2013年 02月 20日
北の大地遠征 Part2
今回の記事は異常に長文ですのでご承知おきくださいませ・・。

寒風が吹き荒れた中での猛禽撮影修行から撤収。

そう言えば前回の記事で書き忘れたんですがね。ゴーヨンを三脚に載せてスピーディーな猛禽類を追いかけていたところ、どうにも振り遅れるので「あー、しゃらくせぇ!いっそ手持ちじゃ!」とばかりに雲台マンフロット503から勢い良くゴーヨンを抜き、ぐあっとノスリに向けたところで思いっきりコケました。もうコント劇の様に両足が高々と地面から浮き上がり身体ごとドスン、と^^; 何年ぶりだろうなぁ、もうカンペキに地面に仰向けでひっくり返ったのって・・。下が完全に凍ってたんだよねぇ・・。すぐ脇で一部始終を見ていたkitanoeosさんの話では「見事なまでの派手なコケ方なのにも関わらず、自分の身の安全を全く案じることもなく、全身を使ってカメラ機材を守ったコケ方だった」、と(笑)。しかし良かった。カメラ機材も去ることながら、この段階で腰強打で動けなくなるとか手首骨折で病院直行なんて話になっていたら、私の壮大なる遠征計画は、北の大地を踏んでから2時間で終了となっていた筈・・orz

閑話休題。ホテルへチェックイン後に宴会が行われるお店に集合ってことで、しばしの離散。

押さえてある札幌駅近くのホテルに入り、予約してある旨を申し出ると、「大変申し訳ありませんがシングルのお部屋が全て埋まってしまいました」とホテルのスタッフ。「んじゃ、どうすんの」って顔でフロントマンの顔を見ていると、「ツインのお部屋にアップグレードさせていただきますのでお許しを・・」、と。

ほほ~、ツインですか。シングルよりも部屋は大きいし、シャワールームなんかも広くて過ごしやすいに違いない。よっしゃ、全然、OK(笑)。しかし、ここでツキを使ってしまったのが後々響いてくるとは、この時は微塵も思わなかったのでした。

さて、部屋でしばしの休憩の後に宴会のお店に向けて出発。いかん、雪が降っとる。カサ、貸してくらさい。
c0152553_18131815.jpg





お店はすすきの。ホテルからはたったの2~3ブロック先だったと思うのでまだまだ早めの出発ではあるが、まぁゆっくり散歩感覚で歩いてみるのも、いとをかし。そんな軽い気持ちで歩き始めたものの、どんなにブロックを突き抜けて歩いてもすすきのに着かない・・。あぁ、2~3ブロックなんて完全にカン違い・・orz Google Mapではほんの僅かに見えたのだが。さらに、途中でお店の情報をプリントアウトしたものを忘れたのに気付くも、時すでに遅し・・orz
c0152553_18132629.jpg

まぁ、それでもなんとかお店に到着。おぉ、実に豪華なお店である。その名も「海鮮ダイニング 空」。このお店のチョイスはwonderfullifewithさんによるものだそうだ。さすが日頃から良いところで飲んでいらっしゃる・・^^ うぅむ、ケイタイのカメラで撮ったのでなんかヒドい写真である・・orz 宴会シーンの撮影のために実は24-105もバッグに入れて来たのだが、ホテルの部屋にカメラごと置き忘れたことにこの時点で気付いた。なんかおかしいぞ、ワタシ・・。ひょっとして昼の「大転倒」で気付かぬうちに頭でも打っていたんじゃなかろうか・・orz orzばっかりになってきた・・orz

気を撮り直して、案内された席からすすきのの街を見下ろしてみるとこんな感じである。ドッカンと積もった雪を考慮に入れなければ、まるで東京・銀座である。
c0152553_18133353.jpg

それが証拠に・・、リムジンであります。雪のすすきのを行く純白のリムジン。やっぱりすすきのは銀座と変わらないですな。この店にしても銀座にありそうな高級イメージだし。
c0152553_18134020.jpg


さて、宴でありますが。ブログと言う場で日頃から交流していると、こういう時にまどろっこしい自己紹介なども無く、一気にトップギアに入っていくもんであります。実は本日ここに集まった4人は今日この日が完全なる初対面同士なのですが、それを微塵も感じさせない楽しいひとときでありました。

って、宴会のカットがまるで1枚もありません。さぞや語らいが楽しかったのでしょう、ケイタイにもコンデジにも、先日のカニ写真以外の料理などの写真が1枚も残っておりませんでした^^; 楽しい時間は経つのも速い・・。別れを惜しみつつお開き、と・・^^;

帰り道は、もうドカドカの降りです。皆さんにはご丁寧に地下道の存在を教えていただいたのですが、基本的に雪が珍しいって地域の人間ですから、酔いも手伝ってフラフラと歩いて帰ることに・・。
c0152553_18134757.jpg

しっかしアレですな。こんなに雪が降っていても北海道の方ってのはカサを差さないんですな。冬になると毎日の様に雪が降っているので、カサなんちゅう邪魔っけなモノは持たないんでしょうか。雪の質もサラサラのパウダースノーでして、仮に衣服に付いたって手でポンポンとはたけばキレイに飛んじゃうからなんでしょうか。途中からソレに気付いて通行人をつぶさに観察しながら帰りましたが、もう10:1の割合でカサ持ってませんね。いや、関東じゃ「こりゃぁスゴい降りになってきたゾ」って位なんですがねぇ・・。驚きました・・。しかし、なんだかヒドい写りの写真ばかりで記事を仕立て上げてしまいました。ま、仕方ないっすよね、コンデジとケイタイのカメラっすから・・^^;
c0152553_18135938.jpg

路肩に積み上げられた2mを超えるであろう雪山やツララが下りてる街路灯などにビックラこきつつ、なんとかホテルに帰還。部屋のテーブルの上には、追っかけ充電も終わり24-105がしっかりとマウントされ臨戦態勢に入ってる1DXが私を出迎えてくれておりました・・orz

by kotodaddy | 2013-02-20 19:17 | 旅行 | Comments(20)
Commented by hot_coke at 2013-02-20 22:22
白い北海道で、猛禽類撮影とは、うらやましすぎる。
しかも、夜のすすきのですかぁ~。
遅い正月休み、すっかり満喫してますなぁ(笑)
Commented by ku-michael at 2013-02-21 00:10
笑いながら読ませて頂きました(^_^;)
雪道歩きやすかったですか?
私、滑らないかと・・・怖かったです。
リムジンは誰が乗ってたの?
カメラも人間も無事で何よりでしたね!
Commented by ya_mura at 2013-02-21 06:40
なんと転倒…無事で何よりでした(^^;)
飲み会も堪能されたようですね。まぁ飲み会に大きなカメラを持って行くのはリスクも伴うと思うので…部屋で待機でも良かったんではないでしょうか。
初対面でもトップギア…あー、わかりますね。
Commented by kotodaddy at 2013-02-21 07:39
hot_cokeさん
例年だと遅めの正月休みでさえ取れなかったり、取れても自宅でグダグダやってる内に
アッサリと終わってしまうのですが、今年は珍しく活動的に過ごしてみました^^
もともとクマゲラと言うキツツキを撮るのが大目的ではあったのですが、結果的に猛禽を
こんな間近で、しかも良い雰囲気の場所で撮れたのは大きな成果だったですねぇ。
案内役を引き受けてくださったhiroさんに感謝です^^
Commented by kotodaddy at 2013-02-21 07:42
ku-michaelさん
札幌市内のタクシーの運転手さんも言ってましたが、今年は例年になく雪が多いそうで、
野鳥撮影に立ち入った自然公園も人が一人歩ける部分だけは獣道(笑)の様になっている
ものの、すれ違いをする為にちょっと獣道を外れるとヒザ上までズボッと・・^^; こういう道、
基本的には歩き慣れてもいませんしねぇ。リムジン、誰が乗ってたんですかねぇ。札幌に
有名な外国人タレントでも来てたりして・・(笑)。
Commented by kotodaddy at 2013-02-21 07:46
ya_muraさん
転ぶ前から足元が凍っているのは把握してたのですが、もうアッと思った時には完全に
地面に寝転んだ状態でした^^; 無意識のうちに機材をかばうのはカメラマンのサガ(笑)?
まぁ、昼間からこんな調子ですから、酔っ払って雪道を歩いていたらすすきののド真ん中でも
転んでいたかもしれませんから、カメラは部屋に置いといて正解だったかもしれませんね。
しかし大きなケガが無くて良かった。あそこで致命的ダメージを受けていたら泣いてましたね、たぶん。
Commented by うらくん at 2013-02-21 08:00 x
楽しい時間を過ごされて、良かったですね。
私もブログで知り合った方と実際に会って一緒に撮影した事あります。
ホントに楽しい時間ですよね。
昔からの知り合いみたいな。
いつかお会いしましょう。
Commented by ナツパパ at 2013-02-21 08:37 x
さすが北国、すごい雪ですねえ。
外が寒い分、室内は暖かく居心地が良い、のが北国の特徴ですとか。
ぬくぬくした部屋で皆さんとワイワイ、羨ましいなあ。
カミさんは3月に帰省すると言います。
わたしもついて行っちゃおうかしら。
Commented by kotodaddy at 2013-02-21 11:19
うらくんさん
この日の宴会でも話していたんですけど、そもそも共通の趣味を持っている仲間がブログを
通してずっと会話してきてたみたいなもんですから、いざ初対面で顔を突き合わせても
「あの時の記事は・・」みたいなところから会話がスタートしちゃうんですよねぇ。
うらくんさんともいずれどこかでお会いしたいですね。楽しみにしています^^
Commented by kotodaddy at 2013-02-21 11:32
ナツパパさん
ホントその通りなんですよ。屋外は氷点下なのに、屋内(店内)は窓際席には据付けの
ヒーターがあり、通路には一定間隔ごとにストーブが置いてあってポッカポカで暑いくらい
でした。その謀略(?)にまんまとハマって、冷たいビールや冷酒を次々口にしてしまった
のですがね^^; 店内にいらっしゃる方々を見てると、分厚いコートは着ているものの、
その下は意外に薄着なんですね。この辺は北国の常識なんでしょうか^^
Commented by kitanoeos at 2013-02-21 16:15
宿泊先にお送りした時に、「ホテルで傘かしてもらえるかな?」と仰って
いたのですが、一瞬?でございました(笑)
本当なら傘を使用した方が濡れないですし良いかと思いますが、私の知る限り
蝦夷の人間は、そのまま脱いでバサッて感じですね。
それでいて寒がりな人種ですからね。暑い部屋でTシャツ一枚、そんでアイス
食ってますからお恥ずかしいかぎりです^^;
Commented by pm3-2 at 2013-02-21 19:44
流石に楽しい記事ですね^^
街中もこれほどまでに真っ白とは・・・。
宴会はさぞ盛り上がったことでしょうね。
写真無しでも伝わってきます。
上からリムジンのカット、カッコイイっす♪
Commented by granpatoshi at 2013-02-21 21:04
こんばんは♪

ホッキャードー遠征、お疲れ様でした。
転倒あり、迷子あり、忘れ物あり・・・それでもしっかり飲んで、撮っているところは
さすがkotoさんですなぁ(^^)/。ところで、アンチフォグアイピースの使い勝手、
どうでした?
でもさすが北海道ですね。雪もスゴイが、鳥もスゴイじゃあ~りませんか^^。
私は雪の北関東で大感激でしたが、北の大地ともなると雪景色も壮大でしょうね。
次はぜひ真冬のタンチョウ鶴お願いします^^。
Commented by zingbay at 2013-02-22 00:05 x
羨ましいの一言に尽きますね。
行きたいなぁ
Commented by kotodaddy at 2013-02-22 07:13
kitanoeosさん
>暑い部屋でTシャツ一枚、そんでアイス食ってます
そういうスタイルは大好きなんですが、自宅でそれやるとカミさんに「暖房費がもったいない」と
怒られそうです^^; それにしてもカサ差さないですね、北海道の方々は。まぁ雪質が
パウダースノーで、そんなにベタッと濡れる感じじゃないですけどね。そう言いながらも、
すすきのからの帰り道もキッチリとカサ差してましたが^^;
Commented by kotodaddy at 2013-02-22 07:16
pm-3さん
趣味が同じなので会話が延々と続くんですよねぇ^^ 会社の同僚などとではこういう
雰囲気での盛り上がりにはなりません。いずれpm-3さんともお会いしたいもんです。
私が土日に時間を作って行けばカンタンなんですがねぇ^^;
Commented by kotodaddy at 2013-02-22 07:21
granpatoshiさん
飛行機での遠征もなんとなく掴めましたんで、道東の方面にも行ってみたいですねぇ^^
アンチフォグアイピース、使えます^^ 今回、野鳥撮影に興じた3名は全員がアンチフォグ
アイピースを新調して撮影に臨んだのですが、全員の結論が「効いてる」に一致しました^^
試しに「ハ~」って息を吹きかける荒業に出ても全然曇りませんよ^^
Commented by kotodaddy at 2013-02-22 07:23
zingbayさん
もう4~5年ぶりに4連休を取れました(笑)。そんな感じなので、これは何が何でもどこかに
出掛けないと相当に後悔するんじゃないかと思い行動してみました~^^
Commented by wonderfullifewith at 2013-02-22 10:13
お疲れ様でした。
初日にそんな事件があったとはつゆ知らず。
まぁ、体は最悪1ヶ月で元に戻りますが、機材は何もしなければ何時までもそのままですから、やはり身を挺して守って正解でしょう(と言う感覚がどこかおかしい?)

ススキノのど真ん中のお店ですから、何方でも迷うことは先ず無いだろうと思いましたので、選ばせて頂きました。
本当はもっとコアなお店もあるんですが、そんな店よりもネタ的にも良いかな?と(どうだススキノだぞ〜的な、笑)。
あのカニのお値段には地元民も驚愕です。

カメラを持参したのに、カメラの繋がりなのに、コンデジで数枚しか撮って無い自分にもビックリでした。
それだけ話が面白かったって事ですね。
Commented by kotodaddy at 2013-02-22 18:00
wonderfullifewithさん
素晴らしいお店をチョイスしていただき、本当にありがとうございました^^
大転倒、もう気が付いた時には完全に転がった状態だったのですが、機材も無事。
しかし、自分で言うのもナンですが相当に派手にコケた割りにはヒザも腰も手も全くもって
これっぽっちの痛みも感じなかったのは不思議でなりません。咄嗟に機材をかばったせいで
下手に手首を付いたりせずに身体でドスンと逝ったのが結果的に良かったのではないか、と(笑)。


<< 北の大地遠征 Part3      北の大地遠征 Part1 >>