2014年 03月 28日
S-GT メーカー合同テスト Part 2 Mclaren MP4-12C GT3
NSX CONCEPT-GTの次に目を引いたのは何かと聞かれたら、多少なり迷いつつも 「Mclaren MP4-12C GT3」と答えるかなぁ。って言うか、なんか去年よりも随分とカッコ良いのが走ってるなぁ、2014年のスーパーGT^^
c0152553_10474563.jpg

S-GTのGT300クラスと言うと基本的には国内外の市販車がベースになってはいるらしいんだけど、その見てくれにもはや市販車の面影は少なく、グッと張り出したオーバーフェンダーやデカいリアウィングなどで完全武装されて無骨な匂いがプンプンしてる。ところがこのマクラーレンMP4-12C GT3は、そんな無骨揃いの中にあってなんかお育ちの良さを感じさせると言うか、スーパーカーと呼ばれるクルマが本来持つ流麗美がそのまま残されていて、「あぁ、なんか美しいなぁ・・」と。大勢の戦国武将が刀抜いてチャンチャンバラバラやってる真っ只中に、背中に羽付けた宝塚歌劇の男役が「いや~ん♪」って言いながらヒラヒラ舞ってるみたいな(笑)。毎周回このマシンが走ってくる度にウットリしながらレンズの先を向けてしまうのだった。
c0152553_10475627.jpg

ところが帰宅してみると、このマクラーレンMP4-12C GT3。なんだか妙に歩留まりが悪い。いや、もともと他のマシンでもそんなにビシッと決まった画が撮れてる訳でもないんだけど、なんて言うか、妙にボンヤリとした画ばかり。思うに、このマシンがゴテゴテとしたステッカーなどが無くて、ほとんど純白のままだからじゃないだろうかね。いわゆるコントラスト不足でAFが「ん・・?」と迷い気味なんですっちゅう感じ?ま、こうして自分のウデの無さをマシンのカラーリングのせいにしてしまうところが恐ろしいけどねぇ・・^^; いや、それにしても白すぎる・・。
c0152553_1048396.jpg

マクラーレンと言えばF1マシンのイメージが強いけど、そんなマクラーレンが唐突に市販スーパーカー「マクラーレンF1」を世に出したのは90年台始め。当時のプライスは1台1億円。そんな値段でも、売れれば売れるだけマクラーレン社は赤字になるとまで言われる程に惜しみなくコストがかけられたクルマだったのだが、こんなエピソードのおかげでマクラーレンってのはフェラーリやランボが数台買える位の常識外れに高いクルマと言う図式が脳内に刷り込まれてしまった。
c0152553_1048937.jpg

今回のこのマクラーレンMP4-12C GT3レース車両が一体いくらするのか知らない。しかし、よりによってこういうクルマでレースを続けていくのには相当におカネがかかると思うんだが、こんな純白のマシンで良いんだろうか。もっともっとスポンサーのステッカーなりカラーリングが、もーイヤっちゅう位に施されてる位じゃないとやっていけないんじゃないだろうか、余計なお世話だけど。あ、まだ開幕前だから、これからカラーリングされるのかな。そうだろうなぁ。

by kotodaddy | 2014-03-28 11:45 | サーキット | Comments(4)
Commented by Pikatto08 at 2014-03-28 21:10
マクラーレンF1と比べたら随分と安いですね。とはいえ、私が車に出せる金額じゃありませんけど(;^ω^)
GT500もいいけれど、GT300は色んなマシンがあってレースも面白そうですね!
ランボとかBMWとかわかるけど、プリウスまでいるし!!
Commented by ares5015ken at 2014-03-28 23:16
かっこいいですね~!
私も撮影してみたいのですが、お隣の県?のオートポリス?まで行かないといけないので我慢しています。
入るのにもお金かかるみたいですし(笑)

こんな環境があって羨ましいです!
Commented by kotodaddy at 2014-03-29 11:11
光°さん
GT500と300が混走なんですよね。この2つのカテゴリーのマシンのラップタイムは
昨年の富士SWのコースレコードで6秒くらい違うみたいなんですが、1周でこれだけ
違うとかなりの差になりますよねぇ。実際に見てても速さの違いが歴然でした。
でも、仰る通り、GT300の方が色んなマシンが走ってて面白いかもしれませんね^^
Commented by kotodaddy at 2014-03-29 11:17
ares5015kenさん
この日はテスト走行ではありますが、入口ゲートで1000円を支払いました。名目は
入場料だったかなぁ。で、駐車料金無料と言う表記だったと思いますが、逆だったかな・・^^;
富士SWまではおカネを浮かせる為に、高速を使わずにいつも下の道を行きます。
片道2時間かからない位なんですが、適度なワインディングで、ソレもまた楽しみだったり
しますし、やっぱりこの迫力は現場に行かないと体験できませんし、土日に仕事の私は
そうそうチャンスも無いので行っちゃうんですよねぇ^^


<< 玄人志向 GW3.5AX2-S...      スーパーGT メーカー合同テスト >>