2011年 10月 28日
結局、追えなくて・・
c0152553_11212095.jpg

飛んでるところばっかり追っかけたものの、やっぱり止まりモノも撮ってる訳で・・^^;
でも100Lマクロの切れ味って、やっぱりすんごいっすね^^

by kotodaddy | 2011-10-28 11:23 | その他 | Comments(10)
Commented by pm-3 at 2011-10-28 13:01 x
ランタナにツマグロヒョウモンかな?^^;非常に絵になります。
さすがは100マクロL、ボケも綺麗だし色乗りも最高で見事ですね!
で・・この蝶の飛んでるところを狙ったのでありますか?Σ( ゚Д゚) スッ、スゲー!!
私は初めっから諦めモードで追いません(-_-;)
このタテハチョウ科の仲間は勢いよく結構なスピードで飛ぶものが多くかなり難易度が高いと思われますです。
蝶も性格的に?色々いますから、私は飛び物狙う時はヒラヒラ舞うおっとりしたものを吉としております(笑)
Commented by Wonderfullifewith at 2011-10-28 17:38
レンズもそうでしょうが、やはり撮り手の腕が美しい写真を生み出すと思います。

にしても流石Lですね。
子供の学習発表会に向けて、白い70-200でも手に入れようかと考えてたりします(^_^;)。
Commented by kotodaddy at 2011-10-28 18:09
pm-3さん
飛びを狙っても撮れませんでしたって(笑)。どの種でもチョウの飛びは難し過ぎて、私にゃ
ムリっぽいですね^^; やたらと大きな白いチョウがいたのですが、これは割とゆっくりな
飛び方だったので、あれが精一杯かなぁ・・。
Commented by kotodaddy at 2011-10-28 18:11
Wonderfullifewithさん
Lレンズってのは割と色がコッテリ気味に仕上がる事が多いですが、その中でも100Lマクロは
好みの色を出してくれます。私はこの日、このチョウ館にほんの3時間いましたが(笑)、
やはりずっとチョウを追いかけているカメラマンが2人いました。一度入り込むと、そういう場なのかも^^;
Commented by adze at 2011-10-29 00:02
蝶の複眼までわかりそうな切れ味ですね!
100Lなしマクロを持っていますが、この切れ味と暗いシーンで強力なIS付きの
Lは重宝ですね。
あと一度、蝶なり追いかけると夢中になるのよくわかります(^_^)
Commented by ナツパパ at 2011-10-29 10:01 x
うーん、素晴らしい描写です。
こういう写真を拝見すると欲しくなっちゃいますねえ。
...イカンイカン、と財布のヒモを固く結んでおります...が。
Commented by kotodaddy at 2011-10-29 13:07
adzeさん
もともと「IS信者」である私なのですが、マクロレンズにこの機能があると撮影自体が実に
ラクになりますね。搭載されているのはハイブリッドISなる、キヤノンでも新機能なんですが、
細かいことは置いておいても、必要以上にSSなりISOを上げなくてもいいのは、余裕がない
私には非常に助かります。
Commented by kotodaddy at 2011-10-29 13:11
ナツパパさん
>こういう写真を拝見すると欲しくなっちゃいますねえ
そんな言葉をいただいたからって訳でもないのですが、ナツパパさんはテーブルフォトや
食器類の写真もたまに撮られてますが、そういう時に絶大なる威力があると思いますよ、
一眼レフとマクロレンズは。財布のヒモ、思いっきりの力で引っ張って結んであげて、この際
そのヒモをブチッと切ってしまってください(笑)。
Commented by パセリ at 2011-10-31 19:27 x
100マクロ 最強ですね。あたしのIS付いてないから息するのを忘れます。(笑)
Commented by kotodaddy at 2011-10-31 19:53
パセリさん
ありがとうございます^^
>あたしのIS付いてないから息するのを忘れます
でしょう~?私もタムロン90マクロの時には常時酸欠状態でした(笑)。やはり健康の為
にもISは必要なんですね~(笑)。


<< 西の有馬、東の・・・      チョウはたくさん居たけれど・・ >>