2010年 12月 19日
甥っ子サッカー2010
私の中学生の甥がサッカーをやっておりまして、年に何度か試合を見に(撮りに?)行かせてもらっているのですが、昨日ちょうど試合があるとの事で行ってきました。サッカー撮影は年に何回かしか機会がありませんし、ホントは「自分なりによく撮れた」というモノをここにバーンとupして、お見えくださる皆さま方に批評いただきたいのですが、なかなか顔が映ってる画を掲載するのも難しいご時勢で・・orz 自分個人としてはガツンとupして「ナンかあったら言ってきてください」という位の勢いは持ってるつもりなんですが・・・^^;
c0152553_18161926.jpg

少年サッカーも、中学生にもなるとかなり迫力が出てきます。ボールを奪い合ってのぶつかりあいもそうですし、なによりスピード感で格段な違いを感じました。それに、素人目ではありますが、個々が持っている技術レベルがまず違いますし、プレーそのもの、ゲーム運びがチームを主体として動いているという気がしました。まぁ、サッカーという競技はもともとそういうものですけど、小学生の頃は、一部の上手な子がそれこそ一人で無理やりボールを持ち込んで・・という様な感じも見られました。しかし、中学生になるとある意味プロっぽいと言うか、特定のプレーヤーに正確にパスを出しながら整然とプレーを進めていく印象です。そのパス自体も、速いパス、そうでもないパス、この辺りまで意図して行われているかの様ですし、ボールの転がる方向にだけプレーヤーが動くのではなく、時には逆に、時には斜めに広がっていくプレーヤーがいたりして、システマチックな動きと言うか、あらかじめデザインされたプレーに向かってそれぞれのプレーヤーが展開していくみたいなものを感じました。
c0152553_18162316.jpg

今回は動きの激しいサッカー撮影という事で7Dはお留守番。1Dmk4にて臨みましたが、久々のサッカーだったせいもあってか気持ちが先走ってしまい、AI SERVOできっちりと追ってからバーストさせるという超基本めいた部分でも何度かミスをしました。「コンマ数秒の待ちがジャスピンを生む」と分かってはいるのにできない・・。やはり使い手次第ですね、どんないいカメラも・・orz

それにしてもスポーツ撮影は楽しい。ちょうど天気も良く、あと2~3試合撮っていたい様な気持ちになりましたが、土曜日は仕事。この試合終了と同時に帰宅して仕事に向かいました(涙)。

by kotodaddy | 2010-12-19 18:36 | その他 | Comments(10)
Commented by usipunan at 2010-12-19 19:21
kotodaddyさん、こんばんは。

ほんと動きの激しいサッカーを見事に撮られて流石kotodaddyさんですね♪^^
見るのは簡単でも撮るのはメチャクチャ難しそうですね・・^^;
Commented by ナツパパ at 2010-12-19 21:01 x
青の38番が甥っ子君なのでしょうか。
ぴしっとピントも合っていて動きもあり光線もバッチリ...で、
良い写真と思いますけれど。
顔が出せて表情があると、もっと良くなるのでしょうが、仰る通り難しいですよね。
わたしも家族友人の顔はブログに出しませんし、アップする写真上に写っている顔は
出来るだけ隠すようにしています。
Commented by n0_name at 2010-12-19 22:13
こんばんは。
さすが、見事に撮影されてるじゃないですか(^^
サッカーってゴール裏とかコート脇とかにカメラマン席みたいなのがありがすが、
果たしてあそこから見るサッカーはどんな迫力なのか、どんなレンズなのか、どんなセッティング
なのか・・・そっちがいつも気になってしまいます(^^;笑
Commented by kotodaddy at 2010-12-20 07:35
usipunanさん
私の場合は甥のプレーを撮りに行ってますので実はカンタンなんですよ。と言うのは、甥だけ
追いかけていれば良いんですから。本来ならボールの行き先を予測を交えながら、それに
からむプレーヤーを追いかけて撮影していく事になるのでもっと格段に難しいんだと思います。
>動きの激しいサッカーを見事に撮られて流石
でも、特別な撮り方はしていないんですよ^^; ただそのまま撮ってるだけ?なんたって
機材が良いですから^^;
Commented by kotodaddy at 2010-12-20 07:40
ナツパパさん
そう、38番の選手が甥っ子です。やはり人間が被写体の場合は目が命になりますよね。
スポーツ写真はよりそういう意味合いが大きいと思うんです。緊張感や強い意志などを
目が物語っているかの様な。そしてソレを切り取るのが写真でもありますし、こういった
後ろ姿のカットを並べてもインパクトに欠けますね。しかし、だからと言って今の時代は
そういう事が安易に許される時代でも無く、万が一を考えると躊躇してしまいます^^;
うぅむ、甥っ子だけは出しちゃうか・・(笑)。
Commented by kotodaddy at 2010-12-20 07:47
n0_nameさん
今回はピッチのサイドライン脇からサンニッパ1本だけで撮っていますが、走り回る選手たちの
大きさもピッチの向こう側とこちら側では全然違いますし、300mm単の固定化された画角の中で
ほど良い大きさで撮影していこうとすると、そんなにシャッターを押す回数も多くはなかったですね。
もっと動き回るべきだったのでしょうが、主催者から「ここからこっちには出ないでくれ」とかの
制約も多少あったりして、その辺はオフィシャルのカメラマンではないジレンマがありました^^;
Commented by kuni8686 at 2010-12-20 21:40 x
こんにちは。
甥っ子君は中学生になられたんですね。回りの澄んだ空気感が伝わってくる良い写真ですね。やはりサンニッパは違うなぁ。
そうですね、できれば競り合っている正面からのショットが一番迫力があろうかと思いますが、なかなか身内の顔は出せませんよね。私も同感です。
と言いながら、ブログには私がボランティアで専属カメラマンをしているジュニアユースチームの選手の写真なんか載せちゃったりしていますがね;(><);
サッカー観戦的には、小学生よりも中学・高校の方が面白いかもしれませんね。ピッチの広さも大人と同じだし。ただピッチが広い分撮影は長玉が必要になっちゃいますね。
Commented by ジュニアユース at 2010-12-20 22:01 x
こんにちは。
さすがに、いつも動き物を撮られているだけあって、サッカーでもしっかり
撮られていますね。しかも縦で。
単焦点で程良い大きさに撮ろうとすると、どうしても撮影枚数が減ってしま
いますが、シャッターを押さなくても試合展開は見ているはずですから、
ココ!という瞬間には、躊躇なく撮っていくと、思わぬ掘り出し物が撮れた
りしますよ。
でもサッカー撮影って、同じシーンは2度とありませんから、そこが面白い
ですよね。ぜひ今後とも、作例を沢山みせてください、参考にさせていただ
きますので。


Commented by kotodaddy at 2010-12-21 07:54
kuni8686さん
ありがとうございます^^ もちろんこの場に出していないものは顔がバッチリ写っていて、
その中には自分なりに「よしよし^^」と自画自賛気味のものまでありまして、本来はソレを
この場にupしたいのですが、仕方ないですね・・^^; 300mm1本しか持って行きません
でしたし、ピッチサイドで撮影できましたので良かったのですが、基本的にはピッチの向こう側で
やってる様なプレーはほとんど捨てて、ある程度の大きさで撮れるエリアだけ撮影してました。
Commented by kotodaddy at 2010-12-21 08:02
ジュニアユースさん
ちょうど参考になる記事をジュニアユースさんが書いてくださってましたので、色々と考えて
撮る事ができました^^ サッカー撮影は数えるほどしか経験がありませんが、やはりタテの
構図が個人的にもしっくりきます。サイドラインから狙っているせいなのか、撮影を終えてみると
横顔と背中気味の写真が多く、この辺は課題として残ったのですが、本来はゴールの後ろから
撮るのがいいんですかねぇ。基本的にはスポーツ撮影は好きですし、翌日曜日はナイターで
試合もあるとの事で行きたかったのですが、あいにく仕事・・。こうなると自分の仕事が恨めしく
なってきます^^;


<< Lowepro スリップロック...      もっと・・・ >>