2013年 09月 20日
Satoru Nakajima
ツインリンクもてぎで行われたS-GT公式テスト。それに関する記事をupする前に、どうしても触れておきたい一件が・・。

ツインリンクもてぎの敷地内には「HONDA Collection Hall」なる博物館がありまして、ここに歴代のホンダF1を始めとするレーシングマシンが期間限定で展示されてるとの事で立ち寄ってみました。そこには常勝を誇ったマクラーレンやウィリアムズのマシンと共に、Camelカラーに彩られた1台のロータスF1が展示してありました。
c0152553_16563441.jpg

中嶋悟。
モータースポーツを多少なりとも知ってる方であれば、この名前を知らない人はいないでしょう。

日本人ドライバーがF1を走るのは中嶋以前にもあったにはあったんですが、それは当時に何度か開催された日本GPで、地元だからって事によるスポット参戦的なものばかりで、セカンドドライバーとしての契約ではあっても、正式に1年通して、日本人ドライバーがヨーロッパを本流とするモータースポーツの最高峰F1を走るなんてのは奇跡みたいなものだったし、その年からフジテレビが全16戦衛星生中継に踏み切ったり、やがてやってくる空前のF1ブームに火を点けたのは紛れも無く中嶋悟だったと言っても過言ではないのです。
c0152553_16565463.jpg

最強と呼ばれたホンダエンジンを擁しての参戦とは言え、中嶋悟のF1初シーズンはキツい事だらけだったのですが、そんな中でもイギリスでホンダエンジン1~4位独占と言う快挙の一角を担う4位入賞を果たしたり、地元凱旋の日本GPでは良いところ見せまくりの6位入賞したりと、私はセナもプロストもマンセルもピケも好きだったんですが、中嶋悟は「大」が幾つも付く程に好きになりました。フル参戦の形で、しかも名門ロータスからエントリーした1987年は私の中でも忘れられないシーズンとなり、大体において深夜の放送であるF1中継なのに、翌日の事も考えず全戦テレビの生中継。友人と一緒に酒盛りをしながらテレビの前で大騒ぎしつつ観戦したのも良い思い出です。
c0152553_16565942.jpg

そんな記念すべき彼の初シーズンは翌年に1冊の本としてまとめられました。「F1 走る魂」。もう何度読み返したでしょうか、もうカバーなんぞボロボロになってしまい残ってないですし、状態も色褪せてしまったりしてますが、私の中ではバイブルと化した1冊です。

本の中にこんな件があります。

中嶋悟はロータスの正式なドライバーになる数年前に一度だけ、そのロータスのマシンをテストドライブをした事があるんだそうです。実はその時、高速走行時に突然のマシントラブルが起きてアンコントロール状態になったらしいのですが、中嶋はクラッシュする事もなく、安全にマシンをエスケープゾーンに導いたそうです。この事でチームロータスはドライバーとしての中嶋の資質を非常に高く評価した様で、彼は後にイギリス人ジャーナリストからその話を伝え聞かされるのですが、中嶋とロータスの契約がホンダエンジンの新たな供給契約に端を発したものであるのはある意味で事実でしょうが、単に「ホンダエンジンにくっついてきたドライバー」として契約したものではなく、ちゃんと中嶋と言うドライバーの事を知っている上での契約だと分かって、彼はとても喜んだんだそうです。その時の彼の発言でこういったものがあります。「人間の生き方ってのは、その時その時の出来事は無関係の様に見えても、実はちゃんとつながっているんだと思ったね。ロータスのマシンに乗った事も、今になって思えばあの時に一生懸命にやった事だって意味があったんだよ」。代わり映えのしない日々にダラダラと流されてしまいがちな私としては、なんかこう支えになる様な言葉で、その後の私の中で大事にしている教訓めいたひと言になっっています。
c0152553_1657418.jpg

ロータス99T。このマシン自体は当時として最先端だったアクティヴサスペンションに悩まされ、同年にピケとマンセルの2人で圧倒的なパフォーマンスを魅せつけたウィリアムズFW11に遠く及ばなかったのですが、このマシンが展示されているのを見て、そしてエースドライバーであったセナのものではなく、他ならぬ中嶋悟のマシンだったのに感激し、長文記事となってしまいました。

by kotodaddy | 2013-09-20 18:33 | その他 | Comments(18)
Commented by wonderfullifewith at 2013-09-20 19:37
人の出会いも、単なる「偶然」なんかではなく、それは逢うべくして出会う「必然」な訳ですね。

ススキノの飲み会も、あれは必然なんですね(と自分たちの行動を正当化してみる)。

今は中島Jr.が頑張ってますが、やはり中嶋悟さんの活躍は我々世代には忘れられませんね。
Commented by Pikatto08 at 2013-09-20 21:02
中島悟氏が学生の頃、地元のカートコースを走ってたといういきさつから、29歳でカートデビューした私ですが
レーシングのセンスはあまりにもありませんで5年で引退しました(笑)
そんなこと考えたら世界中で20数名しかシートがないんだかから、まさに神様ですよ!
Commented by 美銀座美人 at 2013-09-20 22:00 x
kotodaddyさんの熱い名文に同感です。
じつは私は1987年の中嶋F1デビュー戦に夜行バス観戦ツアーで新宿から鈴鹿に走った経験があります。
そして、翌年の1988年にもF1日本グランプリを鈴鹿で生で観戦しています。
中嶋が、セナが、ピケが、マンセルが、アルボレートが、ベルガーが、
とにかく熱くて燃えたあの時代でした。
Commented by pm3-2 at 2013-09-20 22:15
実家もご自宅も近所(車で3分ほど)です(笑)
この方の凄いところは、散髪や服の買い物は地元に帰った時優先と聞きました。
この方もオカザえもん同様、近所の英雄です(爆)
Commented by ジュニアユース at 2013-09-20 22:42 x
kotodaddyさん、こんにちは。
1987年、鈴鹿サーキットでF1が初めて開催された時、中島悟氏がその時宿泊して
いたのが、当時私の勤めていたホテルでした(ちなみに、セナも)。
そんな話を、機会を見て書こうかな、と思っていた矢先、先を越されてしまいました(笑)。
まあ、あの年は「初めて」ということで、何から何までパニックの連続でしたネ。
で、翌年からドライバーやお偉い方は全て、サーキットホテルに宿泊となりました。
もう26年前ですか、あの頃は私も若かったな~
Commented by kotodaddy at 2013-09-20 23:17
wonderfullifewithさん
>ススキノの飲み会も、あれは必然なんですね
そうそう^^ 出会ったのも必然ならば、クマゲラを撮れなかったのも必然。
そんでもって、帰りの新千歳で足止め食ったのも必然。リベンジを期したのも必然。
って事で、また冬になったらお邪魔いたしますんで^^
Commented by kotodaddy at 2013-09-20 23:20
光°さん
なんとカートで走っておられた・・。そりゃスゴいじゃないですか^^
センスは無いなどと仰りながら5年もやられてたとの事ですから、それなりにやれてたと
言う事でしょう。F1は世界最高峰のカテゴリーですから、全世界のレーシングドライバーの
憧れ。ここまで行き着くには実力もセンスも運も全てが必要な、それこそ神の領域ですね。
Commented by kotodaddy at 2013-09-20 23:25
美銀座美人さん
2年連続で鈴鹿まで出掛けられてるって事は美銀座美人さんもかなり好きなんですね^^
それ以前に富士で開催されたりもしましたが、この1987年以降が日本での本格的な
F1ブームなのは間違いないですね。中嶋以来、何人かのドライバーがF1に参戦しましたが、
やっぱり中嶋参戦が個人的には一番感動したシーズンだったと思います。
Commented by kotodaddy at 2013-09-20 23:29
pm-3さん
当時ホンダの総監督だった桜井淑敏さんに呼び出され、◯◯の自宅から愛車レジェンドで
埼玉県和光市の本田技術研究所へ向かい、そこでロータスのシートを得た話を聞くって件が
本にも書いてありますよ^^ この本でも随所に描かれていますが、非常に紳士で、あまり
大風呂敷を広げたりするタイプの人ではないみたいですね。そういう控えめな部分も私が
好きな理由のひとつです。
Commented by kotodaddy at 2013-09-20 23:33
ジュニアユースさん
>当時私の勤めていたホテルでした
その話は以前に何かの折にお聞きした覚えがあります。鈴鹿でF1が開催されるにあたり、
コースや周辺の整備など、それはもう大変な労力があった様ですね。それでも実際に
開催されてみるとドライバーやチーム関係者から多くの賞賛があったとの事で、ジュニア
ユースさんを含めて、関わった方々はさぞや安堵された事でしょう^^
Commented by strike-freedum at 2013-09-20 23:36
どのモデルだったか覚えてないんですが中嶋車に座ったことがあります(^^)V

ホンダにゆかりのあるモデルだけ展示されてますけどやっぱ一番熱いのがこの時代ですね^^ 
この後JUDDエンジンで雨の中ファステストラップ獲ったのも鮮明に覚えてます。
タイヤやエンジンに恵まれなかった感がありますけど記憶に残る人でした。
Commented by ya_mura at 2013-09-21 06:03
あまり詳しくは知らないんですけど、テレカは大事に持ってます(笑)
ドライバーとしての腕前だけでなく、人間性にも魅力ある方なんですね~
Commented by owl-hiro3 at 2013-09-21 08:47
おはようございます。

中島悟と言えば、やっぱ雨のレースですよねよ。
どこのGPかは忘れましたが、あと一歩で表彰台って所まで行き、最速ラップを叩き出し、雨の中島を世界に知らしめた。
やぁ〜懐かしい。
ロータス時代のピケの活躍は、中島のセッティング能力の高さが評価されたという噂も。
Commented by kotodaddy at 2013-09-21 09:57
strike-freedumさん
雨で強いドライバーでもありましたね。結局、運転そのものがスムーズで決して力ずくで
振り回すタイプじゃなかったって事でしょうか。無制限過給圧の1000馬力ターボの時代
から、4bar、2.5barと制限されたり、この辺からMaxパワーウォーズと決別したF1。
最近ではタイヤ幅を落としたりもしてますけど、間違いなくあの時代のF1が熱かったですね。
Commented by kotodaddy at 2013-09-21 10:00
ya_muraさん
今の時代はどうか分かりませんけど、我の強いドライバーが多くて、同じチーム内での
確執もこの時代は多かったそうなんですね。そんな中で自分の役割を黙々とこなす姿は
所属したどのチームでも評価が高かったそうです。その面では実に日本人的と言うか、
人格が良かったんですね。
Commented by kotodaddy at 2013-09-21 10:03
owl-hiro3さん
>ロータス時代のピケの活躍は、中島のセッティング能力の高さが評価されたという噂
あ、その話聞いたことがあります。彼はF1デビューする前は日本No.1のドライバーで
ありながらホンダF1のテストドライバーの役割もこなしていたんですね。セッティング能力、
マシンの実情観察眼はこうして培われたものなのかもしれませんね。
Commented by kitanoeos at 2013-09-21 18:50
懐かしいですね。
当時は、眠い目を擦りながらよくTV観戦していましたね。
今のスマホ世代では理解できないでしょうが、週明けの会社内の話題は、
F1の話で盛り上がっていた記憶もあります。
あの頃は毎週ビデオに録画してリプレイしていた事もあったな。
そんなあの時の事故もビデオに残して有りますが、訃報の一方に夫婦で涙したことを
思い出しました。
Commented by kotodaddy at 2013-09-21 19:29
kitanoeosさん
1987年から何年間か、たしかにF1は話題の中心になっていた時期がありましたねぇ。
訃報・・。A.セナでしょうか。私もさすがに唖然としてしまい、しばらくは思考回路が停止
したかの様になりましたね。よりによってセナがって感じで、何かの誤報なんじゃないかと
思いました。その時のフジTVの録画、私もまだVHSビデオで残っています。


<< スーパーGT ~ZENT Au...      スーパーGT 公式テスト >>