mm単と480mm単として勝負。
c0152553_2010158.jpg

ゲーム中のインターバル。水分補給をするプレーヤー。肩に光る玉の汗。
ボールもラケットも写って無くとも、背景にコートが写ってればテニスの写真と分かりますかね^^;




c0152553_2010818.jpg

キレイなテニスプレーヤーは好きですか(笑)?
c0152553_20101476.jpg

この試合は主審もキレイな女性。手元にはトランシーバと・・、PC・・?こんなのが表示されるんだねぇ。
普通にサービスが入ってプレーが始まると「Point Started」って表示されてました。すげぇ時代・・(笑)。
c0152553_20101949.jpg

最後の試合が始まったのは既に夜の8時過ぎ・・。センターコートの天井は閉まり、いよいよ場内照明だけに。
こうなるとカメラの高感度勝負。
だけど、いくら1DXでもISO10000以上はちょとキツい。よってスローシャッターに切り替え・・^^;
c0152553_20102668.jpg

センターコート。事前座席指定で押さえた席は東スタンド最前席。
西に向かってカメラを構えりゃ、目の前には傾きかけた太陽。
逆光、上等。思った通り。なんたって「ポートレート」は逆光で、だからね。
そしてまたココでも「キレイなテニスプレーヤーは好きですか?」。
さらに、逆光の下で金色に浮き上がるうぶ毛も好きですか(笑)?
c0152553_2251293.jpg

この日は徹底的に暑かった・・。光がたっぷりの時間帯は7Dがメイン。
しかし調子こいて1試合目から撮りまくっていた矢先、充電していた予備バッテリーを家に忘れた事に気付き青褪める・・^^;
c0152553_20103848.jpg

プロテニスプレーヤー。賞金を稼ぐ勝負師であるのは間違いないのだが、そこはやっぱり女性。
きっちりと爪の先まで仕上げておられる。プロは見られることも仕事だからね(笑)。
c0152553_20104429.jpg

女子のテニスと言うと、男子と違ってチカラよりもテクニックの勝負になりそうな気がしないでも無い。
ところがところが。実際に観戦してみると、もう完全にパワー勝負。
ラケットに全体重を乗せ、身体ごとぶつかって行く様なパワーショット。
受ける側も歯を食いしばり、全身全霊のリターン。
c0152553_20105198.jpg

サービスを放つ直前。どの選手もほとんど同じルーティン、同じタイミングでプレーに入っていく。
でも、ごくたまに、何かを思い詰める様な数秒がルーティンの中に存在する事がある。
押しつぶされそうなプレッシャーを払いのけているのか、それとも消沈しそうな気持ちをもう一度奮い立たせているのか。
プレーが始まる前にもシャッターチャンスはあった。

by kotodaddy | 2014-09-20 21:53 | その他 | Comments(12)
Commented by ナツパパ at 2014-09-21 06:43 x
コートにセンサーが埋め込まれてるのかしら、それとも、
各方面からなにかで監視してるのかな。
今や審判の目だけでは判断が難しいのでしょうね。
これで審判の公平性が保たれるのなら、PCの導入もあり、
なのだと思いますねえ。
Commented by hayabusa47 at 2014-09-21 08:30
おはようございます。
テニスのことはさっぱりわかりませんが、結構メジャーな大会なんでしょうね。
観客席からでも撮影可能とは知りませんでした。私も撮ってみたいですね。
ブレも入っててボールが写ってるショットもあって素晴らしいんじゃないでしょうか(^^)
Commented by adze at 2014-09-21 09:18
写真を見ていて、全部昼間の試合だと思っていましたが、
文章を読んで一部ナイトゲームなんですね。
1DXと328の明るい写真に騙されました(笑)
それにしても、女子テニスとっても力強いですね!
Commented by ジュニアユース at 2014-09-21 21:22 x
こんにちは。
観客席の最前列から撮れるのですね。
そういえば、サッカーも動画はダメで静止画はOKのところもありますね。
(持ち込みレンズの制限があるところもありますが)
ナイショにしてましたが、私、昔テニス部だったのです。
で、プロの試合を見に行ったことがあるのですが、あのボールスピードは半端じゃない。
70-200よりサンニッパ、それは良く分かります。
って、実は今日も一日中小学生サッカーを撮りにいってまして、70-200とサンニッパを
持って行ったのですが、結局はサンニッパばかり使ってました。
ズームの便利さは分かるのですが・・・
Commented by kotodaddy at 2014-09-22 09:14
ナツパパさん
判定に大して不満がある際に、リプレイ映像にて再確認を行う「チャレンジ」と言う制度が
あるのですが、これがCGでボールの接地点を映し出すんですよねぇ。なんだかスゴい
時代です。どのスポーツも昔から人間の目によってジャッジされてきて、ある部分、そこで
運命が変えてしまったシーンもあったのですが、今後は科学の力をもって公平さを保つ様に
なるんですね。誰もが納得する手法ですから良いのは良いんでしょうけどねぇ・・。
Commented by kotodaddy at 2014-09-22 09:19
hayabusa47さん
私もプロテニスの年間スケジュールに詳しい訳でもないのですが、日本ではかなりの大きい
大会の様ですよ。世界ランキングでも上位のプレーヤーも来てますし。ただ、開催時期が
全米オープンの直後って事もあり、トップ中のトップは休んじゃう時期なんだそうですよ。
テニスの撮影、予想以上に動きが激しくなかなか撮り甲斐ありましたよ(笑)。大会ごとに
規制の細かい部分は違うと思うのですが、hayabusaさんも是非撮ってみてください^^
Commented by kotodaddy at 2014-09-22 09:24
adzeさん
各コートで1日に5試合くらい組まれてまして、チャチャっと終わってしまう試合もあれば、
展開次第ですごく時間がかかる試合もあって、その結果、遅めに組まれてる試合はかなり
「押して」きちゃうんですね。選手の方々のメンタル維持も大変だと思います。
1DXは高感度に強いカメラではありますが、青天井って訳でもないので、現場では露出を
切り詰めたりしてなんとかSSを確保したりで・・^^;
Commented by kotodaddy at 2014-09-22 09:35
ジュニアユースさん
いやー、ボールに限らず選手の動きもすごいスピードでしたねぇ。SSも、自ら1/2500や
1/3200を選んだってのは初めてじゃないかなぁ・・。止める・意図的にブラすを色んな
SSで表現するのは楽しかったですけど^^ 70-200の画角だったらと追いやすいんで
しょうけど、大きく撮って迫力を出したいみたいなところもあり、結果的にサンニッパだけで
通しました。やはりここぞの時には単焦点の方が結果が良いでしょうし。長い撮影時間では
ありましたが、存分に堪能出来ました^^
Commented by brian_h at 2014-09-23 00:01
拝見していると今にも選手が動き出しそうな感覚になりますね。
こういうの撮りたいなぁ~ (^^ゞ
普段動き物以外の被写体ではズームばかり使う、っていうかズーム大好きなんですけど
スポーツとなるとサンニッパしか使わないですね、そういえば。単焦点はあんまり好きじゃないのに(笑)
先日は色々情報ありがとうございましたm(_ _)m
Commented by kotodaddy at 2014-09-23 18:24
brian_hさん
あ、単焦点ってあまり好きじゃないんですか。ちょっと意外でした^^;
私は単の方が好きですねぇ。財布が許すならばキヤノンのL単全て揃えたい位で・・(笑)。
そう言いながらですけど、300mmか400mmのズームは1本欲しいとは思いますね。
100-400がリニューアルされそうですけど、ソレがリリースされた時に私の物欲も爆発
しそうな気がしています(笑)。でも相当に値段も高そうですけどね・・。
Commented by ころう at 2014-09-24 09:28 x
おおーーPCがタフブックだ!!!
Commented by kotodaddy at 2014-09-25 11:33
ころうさん
審判台って高さあるし、落っことしたら大変っすからね。
って言うか、世界転戦のツアーだからそれなりに耐久性求められるんでしょうね。


<< アドレンズ      東レ パン・パシフィックオープ... >>