2013年 02月 28日
北の大地遠征 Part6 THE FINAL
こ、今度こそ最後ですんで・・^^; ホントに長文ですがお付き合いの程・・。ホントに長いっすから・・^^;

遠征最終日。なんとかちょこっとアカゲラと遊んでもらってるうちに、やっぱりと言うかナンと言うか、降ってきたんですねぇ、雪が。しかも今度は結構な降り方。時間的にはまだ多少余裕があるものの、空港に向かう途中に何かあっても困りますし、何事も余裕が肝心。ここは潔く撤収を決定。タクシーを見つけてホテルに戻ります。ホテルでは預けた荷物を受け取り、フロントの方々の「何やってんだ、アイツは・・」的な視線に耐えながらロビーでスノーブーツを履き替えたりして再度荷造り・・。

さて、空港に向かうか・・。しかし、外に出てみると・・、ぬおぉ、とんでもない降り方になっております(`・ω・;´)。こ、こりゃぁ、この遠征中で一番スゴい降り方になってきたかも・・^^; 北海道の人々はカサを差さないのでココはイッパツ私も、と思いましたがとんでもない・・。結局、札幌駅までまたも「ヘイ、タクシー」(笑)。

札幌駅に着いて、空港行きの電車を待っていると雪の影響で遅れが出ている、と。いやー、雪に慣れたJR北海道もこんな事あるんだと思いつつ、なんとか乗車。窓からぼんやり外を見ているとさっきより激しく降っている様な気もしないではないが、まぁ北の大地ではこんなもんなんだろうねぇ。

ほどなくして空港到着。ゴーヨンやカメラ機材が入ったリュックタイプのバッグを背負い、右手には大型ボストンバッグ、左手には三脚ケース。うおお、キツい・・。ここまでタクシーや、hiroさんやkitanoeosさんのクルマで移動させていただいてたもんだから、今回遠征に持ち込んだフル機材をまともに持ったのは往きの羽田空港以来か・・。実は自宅から羽田までの道中もマイカー使っちゃったもんで、このヘヴィさはほとんど未体験・・^^; ぐあぁ、エスカレーターに乗るのもキツい・・^^;

もうハァハァ言いながらなんとか出発ロビー階に到着。まだまだ17時の飛行機にゃ早いけど、もー荷物預ける。とてもじゃないが、こんな大荷物持ってターミナルをウロつけん。それに平日の夕方前だってのに今日は妙に人が多いしな・・。お姉さん、はい、おねげーしまつ。そこでANAのグランドスタッフのお姉さんがひと言。「実は大雪のために欠航と遅延が続いておりまして、この便も飛ぶかどうかは・・」。

(゚Д゚)ハァ? この降り方ってたしかにすんごいけど、北の大地でもそんな窮地になってしまう程の降りなんだ・・。後で知ったのだが、14:30位から空港は大雪でクローズ。到着便は着かず。そうなると当然ながら折り返しの便の機材も無いってことで欠航続発。ははぁ、それで人が溢れかえってる訳だ・・^^;
c0152553_19394718.jpg

それでもまぁ、17時になれば天候も変わるだろうし、なにしろ今の段階じゃ待つしか無い。プラプラと時間をツブしながら、ちょっと早めの16時にはセキュリティチェックを通過した。

モニターを見上げると・・。しめしめ、私の乗る便、17:00発ANA072便は定刻通りの予定みたいだ。いや、ツイてる。もっと早めの便で帰ろうなどと企てていたら今ごろ泣いてるところだった^^ 完全なる余裕をかまして搭乗口近くのイスに座ってると・・。ANA便070便は欠航決定、と。な、なぬ!? それって私の便のひとつ前の羽田行きじゃん。ひえぇ、こりゃひょっとするとひょっとするかも・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

で、その後の私の便に関してのアナウンスが来た。「17:00出発予定は17:15になります」。ぐあ、遅延か。しかし、この状況で遅延だったら御の字か。そう思いながら横を見やると070便から降ろされた乗客たちがANAの係員に詰め寄ってる。よく台風だのの時、テレビのニュースなどでこういう言い争いみたいなのを見るが、まさにあんな感じ。でもって、今はよせばいいのに「なお、天候による欠航ですので宿泊費などの負担は一切ございません」などと「一切」のところを強調したりしてアナウンスするもんだから、降ろされた乗客たちは尚更ヒクヒクきてる・・。ガクガク(((n;‘Д‘))ηナンダカコワイワァ

で、またも私の便に関してアナウンスが入る。「17:15出発予定の072便は更に遅れ17:45に・・」。そしてしばらくすると「更に大幅に遅れて18:15に・・」。この辺からお姉さんがマイクを持つ度に数百人がそれをキッと睨みつける様になり、どうも不穏な空気に。いやー、こりゃとんでもない事になってきたゾ・・。しかし072便は「遅延」はするものの「欠航」の「ケ」の字も出すつもりは無い様だ。「よしよし、ANAは断固としてこの072便は飛ばすつもりなんだね」と確信をもった私は、とことんお付き合いさせていただこうじゃありませんかムード。この間もあちらこちらで乗客VSスタッフの小競り合いが入ってるのだが、大船に乗ったつもりで足を投げ出し座っている。おぉ、いよいよ我が搭乗ゲートにANA072便で使われるボーイング747-400が滑りこんで来た。いよぉ~し、乗るぞ~、飛ぶぞ~。

窓の外では機体に積もった雪の除雪、そして主翼に張り付いた氷の除去作業が始まった。このディアイスと言う作業を目の前で見るのは初めてである。おぉ、すんげー。しっかり落としてね。主翼着氷で過去に事故を起こしたケースもあるんだからね。あ、もう終わり?まずいよ、そりゃ。まだ残ってるって。なんだか作業をする人が氷が残っている状況に気付いていないんじゃないかと思い、近くにいたANAスタッフにひと言モノ申そうかと思ったものの、アブない飛行機オタクと思われるのがオチなので自重。そこに唐突に「滑走路の除雪作業が再び始まりました関係で、072便は19:00に皆さまを機内へ・・」とアナウンスが。おぉ、またも遅れが生じたものの、いよいよ具体的な搭乗案内が入った。思わず「勝った」とばかり握りこぶしを作った私だが、まぁここまで来ると本当にゲートから飛行機が動き出さんと信じられんな・・。

なんとか19時ちょっと過ぎに実際に飛行機に乗り込むことが出来た。外ではまたもディアイス作業が・・。
c0152553_1943374.jpg

あ、この写真。ケイタイで撮ったものですが、今はドアクローズまでは携帯電話を使って良いことになってるんであしからず・・^^

そしてついに、遅れに遅れること2時間20分。19:20にドアクローズしプッシュバック開始。ありがとう、ANA。こんな状況でも私の便は飛ばしてくれるんだね。今後も使うよ。いつも一緒だよ、ANA・゚・(ノД`)・゚・。

んが、しかし。ここまできて、とてつもない事態発生。ANA永遠のフラッグシップ747-400は、なんと滑走路まで行く途中の誘導路で止まってしまったのだ。キャプテンアナウンスでは「誘導路の積雪がとんでもない事になってるのと、またも機体に多くの雪が積もってしまった為に、それらの除去作業をします」、と・・orz ゆ、誘導路で立ち往生って聞いたこと無いゾ・・。ホントに飛べるのか?うわ、ホントにディアイスカーがやってきた。こりゃぁ、このまま「やっぱダメでしたぁ(゚∀゚)」みたいな事もあるかもしれんな。あー、もういいや、何が起きても驚くまい。飛ばしてくれるだけでいい。わたしゃ待つよ、ひたすらに・・。

誘導路の除雪・・、完了。機体の除雪・・、完了。再度タキシング開始。轟音を響かせながらついに滑走路R/W01Rを離れた072便。時計を見ると20:30を回っていた・・。普通であれば羽田に着いてるどころか、自宅に帰ってフロ入ってる時間である。長い長い北の大地遠征が終わった瞬間だった・・。

by kotodaddy | 2013-02-28 21:02 | 旅行 | Comments(28)
Commented by ころう at 2013-02-28 21:44 x
いつも思うのですが、kotodaddyさんは航空関係のお仕事なのでしょうか?それとも全くの趣味なんでしょうか…w

そういえば、僕の手元にデジモノが2つ増えましたw
Commented by hayabusa47 at 2013-02-28 23:07
こんばんは。
北の大地遠征記、楽しく読ませていただきました(^^)
最後の最後にスリリングな時間を過ごすことになって、
より一層北の大地遠征が記憶に残ることになったのではないですか?
Commented by ku-michael at 2013-02-28 23:25
最後の日に こんな事があったなんて。
飛んで良かったですね。
私だったら早々と欠航決めてくれて もう一晩札幌満喫したいが・・・(^^;)
Commented by wonderfullifewith at 2013-03-01 07:25
お疲れ様でした。
ちょっと前までは「冬こそJR」みたいなTVCMをやってたんですけど、ここ最近はちょっとした大雪で運休が相次いだりしたもんですから、さすがにそんな大上段に構えたCMは無くなりました(^◇^;)。

飛行機も先ずは安全第一ですから、関係者が「危険」と判断すれば運行を取りやめますよね。
まぁ逆に客から「ふざけんな!」って言われて「じゃぁ飛びます」って言われても困るわけですが。

なにはともあれこれが北の大地ですので、これに懲りずにまたお越し下さいませ。
飛行機が欠航するようなことは、そうそう有ることでは無い、はず?ですのでm(__)m
Commented by うらくん at 2013-03-01 08:16 x
いやいや お疲れ様でした(笑)
忘れられない思い出になりましたね。
南の島ならいざ知らず、寒い北の地での不安はたまりませんね。寒さは恐怖ですからね。
ご無事でなによりでした。
番外編もありそうですね。
まだまだ期待してます(笑)
Commented by ナツパパ at 2013-03-01 08:50 x
記事を拝見していて、思わず手に汗が...
無事飛び立って良かったですね。
わたしは以前に数回、千歳→羽田が欠航になったことがあります。
カミさんの実家があるので泊まるところは大丈夫なのですが、
なにせ翌日の切符手配や混雑で、ヘトヘトになりましたっけ。
正月は3日後に切符がやっと取れ、しかたなく(笑)、札幌で
過ごしていました。
仕方ないんだ...と言ったときの、電話の向こうから聞こえる
なんとも言えない唸り声...迫力がありましたねえ(笑)
Commented by kitanoeos at 2013-03-01 10:28
無事(?)、北の大地遠征完結ですね。
twitterを拝見していましたが、なかなか危機迫る物が有りましたよ。
私は申し訳無いとは思いつつPCで運行状況をチェックしていましたが、
たしか「ご案内中」からいっこうに「飛行中」に変わらづ???。
まさか誘導路でそんなドラマが有ったとは^^;

そんな北の地北海道ですが、
「またのご搭乗を心よりお待ち申し上げております」By ANA
Commented by kotodaddy at 2013-03-01 15:17
ころうさん
いつも思ってるって・・、どんな部分でそう思われました^^;?
いえいえ、全然航空関係の仕事じゃありませんよ^^;
Commented by kotodaddy at 2013-03-01 15:20
hayabusa47さん
最後のドタバタがあっても無くても忘れることの出来ない思い出にはありましたけど、
何年か経っても必ず「あぁ、あの時は帰りにこんな事があったなぁ」とは思うでしょうね。
もともと飛行機も好きですし、ある意味で不謹慎な発言になってしまうかもしれませんが、
貴重な体験をさせてもらいました。機内からディアイスを見るなんてそうそう無いですよ^^;
Commented by kotodaddy at 2013-03-01 15:27
ku-michaelさん
こんな事もあろうかと翌日も休みを取っていたから割と気楽でいられたのかも・・^^;
翌日に大事な仕事が入ってますなんて話だったらもっとドキドキものだったでしょうね。
そんな感じだったので、万が一って話になればどこかに宿を取って、翌日も撮影に出て
いたと思いますよ(笑)。
Commented by kotodaddy at 2013-03-01 15:35
wonderfullifewithさん
札幌駅のホームで電車を待ってたら、あちこちで「◯分遅れで・・」とアナウンスが入って
ました。で、空港行きの電車は他のホームの列車を待っての発車みたいで・・。
今回の一件、ちょっと言い方はアレなんですけど、飛行機好きとしてはちょっとドキドキもの
でしたね。自分の乗ってる機が誘導路で立ち往生したりって滅多にあるもんじゃないでしょう^^;
また行きたいです^^ そう言う機会がありましたら、また遊んでください^^
Commented by kotodaddy at 2013-03-01 15:43
うらくんさん
最後の最後でもひと波乱ありましたが、ホントに良い思い出になりましたよ。
私は会社通勤がマイカー、しかも10分程度のものなので、台風や大雪などの公共交通
機関の乱れに遭遇するのってあまり無いんですよ。なので不謹慎ではありますけども
なんかドキドキ感があって・・^^; 切迫した状況の方々には申し訳ないんですけど。
Commented by kotodaddy at 2013-03-01 15:49
ナツパパさん
北海道を頻繁に行き来されてる方は多かれ少なかれこういう事態は経験済みでしょうね。
たしかに欠航などで宿泊や切符などを急遽手配しなければならない事の方が大変かも
しれません。考えてみれば私にしても、あそこから宿や翌日の航空チケットを押さえる
作業をしなければならない事になったら大変だったでしょうし。やっぱり飛んで良かった^^
Commented by kotodaddy at 2013-03-01 16:46
kitanoeosさん
空港ターミナルで取り立ててやる事もなく、ただひたすらTwitterで実況中継をしてました(笑)。
みるみるうちにバッテリーは無くなり、途中で単三電池の充電器まで買い込んでいじって
おりましたよ。結局あの日は自宅に到着したのが24時寸前。長い帰り道にはなりましたが、
その分忘れることの出来ない旅になりました。ありがとうございました^^
Commented by strike-freedum at 2013-03-01 17:10
デアイスはタイミングが難しいんですよね、有効時間を見越してタイプを使い分けますけどタキシング中に再度やり直しってのもたまに聞きますね。 
1回あたりの費用も手間も結構なものですし冬のグランドさんはホントご苦労だと思います。 

こんだけ降ってもお隣の千歳基地はスクランブルありますし除雪完璧なんだろうなぁ。 

 
Commented at 2013-03-01 17:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kotodaddy at 2013-03-01 18:05
strike-freedumさん
誘導路上でストップしてデアイスしてる時、よくデカいジャンボの周囲にデアイスカーが
止まれたなぁ、と。まぁ、これは滑走路と誘導路間のタクシーウェイをうまく使ったんだと
思いますが、我々の機のデアイス作業中にJALやSKYの何機かの機体が追い抜いて
離陸して行ったんですよねぇ。でも、さっき新千歳空港の衛星写真を見たら誘導路は1本・・。
って事は滑走路のR/W01L/19Rを使ってタクシーしてたって事ですよねぇ。わたしゃ
新千歳にも誘導路はIN/OUTがあるんだと思ってましたよ。やっぱり我々の乗る747が
塞いでたんですね(笑)。
Commented by kotodaddy at 2013-03-01 18:08
カギコメさん
はじめまして。ようこそお越しくださいました。せっかく初のカキコミをしてくださったのに
カギコメなんですね・・。なんか申し訳ない気がします^^;
当日はTwitterをご覧になっていたとの事・・。やたらとくだらないツイートばかりだったと
思います。すみませんでした^^;
また是非コメントしてくださいね。お待ちしています^^
Commented by ya_mura at 2013-03-01 22:49
雪の中、飛行機飛ばす…ってのはホント大変なんですねぇ…
観客の皆さんの様子も目に浮かぶようで…興味深く読ませてもらいました。
Commented by kotodaddy at 2013-03-02 08:45
ya_muraさん
こういう北国の空港、滑走路や誘導路にロードヒーティングを施しておくなんてのは難しい
んですかねぇ・・。私が空港に着いてから飛ぶまでの間に、もう何回滑走路の除雪作業を
やっていた事か・・。当然っちゃ当然ですけど、あれも全て人間がやってるんですからねぇ。
大変な事ですよ・・。滑走路の除雪作業も、数台の除雪車が横一列になって滑走路を往復
する地道なものでした。これがこの時期は毎日なんですから本当にスタッフさんは大変でしょうねぇ。


Commented by tks_naka at 2013-03-02 09:27
結構、ギリギリの状況だったんですね・・・・。(;゚Д゚)
Twitterでも見ていたのですが、こういう時は嫌ですよね。

そう言えば、羽田-広島へ行ったときに霧で降りられず、かなり待ったあげくに福岡へ
ダイバードした経験がありますが、あの時はANAが宿泊代(8,000円)と広島までの
新幹線代を出してくれました。本当に貴重な体験でした。
Commented by strike-freedum at 2013-03-02 11:22
01側にはデアイシングパッドがあったと思いますよ。 
融氷液は環境保護から回収しなきゃいけないのでどこでもやっていいわけじゃありませんので。 
Commented by hot_coke at 2013-03-02 13:23
今年の北日本、例年になく凄いみたいですね~。
誘導路で立ち往生なんて、気分の良いものではないでしょうし…。
とりあえず、無事に帰還できてよかったですね。
Commented by kotodaddy at 2013-03-02 15:17
tks_nakaさん
おぉ、そんなダイバート経験が・・^^;
でも、そういう費用を出してくれたんですね。雪と霧。天候による同じ様なやむを得ない処置
なのに、その差はどこからくるんでしょうかねぇ。今回の私の場合は結果的に飛びましたけど、
欠航って話になっていたら私も(#゚Д゚)ゴルァ!!してたのかなぁ。言うだけ言って、出してくれたら
ラッキーって気持ちにはあるでしょうね。
Commented by kotodaddy at 2013-03-02 15:21
strike-freedumさん
もう完全に外は闇夜になってた時間帯なのでよく分からんのですが、ひょっとしたら
エプロンの一番端っこでデアイスしてたのかもしれません^^; それだったら私の乗る
機体の内側をタクシーしていく機体の説明がつきますし^^; でも、スポットを離れてから
結構な距離をタクシーしてから止まった気もするんだけどなぁ・・^^;
Commented by kotodaddy at 2013-03-02 15:25
hot_cokeさん
やっぱり空港で遅延に次ぐ遅延をひたすら待つのはあまりいい気持ちではないですねぇ。
公共交通機関たるもの、やっぱり時間通りにスパッと動いてくれるのが一番です^^;
でもまぁ、私が遠征してた翌週に「今世紀最大級」なる大寒波が北日本を襲っていたので、
撮影の影響なども考えるとそこに直撃しなくて良かったと思うべきなんですがね、私の場合・・^^;
Commented by k_monet at 2013-03-06 18:27
ほんとお疲れ様でした。
いくらヒコーキ好きでもずっと閉じ込められるのはイヤだよなぁ~

しかし、雪と寒さに慣れた地元民が何人も遭難しちゃうような今回の暴風雪、撮影中の森の中で遭難しなくてほんと良かったですね(^_^;)
Commented by kotodaddy at 2013-03-06 19:08
k_monetさん
最終日の午後の雪は空港も大混乱をきたす程でしたから凄まじいものがありましたけど、
2日目の雪もかなりのものだった様な・・^^; おそらく単独行動だったら遭難してたかも
しれません。今年の大寒波。とりわけ北海道を襲ったこの前の寒波はとんでもなかった
みたいですね。テレビでも何度も取り上げられていましたが、雪と言うものをよく知っている
方々でさえもああなってしまうとは・・。


<< Lowepro Flipsid...      北の大地遠征 Part5  >>