2013年 01月 03日
箱根駅伝
いやぁ、今年も終わりました、正月の風物詩「箱根駅伝」。

以前にも「ロケ地みたいな場所に行ってみたくなる」って記事をupしたのですが、箱根駅伝に関しても一度は「その場」を訪れてみたくなるのがkotodaddyでして、もう結構前の話にはなるのですが、行ってきたんだなぁ、「その場」に(笑)。
c0152553_15393691.jpg

この場こそが箱根駅伝往路ゴール地点であり、復路スタート地点。過去に数多の悲喜こもごもを見続けてきた、大学駅伝を語る上で避けては通れない地であります。こんな碑が建ってるんですねぇ^^
c0152553_15394333.jpg

その場から視線を移すと、そこは最終コーナーであり、第一コーナー。あそこを曲がってトップのランナーが大歓声に包まれながらここに向けて走りこんでくる姿を想像すると、今ここに立っている事もなんだか感慨深いものになるのですが、多くの観客も大学名の入った応援のぼりも並んでいないと、なんだか予想外にガランとしてるもんで・・^^;
c0152553_15394056.jpg

「駅伝ミュージアム」なる施設もこのスタート&ゴール地点脇に建っております。もちろん中に入りましたが、大学駅伝の歴史、選手が身につけたウェアやシューズなどが展示されていましたねぇ^^

私は割と若い頃からマラソンの様な長時間の競技を見るのはずっと苦手で、2時間3時間に及ぶテレビ中継の間ずっとテレビの前から離れない人たちを見るにつけ「何が面白いんだろう」とまで考えていたのですが、ここ7~8年、やたらと大学駅伝が好きになってしまいました。「ナゼに心境が変化したの?」と問われるとそれに返す明確な答えを持ちあわせていない事に気付くのですが、母校の意地と名誉をかけて走っている姿を見ると、なんかこう・・、涙腺が緩んじゃうんですよねぇ・・。老いか・・^^;?特にねぇ、無念の途中リタイヤなんかを目の当たりにしてしまうと、彼のこれからの1年、いや長い人生そのものまで心配してしまう訳です。周りは「仕方ないよ」と言うかも知れません。しかし、当の本人にとってはそんな言葉で割り切れない、おそらく人生観そのものが激変してしまうであろう辛い出来事だと思うのです。翌年の箱根駅伝で無事完走しリベンジを果たせたのならばまだ心持ちも違うでしょう。しかし、あそこに出てくる様な大学の陸上部は当然ながら選手層は厚い。最初で最後の箱根駅伝なんて選手はザラで、リベンジも許されないまま失意のままに社会に出て行き、何かの折に「あぁ、あの時の・・」などという目で見られる・・。結果や責任が全て本人に起因する個人競技と違い団体競技と言うものは得てしてそういうものなのですが、勝っても負けても、好走してもそうでなくても、そんな残酷さをはらむのが大学駅伝なのでしょうか。

by kotodaddy | 2013-01-03 16:27 | その他 | Comments(18)
Commented by ジュニアユース at 2013-01-03 16:53 x
こんにちは。
箱根駅伝、ことしもテレビ観戦していました。今年も途中リタイヤする選手、でましたね。
私もkotodaddyさんと同じことを考えていました。
駅伝は、複数の仲間とタスキを繋いで走りきる、団体競技のようでもあり、しかし実は
走るのは独力ですから、個人競技でもあり、結果に対する個人の成績がもろに出ます。
サッカーなどは団体競技で、負けても、失点しても、確実に責任の所在を個人に特定する
のは難しいですが、ね。
駅伝の素晴らしさと同時に、言葉は悪いですが、残忍さも感じてしまいます。
でもスポーツというのは、多かれ少なかれ、そういうものであり、良い面ばかりを持ち上げる
べきではないのかもしれませんね。
Commented by nuran at 2013-01-03 17:22
새해 복 많이 받으세요!! ???

あけましておめでとうございます!
今年㋲ 宜しくお願いします
Commented at 2013-01-03 19:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ZUDA at 2013-01-03 20:55 x
kotodaddyさん、こんばんは。

私は今年も箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)の復路のゴール付近で撮影していました。

とても感動しました。
これはテレビでは味わえませんね!
撮影した写真は感動でピンボケの量産でしたが(笑)
また、駅伝ミュージアムも行ってみたくなりました。
Commented by kotodaddy at 2013-01-03 21:02
ジュニアユースさん
たしかに駅伝は個人競技の足し算ですからねぇ。でもテレビの解説で「◯◯大学の△△、
大ブレーキです!」などと言ってると「そういう言い方はないだろ」なんて腹立たしく思ったり
するんですよねぇ。走ってる本人なんておそらく心臓止まったって走ってやると思いながら
走ってるに決まってますよ。テレビ観戦してる親御さんなんて泣いていらっしゃるんじゃない
かなぁ、と。スポーツは勝者あれば敗者もいるのが当然なんですが、それでも大学駅伝の
残酷さは見ていて辛くなります^^;
Commented by kotodaddy at 2013-01-03 21:08
nuranさん
いきなりの韓国語で、学の無い私には「?」でしたよ・・^^; でも翻訳ソフトで解決しました^^
こちらこそよろしくお願いいたします^^
Commented by kotodaddy at 2013-01-03 21:10
カギコメさん
いえいえ、ホンキで勉強させてもらってます^^
今年は今までとちょっと違った撮り方にも挑戦しようと思ってますし。挑戦してもモノに
なるかどうかは分かりませんが・・^^; よろしくお願いいたしますです^^
Commented by kotodaddy at 2013-01-03 21:16
ZUDAさん
>復路のゴール付近で撮影していました
いやー、それは羨ましいなぁ。駅伝のコース脇はどこも混雑しているので、ココと決めた
場所からは動きにくそうですが、念入りにロケハンでもして撮ってみたいと常々・・。
職場の今のポジションから変わって正月に休みでも取れたらゼヒ撮ってみたいもんです。
駅伝ミュージアム、東洋大の柏原クンが実際に履いていたシューズなんかも展示されて
いたと記憶しています。けっこう面白かったですよ^^
Commented by ころう at 2013-01-03 22:00 x
実は、箱根駅伝、日大で走っていた(日体大ではない)選手のうちの一人が、僕の同級生の兄貴さんでよく知っている人だったので、特に駅伝好きではない僕も見てしまいました。
テレビに、自分の知っている人が写るというのはなかなか感動ものですね。

実は先ほど、某中古カメラWEB通販で7Dポチってきました。
Commented by pm3-2 at 2013-01-03 22:05
こんばんは~。
箱根駅伝は以前は全く興味なく見なかったんですが、
最近はkotodaddyさんと似たような感覚で見ています。
やはりリタイアした選手ですよね。
今後の人生まで色々妄想を膨らませてしまうんですよね。
Commented by kotodaddy at 2013-01-03 22:40
ころうさん
知っている人が箱根を走るとはそれはすごいですね。でも、なおさら感情移入してしまい
余計にハラハラドキドキしそうな気がします。
7Dを買われたのですね。おめでとうございます。APS-Cの完成形だと思いますよ、アレは^^
Commented by kotodaddy at 2013-01-03 22:46
pm-3さん
途中棄権に関しては、もうまともに見ていられないです。実際に途中棄権の決断が下るまで、
それこそ変調をきたしてからも何とか母校の為に、仲間の為に踏ん張ろうと走り続ける姿が
痛々しくて・・。ハプニングと言う言葉では到底軽々しいですが、ああいった事が起こるからこそ
ドラマだと言う方もいますが、その選手の将来に延々と影を落としてくれるなと祈ってしまいます。
Commented by ya_mura at 2013-01-04 07:03
おー、実際に行かれましたか。
うちの両親も以前行ってきた話をしてくれたなぁ…
実際の地ってのは行きたくなりますよね。

駅伝はチラチラ見る程度ですけど、結果は気にしたり…(^^;)
実際の中継はなかなかスタートしなかったり、実況&解説がうるさかったりで、ずっとは見ないなぁ…
Commented by kotodaddy at 2013-01-04 15:35
ya_muraさん
大体にしてテレビで見た光景と実際では結構違うもんなんですけどね。この場にしても
観客はいないし飾り付けも無いし、当たり前ではありますがガランとしてましたけど・・^^;
私もやたらとガナるテレビ中継はどうかと思うんですが、仮にコース沿道に行っても走る
選手が通り過ぎるのは一瞬ですからね。スタートからゴールまで、全ての選手、レースの
状況を網羅してくれるのはテレビしかないかも・・^^;
Commented by Hobby at 2013-01-05 09:42 x
明けましておめでとうございます〜♪(^o^)
出遅れたご挨拶でスミマセン♪

箱根駅伝、地元のファンは目の前を通るので楽しみにしてますけど、一部規制される道のせいで、周辺部が混んじゃって混んじゃって…
f(^_^;)
自分はテレビ観戦が、お好みです♪
頑張る学生さんたちの姿は、何度見ても胸が熱くなります。
Commented by kotodaddy at 2013-01-05 10:32
Hobbyさん
通り過ぎるのは一瞬ですからね。仰る通り、全体の動きを知るにはテレビ観戦が一番
なんでしょうけど、徒歩とかチャリでコース近くまで行けるんだったらいいですよねぇ。
もちろん大規模な交通規制が行われるでしょうから、その日その時間帯に出掛けなくちゃ
ならん人は大変なんでしょうけど。一度くらいは生で見てみたいですよ^^
Commented by adze at 2013-01-06 14:32
遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします♪
箱根駅伝、2日目の最後の方だけ少し見ました。
ふらふらになりながらも、次の走者にタスキを渡す姿は感動的ですね!
「駅伝ミュージアム」があること初めて知りました。
Commented by kotodaddy at 2013-01-07 17:42
adzeさん
駅伝ミュージアム、私もちょっとビックリしましたけど、大学駅伝はファンも多いですからね。
正月はずっと会社だったんですけど、私も2日目だけちょこちょこと見てました(笑)。
あそこに出てる選手は選手層の厚いチームの中でもたった10人。沢山のチームメイトの
期待と大学の名誉を背負って走ってる姿はやっぱり感動的ですね。


<< 初撮り アカゲラ      2013 >>