2010年 11月 01日
静岡名物・ドリンク編
先日、花鳥園に行った時のことで思い出したことがある。この場所は富士山の西側・静岡県にあるんですが、静岡と言えば「茶どころ」ですわな。お茶という物を使って全国的にこの地をアピールしていきたい、その気持ちは分かるんですが・・・。





c0152553_18551526.jpg

「しずおかコーラ」キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!
コーラにお茶と来ましたよ^^ お茶成分が配合されてますんで、色も普通のコーラとはちょっと違います。安易でありながらもこの唐突な流れにしばし言葉を失いましたが、こういうモノが存在するのを知ってしまった以上、飲んでみない事には後ろ髪引かれ過ぎて帰りの運転もままならんってことで、これまた静岡名物の「富士宮焼きそば」と共に、「本日は静岡と心中させていただきます」なる覚悟でオーダーしてみますた。
c0152553_18551991.jpg

早速、ビンのスクリューキャップをひねりフタを開けます。長年の間にコーラの色とはどんなものなのかが脳内深くに刷り込まれているせいでしょうか、どうしても「コーラを今から飲む」という情報が脳髄に伝わってこないままに口の中にグイッと流し込む。その瞬間から舌の上を流れて通過していく数秒間の感覚は意外なことに普通のコーラと変わりはありません。しかしゴクリと飲み込んだ直後、口腔内から鼻に抜ける炭酸ガスに混じって感じる匂い、舌に残った味覚、そして風味は、これは取りも直さず「お茶」であります。お茶以外の何物でもない。しかし、本来お茶にはあってはならないガス成分がそこに存在してしまっている。言うなれば「お茶の炭酸割り」。これに焼酎が加われば「緑茶サワー」なのではないか。巷に「緑茶ハイ」はあっても「緑茶サワー」はなかなかお目にかかれないゾ。しかし一方で、明らかにコーラの味も僅かであるが感じる事ができる。「緑茶サワー・コーラ風味」と言えばいいだろうか。緑茶のど飴を2~3コ一気に口に頬張りながらコカコーラを飲んだらこんな感じか。えも言えぬ複雑な気持ちだ。「うん、待ち望んでいたのはコレだっ」と存分に納得して首をタテに振れないもどかしさを感じながら完飲(?)した訳だが、最後にビンの底に玉露が沈殿しているんじゃないかと疑心めいた錯覚を抱いたくらいなので、飲み干す最後まで「お茶」のイメージはキッチリ印象付けられているのは間違いないところである。うぅむ、世の中には面白い飲み物があったもんである。

by kotodaddy | 2010-11-01 19:28 | その他 | Comments(18)
Commented by pm-3 at 2010-11-01 21:01
チャレンジャ━━━━━━━━m9( ゚∀゚)━━━━━━━━!!
以前トマトサイダーなるものを飲んで……(o_ _)o パタッとなったことを思い出しましたが、
こういうものを見てしまうと、飲まずにはいられないそのお気持よ~く分かりますです(笑)
kotodaddyさんの舌を納得させるあたり、製造者を褒めるしかありませんかね。(爆)
Commented by ya_mura at 2010-11-01 21:30
これ自分も頼んじゃうだろうなぁ~。
メニューで見たら絶対味が気になりますよね!

ご当地メニューって味はさておきついつい口にしたくなります(^^;)
その後の話題にもなりますし…
Commented by Pikatto08 at 2010-11-01 22:01
(o_ _)ノ彡☆ギャハハ!! バンバン!
それにしても、最後まで『美味い』の言葉はでてきませんね~(笑)
来週末、沼津へ行くんで試してみようかな♪
Commented by yoshioyaji at 2010-11-01 22:13
謹製のラベルがそそりますねえ。
静岡県内に一年間通った私ですが、見たことありませんでした。
キャップをひねってから飲み干すまでの描写。さすが師匠。うまい!
ところで焼きそばの方はいかがでしたか?
Commented by yasiyasi5884 at 2010-11-02 01:17
完飲できたなら、それはまずまずって事でしょうかね(^^)
たまに一口で終了決定的な味もありますからね(汗)
Commented by kotodaddy at 2010-11-02 06:59
pm-3さん
実は結構このテに関してはチャレンジャーでして^^ もう15~16年前でしょうか。銀座の
ど真ん中で偶然見つけてしまった「青汁バー」。まだ青汁がこんなに認知される前でして、
やはり「見つけてしまった以上は飲んでみないと」と店に突撃。まだ万人が飲みやすい様に
等と言う事は全く考慮されておらず、一部のマニア(?)だけのものだった青汁、入店してまず
その猛烈なニオイにやられながらも何とか必死に1杯飲みきり逃げる様に退店しました。
1時間ほど立ち直れませんでしたよ^^; 懐かしい、私にとっては武勇伝の一つです(笑)。
Commented by kotodaddy at 2010-11-02 07:04
ya_muraさん
そうなんですよ。やはりメニューでその存在を知ってしまった以上はどうしても気になって
しまいますし、ここでスルーしても後々「飲んでおけば良かった」と後悔するだけですから、
とりあえず挑んでみると言うのが、偏食気味で生きて来た私の新たなライフワークです(笑)。
「富士宮やきそば」は普通の焼きそば以上でも以下でもなかった気がしますが、「静岡コーラ」は
独特のものでした。決して美味しくなかったという訳ではありませんので、ya_muraさんも
機会があればゼヒ!!
Commented by kotodaddy at 2010-11-02 07:12
光°さん
>最後まで『美味い』の言葉はでてきませんね~
あー、そうですね。ま、その辺が正直な個人的意見と言いますか、上でya_muraさんへの
コメントで書いた「決して美味しくなかったという訳ではありません」というところがワタシ的な
ファイナルアンサーと言う事で・・^^; 静岡コーラ生産に関わっておられる方、すみません^^;
沼津ですか。こういう商品ですから県内の観光的な場所には必ずあると思いますよ~。
Commented by kotodaddy at 2010-11-02 07:18
yoshioyajiさん
ありゃ、yosihioyajiさんがご存じないとは意外や意外。記事本文を書きながら「yoshioyajiさんは
きっとご存じなんだろうな」と思ってましたので。味に関しての描写は記事にするのも苦労した部分
なんですけど、とにかく微妙な味わいなんですよ。「富士宮やきそば」はB級グルメでもはや有名な
一品ですし、多少なりともインプレは事前に友人から聞いてはいたのですが、まぁ普通の焼きそば
だった様な・・^^; 大体にして何が入ってるから「富士宮」なのかも分かっちゃいないんですけどね^^;
Commented by kotodaddy at 2010-11-02 07:28
yasiyasi5884さん
まずまずと言うか、完飲できない程に何か大きな問題がある訳でもないと言うか・・(笑)。
上のコメントでも触れた銀座の青汁。これは決定的にアウトでしたよ、個人的には。まだ青汁が
健康飲料として万人に認知されていない頃で、飲みやすさなんてモノは一切考えていない、
まだケールだけでストレートに作ってある様なハードタイプ(笑)の飲み物だったんですね。
店の雰囲気は完全に立ち飲み式ジュースバー的店舗で、当然の如くそこで働く店員さんもいるし、
周囲にはその味こそが気に入ってる常連客が数人いる訳ですから、ニオイなどに対して嫌悪の
表情を浮かべる訳にも、途中残しで退店する訳にも行かず、ただただ意を決して飲み耐える
しかありませんでした^^; 私は今も青汁を飲めませんが、それは何を隠そう、この時の事が
トラウマになっているとしか言い様がありません^^;
Commented by a10-point at 2010-11-02 07:38
アハハ!饒舌で落語みたいなくだりがなんとも(^_^;)
ワタシの記憶ではわさびコーラもあったような。
この写りの良いお写真も伝説のレンズですかねw
だとするとグルメ写真も重宝しますね(^_^;)
Commented by kazuki-papa at 2010-11-02 08:32
おはようございます。
この姉妹品として「静岡サイダー」もあったかと思いますが
こちらも普通の味だったかと^^;
富士宮やきそばのことなら古くより知ってますから何なりと
聞いて下さいねw
Commented by kotodaddy at 2010-11-02 17:43
a10-pointさん
わさびコーラ!? さしずめ、わさびで有名な地でのコーラですかね。なんとなく想像がつきますし、
その場にあれば必ず手を出しますよ(笑)。あ、この写真、タムロン90マクロですよ。鋭いですねー。
このレンズの話になると必ず言うセリフなんですが、この90mmという距離感は実にいいですね。
この日は先日記事にしたフクシア撮りで大活躍してくれました^^
Commented by kotodaddy at 2010-11-02 17:46
kazuki-papaさん
ほほぅ、静岡サイダー・・。如何にもこの場にあってもおかしくない一品ですが、ここにはあった
かなぁ・・。置いてあれば目についてると思うんですよね。ヘタしたら両方オーダーしていたかも
しれません(笑)。富士宮やきそば、実は実際に食べたのはこの時が初めてだったんですが、
普通の焼きそばと何が違うんだろうという感じでした。今度その辺を徹底解明する記事をお願いします^^
Commented by wonderfullifewith at 2010-11-03 07:46
静岡恐るべし。

今やB級界に於いて燦然とそのトップの位置を揺るぎない物としていますね。
kotodaddyさんの解説で、そのしずおかコーラの何たるかの半分以上が判ったような気がします。
で、富士宮焼きそばの感想は次回ですか?
Commented by kotodaddy at 2010-11-03 08:00
wonderfullifewithさん
静岡コーラは明らかに「お茶」という静岡名産のものが配合されていますからともかく、既に
超有名ご当地メニューである富士宮焼きそばについては、普通の焼きそばとの差がイマイチ
分かりにくかったですね。もう普通のソース焼きそばみたいな感じで。もともと焼きそばとかは
好きですし、何の違和感無く食べられましたが・・^^;
Commented by マータン at 2010-11-03 20:08 x
kotodaddyさん、こんばんは。
B級グルメで全国的に有名になった富士宮焼そばは勿論知っていますが、静岡コーラは初耳です。
地元に近いところですが全く知りませんでした。
最近はリーフ茶の需要が減少傾向にあり、お茶農家は大変な苦労をしているのが現状です。
ペットボトルのお茶は若い人でも飲みますが、家庭でリーフ茶を飲む人が減ってしまい残念です。
入れ方で味が大分違うリーフ茶ですが、美味しく入れたお茶は日本食にピッタリなんですがね~。
Commented by kotodaddy at 2010-11-04 07:33
マータンさん
もはや富士宮焼きそばはかなり有名ですからね。私も静岡コーラは完全に初耳でしたので、
これは飲んでおかねばならない、と^^ なんだか↑の方で静岡サイダーなるものも存在すると
聞きましたので次回は狙ってみたいと思います^^  たしかにリーフ茶は飲まなくなりましたね。
お湯を沸かして急須でと言う過程が若い人には合わないのでしょうか。本来はあの1杯目こそが
お茶の醍醐味と言う気がしますが。


<< め、目がぁ・・・      ど~したの? >>