2014年 06月 16日
フェイジョア
c0152553_20482543.jpg

フェイジョアと言う花は初めて知った。
私がよく行く「有料極多種植物公園」のHP。その中に園内の花や植物のタイムリーな開花状況を伝えるコラムがあり、そこでこの名を知ったのだが、なんでも「南米原産の果樹」なんだそうな。南米原産の樹木が日本で育つ・・。先日もブログ記事の中で「世界的な異常気象のせいと言うが、もはや日本の気候帯は熱帯に移行しているのではなかろうか」と言う一文を書いたばかりだが、日本・東京に位置するこの公園におけるフェイジョアの生育はそんな憶測を裏付ける様な事実事象なのではないか。折りしも南米ブラジルの地でサッカー・ワールドカップと言う世紀の祭典が行われている今。だったら一度見てやろうじゃありませんか、地球の裏側からやってきたそのフェイジョアなる花を・・。

しかも、だ。そのHPの説明文には「このフェイジョア、ジツはゼリー状で甘くそのまま食べられるのよねぇ」なんてナイショ話の大暴露みたいな記述まであった。ほほぅ、ゼリー状でそのまま食べられる、と?甘いモノはさほど得意ではないもののゼリーは好きだぞ。かなり広大な敷地を持つ公園ではあるが、ココは何とかそのポイントを探し当て、この際ナイショでちょこっとつまんでやろうではないかと思い立ち出掛けたのであった。
c0152553_20483697.jpg

ほんの少しばかり苦労はしたものの、なんとかその花は見つかった。「南米産」と言う言葉から連想するに、もっとゴチャつく様に葉の繁った木に派手派手な色をした大きめの花がバラバラバラッっとこれ見よがしに咲いているものかと想像していたが、意外や意外。割と低い地味目な木のところどころにポツンポツンと淡いピンクの花が付いていると言った感じ。だがしかし、その花弁だけは南米産と言う言葉通りのどぎつい赤なのだった。

うーむ、ゼリー状で甘い・・?そのまま食べられる・・?
いやー、一体この花のどの部分がゼリー状だと言うのか?そのまま食えるって感じじゃねーぞ、どう見ても・。しかしせっかくココまで来たのだ、思い切って花を1つプチンとちぎってパクっと口に入れてやろうかと思ったのだが、どうしても行動に踏み切れなかった。断念。退散。でもまぁ、珍しい花を見ることが出来たってことで心を鎮めてスマホでもう一度HPを見返してみる。ふーん「実はゼリー状で甘くそのまま食べられる」ねぇ・・。

・・ん!? 「ジツは・・」じゃなくて「ミは・・」、すなわち果実の「実」・・!? 食えるのは「花」じゃなくって「実」かぁ・・!?
c0152553_20484340.jpg


良かった、ホントにこの花、口に入れないで・・^^;

by kotodaddy | 2014-06-16 21:36 | その他 | Comments(8)
Commented by MisaQa at 2014-06-17 20:00 x
雄蕊の先のキレキレのジャスピン、痺れます!
背景のフワっとした緑の中で、
シャキっとした赤が一層映えていますね。
テントウムシも、羨ましー。
Commented by kotodaddy at 2014-06-18 07:44
MisaQaさん
南米産の花って原色そのまんまみたいな色って印象ですけど、この花は割と大人しめと
言うか、それでも雄蕊の真っ赤加減は主張しまくりでしたねぇ^^
テントウムシみたいなのを見つけてしまうとひたすら撮りまくってしまうのですが、風が
吹いていたりするとなかなかビシッとピントが来てくれません・・^^;
Commented by ころう at 2014-06-18 13:33 x
いやー日本語って難しいですね。
実は…難しい。

実(じつ)は、僕も先日日本語の難しさを感じまして。
とあるところに手伝いで入ることになりまして、先方に
「まだ弁当を頼んでなければ、僕の分も頼んでおいてほしい」という旨のメールを送りました。
すると先方からは「弁当はすでに注文済みです」と返信がありました。

僕的には、ほうほう、じゃあラーメン屋でも行くか。と解釈したのですが、当日
弁当が事務室に届いてるよ、と。

ホッ?

先方さん的には「あなたの分の弁当も既に注文してありますよ。」って意味だったのですね。

難しい。
Commented by パセリ at 2014-06-18 19:31 x
フェイジョアの花びらは食べられますよ。ほんのり甘味があります。
レストランでも、サラダや料理の添えに使われています。
この間も食べました。
でも、てんとう虫さんやアリさんが噛じったのは、ご遠慮申し上げます。(笑)
Commented by kotodaddy at 2014-06-19 13:35
ころうさん
全く難しいもんです^^;
って言うか、よく考えりゃすぐに分かることなんですけどね、今になって思えば。
大体にしてHPの大真面目な説明文の中で「ジツはですね」なんてある訳がない・・^^;
Commented by kotodaddy at 2014-06-19 13:37
パセリさん
ありゃ、食べられる・・、と。サラダや料理の添えものに・・。
たしかにそういう使われ方しそうな感じではあります。色合いも良いですし。
アリやテントウムシもよく知ってるんだ、そういうの(笑)。
Commented by wonderfullifewith at 2014-06-21 09:53
「じつは」と「みは」、笑っちゃいました。
でも間違えますよねぇ。
ただ、花の形相からは食べられるって感じが全然しないです。
あ、食べられるのは実でしたね(笑)。
Commented by kotodaddy at 2014-06-21 12:53
wonderfullifewithさん
http://showa-kanricenter.jp/flower_blog/2014/06/612-1.html
「じつは」と「みは」。このカン違い、リンク先を見ていただけると分かっていただけるのか
いただけないのか・・。この一文の最後に付けられた「!?」で「じつはね~」的な口調
文調に思えちゃったのかなぁ・・^^;

>食べられるのは実でしたね(笑)
それが花びらも食べられるのだとか・・。サラダなどの添え物に使われるんだそうです。
たしかにオシャレなレストランでランチに出てくるちっちゃいサラダ。これに少量添えられて
いそうな感じはありますね。ま、私の場合はそれが何であっても興味も疑問も感じないで
口に入れちゃうんでしょうけど・・^^;


<< ポジションランプLED化完了      コップのフチ子 >>