2014年 03月 22日
ボートレース de サンニッパ
前々から一度は撮ってみたいと考えていたジャンル。ボートレース。競艇である。
公営ギャンブルには競馬を始めとして数々の種類があるのだが、競艇だとか競輪だとかは撮影に関してはNGなところが多いと聞いていて、この競艇に関しても開催地それぞれでOKなのかNGなのか分かれる様だ。やはりギャンブルの場だけにホイホイと許可する訳にもいかんのかねぇ。でも競馬みたいに「全然OK」なものもあるしなぁ。この辺は主催側のサジ加減ひとつなんだろうなぁ。
c0152553_12103973.jpg

ほとんど「飛んで」マス(笑)。
出掛けてみたのは「ボートレース平和島」。この平和島に関しては公式HP内のFAQで「写真撮影」について明確に触れていて、要は「事前に申請すればOK」になっている。この「事前申請」についてはちょっと詳しくPart 2ででも触れたいと思っているが(あるのか、Part 2!? ・笑)、結果的に撮影許可は下りた。さぁ、生まれて初めての競艇場である。
c0152553_12105042.jpg

フロート前からほとんど横向いて進入してきてマス(笑)。
私の人生の中で「公営ギャンブル」と括られるものに手を出した、あるいはやってる場所に行ったのは競馬だけ。競艇も競輪もオートレースも、やった事も無ければ行った事も無いのである。これはかなり個人的な偏見なのだが、どうも競馬以外の公営ギャンブルはなんかコワイ場所の様な気がしていて、正直なところ、今回の様にカメラが趣味となって撮影対象として競艇場に踏み込む事が無ければ、おそらくこの先も足を踏み入れる事も無かったのではないかとさえ思う。ただ、この辺りも曖昧で、20数年前に会社の同僚に初めて競馬場に連れて行かれた時にも同じ様な心持ちだったから、「やってもみずに勝手に怖がってるだけ」的なものがあるとは思う。
c0152553_12105539.jpg

やっぱり「飛んで」マス(笑)。
初めて踏み入れた競艇場。目の前でレースをやってて、そこにおカネを賭けて一攫千金を狙うと言う意味合いにおいては競馬場と何ら変わるものもなく、施設の中の雰囲気や設備も全く同じ様なものだったし、スポーツ新聞と赤ペン片手に昼間っから酒かっ喰らってるギャンブル親父の姿もまた、競馬場と同じ。怖さとかは全然感じなかった。ただ、競馬場に比べたら女性比率は圧倒的に少なくて、99%がギャンブル親父って部分が大きな違いか・・^^;
c0152553_1211194.jpg

盛大な水しぶき。意図的にしぶきを上げて相手の視界を妨げたり、わざと波立たせて理想的なコース取りを妨げるテクニックを駆使している様です。
競艇用のボートが水面を疾走する姿を見るのも、当然初めて。これはなかなか迫力があるゾ。サウンドはサーキットを走るレーシングマシンとまではいかないものの割りとラウドで、そういうのが好きな人種には6艇が一気にフル加速していく様は「うひょひょ~♫」状態になれる。客席エリアと疾走するボートとの距離も近い。コースのどの部分を走ってくるかにもよるけど、近けりゃ20mあるかないかってところか。だから視覚的なスピード感もかなりのもの。それでも水をかぶるなんて事は無さそうなのでご安心を。
c0152553_1211742.jpg

矢の様に水上を突進。この後はベッタリと伏せて空気抵抗を減らすフォームになります。
レースは競馬みたいに1日12レースくらい組まれている。推定300mの直線の先にはバニラとストロベリーのミックスソフトクリームみたいなフロートが浮いていて、そこを180°ターンして再び300m。そこでまたフロートを180°ターンして、これで1周回。これを3周くらいするのかなぁ。ただ、競馬の様にゲートから「よーい、ドン」で一斉にスタートするんじゃなくて、なんか一度一斉スタートしてから一度水面で緩やかに戻ってきて、陸上トラックのコーナースタートみたいに等間隔に距離差を付けてからスタートするみたいで、最初は何が何だかサッパリ分からなかった。
c0152553_12111270.jpg

このカットだけだと「のほほん」としてますが、レースが始まったらすげぇです。
んー、うまく説明できんし、まだまだ触れたい話もあるので、やっぱりPart 2記事もアリでケテーイ(笑)。

by kotodaddy | 2014-03-22 13:02 | その他 | Comments(7)
Commented by ya_mura at 2014-03-22 19:04
ボートレースをサンニッパで!
スゲェ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━!!!!
ちゃんと「撮影許可」ってのがあるんですね。
水しぶきの凄いこと!!そして最後の一瞬の静けさみたいのもいいですね~
こちらでは馬もボートも撮れませんので…ちょっと( ̄¬ ̄)ジュル…
Commented by kotodaddy at 2014-03-23 17:08
ya_muraさん
最近はどうも動きモノを追いかけたくてたまらなくなっております(笑)。
ボートレースは前々から一度撮ってみたくて行ってみましたが、選手がフルフェイスの
ヘルメットをしてしまってるので、表情などは伺い知れず、その辺が写真になった時に
どうかなぁって感じですかねぇ。ただ、1枚目の写真の様に、ミラーシールドに写り込んだ
艇首だとかを今後機会があればうまく題材にしてみたいもんですね。
Commented by brian_h at 2014-03-23 20:53
はじめまして^^

素晴らしい瞬間を捉えられてますね!
私も一度だけ平和島に撮影に行ったことがあります。あの頃はカメラはペンタ機
のみでしたので苦戦した記憶がありますが、機材ではなく腕ですね、やっぱり^^

競馬は一定のルールはあるものの、撮り放題みたいなところがありますが
競艇は念書のようなものを書いて撮影許可証を付けないと撮れなかった記憶があります。
あれはあれでプロっぽくて良かったのですが(笑)
何だか凄く刺激的なものを拝見してまた競艇が撮りたくなってきました♪

勝手ながらリンクを頂いて帰ります♪ 今後ともよろしくお願い致しますm(_ _)m

P.S.先日は拙いブログにご訪問いただきましてありがとうございました。
お祝いのお言葉、とても嬉しかったですm(_ _)m

Commented by hot_coke at 2014-03-23 21:07
おっとぉ~、ボートに手を出されましたかぁ~(笑)
私も、実はここ数年はボート派でして…。
舟券のほうが馬券より当たりやすく、手軽なもので。
そうそう、ボートは撮影禁止ってところが多いみたいですね。
我がご当地、下関は基本的に撮影禁止だったかと思います。
それでも、結構撮ってる人がいますけどね~。
さすがに私は、禁を犯してまで撮るのもどうかなと、思ってますが。
撮りモノとしては、相当に魅力的ですね~。
スピード感といい、上がる水しぶきといい。
私もいずれは挑戦したい、特に女子レーサー(笑)
Commented by hot_coke at 2014-03-23 21:15
追伸。
競馬場に比べても、かなりやばそうな客は多いように思えます。
例えば、ウチの近県のA競艇とかW競艇とか。
奇声を上げて観戦するオジサマを見かけたこと、しばしば。
そんなこんなで、撮るのに躊躇している訳でもあります。
Commented by kotodaddy at 2014-03-25 07:57
brian_hさん
こちらこそ、拙いブログにお越しくださいましてありがとうございます。
競馬に関しては、タグにもある通りで、まだまだ撮影回数も記事数も少いのですが、
自分の休みと合えば今後も競馬場には足を運びたいと考えています。
競艇、初めて行ってみましたがなかなか面白かったです。この日はサンニッパ1本で、
結果的には7Dを多用しましたが、次回は500mmを持ち込んで、もっとアップで迫って
みたいものです^^ 今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by kotodaddy at 2014-03-25 08:01
hot_cokeさん
私も女子レーサーを撮ってみたかったんですよ(笑)。もともとは埼玉県の戸田競艇場で
この日に女子のレースが組まれていて、それに行こうかと考えていたのですが、どうも
戸田では撮影に関しては禁止されている様で・・。で、HPにも撮影OKと出ていた平和島に
行ってみたのですが、まぁ結果的にはフルフェイスのヘルメットをかぶられていますし、
男性でも女性でも変わりは無いかなぁ、と^^; 競馬で言うパドックみたいな所があって
ヘルメットを取った状態が見られるなら良いんでしょうけどねぇ(笑)。


<< ボートレース de サンニッパ...      ドーム de ゴーヨン >>