2014年 03月 19日
ドーム de ゴーヨン
私の休みは平日。しかも週明けの月曜だの火曜だのだ。なかなか「注目の大イベント」の様なものには当たらないし、「B級グルメフェア」みたいなグルメイベントだって土日ばかりだし、フェアどころか巷のラーメン屋だって月曜休みが多くて困るくらいだ。スポーツイベントも得てしてそうで、大抵のものは土日に行われることが多い。どっかでワタシの休みに付き合ってくれる様なイベントをやっていないもんかと考えつつスポーツ新聞に目を通していた休みの朝、プロ野球のオープン戦情報が私の視界にカツーンと入って来た^^
c0152553_2173330.jpg

西武ドームで組まれていたのは埼玉西武ライオンズvs読売ジャイアンツ。西武ドームならば一時間ちょっとで行けそうだし、平日デーゲームのオープン戦ならば、いくら人気球団同士の一戦でもそう混雑はしていまい( ̄ー ̄)ニヤリ
c0152553_2174713.jpg

って事で行ってきました、西武ドーム。実はこの球場、まともに来たのは初めて。もうだいぶ以前、何かの折にたまたま脇の道をクルマで通り抜けたことがあり、鬱蒼とした広大な森林の中、目の前に突如として現れた真っ白な巨大ドームにビックリした事があったっけ。
そしてなにより、球場が空いてるならばチャンス到来。ペナントレース中の東京ドーム巨人戦なんかではほぼ不可能に近いと思われる「ドームdeゴーヨン」(笑)が試せるではないか(`・ω・´)シャキーン 「ドームdeサンニッパ」位ならば、なんとか観客席から回りを気にしつつ大人しめに手持ちでいけそうだが、だだっ広い野球場で300mmじゃぁちょっと役不足。平日、しかもデーゲームでガラ空き間違いなしの今日。ここは一脚に載せた500mmにAPS-Cを取り付け、思う存分に撮ってやろうではないか。フードを取り付けたって、前の座席に座った客の後頭部を気にせずにブンブン振り回せるかもしれん^^ その為には、今日のところはボックスシートも指定席Aもいらない、指定席Bだって用は無い。この際ゲットすべきは内野自由席だ(笑)。自由席ならば、換算800mmの焦点距離と画角にちょうど良い距離感、しかも防球ネットに干渉されない角度の席を自由気ままに巡り歩きながら撮れるではないか。おねーさん、内野自由席、1枚ください♪
c0152553_2175483.jpg


今年の巨人で個人的に一番注目してるのがドラフト1位入団の小林クン。ここ十数年、巨人には阿部慎之助と言う、球界を代表するキャッチャーが君臨してきた。その巨人がドラフト1位でキャッチャーを指名。言うまでもなく阿部の後継者候補の最右翼である。プロ1年目の今年からいきなり阿部を脅かす存在にはなりにくいだろうが、阿部本人が入団初年度から開幕スタメンでマスクをかぶった様に、いきなり一発カマして欲しいもんである。
c0152553_2181583.jpg

この小林クン、ドラフト会議直後から新聞各紙で事あるごとに「イケメン」と評されてきているのだが、実際のところやっぱりイケてました(笑)。ただ、体つきが華奢だわなぁ。背丈もそんなに大きくはないのかな。ま、阿部にしても、あの世界のゴジラ・松井秀喜でさえも、入団1年目当時の映像を見たりするとやたらとスリムで笑っちゃう位だから、全てはこれからなんだろうけど。
  ※追記注:調査によると(笑)、178cm 78kgと判明。彼の身体がどうって話じゃなく、回りの選手のガタイがスゴ過ぎるって話なのかも・・^^;
c0152553_2182295.jpg

それと今年は、いや、今年も巨人は他のチームのビッグネームを複数名招き入れての大補強を行った。毎年ながら「どーなの?」と揶揄される年中行事みたいなもんだが、その中で注目するのが西武から片岡、中日から井端の獲得。このオフの間、片岡はともかく井端獲ってどうすんだよって思いもなかった訳でもなかったが、実際この日の試合、初回にチームの主砲であるサード村田修一が早々と負傷退場した後、攻守にわたって井端が見事に穴を埋め切ってしまったことを考えると、原辰徳監督ってのはよほどリスクヘッジと言うかリスクマネージメントに長けた人物なのかもしれない。
c0152553_218476.jpg

c0152553_2183876.jpg


シーズン開幕まで僅かだけに、この日は主力となりうる選手が取っ替え引っ替え出てきた。ピッチャーでは広島からFAで加入してきた大竹が先発したし、勝利の方程式の一端を担う山口、マシソンがマウンドに上がったし、個人的に巨人では最も好きな高橋由伸もDHながら先発出場してくれた。
c0152553_219333.jpg

c0152553_2191035.jpg

いよいよ球春近し。会社から真っ直ぐに帰ったならば、ひとっ風呂浴びた後にキンキンに冷えたビールを飲みながらテレビで野球観戦。それこそが昭和生まれの正しきオッサンの姿だし、考えてみればそれがやりたいがばかりに数年前に大型液晶テレビを買ったのだった。いよぉ~っし、今年はなるべく早く帰ろう^^

正しきオッサンで思い出したけど、西武ライオンズの3番手ピッチャーとして西口も出て来たんだった。実はパリーグでは知っている選手もさほど多くはないのだが、個人的に前々から大好きな選手。数々の記録を打ち立てた41歳。実に20シーズン目を迎えたベテラン。オッサンな私はオッサンである西口を応援するよ、ビールをグイっとやりながらね^^
c0152553_2191963.jpg

c0152553_2192564.jpg


by kotodaddy | 2014-03-19 22:45 | その他 | Comments(12)
Commented by うらくん at 2014-03-20 08:16 x
いいですねぇ〜!
ゴーヨンを満喫されたのでは。
やはりプロスポーツの撮影は楽しいですよね。
東京ドームが本拠地の頃の日ハムは
年間30試合以上、球場に足を運んで応援してましたよ。
田中幸雄が好きで(笑)
懐かしいなぁ。
Commented by kotodaddy at 2014-03-20 10:24
うらくんさん
いやー、十分に楽しめました。終盤になってスローシャッターに挑戦しましたが、これが
なかなかうまくいかず、最後はムキになって撮ってましたが面白かったです。もっと早い
段階からスローで撮ってれば良かったです^^;
F4のレンズだとドーム球場では苦しいかなと予測していたものの、デーゲームの場合は
適度に光が差し込んでいてくれてましたし、この日は快晴かつすごい強風でしたので、
屋外球場よりも断然ラクちんな撮影環境だったのではないでしょうか。
また是非とも行きたいですけど、あんなに空いてるのはあまり無いんだろうなぁ・・^^;
Commented by ナツパパ at 2014-03-20 14:04 x
阿部選手はまだまだ元気ですけれど、ここで後継の正捕手は大切でしょうね。
このまま上手く成長してほしいなあ、と思います。
Commented by ya_mura at 2014-03-20 21:13
ゴーヨンで野球…見事ですね~
報道陣撮影って感じですね!
流しのもバッチリ…
満員のスタンドでも是非ゴーヨンで逝ってみてください…ヾ(・∀・;)オイオイ
Commented by MisaQa at 2014-03-20 21:32 x
私もたまたま先週末、開幕戦を見て参りました。
同じプロ野球の写真なのに、
機材も腕もセンスも楽しみ方の深さも、全然違って自己嫌悪中です。
うー、こんな写真が撮れるなんて、羨ましいです!!
Commented by pm3-2 at 2014-03-21 07:56
3枚目の写真が、かっこよすぎます。
ゴーヨンの存在感、ハンパないですね~~~!
ドラゴンズファンってわけじゃないんですが、井端選手の処遇は残念でなりませんでした。
新天地で活躍して古巣を見返してやってほしいものです。
Commented by kotodaddy at 2014-03-21 08:54
ナツパパさん
まだまだ阿部選手こそが正捕手なんだと思いますが、キャッチャーってチームの守りの要
でもありますし、そうカンタンには育たないポジションですからね。阿部選手が健在なうちに
色々なノウハウを継承しつつ、場合によっては実戦を積ませてって事なんでしょう。
今年はゲーム展開によってどんどん出場させるのではないでしょうかね。
Commented by kotodaddy at 2014-03-21 09:00
ya_muraさん
日頃からya_muraさんの野球撮影を拝見してましたが、私にとって今回の野球撮影が
ほとんど初めてと言って良い機会になりました。スローシャッターは手探りで色々とやって
みましたが、どうですかねぇ・・。意外に身体の一部分って止まっていないもんなんですね。
もうちょっと試してみたい撮り方もあるのでまた行きたいと思っていますが、客席が空いてる
時が色んな面で良さそうなので、東京ドームの巨人戦だとちょっと難しいかなぁ・・^^;
Commented by kotodaddy at 2014-03-21 09:09
MisaQaさん
今回は1DXと7Dを持込み、距離や光量によってどちらかを選ぼうかと考えてましたが、
結局は大きく撮りたいって話で7Dになりました(笑)。さほど混雑していないと踏んでたので、
ファインダー覗いてみてから画角に合わせて自由に席を移動できる様に内野自由席を選んだ
のですが、結果的にはこれも奏功しましたかねぇ。ドーム球場は光量がキツいかなと予測を
してましたが、デーゲームはそこそこ光が入ってきますし、一方からの直射日光じゃない分
撮りやすく感じました^^
Commented by kotodaddy at 2014-03-21 09:14
pm-3さん
井端選手と言えばドラゴンズの顔みたいな選手ですし、中日の選手の中では最も好きな
プレーヤーだっただけに、昨年初冬にああいう展開になった時には私もビックリしましたねぇ。
更に言えば獲った巨人にもビックリですし、入った井端選手にもビックリなところがありまして、
彼レベルだとどこのチームに行っても即主力ですから、出場機会が曖昧になりがちな巨人で
はたして良いものなんだろうか、と・・^^; 古巣を見返せる働き、当然ながら彼もそのつもり
でしょうね^^
Commented by ☆Monet at 2014-03-22 12:57 x
そうか、アストロドームなんかと違って外が明るければディフューザーを通したような光になるのか。面白いです。
もしナイトゲームだったら7Dだと高感度ノイズの面で厳しいシーンもあるかもしれませんが、別れては再婚の繰り返しの7Dさんも結構活躍してますね~(笑)
Commented by kotodaddy at 2014-03-22 13:46
☆Monetさん
>別れては再婚の繰り返しの7Dさんも結構活躍してますね~(笑)
そうなんです(笑)。レンズはゴーヨン1本だけ、ボディは2台体制で行きましたけど、
どうしてもデカく撮りたくなっちゃって、ほぼ7Dオンリーでしたけどね^^;
仰る通りで、全体に光が回ってくれてる状態なんですね、ドームは。上からの直射日光
だったらヘルメットで選手の目は写らなくなっちゃってる筈です。そういう意味ではドーム
球場の方が撮りやすいんじゃないでしょうか。ナイトゲームだと光量は絶対的に不足する
でしょうから、7Dではちょっとムリかもしれませんね。


<< ボートレース de サンニッパ      IXY610F 帰還 >>