2011年 08月 08日
マクロでハチ Part2
わざわざ「Part1」と銘打ったからにゃ「Part2」がなきゃイカンという事で、マクロでハチのPart2を。
c0152553_1823813.jpg

Part1のハチとは種類が違いますな。ま、撮影日も場所も違うんですがね。今回はクマンバチさんでしょうか。前回のハチさんよりずんぐりむっくりとしたスタイルはドコとなく身内の様な気さえして、親近感。なんだかユーモラスで可愛い・・くねーよ(* ̄Д ̄) !! だってコイツ、よりによってレンズフードの中に入ってきたんスよ・・。クマンバチって言ったら私の親指大くらいの大きさっスよ。ソイツをこっちはたった100mmのレンズで接写中。かすかに羽音まで聞こえるくらいの近さです。その距離感たるや、ある意味、生死を賭けての勇敢な撮影になってる訳ですよ。相手はハチなんですから・・。
で、このクマンバチ。花からブンッと飛び立ったと思ったら、そのままレンズフードに飛び込んできやがったんです。その瞬間ファインダー内はこの黒と黄色で完全に覆われたんスから。サスガの私も(何がサスガなんだか知りませんが・・)声にならない声を上げて本当に後ろにひっくり返るくらいの衝撃を受けました^^; 実際は1秒も経たずにクマンバチはフードの中から出て行ってるんですけど、その証拠にプロテクトフィルターには黄色い花粉が数十個・・(笑)。
c0152553_1824331.jpg

おそらくワタシの中では「腰を抜かした今年の10大ニュース」の1位にランクされるであろうと思われる、そんな撮影だったのでした。

by kotodaddy | 2011-08-08 18:29 | その他 | Comments(22)
Commented by wisteria_apr at 2011-08-08 18:50
こんばんは。
ちょっとお茶目なクマンバチだったのかもしれませんね^_^;
とは言え、確かあまり人を刺す事は無いと聞いた事がありますが・・・。
見た目に反して温厚な性格みたいです。スズメバチは危険ですけど。
Commented by wonderfullifewith at 2011-08-08 18:51
ハチさん、美しいですね。
素敵です。

でもレンズフードに入ってこられるのはちょっと勘弁ですよね。
「オラオラ、何勝手に写真撮ってんだよ。誰の許可得てるんだぁ?事務所とーせよな」位の感じだったんでしょうか?(笑)
Commented by kotodaddy at 2011-08-08 19:36
wisteriaさん
お茶目って言うよりも、攻撃に転じられたかと思って腰抜かしましたよ・・^^;
たしかにクマンバチで毒針を持っているのは♀だけなんだとか・・。
それに、あまり人間などには興味を示さない種なんだそうですね。
とは言ってもこの大きさと迫力ですからね。やっぱり怖さは感じますね^^;
Commented by kotodaddy at 2011-08-08 19:38
wonderfullifewithさん
ハチって、こうしてマクロ的に観察してみると美しさの様なものを感じますよね。
基本的に私は「もっと大きく・・」な性格ですから、それこそ最短撮影距離まで寄って
しまうのですが、たまたま飛び立った方向がレンズ方向だったと言う事なんですけど、
どっちかと言うとドジなクマンバチなんでしょうか(笑)。
Commented by pm-3 at 2011-08-08 19:42 x
これほどに写るとは・・・(;・∀・)
1枚目なんて顔に着いた花粉の一粒一粒が分かりそうですね。
しかしレンズフードの中に入り込まれるとは、気に入られちゃいました?(笑)
2枚目の花の赤もいい色ですね~♪
Commented by kotodaddy at 2011-08-08 20:45
pm-3さん
なかなか良いですよ、100Lマクロ~^^ ISが付いてるから私の様な者でもラクラクと
撮れちゃいます^^ レンズフードの中まで突進して来た時にゃビックリしましたねぇ。
レンズ面(正確にはプロテクトフィルターですが)にコツンと当った感触は今でも手に
残ってます^^;
Commented by ZUDA at 2011-08-08 20:48 x
kotodaddyさん、こんばんは。

クマンバチの画像、神秘的でとても素晴らしいです!
私は怖くて蜂に近寄れませんが、マクロ撮影にプロテクトフィルターは必須ですね(笑)
Commented by captain_spoc at 2011-08-08 22:25
こんばんは^^
トップの写真きれいですね(^^)v
クマバチは全く無害です
あの危険なスズメバチでも樹液を探しに単独行動している時は大丈夫です
巣の周りに近づくとこれは危険ですが・・・
Commented by usipunan at 2011-08-08 23:43
こんばんは。
僕も同じレンズ持ってますが・・・こんな画は撮れたことないっす(ToT)/~~~
ほんと素晴らしいの一言です!!!(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆) ゚∀゚)∀゚)゚)
Commented by ya_mura at 2011-08-09 06:02
おおー!クマバチ撮影ゲットおめでとうございます(^^)
1枚目の正面カットお見事です。花粉がきれいに撮れていてレンズの写りもいいですね~

クマバチは相当なことをしなければ刺すことは無いので…大丈夫ですよ~
Commented by kotodaddy at 2011-08-09 07:05
ZUDAさん
やっぱり獰猛さみたいな面も垣間見えるハチ、あまり近づきたくないのが正直なところですね^^;
マクロレンズを使って撮影してみると、肉眼ではとても見えない細かな毛などまでハッキリと
見えて、実に面白いもんです。昆虫撮影、ハマりそうです^^
Commented by kotodaddy at 2011-08-09 07:08
captain_spocさん
スズメバチは、だいぶ前になりますが自宅のベランダ付近に迷い込まれた時があって、
その時も何枚かの写真を撮りましたが、クマンバチなどに比べると一番シャープな印象で
迫力がありますね。もちろんハチや巣を邪魔する気はないのですが、気が付いたら巣の
近くで邪魔する様な行動をしていたなんて時が危ないですね^^;
Commented by kotodaddy at 2011-08-09 07:13
usipunanさん
いやいや、そんな事はありません。このレンズがあればきっと撮れますよ^^
ハチに限った事ではないのですが、昆虫などの小さな生き物ってマクロで撮影する事で
新たな発見みたいなものがあっていいですね^^ usipunanさんも狙ってみてください^^
Commented by kotodaddy at 2011-08-09 07:19
ya_muraさん
今回の記事でクマンバチの事をちょっと調べてみたら、意外にもそういう事みたいで・・^^;
個人的にはハチ=刺す=怖い、と言う図式でしたが、少しだけ考え方が変わりました(笑)。
今回のマクロレンズは手ブレ補正が付いてる分、かなりのアドバンテージを感じます。

Commented by kao2009 at 2011-08-09 16:27
まさに命がけの撮影じゃ~~~ん
マクロの世界は、まさに顕微鏡
(→。←) kao流で言うならば、まさしく、警視庁鑑識班
いや? 科学捜査の分野ですかな?
う~ん こりゃすばらしい 才能が開花されたわけですな
Commented by hanchan-jp at 2011-08-09 16:38
クマバチが温厚だなんて知らなかったです。音が恐くて猛烈に恐れてました。
こういう、危ない要素のある写真好きです。
Commented by kotodaddy at 2011-08-10 07:55
kaoさん
なんかソレほど獰猛さが無い種のハチらしいですけど、怖いもんは怖い(笑)。
んー、鑑識班ですか、うまい事を仰いますね^^ 普段見えないものが見えてくるマクロ撮影。
そういう意味では似てるのかもしれません。なかなか面白いマクロレンズ。以前に持ってた
マクロレンズもそりゃ素晴らしいレンズでしたが、新しいレンズもスゴい^^
ハマりそうな予感がしてきました^^
Commented by kotodaddy at 2011-08-10 07:57
hanchanさん
そうなんですよ。羽音が不気味なんですよ。さほど獰猛じゃないと言われても、実際には
こんなのが自分に向かって飛んできたら引くのは当然で、ましてやマクロででっかく見てて、
そこからファインダー内に大写しになったら・・。お分かりですよね・・^^;
Commented by okiraku-susan at 2011-08-10 22:35
こんばんは(・∀・)
次回は、ススメバチを是非ヽ(゚∀゚)ノ(笑)
Commented by kotodaddy at 2011-08-11 21:35
すーさん
スズメバチはかなり前に撮って舞ますんで、もうハチはいいかな、と・・^^;
Commented by k_monet at 2011-08-12 08:38
口周りや足に花粉をたくさんつけてるところなんて、如何にも「働き者」って感じですね♪
Commented by kotodaddy at 2011-08-12 19:17
k_monetさん
この花粉ののツブツブがキレイに撮れるとニヤけちゃったりするんですがね^^
いずれにしても、肉眼ではとてもじゃないですけど見られない、こういった部分が
キッチリ見られると嬉しくなってきますね^^


<< マクロでハチ Part3      艶舞 >>