2010年 09月 20日
健気で笑える時間帯
c0152553_1484996.jpg

在庫のRAWファイルを漁っていたら、ウデも無いのに小一時間ずっと果敢に流し撮りに挑んでる時間帯があった。何を思ってそこまでの時間を費やしていたのだろう。今、見返してみると健気で実に笑える。こういうのを、もっと精度を上げて百発百中に近くしたい、なうw

by kotodaddy | 2010-09-20 14:16 | 飛行機 | Comments(24)
Commented by wisteria_apr at 2010-09-20 15:22
こんにちは。
それは何か撮りたい画があって撮影に集中していた証拠かもしれませんよ^_^
因みに、経験上ですが集中せずに適当に流し撮りをしていると上手くいく事が多い気が
するんですよね・・・。お酒でも飲みながら夜間流しをやると2時間くらいすぐ経ちそうですw

流しの精度は上げたいですよね。90%くらいまで上げられると最高ですが。
Commented by hanchan-jp at 2010-09-20 16:04
無心というやつですね。ちなみに流し撮りを私がやるときは、手振れ補正をオフにしてビデオ三脚(雲台)でやります。手振れ補正の上に乗る(サーフィンする)感覚から離れて、油圧の上に乗るんです。レリーズはケーブルでパン棒の先の右手にて。
Commented by kotodaddy at 2010-09-20 17:14
wisteriaさん
んー、そうだったのかなぁ。何度やってもうまく行かず、かと言って諦めるのも悔しいみたいな
無限ループにでもハマッていたのかもしれませんね。基本的にマロウドの夕方ショット以降は
酒が入ってる状態で間違いありません(笑)。私は気合いが入っていないと流し撮りなんぞ
到底できない気がしますが、その気合いが空回りしてるって事なのか・・^^;
Commented by kotodaddy at 2010-09-20 17:17
hanchanさん
あー、ビデオ雲台ですね。何の偶然か持っております、ビデオ雲台(笑)。左右に水平に動く
ものだったら理論上でも水平ブレはしなくなりそうですね。ただ飛行機は上下にも動く被写体
なので、その辺はどうなんでしょう・・^^; 
Commented by ZUDA at 2010-09-20 19:19 x
kotodaddyさん、こんばんは。
撮影が楽しい時は時間も忘れ、一心不乱に撮影に没頭しますね^^
でも、被写体の動きと一致し流し撮りが成功した時の喜びは一入だと思います。
自分は子供の頃から鉄道の流し撮りをしていますが全く上達しません^^;
Commented by qchan1531 at 2010-09-20 19:47
こんばんは。
1時間ですか。すごい集中力ですね。その魂が写真に乗っかってますね。
機体がキャセイっていうところで、
この写真のすばらしさがより倍加されています。
こんな写真を一枚でも撮ってみたいですねえ。そもそもここはどこなんでしょう。とおもったらNRTなのですね。
Commented by at 2010-09-20 22:29 x
こんばんは。
夢中になる時ってありますよねぇ。

私も過去のデータを見ながら
あれやこれや試行錯誤したことを思い出したことがありますが...

夢中になってる時は一番楽しいですよね。
Commented by hanchan-jp at 2010-09-21 01:02
最新のISレンズは露光中のみISができるようになりましたね。露光中だけISのおいしい動作をいただき、ってことでしょう。ISに乗るISサーフィン的感覚に苦しんで、結果実際にサーキットで500mmレンズのISを切って油圧雲台で撮影しました。斜めでも上下でもいけますよ。
Commented by kotodaddy at 2010-09-21 07:08
ZUDAさん
マロウドに泊まっての夜撮、マクロでトンボを追いかけた時、カワセミが大サービスしてくれた日。
過去にこの辺りが「時間を忘れて撮影した」と言える時でしょうかねぇ・・。流し撮りの時は、
やっぱり上手くいかない事に反発しながらだったのかなぁと思います(笑)。もっと一撃必殺の
精神でいかねばなりませんかねぇ・・^^;
Commented by kotodaddy at 2010-09-21 07:12
qchan1531さん
NRTのマロウドです^^ この角度って言うのは一般的にはやはりちょっと目新しいですかね。
宿泊の1万なんぼを支払って入場する有料撮影ブースみたいなもんなのかもしれません(笑)。
撮影データを見返してみると小一時間流し撮りに没頭している感じなのですが、相変わらず
成功率は低いでえすねぇ・・orz
Commented by kotodaddy at 2010-09-21 07:15
虎さん
私もやりますねぇ、過去の撮影データからの試行錯誤。でも、それは結構有効な事なのでは
ないでしょうかねぇ。少なくとも「次回はこうしよう」と言う撮影意図が明確になる訳ですし。
私は気が付くとただ漠然とシャッターを切ってる事があって、帰宅して画像を見てから「なんで
こう撮らなかったのだろう」とか後悔しますので、なお更必要な作業かもしれませんね。
Commented by kotodaddy at 2010-09-21 07:20
hanchanさん
そう言えば筑波サーキットに行かれたんですよね。私も2輪のサーキット走行は一度撮って
みたいと常々・・^^ ISも本来の手ブレ効果度以外の部分でも進化してるんですね。やはり
バッテリーの一部を使いますし、その辺を考慮しての見直しなんでしょうか。油圧雲台、
次回試してみます^^
Commented by hanchan-jp at 2010-09-21 08:20
なるほど消費電力ね。。。気づきませんでした。サーキットはアングルの自由度が思ったより低いなぁ、というのが、、これは全員の不満でしょうね。(でも危険だからタイヤバリアの前には出られないのです。。)
Commented by yasiyasi5884 at 2010-09-21 15:48
チャリやスケボーを撮影するとほぼ失敗です(汗)
最近は自分も乗りながらフィッシュアイでどこかに写ってるといいな的に撮ってますが、やはり…
この手の撮影はストロボもミソか…?
Commented by pm-3 at 2010-09-21 17:43
流し撮りがキッチリ撮れるっって気持ちいいでしょうね。
小一時間…没頭することに意義があるかと^^
それにしてもお見事です。
Commented by dg-3010 at 2010-09-21 19:35
こんばんは。ビシッと流しが決まればそれでOKなんですが、なかなか決まらないと
そのうち諦めてしまいます(笑)。シャッターチャンスの接地の瞬間のカットは失敗、
前後のフォロー中のカットは上手くいく・・・なんていうのもパターンですね(^^;
Commented by kotodaddy at 2010-09-22 07:27
hanchanさん
私はサーキット撮影ってほとんど経験が無いので、イマイチどこをどう撮っていいもんなのかも
分からないんですが、2輪の走行なんかだとやはりコーナリングでしょうか。そうなると自ずと
限られてくるのはあるでしょうね。レース関係も土日開催が主ですんで、平日休みの私では
なかなか行く機会もないんですがね^^;
Commented by kotodaddy at 2010-09-22 07:30
yasiyasi5884さん
流し撮りって、やはり何かコツみたいなものがあるんだと思います。それは何度も練習をして
いく中で分かるもんなんでしょうね。スケートボードっていうのも私は未経験ですねぇ。それに
撮影をからめるとなると、ちょっと私には荷が重いかなぁ・・^^; ましてや自分が乗りながら
などとは考えた事もありません・・^^;
Commented by kotodaddy at 2010-09-22 07:32
pm-3さん
もう何十枚と撮った中で数枚ですからね、今の私の成功率は。没頭する事に意義があると
言っても、おそらくその場では「なんで撮れないんだ、こんちくしょー」って感じだったんだと
思いますが^^; これはそんな中でも上手くいったものなのですが、よーく見るとピンが危うい
ですね・・^^;
Commented by kotodaddy at 2010-09-22 07:39
dg-3010さん
諦めが悪いので小一時間もボツ画像を量産しまくる訳なんですが・・^^; 接地の瞬間を勿論
狙う訳なんですが、自分が「接地した」と思っても実は寸前でまだ粘っていたり(笑)、タイヤ
スモークと言うものも盛大に出たりまるで出なかったりで、そういう部分も難しいもんです^^;
Commented by a10-point at 2010-09-24 14:31
本日より社会復帰しましたa10です(笑)
なんとも美しい後追いのワンシーンですね。こういったものを
確実に撮っているkotoさんが流石ではないかと思います、、
流すと芝が「ぐわぁー」と浮き出して絵画のような仕上がりに
なって素敵です。CXのB4は出張で何度も乗りましたがこんな
美しい舞を披露してたんですねwww
Commented by kotodaddy at 2010-09-24 16:42
a10-pointさん
どうも流し撮りっていうのは上手くならないですねぇ。この時も枚数はたくさん撮っているものの、
残ったものは少なかったです。って言うか、自分のウデなりのSSってもんが大事ですね^^;
ちょっとだけSSを速くすれば歩留まりも変わってくるんだとは思うんですが。それでもまぁ、
確率は悪くともこの写真については背景もうまく溶けてくれて自分なりに満足いってますし、
次回も頑張ります、と(笑)。
Commented by hanchan-jp at 2010-09-25 15:58
流し撮りってフレーミングが完全に安定して、フレームの中で止まっているような追いかけ具合のときに成功する、のですよね。そうか一眼レフの場合100%光学式手振補正だけど、像から判断する電子手振れ補正だとなかば強引に像を安定させてくれるかもしれないなー。(そのせいで、逆に棒を振り回している人を撮影したら棒が静止、画面全体が揺れる映像をみたことがあります。)そんな電子補正だと対象物以外は横に流れるのだろうか、、、、。
Commented by kotodaddy at 2010-09-25 18:36
hanchanさん
なぬ?電子手ブレ補正なるものがあるんですか。あ、これから開発される(であろう)機能ですか・・。
カメラの世界も色んな方向に進化していってますから、そういう時代も来るかもしれませんね。
顔識別機能を転じて、カワセミの姿カタチや色などを記憶させて、そこにAFを合わせ続ける
機能なんかができるといいんですが・・^^;


<< NWから教わった事      テープの先へ >>