2013年 05月 03日
787の運航が再開するらしいが・・
バッテリートラブルで運航を見合わせていたボーイング787。いよいよ復活を期した整備が始まったらしい。
c0152553_1621473.jpg

キックオフカスタマーであるANAの787は、現在のところ羽田・成田・岡山・松山・熊本・高松に分散してるみたいで、海外のフランクフルトにまで駐機したままだってところがその時点での事態の緊急度合いを物語ってるのだが、それらの機体1機1機に対して改良型バッテリーへの積み替えと、その周辺の対策改修が始まったらしい。改修作業は1機あたりで約1週間程度だと言うから、今月の末には当局のGoサインが出て、来月には日本のあちこちでまた787の勇姿が見られることになるんでしょう。また写真も撮れそうで良かった良かった^^

この787のバッテリー供給元は日本のGSユアサ。GSユアサと言えば日本が世界に誇る、京都に本社を置くバッテリーのトップメーカー。日本のクルマなんかほとんどがGSやユアサブランドのバッテリーが載ってたもんだ。今回のトラブルを受けて供給先変更とはならなかったのが救いか。でも、GSユアサはバッテリーは納入していても、その配線がらみのシステムマネージメントはフランスのタレス社で、実際の流通上もボーイングに直接納入するんじゃなくてタレスに納入して、最終的にタレスからボーイングに納めてるんだから当然か。

ただ、アレなんだよねぇ。一連の787騒動ってバッテリートラブルだけじゃなくて、JAL機では燃料漏れが起きたし、ANA機じゃ航行中に操縦席窓ガラスにヒビが入っただの、オイル漏れだのやってるんだよねぇ。この辺の対策があまり聞こえてこない気がするんだけど、大丈夫なんですかねぇ。

by kotodaddy | 2013-05-03 17:04 | 飛行機 | Comments(8)
Commented at 2013-05-03 19:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kotodaddy at 2013-05-03 20:25
カギコメさん
はい。そういう高尚なイメージです^^
ゆったりと過ごしていただき、またすんごい画をお見せください^^
Commented by pm3-2 at 2013-05-03 22:07
787の一連のトラブルは素人目にも初期不良でしたじゃ済まされませんよね。
最悪な事態にならないよう万全な体制で飛んでほしいものです。
あっ、あくまでも素人の考えですから(;・∀・)
お写真はさすが・・・カッコイイ♪
Commented by ナツパパ at 2013-05-04 02:48 x
B787って、開発途中からトラブルが続きましたよねえ。
新技術導入で、マネージメント、というのか、設計監理というのか、
そこら辺に無理があったのじゃ無かろうか...なんて思ったりして。
あ、それはあくまで素人の推測なんですがね(汗)
エアバスの勢いに、焦ったのかなあ、ボーイングさん。
Commented by kotodaddy at 2013-05-04 12:07
pm-3さん
787の1代前の機種777でも多少の初期トラブルはあったらしいんですけど、火だの煙だの
って話になるとタダじゃ済まされないですよね^^; 787の運航停止が決まった時に色々な
ところで記事になってましたが、やっぱり飛行機もリリースされて1年後くらいに手を出すのが
間違いないらしいですね。徹底的なテスト飛行はやるにせよ、やっぱり幾つかの航空会社で
実際の営業飛行されると色々分かってくることもあるってことでしょうか。ANAは787を一番
最初にオーダーしたキックオフカスタマーですが、世界の航空業界での地位確立のための
思惑が色々とあったみたいで・・。でも、今回の一件でキッチリと片付いたと思いたいですね。
Commented by kotodaddy at 2013-05-04 12:15
ナツパパさん
実際のところ、ボーイングはエアバスにかなり押されていますから、焦りという言葉で簡単に
片付けられる話ではないにせよ、相当に気合いは入っていたのは違いないでしょうね。
設計から新技術・新素材など、787は新しいものずくめな飛行機ではありますし、仰る通り、
開発から試験飛行までも当初の予定を大幅に遅れてましたから、こういうケースもある程度は
想定の内だったのかもしれませんけど、ここまで大きな問題になるとはボーイングも考えて
なかったんじゃないでしょうかね。でも、すっごく美しい飛行機ですし、今回の件で正真正銘
安心な飛行機としてまた被写体になってもらいたいですし、今度は実際に乗ってみたいですねぇ^^
Commented by Pikatto08 at 2013-05-05 21:56
たま~~~~~にしか飛行機に乗らないから、実は離着陸の時はドキドキします!
それだけに、機体の異常は生死に関わることですからキッチリと改修してほしいですね。
でもそれ以上に、離陸のGはワクワクしてるんですが・・・♪
Commented by kotodaddy at 2013-05-07 07:34
光°さん
離陸時と着陸時のGは私もウキウキしますねぇ^^
私は飛行機好きだからなのか、あまり怖さでのドキドキ感って経験したことが無いのですが、
台風の時にはさすがにオイオイって感じでしたねぇ。ただ、パイロットもそういう天候の下では
ほとんどの事象が予測の範囲内にある筈なのでいいんですが、機体の不具合なんてのは
それ以前の話ですから、そういう機に乗り合わせてしまったら冷静じゃいられないんだろうなぁ。


<< packing of 3 fr...      支那そばや本店 >>