2012年 09月 12日
サブマリーナのベゼルはずし
愛用のROLEXサブマリーナの回転ベゼルが回らなくなってしまいますたっ!! 細かいゴミでも噛んでしまったのでしょうか。ベゼル外しをしなくちゃいけません。しかし、コレに関しては、その昔に機械式腕時計にノメり込んでいた頃に「割りとカンタンに交換できるんだよね」みたいなことを聞いてました。GMTマスターのオーナーさんなんか、気分でベゼルの色を変えるなんて方もいらっしゃる位ですからね。今回は「そんじゃぁ・・」ってんで、自分でやってみますた(`・ω・´) シャキーン だって、こんなんで日本ロレックスに持ち込んだ日にゃ、またブッたまげる様な料金を請求されそうじゃないですか・・^^;

①まずはマイナスドライバーを用意。時計修理の業界じゃ「コジ開け」なる道具があるにはあるんですが、そんなモンが我が家に転がってる訳もなく、普通にマイナスドライバーでOK。一応、キズ防止でセロテープで養生しときます。
c0152553_1052153.jpg





②そんでもってベゼルとケースのスキマにグイッと突っ込みます。ちょっとコワいですが・・^^; で、テコの原理的にベゼルを上に浮かせます。マイナスドライバーを突っ込む位置はどこでも構わないんですが、時計の文字盤で言うところの12時から2時くらいの箇所はヤメましょう(笑)。理由は後ほど・・^^
c0152553_1052784.jpg

③取れました^^ 日頃からベゼル付きの姿カタチを見慣れている身としては、どーしようもなくマヌケな風貌に見えます(笑)。「時間が戻ってんじゃねーか」と言うツッコミは無しで(笑)。途中で「コレはブログに載せておこう」と気付き、そこからカメラを出してきましたんで^^
c0152553_10521277.jpg

④裏返してみると・・。うっげー。いやー、こりゃヒドい・・。細かいホコリが蓄積し、ベゼルのリングの刻み全周を覆ってしまってます。ベゼルリングとベゼル部分はポコッと取り外せますんで、両方をエアーブロアや流水を使ってキレイにします。時計ケース本体側にこびりついた汚れもこの際キレイにしときます。これは爪楊枝とかが良いかも。ケース側には薄い円形リングが文字盤の周囲にありますんで、コレを傷めない様に・・。
c0152553_1052184.jpg

⑤キレイになりました^^ このミゾこそが、あのカチカチッとしたベゼルの回転感に直結しますんで^^ 回転のスムーズさを考えると、ここにミシン油でも薄く塗った方がいいんじゃないかとも思いましたが、後からそれが漏れ出したりするのもイヤだし、数年後に油にホコリが詰まってしまったなんて方が面倒になりそうなので、私はそのままで・・。
c0152553_10522448.jpg

⑥ベゼルリングを先にケースに戻します。文字盤で言うところの12時~1時近辺外側に小さい針金が付いてるのが見えますでしょうか。これがクリック感の演出と共にベゼルの逆回転を防止する部品。こんな小さな部品をぶっ飛ばしたら探すのも大変です。これがこの箇所に存在してるので、②でこの近辺にドライバーを入れるのはヤメましょう、となる訳です^^ ベゼルリングは上からグッと押し込んで取り付けます。おおっ、コレはコレでなんだかサマになってるじゃないッスか(笑)。だからと言って、この状態で使うつもりも無い訳ですが。当然ですが、ベゼルリングを上から押し込む際に例の針金を飛ばしたりしない様に注意が必要です。この時点で一度スムーズに回転するか確認。実に軽快なクリック感になりました^^
c0152553_10522858.jpg

⑦そしてベゼルを上からはめ込みます。パチンとカンタンにはまりますが、その後によーく確認して部分的に浮きがないのをチェック。水滴でも入ったら面倒ですから^^;
c0152553_10523529.jpg

⑧直りました^^ ん~、心地よい感触。そしてスムーズな回転^^
c0152553_10523959.jpg

本来この部分の掃除はO/H作業でキレイにされると思われます。私のサブマリーナはもう7~8年の間ノンO/Hで稼動してますんで、この位の時間経過でこの程度汚れるもんなんでしょうね。回転が悪くなったと感じたりしたら一度やってみるのもオススメです。画像でもお分かりですが、ほんの30分程度で完了する作業ですが、もう全然感触が変わります^^  でもまぁ、夜中にやってる作業じゃないわなぁ・・^^; ただし自己責任でね^^ 

by kotodaddy | 2012-09-12 12:18 | その他 | Comments(6)
Commented by hot_coke at 2012-09-12 20:42
確かに、超高級腕時計。
大した作業でなくても、たいそうな工賃が請求されるでしょうからね。
それにしても、サブマリーナ格好いいですね~。
Commented by ゼク at 2012-09-12 20:56 x
kotodaddyさん!ほんますんませんっっ!
このケタあまりにタイムリーで心から、そしてそのまんまパクらせていただきました。

それにしても本当にカチカチといい音に戻りました。
まさかこんなに簡単に直るなんて思ってもいなかったです。
Commented by kotodaddy at 2012-09-12 21:33
hot_cokeさん
もともとが高額だけに、当然そのメンテも高額だと言われればそれまでなんですけど、
どうも日本ロレックスの敷居の高さには恐れに似たものを抱いているのです^^;
こういった作業は好きではあるのですが、やっぱり初めてだけにちょっと緊張する部分も
ありましたが、割とカンタンに出来て良かった良かった^^
Commented by kotodaddy at 2012-09-12 21:37
ゼクさん
なんともタイムリーでしたね~^^ 驚いてしまいました(笑)。
私のサブマリーナのベゼルは完全に動かなくなってしまったので、嫌々ながらもいじって
みましたが、動きが鈍いって位じゃやらなかったかもしれません。でもこの記事がきっかけで、
ゼクさんが「やってみよう」と思い立ち、それが功を奏したのであれば実に嬉しいです^^
やたらと気持ちいい操作感になりますよね~^^
Commented by ナツパパ at 2012-09-13 05:37 x
わたしの持つ同社の時計も、もう7~8年OHしていません。
そろそろ、と思いつつ、費用を思って先延ばしにしてきました。
最近誤差が目立ってきましてね、OHしなくては、と思っているところです。
...が、その費用でちょっと良いボディー買えちゃうんですよねえ...うーん。
Commented by kotodaddy at 2012-09-13 09:40
ナツパパさん
O/Hに関してはこのブログでも過去に記事として取り上げたことがあるのですが、時計自体に
何らかのトラブルでも起きない限り、なかなか踏み切れないってところ、ありますよね^^;
もうちょっと気軽に出せる金額ならば躊躇の度合いも減るのでしょうが、普通の時計だったら
1本買えちゃう様な金額ですしね。でも誤差が生じているのならば、ある程度の動機付けが
ありますかね(笑)。新品の様にピッカピカになって戻ってきますよ^^


<< 雲と飛行機      唐突なんですが・・ >>