2011年 10月 06日
ディズニー その7
タワーオブテラー。ディズニーシーに2006年に追加導入され大人気を博す、我が家族の中では一番人気のアトラクション。開門と同時にココ目がけて3人で猛ダッシュ。まずはカミさんが早々と戦線離脱。そして私も道中半ばで娘に着いて行けなくなる。朝イチでカミさんと私のHPのほとんどが喪失された瞬間である。もはや娘の姿は視界から消える・・。
まずは「いの一番」で1回乗車。ファストパスもゲットしておいて、数時間後にもう1回・・。パークから帰る間際に前を通過して、許容できる待ち時間だったら最後にもう1回。これが我が家の鉄則^^ 来年早々には、落下の回数が増え、新たな特殊効果が加わる新プログラムが導入されるそうで、そうなると「またまた混んでしまうなぁ」と言うのが目下の我が家の悩み・・(笑)。
c0152553_1775353.jpg






このアトラクションで2番目に入る部屋。ここにちょっとした見どころがある。部屋の一角に「シリキ・ウトゥンドゥ」と言う呪いの偶像が佇んでいるのだが、変わるはずのないその表情がゆっくりと変化し不気味な微笑みになった後、一瞬にして目の前から消え去ると言う演出がある。表情の変化についてはスクリーン代わりの顔部分に投影されたアニメーションであることは分かるのだが、一瞬のうちに消え去るその早技芸はちょっとスゴい。もうホントに目をこらして、瞬きさえせずに見入っていても分からない。いや、実際には「とあるところ」でカラクリ自体は分かってしまったのだが、それを知った上でも肉眼で確認・検証できない。

この画にしても、「HOTEL HIGHTOWER」とあるところにナゼに「TOWER OF TERROR」と言う文字が浮かび上がるのか・・。ディズニーの演出は実に奥深い・・。

by kotodaddy | 2011-10-06 18:06 | その他 | Comments(12)
Commented by koita3 at 2011-10-06 19:35 x
いいですね~
うちのビビリな息子達にはこんなアトラクション巡りをするのが
いつのなることやらです。
そんなもんでウィキで調べてみたら面白いですね~
Commented by pm-3 at 2011-10-06 21:07 x
なんと・・・朝一ダッシュで乗車&ファストパスもゲットとは、恐れ入りましてございます。
シーは2度行きましたが、それぞれ一回乗車でした。
ここの演出も凄いですよね。
「HOTEL HIGHTOWER」とあるところにナゼに「TOWER OF TERROR」という文字が浮かび上がるのは知りませんでした。
ディズニーってホント奥が深いというか素晴らしくファンタジーなところですね。
Commented by TravisWalkers at 2011-10-06 21:18
あー、僕んちそこから近いんで、帰りにお茶しにでも寄ってくれれば良いのに(笑)

因みに僕は20才の時に行ったのが最後。
女房はママ友連中とチビ達でしょっちゅう行ってるみたいです。
Commented by kotodaddy at 2011-10-07 08:04
koita3さん
あー、まだビビリの年代ですか・・^^; ウチの娘も、今でこそ絶叫マシン大好きっ子ですが、
ホーンテッドマンションなどとんでもない、スターツアーズでは並んだ列から泣きながら途中
離脱した時期もあります(笑)。タワーオブテラーにしても、初シーの時には夕暮れのなかに
浮かび上がる建物の姿だけでビビってしまい走って逃げてましたね。これから楽しめますよ、きっと^^
Commented by kotodaddy at 2011-10-07 08:09
pm-3さん
この写真では夕暮れ時ゆえに分かりにくいのですが、「TOWER OF TERROR」と言う文字の
ネオン線がむきだしで見えている訳でもなく、ごく普通の平面壁に「HOTEL HIGHTOWER」の
文字が貼られているだけになっています。それが一定時間ごとに薄い緑色の文字によって
浮かび上がってくる仕掛けになってるんですねぇ。こういったちょっとしたところに「なんで?」と
思わせる工夫。これもまた夢と魔法の王国の魅力なんだと思います^^
Commented by kotodaddy at 2011-10-07 08:13
TravisWalkersさん
おっと、この辺りにお住まいでしたか^^ な~んだ、呼んでくださいよ(笑)
学生の頃からディズニーには結構な回数行ってたせいか、いつの間にか私もディズニー好きに
なってしまっている様で、娘が「行きたい」と言うのをいい訳にして、実は私が一番張り切って
いたりするかもしれません(笑)。大人になった男性は「行く」「行かない」がハッキリ分かれる
みたいですね。ウチにしても、いずれまもなく娘は友達と行く方を選択する事になるでしょう。
それまでは一緒に行って思い出を作っておこうと思っています^^
Commented by ナツパパ at 2011-10-07 08:47 x
ふと気付けば、ディズニーリゾートには、もう10年近く足を運んでいません。
息子は友人と一緒だし、カミさんは興味ないし...で。
一人で行く、あるいはいつもの友人(...男性目オヤジ科)というのも...うーん。
この先当分行けそうにありませんねえ。

それにしても夕焼けと、そして夜景が素晴らしいです。
EOS7なのですね...欲しいなあ。
Commented by kotodaddy at 2011-10-07 11:05
ナツパパさん
私はいつの日か一人で行ってみたいと、実は常々思ってるんですよ。おそらくオッサン一人
じゃアトラクションに並ぶ覚悟もありませんし、スナップ撮影メインで^^ それ位、良い場所が
たくさんありますよ^^ あ、昨日だったかテレビで江ノ電がらみの番組をやってまして、そこで
江ノ島の内部を取り上げてました。ナツパパさんを思い出して、興味深く見てしまいましたよ(笑)。
Commented by Wonderfullifewith at 2011-10-07 12:30
過去に一度だけ乗ったことがあります。
それも夜。
落下物は基本苦手ですが、所詮はディズニーのそれだから、他の遊園地の絶叫物とは別だろうと思ったのですが、見事にやられました。
まずあのイントロダクションが良いですよね。
ドンドン気持ちを持って行かせる演出。
そしていざ椅子に座って前を見ると、一瞬そこから見える景色がまた最高だったり。

あれ、自然落下よりも速度を上げてるらしいですね。
敢えて下に向かう力を加えてるというか。
その結果、落ちる瞬間に膝の上に置いてたカメラが私の眼前を通過して、頭上方面まで上がったときには、別の意味で肝が冷えました(笑)。

ディズニー、恐るべしです。
Commented by kotodaddy at 2011-10-08 13:10
Wonderfullifewithさん
幾つかの部屋を経てメインアトラクションに誘導していくと言う手法は他のディズニーアトラク
ションにも幾つか存在しますが、得てしてディズニーのアトラクションは、並んでいる時から
既にストーリーが始っているかの様に演出されていて、よく考えられていますよね。
単なる自然落下に加えて下方向への力を加えていると言う件。初めて知りました。実際、
荷物や足なんかフワリと上がってますもんねぇ。ホント、ディズニー、恐るべしです^^
Commented by higeno-tuma at 2011-10-14 10:29 x
これは。
正直いって知りませんでした ・・;

タワテラ怖くて怖くて必ず2回乗車しますが(なんか変です?)乗ったあとは膝ガクガクで
周囲が目に入らないからですな。

大変だ。
10周年だし、新しいショーもやってるし、確認しに行かなきゃ。
Commented by kotodaddy at 2011-10-14 19:16
higeno-tumaさん
タワーオブテラーを筆頭に、インディージョーンズやセンターオブジアースなど、ウチでは
割とスリリングなアトラクションばかり追いかけてますね。私も勿論そのテのものが好き
なのですが、なにより娘が絶叫系が大好きなのでありがたい(笑)。夕方以降、この部分を
注視してみてください。タネ明かしされればなんて事もないんでしょうけど、なんか不思議
なんですよ。夜の新しいショーも凄かったですし、是非行ってみてください^^


<< 癒されるとき・・      ディズニー その6 >>