2010年 09月 12日
童心にかえって・・・
「何か面白い虫にでも会えないかなぁ」とタムロン90mmを持ち出したところ、アカトンボに遭遇。いいねぇ、マクロレンズ持って、自宅から至近距離の公園。おカネ一銭もかかってないし^^ 今の私にピッタリ(笑)。
c0152553_17331391.jpg

で、話は戻って、赤いトンボだからアカトンボ。たしかに間違えちゃいないんだろうけど、あまりに安易過ぎちゃいませんかっての。この前のチョウだとか蛾だとかの写真にしても、「こんなん撮れましたぁ」だけで画像をup、ご覧になられた方からご丁寧にその虫の名前を教えていただき、「あ、そうですか」。これでいいのか、本当に。日頃から虫相手にマクロを持ち出している様な方は、自分で撮影してきたものを基に、その色や外観の特徴などから図鑑で調べたりして名前を特定したりして楽しんでいるのではないのか。そういう過程こそがマクロ昆虫撮影のもう一つの楽しみ方なのではないのか。




c0152553_17331783.jpg

調べてみました。えー、ミヤマアカネです(笑)。成熟すると真っ赤になるって事で、これをアカトンボと呼んでしまっても、いささかの間違いも無いであろう、と^^ 
c0152553_17401360.jpg

そんでもって、オニヤンマ。たぶん(笑)。こうして木に留まっているとキレイな黄色のスジがあったり、外国人ばりの青い目だったりしますが、飛んでる時にはなんだか黒々とデカくて、トンボという3文字だけで片付けてはいけない、なんかこう、攻撃性のある一種の害虫にさえ見え、一度こちらに向かって飛んで来た時には思わず後ずさりしてしまった程である。しかし、オニヤンマって名前は子どもの頃に聞いたことがある様な気がするゾ・・。そうか、これがそうだったのか。あの頃に戻って行く事ができるなら、純真無垢な子どもであったハズの当時の私にウンチクたれてやりたい。「いいか、よく聞け。オニヤンマってのはなぁ・・」、と。
しっかし、あれですね、40半ばのオッサンが目の色を変えてトンボを追っかけてる。手に持ってるのは虫取りアミじゃなくて、プロ機サイズのデジタル一眼レフだ。そんでもって「小一時間で帰ってくる」と家を出たにも関わらず、戻ってきたのは3時間半も経ってから。それもTシャツの背中の色が変わる程に汗まみれになって、だ。不思議なもんだ。虫なんて見向きもしなかった、このウン十年は一体ナンだったのか・・・。

by kotodaddy | 2010-09-12 18:20 | その他 | Comments(28)
Commented by ZUDA at 2010-09-12 18:47 x
kotodaddyさん、こんばんは。

自分は、お花や鉄道、鳥など撮った後に調べています(笑)
虫取りアミからデジタル一眼レフに変わりましたが、
いつまでも童心で撮影したいものですね^^
Commented by yoshioyaji at 2010-09-12 18:58
ぁ、また欲しくなってしまうやないか~。
秋口の赤っぽいトンボは良く見かけますが、大型のヤンマ系をご近所で撮れるとは
なんとうらやましい。しかも3時間ももさまよえるとはなんと健康的な....
次のステップとしては、マクロで飛びモノですかねえ。そうなると合焦の速いUSMか...
お待ちしてます(^^;
それにしても、マクロ欲しくなりますねェ。
Commented by a10-point at 2010-09-12 19:27
それにしても強烈なマクロ販促!
土日休みになられたら相当数の感染者が出るかも。
kotoさん自体が強力なウエポンかと存じます。
昆虫にハマると丸いリングのストロボとか欲しくなりそうですね(笑)
Commented by kotodaddy at 2010-09-12 19:31
ZUDAさん
あー、やっぱり^^; そういう過程が面白かったりするんでしょうね。まぁ、私もそう考えて
ネット上でのトンボ図鑑を開いてみたのですが、名前を調べるったって、実は結構コアで
ディープなもんだったりしますね。珍しい種類なんかだと時間も結構かかったりしそうです。
Commented by kotodaddy at 2010-09-12 19:35
yoshioyajiさん
時間の経過は驚くほど短く感じますよ。熱中していると物事の時間は早く感じるもんですが、
如何に一心不乱にトンボを追いかけていたのかが分かりますね^^; オニヤンマ、その場では
当然これがオニヤンマだとは気付いていない訳ですが、なかなか迫力あるボディですよ(笑)。
USM付きが欲しくなって結局100Lマクロ辺りを買ったら、一体どんだけ遠回りなんですかね^^;
Commented by kotodaddy at 2010-09-12 19:40
a10-pointさん
マクロリングライトですね^^ あそこまで行き着く方は相当なコアな方なんだろうなぁと思って
いた時期もありますが、野鳥撮影ではストロボなんてタブー中のタブー的な行動なんですけど、
昆虫マクロの世界では意外にアリみたいですね、ストロボ・・。マクロはド素人ですし、いまだに
使い方もよく分からないので布教・販促しているつもりも無いんですけど、やはり1本あると面白い・・(笑)。
Commented by Pikatto08 at 2010-09-12 20:20
凄いですね~!この暑いのに3時間半も^^
マクロ撮影、楽しんでますね~♪
鬼さんもいきなりゲットですか!!次は鬼さんの飛び物リクエストしま~す^^
そういえば、先日、会社の工場の中に鬼さんが迷い込んできたんで、捕まえて外に
逃がしてやりました!ってどんな工場なんでしょ(笑)
Commented by hayabusa47 at 2010-09-12 21:59
こんばんは。
う~ん、こんな画を見せられたら、タムマクロが欲しくなってしまうじゃないですかぁ。
確かに鳥や昆虫の世界だと色々な種類があって、特定する楽しみもあるんですね。
40半ばの男性が虫取り網持って、3時間もトンボ追いかけてる方が不自然かも?(笑)
Commented by at 2010-09-12 22:22 x
こんばんは。
トンボさんの姿も見かけることが多くなったのは....
少しは涼しくなった証でしょうかね?

オニヤンマは...やはり大きさにビックリしてしまいますね。
Commented by 自称“バタフライ・ハンター” at 2010-09-13 10:13 x
こんにちは♪

暑い中、汗グッショリになりながら蝶を追っかけている者です^^;。
私、この世界に入ってまだ5日目ですが、これ専門に撮っている人がいるというのも
うなずけます^^。高ずると、蛾でさえ美しく感じるそうです(私、そこまで行きたくは
ありませんが)。やっぱりマクロ必要ですねぇ^^;。
Commented by strike-freedum at 2010-09-13 10:59
うちの庭、シオカラばかり飛んでますね。 蚊の駆除になるのでありがたいです^^ 

オニヤンマってスズメバチも捕食するとか聞いたことありますが・・・まぁヤゴの時は魚喰ってるんだからそんなもんかとも思ってしまいます(^^;) 
Commented by yasiyasi5884 at 2010-09-13 16:19
虫図鑑見ながらマクロレンズで…
いいなぁ、それ
正しい時間の使い方のような気がするす。
Commented by ryotadesuga at 2010-09-13 23:07
おおおおお~~すげええ!
おにやんまなんて子供の頃図鑑でしか見たことがないっす!
子供の頃にいつか捕ってみたいなと思っていましたが出会えず。。。
オニヤンマってトンボのボス的な存在で、憧れですよねえ^^
Commented by kotodaddy at 2010-09-14 15:58
光°さん
やはり飛びモノを追いかけていると時間が経つのも忘れてしまいますね^^; 飛んで行った
後を追いかけて行くのですが、知らない山なんかでコレやったら気付いた時には道に迷い、
遭難してしまうのではないでしょうか。トンボの飛びはちょっと難しいですね。ホバ中だったら
何とかなったとしても、飛行シーンはムリです・・^^;
Commented by kotodaddy at 2010-09-14 16:05
hayabusa47さん
色や模様などから名前を割り出して行く作業は面白いでしょうし、そこに書いてある解説から
生態を知るのもいいでしょうね。今はぶ厚い図鑑を開かなくてもネットで調べられちゃうので、
そういう意味での楽しさなんかは半減しちゃってるんですかねぇ。タムロンの90マクロ、実に
コストパフォーマンスに優れた1本ですね。コレがあの値段って、信じられない気もします^^
Commented by koita3 at 2010-09-14 16:10 x
1年も経ってないのに4万も下がってますよ100L♪
kotodaddyさんのブログを拝見するようになってから
目が悪くなり、高価な単の絵しか綺麗に見えなくなってきました・・・
Commented by kotodaddy at 2010-09-14 16:10
虎さん
夏好きな私としては毎年トンボの出現で夏の終焉を感じてしまい、なんだか一抹の寂しさを
感じていますが、今年の異常な暑さを思うと「そろそろ涼しくなっても・・」と思いますね^^;
オニヤンマ、名前だけは知っていましたが、大きさもすごいものがありますね。他のトンボより
明らかに大きさが違いますんで、迫力さえ感じます^^
Commented by kotodaddy at 2010-09-14 16:13
自称“バタフライ・ハンター”(笑)さん
なんとバタフライハンターだったんですか。カミさんの父親が年に何度か友人とチョウ探しで
山に行ってるみたいですけど、ああいうのが次から次へと撮影できるのならば私もハンターに
なろうかなとも思いますが、まぁこういう自然生物はねぇ・・^^; 鳥と同じ様に、勇んで出掛けて
行ってボウズとかも喰らうんでしょうねぇ・・^^;
Commented by kotodaddy at 2010-09-14 16:16
strike-freedumさん
シオカラトンボかぁ・・。その名前も耳にした事がありますけど、具体的に色や模様を問われても
何一つ答えを出せませんが・・^^; オニヤンマってスズメバチも喰っちゃうんですか。たしかに
大きさはデカいですけど、すごいなぁ。でも飛ぶ時のスピードも大したもんだった気がします。
トンボってそういう攻撃的なのもいるんですね。秋空に優雅に舞うだけじゃないんだ・・。
Commented by kotodaddy at 2010-09-14 16:19
yasiyasi5884さん
撮ってきたモノでもう一度遊べますね^^ 一粒で二度おいしい、そういう面白さがあるのかも
しれません。私なんかは、例えば昆虫や植物なんてほとんど知識がありませんので、見るもの
全てが新しい発見になりますし。観察力や雑学知識も養われそうだし、今後はそういう過程も
大事にしようかと思います^^
Commented by kotodaddy at 2010-09-14 16:24
ryotadesugaさん
私も子どもの頃に図鑑か何かで見たのかなぁ・・。全っ然覚えてませんし、今回ネットでこれが
オニヤンマですって知ったのが初めての様な気さえしますけど^^; このオニヤンマってあまり
見る事ができない種類なんですかね。トンボの世界にも珍しい種類と、比較的どこでも見られる
種類があるでしょうけど、どうせだったらそういう珍種をゲットしたいもんです^^
Commented by kotodaddy at 2010-09-14 16:32
koita3さん
あ、出て即座に買われたんですね、100Lマクロ。値段が高くても、早く使い出す方を選んだ
訳ですから、ある種仕方ないですけどね・・^^; このタムロンの90マクロって、Lレンズなどと
比較すると高価って言う程の値段ではないですよ。koita3さんを含めて、既に100Lマクロを
お持ちの方はコレを買う事は絶対になさそうですね^^; 距離も近いし・・。
Commented by pm-3 at 2010-09-14 18:00
ス、ス、スバラシカ━━━━━━━━m9( ゚∀゚)━━━━━━━━!!
ちょいの間にってのがミソですよね^^
しかし3時間とは恐れ入りましてございます(笑)
う~ん…今年はオニヤンマを見てないような。
Commented by パセリ at 2010-09-14 18:04 x
鬼ヤンマが撮れなくて苦労してるのに・・・・
いとも簡単に出してくる。憎いな~~~(¬_¬)⇒
Commented by kotodaddy at 2010-09-14 21:46
pm-3さん
いやー、飛び去ったトンボを追いかけ、木に留まったのを見つけてソッと近づくものの、ピントが
合った瞬間に飛ばれ、また追いかける、を繰り返してたらそんな時間になってしまいました^^;
オニヤンマ、昨日の野鳥撮影の時にも見かけました。三脚にゴーヨンを載せてましたんで、
とてもじゃないですが追いかける気にもなりませんでしたが^^;
Commented by kotodaddy at 2010-09-14 21:47
パセリさん
簡単じゃないですって・・^^; 炎天下の下で3時間以上ウロついたんですから・・。
しかも飛んでるトンボを追いかけてあっちこっち・・^^; 定点撮影の野鳥の方がよほどラクな
気がしてきました^^;
Commented by ya_mura at 2010-09-15 18:21
やりますね~!マクロでトンボ撮影ですか(^o^)
1枚目の正面から…は、なかなかいい感じじゃないですか。
オニヤンマもなかなか撮れませんからうらやましいですよ。
トンボも野鳥同様、飛んでっちゃうので撮影は大変ですね。

次は飛行ものを…なーんて(^^;)
Commented by kotodaddy at 2010-09-16 08:05
ya_muraさん
トンボも「こういう場所に出てきやすい」ってところがあるんでしょうけど、私はズブズブの素人
ですから、一度見つけたらそれを追いかけまくって撮るというスタンスなので、公園の端から
端まで行ったり来たりでしたよ^^; トンボも色々な種類がある様なので、次回はまた違った
種類を撮りたいですね^^


<< オオルリの小僧(笑)      次から次へと・・・ >>