2010年 12月 03日
焼けるローター
c0152553_19122851.jpg

前回記事にいただいたコメントの中で「ブレーキローターが真っ赤に染まる・・」というのがありました。そういう写真は雑誌などで何度か見た事がありますし、自分としても「一度は撮ってみたいなぁ」と思うカットに違いありません。「チャンスがあれば・・」と考えつつコース沿いを彷徨っていると・・、見つけた。そういうカットが撮れる場所。ものすごいスピード(師匠のゼクさん曰く「おそらく260~280kmくらい出てるんじゃないか」との事)で一直線にふっ飛んできたマシンはたった100m足らずで70~80kmまで減速する様です。その激しいブレーキングでローターは赤く焼け、ホイールからそれが垣間見える訳ですが、もっと周囲がどんよりと曇っていたりすればより印象的に見えたのでしょうか。
c0152553_1854498.jpg

サーキット撮影の猛者の方々はもっと遅いSSを選んでより印象的に仕上げるんでしょうけど、私にゃこんな程度が限界です。これでも上出来の上出来^^ でも、もう一度挑戦させてもらえるならば・・。その時にゃ玉砕・全滅覚悟で思い切ったSSにさせてもらいますよ(な~んて・笑)。
c0152553_18303659.jpg


by kotodaddy | 2010-12-03 18:59 | サーキット | Comments(28)
Commented by pm-3 at 2010-12-03 19:14
ホイールの中が真赤に焼けてますね。
いやいや誰が何と言おうと素晴らしい写真ですよ。
とくに2枚目が好きですね~。
ノーズの先に見える赤と白の縁石の流れ具合は絶妙かと^^
SSはどのくらいで流してるんでしょうか?
Commented by ゼク at 2010-12-03 19:26 x
いやいや、これは素晴らしいですよ!!
ブレーキローターの焼けている写真はホイールが止まらない速度で撮ればそれで
OKと僕は勝手に思っています!特に2枚目はホイールも止まらずにブレーキのディスクが
真っ赤に焼けていますのでまさに最高の写真だと思いますよ。
FNはリアウイングさえ寝かせれば富士の直線で320km近く出ます。
通常でも300kmは出ている訳で、この場所でもおそらく260kmは出ていると思います。

いやぁ~、確かこの時はサンニッパでしたよね?
これが今度は500にテレコンを付けてアップで撮りたくなるんですよね~~。
ここまで撮れれば、是非何度も通われることをお勧めします。
Commented by usipunan at 2010-12-03 19:30
kotodaddyさん、こんばんは。

すごい流し撮りですね!^^
どうやったら、そのように撮れるのか?これからの研究課題です!
戦闘機もですが、レーシングカーも実際に見たら迫力ありそうですね!
やばいです。。見たい物だらけになってきました^^;
Commented by zingbay at 2010-12-03 20:34
うぉ、焼けてるじゃないですか。
328ですよね?で、ホイールは止まらないSSと。

もし僕がチャレンジしたら、絶対に頚椎がおかしくなるような気がします^^
Commented by パセリ at 2010-12-03 21:09 x
素晴らしすぎて言葉もございません。

Commented by yoshioyaji at 2010-12-03 22:18
赤ドーナッツですね。
真横から流してメットがびしっと止まってるのにビックリです。
これなら鳥、新幹線、飛行機と何でも流せますね!
すごいなあ。
Commented by kitanoeos at 2010-12-03 22:56
素晴らしいっ!!
「焼けるローター」ありがとうございます。
2枚目良いですね~^^
数年前まで地元のサーキットで24時間耐久レースが行われていましたが
コレを見たさに夜中に観戦した事が有りました。
次回は、何シリーズが来るのか?
今から楽しみです。
Commented by kotodaddy at 2010-12-04 08:41
pm-3さん
まぁもちろん恥ずかしげもなくココにupしてる位ですから、とりあえず自分の中では良く撮れた
数枚ではあるんですが、レース撮影のエキスパートの方々からすると突っ込まれそうな部分が
沢山ある「スキだらけ」の写真なんだと思いますよ(笑)。SSは1/125位から試してみましたが、
全然止まらないので、段々と保険をかける様になってしまい1/160とか1/200とかですよ^^;
Commented by kotodaddy at 2010-12-04 08:46
ゼクさん
いやー、レース撮影がメインのゼクさんに褒めていただけるとかなり嬉しいです^^
そう、サンニッパで黙々と撮ってましたが、mk4+サンニッパではほんのちょっと長い様な気が
しました。フレームにマシンがあまりにギリギリになってしまうので、ちょっとした事で前や後ろが
切れてしまいます。後ろに下がろうとすると手前のワイヤーフェンスがからんでしまったりで、
理想は280mm(笑)ですね。
Commented by kotodaddy at 2010-12-04 08:51
usipunanさん
レース撮影では流し撮りは必須のテクニックなんですが、以前からどうも流しは苦手に考えて
いるところがありまして、同じく苦手意識のある逆光や夕焼けショットも含めて、最近では意識
して撮る様にしているんですが、まぁなかなか簡単にはいかないですね^^; レーシングマシンは
もちろん迫力があるんですが、やはりワタシ的にはあのサウンドですねー。ホントに萌えます(笑)。
Commented by ナツパパ at 2010-12-04 08:55 x
おおお...本当に真っ赤になるんですねえ、すごい。
これを何十回も繰り返して、でも大丈夫というのはレースに特化したブレーキなんでしょうか。
わたしには、これだけの流し撮りはすごいなあ、と口あんぐりですが、
もっと遅いSSで...うーむぅ。
Commented by kotodaddy at 2010-12-04 08:59
zingbayさん
ローターの焼け具合も結構違いがあって、煌々と焼けてくれるマシンもあれば、あまり派手に
色が出て来ないマシンもありました。やはりドライバーのブレーキの踏み方にも差があるんで
しょうねぇ。この3枚も、もう何十枚もこの場で延々と撮ってたうちの3枚ですからねぇ・・。まず
当たり確率は本当にコレでいいのかと思いますねぇ・・^^;
Commented by kotodaddy at 2010-12-04 09:02
パセリさん
そう言っていただきますと誠にありがたき・・^^ ハッキリ言ってマグレっぽいですが^^;
Commented by kotodaddy at 2010-12-04 09:10
yoshioyajiさん
かなり安全サイドなSSなんですけどね・・^^; 普通、この位の速度域だとどの程度のSSで
流すのかってセオリーさえ分からずにやってますが、レース撮影の達人ゼクさんのコメントじゃ
もう少し速いシャッターでも良かったっぽいですね。とにかく確率の悪さには閉口してしまいますが
うまく流せた時には独特の悦があるもんですね、流し撮りってヤツには・・^^
Commented by kotodaddy at 2010-12-04 09:15
kitanoeosさん
もともと一度は撮ってみたい画ではあったのですが、苦手意識のある流し撮りでこの程度
撮れれば、今の私には十分に満足レベルだったりします^^ 夜だったりするとキレイに
見えるもんなんでしょうねぇ。一度見てみたい気もしますし、流し撮りなのでSSはそれほど
確保する必要もないですから撮影も可能なのかもしれませんね。次のシリーズ・・?いや、
お見せできそうなものはもう何も・・^^;
Commented by kotodaddy at 2010-12-04 09:20
ナツパパさん
レーシングマシンに使われるパーツなんかは究極品ばかりですからね。市販車のものとは
本質的に異なるんじゃないでしょうか。このローターにしても300kmなんていう尋常ではない
スピードで走るマシンを最短距離で止めなければならない重要パーツなので、同じ大きさで
より重量を軽くできる、カーボンなどの複合素材が使われていたりするみたいですよ。
Commented by granpatoshi at 2010-12-04 10:40 x
こんにちは♪

急減速させると、ブレーキパッドが高熱で焼けるんだ^^。なかなかスゴイシーンを
撮ってますね。背景もちゃんと流れてるし、お上手^^。こんなシーンが撮れると
嵌りますね。
Commented by wonderfullifewith at 2010-12-04 11:27
カッチョイ〜!
これが写真を見たときの偽りのない第1印象でした。
凄い素人質問ですが、手持ちで撮るんですか?
それとも三脚とか使うんですか?

でもこんなにローター焼いちゃったら、次のレースでは全交換なんだろうな、なんてケチなことを考えてしまう庶民だったりします(^_^;)
Commented by kotodaddy at 2010-12-04 16:54
granpatoshiさん
ブレーキローターが焼けてる写真自体は雑誌とかでも結構見かけるんですよ。流し撮りが
上手な人にとっては何て事もないんでしょうけど、カッコよく切り取ろうとするとなかなか大変な
ショットであるのかもしれません。サーキットの撮影自体は経験が浅い素人ですけど、レースは
好きでTVや雑誌なども読んでた時期もあるので、また機会があったら積極的に出掛けて行って
カッコいいのを撮りたいもんですねぇ^^
Commented by kotodaddy at 2010-12-04 16:59
wonderfullifewithさん
この日は一脚を忘れてしまいまして、仕方なくゴーヨンは三脚に据えたままにして、70-200と
サンニッパをバッグに入れて肩にかけて動いていました。この流し撮りカットはサンニッパ手持ち
ショットになります。レーシングマシンのパーツ類はどうなんでしょうねぇ。基本的にはエンジン
なんかも1レースだけ最高のパフォーマンスを発揮すればソレで良しって話を聞いた事が
ありますが。その後は分解してO/H行きになるのかなぁ。
Commented by Pikatto08 at 2010-12-04 21:19
うは♪真っ赤に焼けるローター!凄い瞬間ですね~!
レーシングマシンのブレーキってある程度熱を入れてやらないと利きが甘いそうですね。
こんなの拝見したら、私も撮りたくなってきました^^;
Commented by ya_mura at 2010-12-05 07:53
すげー流し撮りですね!
そしてブレーキでこんなに真っ赤になるんですね!
280キロくらいを手持ちで流せるなんて…すごいなぁ~
わたくしも挑戦してみたくなってきました(^^;)
Commented by kotodaddy at 2010-12-05 09:29
光°さん
あまり詳しくはないんですけど、なんか冷えていると喰いつきが悪いなんて話を聞いた事が
ありますね。タイヤなんかも一度表面が溶けかかってからが本来のグリップ力が発揮される
んだとか。マシンそのものの動きも、同じ4つのタイヤが付いているという点では一般車と
同じでも、その曲がり方のクイックさなんかは全然別モノ。操っている人も含めて別世界です^^;
Commented by kotodaddy at 2010-12-05 09:32
ya_muraさん
結果的に数枚残ってくれた程度ですので、これを「撮れた」「流せた」と呼んでいいものなのか
微妙なところがありますけど・・^^; ブレーキってそもそも前に進もうという力を熱に換えて
制御するものですから、レーシングマシンでも市販車でも理屈は同じですけど、やはりそこに
発生する力や熱の度合いはスゴいものがありますね^^;
Commented by 美銀座美人 at 2010-12-05 11:48 x
kotodaddyさん
これはこれは躍動感溢れるグッドショットの連発です。素晴らしい!
市販のアルミホィールにもこの灼熱ディスクをイメージしたのか
リムの一部を赤く塗装した製品が「若い衆」?の間で流行りました。
市販車でもNew GT-RとかLEXUS LFAのブレーキシステムはとんでもなく
ハイクォリティのものが装備されていますね。
kotodaddyさん、来年はいよいよル・マンのサルテサーキット出張ですか?
Commented by kotodaddy at 2010-12-05 15:35
美銀座美人さん
たまに見かけますね、そういうホイール。私はああいうのじゃなくて、ポルシェとかで採用されて
いる真っ赤なキャリパーとかがホイールの隙間からチラリと覗いてたりするのがカッコいいなぁと
思いますねぇ。私は2~2回しかサーキット撮影をしていないんですからル・マン遠征なんて
とんでもないですよ^^; でも、国内の鈴鹿だとかもてぎには撮影で行ってみたいですね。
混雑してるのもそんなに好きじゃないので、テスト走行の方が良かったりして・・(笑)。
Commented by qchan1531 at 2010-12-08 21:20
こんばんは。
一枚目のコントラスト。いいですねえ。コントラストのある写真は惹きこまれますね。
車の写真にも興味ありありですが。。手も足もでないとは。。。いい得て。。
Commented by kotodaddy at 2010-12-09 16:58
qchan1531さん
コレ、自分的にも上出来すぎる1枚ッス。ホントはもっと思い切ったSSで挑むと、当った時の
喜びもまたひとしおなんでしょうけど、自分根性なしっすから・・(笑)。
私もそう何回もレースを撮った訳じゃないんですけど(ハッキリ2回目って言えよ・・笑)、
違ったジャンルの撮影は新鮮味があって、そこがまず楽しいっすよ^^


<< Fポン・テスト走行 最終回      ドコモ SC-02B >>