2014年 03月 06日
らーめん山頭火
ラーメン好きの間で「山頭火」と言う店は、もはや誰もが一度は押さえておくべき有名店の1店。私も割と数多くのラーメン店を食べ歩いているものの、一度は行きたいと思いつつも実はこの店は訪問していなかったのであった。

「らーめん山頭火」は北海道・旭川をルーツとして、いまや国内に20数店、海外にも10店以上を展開する人気チェーン店。醤油味を中心とする店が多い旭川ラーメンの中で、塩味ベースの豚骨ラーメンをメインメニューとしたことで人気となったんだそうだ。。そう聞けば、初めて訪れる山頭火でコレを頼まない訳にはいかないって事で、塩ラーメンを・・。そして待つ事、数分。目の前に出された器を見てまずは拍子抜け・・。
c0152553_20595112.jpg

ち・・、小さい・・。丼が小さい・・。
ちょっと盛りが良い店なんかだと、このサイズは「お子さまラーメン」に属する大きさなのではないか。か細い女性でちょうどのサイズと言っても良いのではないか。大喰らいのワタシにゃ如何にもコレは少ないって事で、急遽サブメニューの「ねぎめし」を追加してしまった。普通の男性だったら大盛り頼んでちょうど良いくらいじゃないかなぁ。

まぁサイズはともかく、大事なのは味だ、味。まずはレンゲでスープをすすってみる。う、旨い・・。こりゃ美味だ。いわゆる白湯スープと呼ばれる白濁したスープは、豚骨・野菜・干魚をおっきな寸胴で一気に煮込むのではなく、それぞれをそれぞれに合った温度で煮出した後に混ぜ合わせて完成させているとの事。割と濃厚なスープで、塩ラーメンと言う名から連想されるアッサリ風味とはかなり違った印象。良い意味で期待を裏切られた感じ。

麺に関しては中細の縮れ麺。箸でひとつまみ持ち上げてみると、遠い昔にどこかでお目にかかった事がある様な、何かこう視覚的に懐かしさを覚える麺である。そうだ、これは即席ラーメン定番中の定番、「サッポロ一番 塩ラーメン」用の麺ではないか。いやまぁ、実際にはそんな筈も無いのだが、縮れ具合・太さ・色合いが妙に近くて、札幌も旭川も北海道ラーメンはこうなのかいな、と^^;

丼のど真ん中に鎮座ましましているのはひと粒の小さな梅干し。醤油味にも味噌味にも乗っていない、山頭火では塩にしか乗らないトッピングアイテムである。HPの説明では、意味合いとして「竹久夢二の描く細身の女性が、ちょっと紅をさしたイメージ」だそうである。なるほど、竹久夢二と言えば「大正の浮世絵師」と呼ばれた大正浪漫を代表する画家。画紙全体に白く淡く、そして儚くモノトーンで描かれた大正美人。そんな中で小さな口唇だけが薄紅で染められている、そんな感覚なのだろうか。もはやアートの域に達しているのだ、山頭火の塩ラーメンは・・。

チャーシューも美味しかったなぁ。意外にもこんな小さな器にはアンバランスとも思える様な量が入ってて、柔らかくホロホロとしつつもしっかりとした厚みがある、なんだか自己主張しまくってるチャーシューでありまして、これらを喰らいつつ、一気に完食してしまいますた。

全国に20店舗以上展開しているラーメン店。皆さんも一度は食されてみては如何でしょうか。ちょっとやみつきになるスープですよ^^

by kotodaddy | 2014-03-06 21:41 | その他 | Comments(10)
Commented by ku-michael at 2014-03-06 23:21
ラーメンは長いこと食べに行ってないなぁ~
何か、こってりしてるイメージがあって・・・
でも、少量なら食べても良さそう。
奥のねぎめしが気になる(笑
簡単に作れそうかな?
ネギとカイワレと・・・味付けは醤油なんでしょうか?
Commented by kotodaddy at 2014-03-07 15:58
ku-michaelさん
あ、記事にした通り、ここは盛りも割りと少なめですし良いんじゃないでしょうか^^
私はテレビ番組やラーメンブログなどで情報を仕入れて、自分の休みの日の昼ごはんとして
出掛けてみたりしてるのですが、背脂ギタギタみたいなのは苦手になっちゃいましたねぇ。
ねぎめし、ごはんの上にかつお節が振られてて、その上にネギが乗ってる感じでした。
味付けは醤油ベースだった様に思いますが、ラーメンとセットで1100円にもなっちゃいました^^;
Commented by kitanoeos at 2014-03-07 17:07
そうそう旭川でしたねここは。
当時、旭川出身の社員が居まして教えてもらい行った記憶が有ります。
どんな感じだったかは記憶に有りませんが、にわか覚えているのは、「並んで食べた」事
くらいでしょうか^^;
HPを見ると北海道に8店舗、米国になんと9店舗もあるのですね。ちょっとビックリです。

そー言えば昨年こちらにいらした時は毎晩、ラーメン食べましたね。
あの吹雪の中のラーメンも懐かしく思い出します^^
Commented by kotodaddy at 2014-03-08 09:59
kitanoeosさん
行きましたねぇ、ラーメン店^^ 2日目に行ったお店も有名チェーン店でしたけど、実は
ウチからクルマで30分圏内に支店があるのを知って、その後も何度か行ってたりします(笑)。
山頭火と言うお店自体は関東圏でも相当に有名ですし、前の会社の頃なんかは外回りの
営業をやってた時期もあるので、営業回りの先々でかなり色んなお店を回れたんですよ。
なので、考えてみれば今まで一回も行ってなかったのが不思議でもあるんですけどねぇ・・。

Commented by wonderfullifewith at 2014-03-08 15:20
山頭火、何時も混んでるイメージがあって入ったことは無いです。
最近は炭水化物ダイエットってのが流行りだそうで、それがちょっとだけ気になってる自分はラーメンから足が遠のいております。

ただ、満足に一人前食べられない胃袋の持ち主には、この位の量が良いかもしれません。
Commented by kotodaddy at 2014-03-08 18:47
wonderfullifewithさん
ダイエットされているんですか・・。昨年お会いした時にはダイエットが必要な体型には
お見受けしませんでしたが・・^^; そもそもソレが必要なのは私って気もします^^;
私は混んでいそうなラーメン店には時間をずらして行きますので、あまり並んだとかの
経験はありませんが、東京でも山頭火は混雑してる店の部類に入ると思いますねぇ。
Commented by Cimarron at 2014-03-19 01:13 x
kotodaddyさん
私のブログご訪問ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
「山頭火」はここロサンゼルスでも人気店で、何時もお客さんで賑わっています。
近年アメリカ国内はラーメンブームで、日本からも製麺業者なども進出してきているようです。
でも個人的には透明なスープのあっさり塩味が好きです・・・・・
Commented by kotodaddy at 2014-03-19 10:23
Cimarronさん
こちらこそよろしくお願いいたします。 Cimarronさんのブログはだいぶ前から拝見して
おりました^^
山頭火のラーメンは決してあっさり系では無いですね。このお店、海外にも積極的に出店
している様ですね。アメリカでのラーメンブームはテレビで見て知っていますが、最終的な
味付けの部分は微妙に「アメリカ仕様」なのでしょうか。過去に何度か海外で日本ブランドの
ラーメンを食したことがありますが、「?」と思った事もあります。味覚に関しては国が変われば
違って当然の様な気もしますが・・。
Commented by Cimarron at 2014-03-19 11:23 x
kotodaddyさん
わー、以前から訪問されていたんですね(^^;お恥ずかしい。
アメリカのラーメンは基本的に豚骨スープ系が多く、コッテリ系でしょうね。
和食が健康に良いと広まっていますが、ラーメンは・・・・
飲んだ後の〆の醤油ラーメンは今じゃ体力的に無理です。
日本国内のラーメンは美味しいですよね、でも人気店に連れて行ってもらって、その美味さが分からなかった事があったので、私の味覚も変わってしまったのかもしれません。
Commented by kotodaddy at 2014-03-20 10:19
Cimarronさん
>以前から訪問されていたんですね
はい^^ 飛行機あり、グルメあり、スポーツありで、個人的に興味のあるジャンルばかりを
扱っておられるブログでしたので~^^
ラーメンは昔から好きではあるのですが、若い頃に好んで食べていた背脂たっぷり系は
もう全く受け付けなくなってしまいました。最近ではラーメンブログも多く、自分の好みに
合いそうな店を事前に選べる様になりましたので、初めての店でも安心になりました^^;


<< 速度にご注意      マホガニーバイク >>